1. TOP
  2. ブログ
  3. 動画制作
  4. インタビュー動画制作のコツは? 撮影・編集・質問事項のポイント

インタビュー動画制作のコツは? 撮影・編集・質問事項のポイント

テキストでは伝えられない情報量を、短時間かつ直感的に発信できる動画は、コロナ禍での非対面を前提とした情報発信・収集にて非常に有効な手段です。中でも、企業からのメッセージングをインタビュー形式で発信する「インタビュー動画」は、採用・営業・ブランディングなど様々なシーンでの活用が期待されます。

しかし動画制作の経験がない企業にとって、インタビュー動画制作はハードルが高いと感じるでしょう。

今回は、インタビュー動画の制作を検討されている方に向け、インタビュー動画制作のコツを紹介します。撮影・編集・インタビューにおけるポイントを押さえ、インタビュー動画の内製化を目指してみてください。 

 

 魅力的なインタビュー動画制作や採用での活用ポイントをまとめた資料にご興味がありましたら、こちらからダウンロードください。

 

インタビュー動画の目的と役割

まずは、インタビュー動画の活用例について、その役割を見ていきましょう。

採用シーン

インタビュー動画は人材採用と非常に相性のいいコンテンツです。テキストでは伝わりにくい「職場の雰囲気・従業員の人柄・やりがい」などを実際に働いている方の声として訴求できます。

採用シーンでは、求職者が入社前に抱いていた企業のイメージと、実際に入社した際のギャップをいかに埋められるかが、その後のオンボーディングや満足度につながります。企業のビジョンや理念は経営者にインタビュー、仕事のやりがいや具体内容などは従業員にインタビュー、など求職者の抱える悩みを意識した人選を心がけましょう。

ブランディングシーン

経営者や商品開発者のインタビュー動画は、ブランディングとして活用できます。経営者であれば「企業の理念」「使命」「社長が叶えたい想い」を伝えられるでしょう。また商品開発においては、開発にいたるまでの苦労やビジョンを語れます。「なぜ開発したのか」「商品によって何を叶えたいのか」「提供したい価値はなんなのか」を伝えることで視聴者にイメージを伝え、それが他社との差別化につながります…

営業シーン

営業シーンでのインタビュー動画は、主にオンライン上でのリード獲得施策として活用されることが多いです。
例えば、自社商材・サービスの有益性を、実際に使用いただいている顧客にインタビューし訴求する動画が挙げられます。サービスや商品の情報はサイトやブログ等で理解しつつも、「本当にメリットがあるのか」と悩み検討しているユーザーの購入後押しとして期待できます。
また、営業時の資料を動画に置き換えることで、商品やサービスの利用シーンや活用方法などを具体的な映像で伝えられます。テキストよりも説得力が増し、顧客の理解度や興味・関心が高まるため、商談時の成約率アップに繋がる有効な手段といえるでしょう。

インタビュー動画【撮影のコツ】

インタビュー動画を活用するシーンや目的、内容が固まったら、あとは素材の用意です。今回は、撮影・編集・インタビューのテクニカル面でのコツをご紹介します。

インタビュー動画を撮影する際に、意識するコツは以下4つです。
・周囲の音を考慮
・短く区切って撮影
・アングルを複数用意
・目線や背景

周囲の音を考慮

撮影する際には、周囲の音が録音されないように注意しましょう。複数の音が被ってしまうと、動画として使えなくなってしまうためです。車両や電車・通行人の声・散歩中のペットの鳴き声が入ると、視聴者の意識がインタビュー内容から離れてしまいます。周囲からの音がはいらないよう、十分に考慮して撮影に臨みましょう。

短く区切って撮影

一気に撮影するよりも、動画は短く区切って撮影しましょう。
撮り直しや確認がしやすいためです。
言い間違えてしまったり、話してはいけないことを話してしまったりしても、短く区切っていれば直前の話から撮り直せます。
また話し方のトーンや質問の仕方が合っているか都度確認できますので、あとから撮り直しになる可能性が低くなります。

アングルを複数用意

最低でも2種類以上のアングルで撮影しましょう。同じアングルの映像だけだと、視聴者に飽きられてしまう可能性が高いためです。違うアングルからの映像があると、動画にメリハリが生まれやすくなります。

少なくとも「周囲の様子が映る引きのアングル」と「インタビュー相手の表情が捉えられる寄りのアングル」の2種類あると良いです。

目線や背景

インタビュー対象者の目線に注意しましょう。カメラ目線が続く映像は、視聴者に圧迫感を与えてしまいやすいためです。
・インタビューする人
・インタビューされる人
・カメラ
上記を三角形になるよう配置にすれば、カメラ目線を避けられ、目線も安定します。

また背景に目立つものが映っていると、視聴者の意識がそこに集中してしまい、インタビュー内容が印象に残らない恐れもあります。インタビュー動画を集中して視聴してもらうためにも、目線や背景に気を配りましょう。

 

動画活用経験が浅い方でもできる撮影や編集のポイントをまとめた資料も以下からダウンロード頂けます。

 

インタビュー動画【編集のコツ】

インタビュー動画を編集する際に、意識するコツは以下3つです。
・テロップで文字を入れる
・インサートカットで補足説明する
・情報量を絞る

テロップを入れる

動画編集する際はテロップを入れましょう。インタビューの様子をただ流しているだけでは飽きられやすいためです。聞き流しているだけだと、視聴者がインタビュー内容を聞き取れない場合があります。またスマートフォンで動画を視聴する方も多く、移動中や休憩中に無音で視聴する場合もあるでしょう。テロップを入れていれば無音でもインタビュー内容が分かり、かつ視覚的にも分かりやすく内容を理解できます。

 

テロップの入れ方やポイントの関連記事はこちら

 

インサートカットを入れる

インサートとは、動画の途中で補足説明できる資料や映像を挿入することです。インタビューだけでは分かりにくい内容を説明・補足できます。
またカット編集をする際にも、映像や音声が不自然に切り替わる場合に、インサートカットを挟むことで違和感なく視聴できます。

尺を考慮し、必要最低限の情報量に収める

情報量は必要最低限に収めましょう。長時間の動画だと「なにを伝えたかったのか」分かりにくくなってしまうためです。インタビュー動画では伝えたいメッセージを絞り、凝縮した内容で、ユーザーの離脱を防ぐ有益な情報に絞り編集しましょう。

 

インタビュー動画【インタビューのコツ】

インタビューする際に、意識するコツは以下4つです。
・事前準備を徹底的に
・アイスブレイクを挟む
・リアクションは大胆に
・なぜ?どうして?質問を深掘る

事前準備を徹底的に

インタビュー動画の成功は事前準備にかかっていると言っても過言ではありません。
・構成を決めておく
・原稿を用意する
・スタッフと事前に打ち合わせする
・インタビュイーに質問内容を伝えておく
上記のような事前準備が不足すると、インタビュー途中で話が脱線してしまい、本来の目的とはかけ離れた内容になってしまうこともあります。事前準備を徹底し、できるだけ再撮影のない効率的なインタビューを成功させましょう。

アイスブレイクを挟む

アイスブレイクとは、初対面同士の人がお会いしたときの緊張を和らげる手法のことです。インタビュー動画の場合、撮影当日に初めて顔を合わせる場合があります。
・自己紹介
「インタビュー担当の○○です」「議事録を取らせていただく○○です」など
・雑談
「リモート化が定着しましたが、出社希望も多いですよね。御社はどうですか?」など
・インタビューを行う目的や説明
「弊社サイトに掲載することで、認知度やブランディングの向上に繋げます」など

上記のようなアイスブレイクを挟み、お互い緊張せずリラックスして話せるようにしましょう。

リアクションは大胆に

インタビューする側はリアクションを大胆にしましょう。話しているときに相手の反応がないと、話し手は不安になってしまうためです。「ちゃんと話を聞いている」とアピールするためにも、相手を不安にさせないようなリアクションを心がけましょう。ただし「はい」「そうですね」など声を出して相槌すると、視聴者にとって邪魔になってしまいます。そのため頷きや表情でリアクションを返しましょう。

なぜ?どうして?質問を深掘る

インタビューする際は質問を深掘りましょう。インタビューの回答があいまいだと、視聴者に伝えたいことが伝わりづらいためです。
・「ちなみに、どのように良かったのでしょうか?」
・「具体的には、どうやって使われたのですか?」
・「○○についてお気づきの点などはありますか?」
・「活用例をひとつご紹介いただけますでしょうか?」

上記のような言い回しで質問を深掘り、より有益な情報を引き出しましょう。

 

インタビュー動画制作では「アポイント」も忘れずに

動画撮影時のお客様や関係メンバーに対して、事前に企画概要やインタビュー時のヒアリング内容を提示する点も忘れてはいけない重要なポイントです。具体的には、動画の目的や全体的な構成(流れ)、必要なシーンの説明を行います。
動画を撮った後の掲載先の選定やお客様にどのようなメリットがあるかなども、お伝えする内容としてまとめておくことで、アポイントの承諾を得られやすくなります。

インタビュー動画の内製化

今回はインタビュー動画を制作するコツ、つまり自身で制作するためのテクニックをご紹介しました。ただ動画制作は担当者のアサインや場所の確保など多くの工数を要します。特に初心者の方であれば、編集作業には膨大な時間がかるでしょう。
 
そこでおすすめなのが、動画編集の工数を大幅に削減する動画自動生成ツールです。現在は海外も含めて多くのツールが展開されていますが、「Video BRAIN」はストーリー文と素材となる動画データをアップロードするだけで、自動的におすすめする動画構成を作成してくれるため、動画制作の初心者でも簡単にクオリティの高い動画活用をすることができます。

もちろんインタビュー動画以外の動画も、用途に合わせ簡単に制作可能です。複数の動画コンテンツを制作予定の方は、都度外注するよりもコストを削減できる内製化をおすすめします。

 

内製化のメリットについての関連記事はこちら

 

まとめ

動画はテキストよりも多くの情報を分かりやすく届けられます。有効活用できれば採用シーンやブランディングシーン、営業シーンなど幅広い場面で活躍します。「Video BRAIN」は定額でクオリティの高い動画を何本も制作できますので、外注コストを抑えられるでしょう。

 

手軽に高クオリティの動画を作るなら「Video BRAIN」

数ある動画自動生成サービスの中でも、特におすすめなのが「Video BRAIN(ビデオブレイン)」です。

手軽に高クオリティの動画を作るなら「Video BRAIN」

数ある動画自動生成サービスの中でも、特におすすめなのが「Video BRAIN(ビデオブレイン)」です。

Video BRAIN(ビデオブレイン)は、高品質な動画を誰でも簡単に制作できる動画編集ツールです。動画編集の「コスト」「時間」「スキル」を全て解決します。

詳しいサービス資料はこちらからダウンロード頂けます。

法人向けシェアNo.1動画編集クラウド | Video BRAIN

ビデオブレインは、高性能なAIサポートによりわずか5分で動画編集が可能。素材をアップロードするだけで、ハイクオリティな動画のひな形が完成します。また、抜群の操作性と国内最大級のテンプレート数、そして多様な編集機能により、未経験でもイメージ通りの仕上がりを実現できるのも魅力。

約800万点を超える無料素材を利用できるため、撮影ナシの動画制作もOK。さらに、月額定額制で制作本数の制限もありません。そのほか、「SNS投稿分析機能」を備えており、制作した動画の配信結果をスピーディーに分析・検証できるのもメリットです。

誰でも簡単に動画が作れる、そして配信効果をチェックしながら動画活用ができる「ビデオブレイン」。商品・サービス紹介はもちろん営業資料や採用・求人まで、あらゆるビジネスシーンで活用してみてはいかがでしょうか。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする