1. TOP
  2. ブログ
  3. 動画制作
  4. 製品紹介動画の作り方 参考になる事例とポイント

製品紹介動画の作り方 参考になる事例とポイント

新しい形の商品PRのコンテンツとして、製品紹介動画が注目を集めています。SNSや動画サイトの普及によって、誰もがスマートフォンやPCで動画に親しんでいます。製品紹介動画は、その「動画」を上手く使うことで自社製品の魅力を多くの方に知ってもらえます。今回は製品紹介動画の作り方のポイントやメリット、活用法を解説します。

 

これから動画制作を検討中の方は製品PRやHowtoなど必ず抑えておきたい資料を以下からダウンロード頂けます。

 

製品紹介動画とは

誰もがスマホやPCで手軽にインターネットに接続できる現代。YouTubeやSNSの普及によって、動画は身近な存在になりました。自社製品のプロモーションに「製品紹介動画」を用いる企業も急増しています。製品紹介動画とはその名の通り、製品のメリットや仕様などをわかりやすく効果的に伝えるための動画のことを指します。

動画で製品の魅力をアピール

スマートフォンでSNSのタイムラインをスクロールしていても、写真などの静止画よりも、つい動画に目が止まってしまう方は多いのではないでしょうか。

製品動画は、視覚・聴覚の二つに訴えかけられる点にその価値があります。製品紹介動画は動きと音によって、静止画やテキストよりもリアルに製品のことを伝え、魅力を明快にアピールできるのです。

また、製品の詳細に動きや補助説明を加えることで製品の詳細を伝えられるだけでなく、インパクトを与えられるのも動画の良さの一つです。

製品紹介動画の役割

製品紹介動画は、主にPRの目的で作られています。興味のとっかかりとなる短いPRや、製品の解説、展示会などで流す販促用のものなどがあり、動画によって役割はさまざまです。形のある製品はもちろん、魅力を伝えにくい無形のサービスについても、利用シーンをイメージしてもらうことで、わかりやすく伝えられます。

また、PR以外に既存客のフォローにも役立ちます。製品の使い方を説明するハウツー動画や、動画マニュアルとしての活用も盛んです。説明書を見るよりも簡単なので、これらを発信したり製品サイトなどにアップしたりすることで、既に購買済みのユーザーの満足度向上にもつながります。

使用法についての問い合わせを減らせるため、業務効率の改善に貢献できる側面もあります。質問の多い事項はあらかじめ説明動画を制作しておくことをおすすめします。

製品紹介動画の作り方

製品紹介動画を作るとなると、難しそうな印象を持つ方も多いでしょう。ここでは、動画制作をスムーズにするためのポイントを解説します。これを押さえておくだけで、制作を効率化させられるだけでなく、より的確で洗練された内容にできます。

ターゲットを定める

最初に考えるべきは、ターゲットの絞り込みです。動画を見て欲しい人物像を明確にするところからスタートしましょう。

どんなニーズや課題を抱えている方に向けて発信するのかを決め、ターゲットのペルソナ(人物像)を作り込むことで、動画でアピールするべき点が見えてきます。ターゲットを決めることで、主にどのプラットフォームで配信するのか、どのデバイスを想定した動画を作るのかについてもある程度絞られるでしょう。

配信先や目的に合わせて作る

配信するプラットフォームや広告枠の種類、閲覧で利用されるデバイスによって、適している動画は異なります。HPで公開するのか、SNSで配信するのか、またはデジタルサイネージで流すのか…。そのためには、ターゲット層などもふまえながら考えると良いでしょう。

例えば、Instagramの広告で動画を流すなら、長尺の動画は向かないケースが多いといえます。「インスタ映え」するようなキャッチーな動画や、短尺でピンポイントに魅力をアピールする動画が効果を発揮します。

また、Instagramのユーザー層は20代、10代が中心です。そのため、それ以外の年齢層を対象とした製品動画配信には、作り方・見せ方に十分な工夫が必要です。このように、プラットフォームやデバイスの特性を考慮しながら動画の企画を立てる必要があります。

動画の用途を明確にすることも大切です。例えば、イベントなどを告知するためにSNSを利用したPR動画を制作するのと、製品の認知度を高めるのにその製品の魅力を余すことなく説明する動画制作とでは、適切な動画の長さや構成が異なります。

前者であれば、話題性を意識したり、短時間にまとまるストーリー構成、画面にインパクトを持たせたりといった工夫、後者なら製品をより深く理解してもらうための丁寧な説明、飽きさせない展開、客観的な視点などが求められます。用途をはっきりさせることで、動画の内容も自然と絞られるでしょう。

製品の強みを明確にする

競合製品がある場合は、差別化できるポイントをあらかじめ絞り、そこを重点的に訴求できるような動画配信が効果的です。製品知識のない消費者の立場から見て「ほかと何が違うのか」が明確にわかる動画を制作しましょう。

そのためには、事前に自社製品の強みや魅力を定義しておく必要があります。

ターゲットとなる視聴者の抱える課題を取り上げる

製品に興味を持っている潜在顧客は、それを使って解決したい課題があるはずです。動画ではただ魅力を訴求するだけでなく、消費者のどんな課題を、どんな風に解決するのかをわかりやすく具体的に示すことが大事です。そうすることで、自分に有益な情報として積極的に閲覧してもらえます。

共感されるシナリオを作る

動画で訴求する課題が、閲覧者が抱えている課題と一致していれば、共感を得られるでしょう。課題とターゲット層をマッチさせることで、製品紹介動画は初めて効果を発揮します。

注意したいのは、ターゲット層が閲覧時点で、製品の購買までのステップのうちどの位置にいるのかによって、刺さる内容が異なる点です。

製品についてまだ何も知らない段階であれば、まずは短時間のPR動画で認知してもらうのが先決です。製品に興味があり、詳細な情報を求めている段階なら、製品のディテールや使い方を詳しく伝える動画を見てもらうのがおすすめです。既に購入を検討しており決め手を探しているなら、使用者のインタビュー動画や製品の背景などをアピールする動画が効果的でしょう。

一つのメッセージを打ち出す

製品の魅力を、一つの動画内であれもこれも伝える必要はありません。伝えることは一つに絞りましょう。そうすることで、メッセージにインパクトを与えられます。消費者が見て、「欲しい」と思うポイントがどこにあるのかを探して動画に組み込むことが大切です。

製品紹介動画のメリット

製品紹介動画の活用には、どのようなメリットがあるのでしょうか。期待できる効果についてポイントごとに解説します。

情報量が多く、短い時間でも製品の価値を伝えられる

動きや音、テロップなどを活用できる製品紹介動画は、たくさんの情報を伝えられます。1~5分程度の短時間で、製品の魅力を端的にアピールできるのは動画ならではのメリットです。写真やテキストでは伝えるのが難しい質感なども、動画であればスムーズに表現できます。

利用シーンを疑似体験でき、購買意欲がわく

動画の中で製品の使い方や得られる効果を伝え、製品を使用するシーンを疑似体験してもらうことで、手に入れた時のイメージが想像できるのも動画の良さです。実際にそれがある状況を訴求することで、購買意欲を向上させられます。

また、さまざまな角度やシチュエーションでの製品説明が可能なので、より詳細に製品の姿をイメージしてもらえます。購入前の段階に、多角的に検討できるのも消費者にとって嬉しいポイントです。

強く印象付けられる

動画は、静止画に比べて記憶に残りやすい点もメリットです。動きがあるためビジュアル・インパクトが大きいのはもちろん、BGMやナレーションなどを効果的に入れることで、その製品が持つ世界観や雰囲気を伝えられ、ブランドイメージの醸成にもつながります。

また、とくに強調したいポイントでは、テロップを活用するのも効果的です。視覚・聴覚に強く印象付けられるのは、動画ならではといえるでしょう。

製品紹介動画の活用シーン

製品紹介動画は、製品のPRを中心に幅広いシーンで活用できます。多岐にわたる使い方の中で代表的なものを解説します。

SNS広告

製品紹介動画は、Twitter、Instagram、FacebookといったSNS広告のコンテンツとして活用できます。製品に興味を持った方や、動画自体を「面白い!」と思った方に拡散してもらえれば、一気に認知度を上げることも可能です。

例えば、コスメ広告の配信先にはおしゃれが好きな若い女性から支持されているInstagramが多く選ばれているように、製品や動画の内容とSNSの相性を見極めましょう。

SNS広告はユーザーの年齢層や居住エリア、関心領域などでセグメントできるので、よりピンポイントにターゲットを絞れる点が魅力です。

Webサイト

自社のWebサイトに訪れる方は、目的があって閲覧しているケースが多いので、製品紹介動画の訴求は効果を発揮しやすい傾向にあります。さらに、自社サイトは購買済みの方のアフタフォローとしても活用できるのが特徴です。製品の取扱説明書として、また、FAQとして動画公開することで、顧客満足度の向上につながります。

イベント

展示会は多くの製品を比較検討する場だからこそ、動画で印象付ける方法が効果的です。展示ブースのモニターなどで来場者の興味をひく動画を流せば、足を止めてもらうきっかけを作れるでしょう。製品説明の待ち時間などで目に留まりやすい場所に、動画用のモニターを配置しておくのがおすすめです。

街頭イベントでも、大きなスクリーンで動画を流せば何のプロモーションをしているのかがわかりやすいため、興味を持っている方に効率よくアピールできます。

サイネージ

電車内や駅などのデジタルサイネージ広告は、人通りの多いスポットに掲示されることから、認知度を高めたい場合におすすめです。表示時間が短いので、短尺の中でいかに魅力を伝えられるかがポイント。そのためには、初めて製品を知る方の興味をかき立てる、キャッチーな動画制作が必要です。

プレスリリース

プレスリリースを出す際に、文章だけでなく動画のURLやQLコードを載せておくと、ニュースサイトなどのメディアの目に留まりやすくなります。

記者は日々多くのプレスリリースを取り扱います。数あるプレスリリースに目を通すなかで、製品の特徴や使用法、メリットが短時間で理解できる動画提供付きのプレスリリースなら、単に紙媒体で説明している競合他社と比べて、担当記者の理解度向上と効率的な情報収集に貢献できます。プレスリリースから新情報をピックアップしているWebメディアなどに掲載されれば、認知度拡大につながるでしょう。

営業ツール

製品紹介動画は、営業ツールとしても有効です。商談の際に、営業用のPCやタブレットを使って動画を見せることで、より製品の魅力を明確に伝えられるでしょう。

文字や写真だけの資料は、相手が頭を使って想像力を補いながら読む必要がありますが、動画は目と耳から同時にたくさんの情報が入ってくるので、あまり労力を使わずに製品のことを知ってもらえるメリットがあります。言葉で「こんなところがいいんです!」と言うより、ビジュアルと音声で伝えた方がわかりやすいことも多いのではないでしょうか。まさに、百聞は一見にしかずと言ったところです。

また、事前にお客様に動画をメールで送って閲覧してもらうのも、期待感を高めるのに役立ちます。「事前に資料を見ておいてください」と言われると負担に感じる方もいるかもしれません。しかし「事前に15秒ほどの動画を見てください」と言うだけなら、気軽に見てもらえそうですね。

営業マンは、トーク一辺倒ではなく動画を見てもらう時間を作ることで、商談にメリハリがつけられる点も見逃せません。

店頭

スーパーやコスメショップ、雑貨店などで、陳列棚に小型のデジタルサイネージが設置されている光景を目にしたことがある方も多いでしょう。製品の説明や実際に使っているところを動画で流し、購買意欲を刺激する効果を狙っているのです。例えば食材ならそれを使った調理動画、コスメならどんなメイクができるかなど、使ったところをイメージできる動画で訴求をします。

製品紹介動画の事例 ビデオブレインの実績

動画作成ツール「ビデオブレイン」は、誰でも簡単に扱える動画制作ツールです。ビデオブレインで作られた製品紹介動画の事例を紹介します。

オールハーツ・カンパニー

スイーツの紹介動画です。「ZAKUZAKU」というテロップを大きく出すことで、食感を想像させます。製品をアップで映し出し、見た目からも訴求している点も、「食べてみたい」という気持ちを刺激します。10秒という短さながら、訴求力抜群です。

CHARIS&Co.

音楽に合わせてテンポよく流れる画像に見入ってしまう、リップグロスの紹介動画です。製品のカラーや使用感などが、テロップ+画像でわかりやすく説明されています。カラーバリエーションの多い製品ですが、動画では一気にチェックできるのが嬉しいところです。

理研ビタミン株式会社

動画とテロップを組み合わせたレシピ動画で、「黒酢玉ねぎソース」を使った料理を紹介しています。製品を使ってどんなメニューが作れるのかがわかるうえ、既に購入済みの方はレシピを参考にできます。テンポよく調理が進む動画は、「簡単そう!」「作ってみたい」という気持ちをかき立てます。

製品紹介動画の制作にはビデオブレインがおすすめ

ビデオブレイン」は、自社で動画制作が簡単にできる便利なツールです。動画編集の専門知識がなくてもハイクオリティーな動画を制作できるので、「動画を制作できるスキルを持った人材が社内にいない」「手軽にたくさんの動画を作りたい」「外注コストを下げたい」と考えている企業におすすめです。

写真・テキストなどの動画を入稿し、動画の秒数やサイズを選び、書き出したものをカスタマイズするだけの簡単な3ステップで、操作も簡単。画像や動画素材だけでなく、著作権フリーのBGMが豊富なところも嬉しいポイントです。

テキストから自動でナレーションを生成したり、テキストやテロップの位置も自由に変更できるなど、動画編集で手間がかかる部分や迷ってしまう箇所も感覚的な操作で効率よく進められます。手軽にスタートできる動画制作ツールとして、ぜひご検討ください。

 

まとめ

製品紹介動画は、短い時間で製品の魅力をわかりやすく、なおかつリアルに伝えることができます。SNS広告やデジタルサイネージ、展示会をはじめとするさまざまな用途で有効活用ができる点も大きなメリットです。

動画制作になるべくコストをかけたくない場合は、「ビデオブレイン」の導入によって、外注することなく質の高い動画を制作できます。また、動画制作未経験の方でも簡単に動画を作れるのも魅力です。

自社製品のPRに、動画コンテンツを効果的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 


手軽に高クオリティの動画を作るなら「Video BRAIN」

  1. 予め用意された動画テンプレートが1,800以上用意されており、初心者でも企画なしで利用シーンに合わせた動画制作・編集が簡単
  2. 商用で利用できる著作権フリーの画像、動画、BGMも素材サービスと連携しており、素材撮影や編集にかかる工数を大幅に削減
  3. 最大60分の長尺の動画作成と書き出しができ、クラウド編集のためパソコンのスペックに依存せずに編集が可能
  4. 一般的に使われてるMP4だけでなく、「MOV」「パワーポイント」「GIFアニメーション」など多様な書き出し形式に対応した独自機能
  5. 入力したテキストから、音声データに自動でナレーションを生成する機能や各シーン毎に効果音、BGMの編集が可能
  6. 「タイムライン」などの動画編集のプロが使う機能を誰でも簡単に使えるため、表現の自由度が高い

これから動画活用を始めたいと思っている方や、動画編集や配信後の効果的な施策に悩んでる方は是非Video BRAINの導入をご検討ください。

この記事をシェアする