1. TOP
  2. 動画編集
  3. 社内で動画を内製化するメリット・デメリットを紹介

社内で動画を内製化するメリット・デメリットを紹介

ビジネスにおける動画活用が一般化しつつあるいま、動画の編集・制作を外部に依頼することなく自社で行うことを、動画制作の「内製化(インハウス)」といいます。動画制作の内製化は、長期的に見るとコストの削減・制作期間の短縮などの効果が期待できる取り組み。そのため、内製化に対する注目は年々高まっています。

そこで今回は、動画制作を内製化するメリット・デメリットをご紹介します。内製化を成功させるコツ等も併せて解説しているため、内製化を検討中の企業はぜひチェックしてみてください。

 

動画の内製化を検討している方向けに分かりやすいコスト比較ができる資料を以下からダウンロード頂けます。

 

動画を内製化するメリット

動画制作を内製化することにより、企業は多くのメリットを享受できます。

例えば、下記アンケートを見てみると、“動画での情報発信”に関して多くの企業担当者が「費用対効果がわからない」という悩みを抱えています。

グラフ

自動的に生成された説明
引用:PRTIMES

しかし、動画制作を内製化すれば、動画発信における費用対効果は自社でしっかりと検証することが可能です。

このほかにも内製化がもたらすメリットを、様々な視点からチェックしてみましょう。

外注費用を軽減できる

動画制作は専門性が高いため、外注すると大きな費用が掛かるもの。内製化すれば、都度発生する外注費用を削減できるほか、修正のたびに追加費用がかさむ心配もありません。そのため、内製化はある程度の初期投資が必要であるものの、長期的に見ると低コストでの制作を実現できるといえます。

外注した場合、相場は以下のとおりです。

・セミナー・イベント動画:20万~50万円
・会社紹介・採用動画:50万~200万円
・商品・サービス紹介動画:50万~100万円

一方で内製化した場合、相場は動画編集に利用するツールの購入形式(買い切り型・サブスクリプション型)によって異なり次のようになります。

・買い切り型:3万~8万円
・サブスクリプション型(月額制):月額数千円~30万円

外部委託に掛かる費用の内訳
企画(企画構成比/人件費など):15万~50万円程
撮影(撮影費/機材費/ロケハン費など):15万~100万円程
アニメーション制作:5万~50万円程
3DCG制作:30万~150万円程
編集(動画編集費/人件費など):20万~80万円程

内製化に掛かる費用の内訳
買い切り型(動画編集/画像・字幕・音声挿入など):3万~8万円程
サブスクリプション型
動画編集/素材・BGM利用/エフェクト活用など:月額数千円~
動画AI編集/テンプレート利用/テロップ挿入/動画共有など:月額10万~15万円程
動画AI編集/テンプレート利用/撮影サポート/ナレーション生成/SNS投稿分析など:月額15万~30万円程

制作までの期間を短縮できる

また、内製化すると動画の制作期間を短縮できるのも大きなメリットです。

内製外注
1本あたり2日~1か月程度1本あたり1か月~2か月程度

制作会社などに外注する場合、まず“外注先の選定”から始めなければなりません。そして選定後も、見積もり依頼→打ち合わせ→構成チェック→制作側による撮影・編集→編集チェック→修正とさまざまな工程が発生するため、一般的に納品まで1~2か月は掛かります。

しかし内製化を図ると、選定・依頼という煩雑な工程を丸々飛ばして、すぐに制作へ取り掛かることが可能。さらに、動画制作を効率化できる最新の編集ソフトを活用すれば、最短2日と圧倒的な早さの制作も実現できます。

コミュニケーションコストの軽減

内製化は、コミュニケーションコスト=意思疎通に掛かる労力・時間も軽減できます。

外注する際は、動画に対する要望やイメージはもちろん、その背景にある“自社サービスの特徴・理念・競合”などに関しても共有が必要です。これらを正確に伝えるのには多くの労力が掛かる上に、伝達手段も限られているためコミュニケーションコストは高くつく傾向にあります。

しかし内製化すれば、ある程度の共通認識を持った上で進められるため、打ち合わせにも時間が掛かりません。さらに、制作過程においても顔を合わせて密なコミュニケーションを図ることが可能。そのため、仕上がりイメージとのズレが発生しにくいのも、内製化の魅力の一つだと言えます。

動画の制作をスムーズに行える

動画制作が円滑に進むのも、内製化のメリットです。

外注すると、発注から納品までの間に多くの確認作業が発生してしまいます。また、外注先とのスケジュール調整をしながら進める必要があるため、急な変更があった場合は対応してもらえない、もしくは納期がそのぶん遅れる可能性もゼロとは言えません。

対して内製化すると、意思決定のプロセスを簡略化できる上に、自社の都合だけで進められるため非常にスムーズ。細かな変更にも対応しやすいほか、修正も迅速に行えるので手軽に動画のブラッシュアップを図れます。

動画を内製化する時のデメリット

動画制作の内製化には、上述したようにさまざまなメリットがある反面、デメリットもあります。

ここからは、内製化により発生するデメリットをご紹介します。いざ内製化してから困ってしまうことのないように、あらかじめデメリットもしっかりと把握した上で外注・内製化の判断を下しましょう。

社員の制作リソースが必要になる

内製化すると、撮影・編集作業などを自ら行うぶん、外注時よりも社内リソース(人材などの資源)を制作作業に多く振り分ける必要があります。そのため、社内リソースが元々不足していた場合、コア業務を圧迫してしまう可能性もあるので要注意です。

なお、社内リソースの確保に不安がある企業は

・制作作業を細分化して、一部の作業のみ外注する
・繁忙期のみ外注する

といった方法も有効です。自社の状況に合わせて、より動画制作の効率化が図れる道を探ってみましょう。 

初期コストがかかる

また、内製化すると編集・制作の環境を整えるために以下のような初期コストが発生します。

必要なコスト相場
編集用PC10万~30万円程
動画編集ソフト買い切り型→3万~8万円程サブスクリプション型→月額数千円~30万円程
カメラ5万~数百万円程
マイク2千~7万円程
三脚5千~10万円程

いずれも価格設定の幅が広いため、予算重視で選べばある程度はコストを抑えられます。しかし、基本的に価格と機能性・使い勝手は比例するので、動画のクオリティや作りやすさを追求したいのであれば、ある程度の出費は想定しておいたほうが無難です。

これらに加え、外部ディレクターやコンサルなどを依頼するとさらにコストがかさみます。そのため、制作動画数が極端に少ない場合は、負担ばかりが増えて逆に高くついてしまいがちなので留意しておきましょう。

なお、制作頻度がそこまで高くないのであれば、“撮影機材はレンタルする”という選択肢もあります。

編集・制作の基礎スキルが必要になる

内製化するには、訴求力の高い動画に仕上げるための“企画・構成”や“撮影”はもちろんのこと、伝えたいことを効果的に伝えるための“編集”スキルも求められます。

これらのスキルは、一朝一夕で身につけられるものではありません。特に編集は、動画の結合・カット・テロップ挿入・エフェクトの設定など「動画編集ソフト」の複雑な機能を使いこなす必要があり、初心者だと機能を理解するだけでも一苦労。そのため、制作初期は動画のクオリティが不安定になってしまうことも考えられます。

なお、スキルを身につける時間がなかなか確保できない、PCが得意な社員がいない等の場合には、コンサルや外部ディレクターを活用したり、「動画自動生成サービス」を利用したりするのも有効な解決策です。

 

動画編集スキルに不安がある方は、初心者でも活用できるポイントをまとめた資料を以下からダウンロード頂けます。

 

動画自動生成サービスならデメリットを大幅軽減

「動画自動生成サービス」とは、AIが動画の編集作業をサポートするソフトのこと。基本的には、動画・画像・テキストなどの素材をアップロードし、適したテンプレートを選択するだけでAIがイメージ通りの動画に仕上げてくれます。

そのため、自動生成サービスを利用すれば編集スキルは不要です。そのぶん、制作時間を短縮できる=社内リソースの節約もできます。つまり、内製化を実現しつつも上述したデメリットを大幅に軽減できるのです。

内製と外注を徹底比較

ここからは、動画制作を内製化した場合・外注した場合を徹底比較していきます。

比較項目内製化外注
制作費用〇1本あたりの相場が3万円~ or 月額数千円~△1本あたりの相場が20万円~
初期コスト△撮影機材・動画編集ソフトなどの用意が必要〇不要
クオリティ△制作初期は、一定の品質を担保しにくい〇プロならではの技術・設備で高品質を実現
期間〇1本おおよそ2日~1か月△1本おおよそ1~2か月程度

費用面で見ると、内製化は初期費用が掛かるものの制作費用が安価。そのため、ある程度制作を続けていく場合は、内製化したほうがコストを抑えられます。また、内製化は制作期間が短いのもポイントです。

一方クオリティで見ると、やはりプロならではの高い技術・最新の設備を用いている外注に軍配が上がります。しかし内製化した場合でも、高機能な編集ソフトを活用し、制作スキルを磨くことによってクオリティUPを図ることは可能です。

内製化を成功させるためのコツ

多大なメリットを得られる内製化ですが、必ず成功するわけではありません。

内製化を成功させるには、あらかじめメリット・デメリットをしっかりと勘案することはもちろん、“成功のコツ”を押さえておくことも重要です。そこでここからは、内製化における成功のコツをご紹介していきます。

ディレクターとなる人材の育成 

動画制作の内製化には、“作業者”よりも、制作全体の進行管理を担う“管理者”=ディレクターを多く育成することが重要です。ディレクターさえ確保できていれば、人的リソース節約のために一部作業を外注してもスムーズに制作が進行し、より効率化を図れる=内製化の成功に繋がりやすくなります。

なお、ディレクターには動画制作全般における知識はもちろん、企画力・編集力も欠かせません。

企画力・編集力を培うには、制作初期の段階から「動画に対する世の中の需要やトレンドに敏感になる」「トレンドをコンテンツに活かす」ことを意識してみるのがおすすめ。ぜひ、ディレクターの育成に役立ててみてください。

制作マニュアルの作成

内製化の成功には、制作マニュアルの作成も欠かせません。マニュアルを作成することで、内製化の初期段階から制作におけるノウハウ・ルールをわかりやすく共有でき、動画のクオリティに均一性をもたせることができます。

また、将来的に新たな制作メンバーの参加や一部作業の外注が決定した場合、マニュアルが“行動指示書”の役割を果たしてくれるのもポイント。なお、マニュアルやルールの策定に不安がある場合は、マニュアルの企画・構成部分だけを外部に委託するのも一つの手です。

内製化には動画自動生成サービスがおすすめ 

内製化成功のコツである、「ディレクターの育成」「制作マニュアルの作成」。実は、これらに注力せずとも内製化を成功に導けるのが、動画自動生成サービスです。

動画自動生成サービスは、上述したようにAIが編集作業をサポートします。そのため、ディレクターによる強固な管理体制に重きを置かずとも、効率化が可能。かつ、誰でも簡単に編集ができ一定のクオリティを担保できるため、編集作業においてはマニュアルの作り込みも要りません。

 

手軽に高クオリティの動画を作るなら「Video BRAIN」

数ある動画自動生成サービスの中でも、特におすすめなのが「Video BRAIN(ビデオブレイン)」です。

法人向けシェアNo.1動画編集クラウド | Video BRAIN(ビデオブレイン)

Video BRAIN(ビデオブレイン)は、高品質な動画を誰でも簡単に制作できる動画編集ツールです。動画編集の「コスト」「時間」「スキル」を全て解決します。

詳しいサービス資料はこちらからダウンロード頂けます。

ビデオブレインは、高性能なAIサポートによりわずか5分で動画編集が可能。素材をアップロードするだけで、ハイクオリティな動画のひな形が完成します。また、抜群の操作性と国内最大級のテンプレート数、そして多様な編集機能により、未経験でもイメージ通りの仕上がりを実現できるのも魅力。

約800万点を超える無料素材を利用できるため、撮影ナシの動画制作もOK。さらに、月額定額制で制作本数の制限もありません。そのほか、「SNS投稿分析機能」を備えており、制作した動画の配信結果をスピーディーに分析・検証できるのもメリットです。

誰でも簡単に動画が作れる、そして配信効果をチェックしながら動画活用ができる「ビデオブレイン」。商品・サービス紹介はもちろん営業資料や採用・求人まで、あらゆるビジネスシーンで活用してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

動画制作を内製化した場合、長期的に見ると低コストかつスピーディーな制作を実現可能です。その反面、社内リソースの確保や複雑なスキルが求められるのも事実…。そんな悩ましい問題を解決してくれるのが「動画自動生成サービス」。積極活用すれば、苦労なく高品質な動画を作れます。

内製化で培ったスキルや制作したコンテンツは、“自社の資産”として蓄積されていくものです。本記事を参考に、ぜひ自社に適した内製化の取り組みを進めてみてください。

 

動画編集ツールを検討する際に押さえておきたいポイントをまとめた資料を以下からダウンロード頂けます。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする