1. TOP
  2. YouTube
  3. YouTube動画はVSEO対策が重要!今すぐできる対策6選

YouTube動画はVSEO対策が重要!今すぐできる対策6選

インターネットで何かを知りたいとき、まず行うことと言えば検索です。そのため、インターネットでの集客力を高めるには「SEO」が重要であることは、もうご存知でしょう。しかし近年、動画広告が一般化することにともない「VSEO」という考え方も注目されるようになっています。

そこでこの記事では、今後のインターネット広告における重要なキーワードとも言える「VSEO対策」について、その概要や重要性、持つメリットなどをご紹介します。

YouTubeにおける「VSEO」とは?

白いバックグラウンドの前に立っているスーツを着た男性

低い精度で自動的に生成された説明

YouTubeにおいてとられる対策である「VSEO」について紹介します。意味や重要性を正しく理解することは適切な対策のために大切です。

VSEOの意味

VSEOとは「動画における検索エンジン最適化」です。一般的な検索エンジン最適化であるSEOは「Search Engine Optimization」ですが、VSEOは「Video Search Engine Optimization」を意味します。

すなわちVSEOとは、動画の露出を高めることを目的にYouTubeにおける検索上位に表示させるための施策です。

VSEOの重要性

なぜVSEOが重要とされているのかを紹介します。
1つ目は「動画は見られやすく効果的であるため」です。静止画やテキストのみのコンテンツに比べて、動画は短時間で多くの情報量を盛り込めます。そのためCV(コンバージョン:コンテンツにより獲得できる成果)にもつながりやすいのがポイントです。

もう1つの理由が「通信高速化の普及により動画視聴がより一般化するため」です。5G通信の実用化などにより、インターネットの通信速度は高速化しています。

それにより動画視聴の敷居は下がり、動画の視聴数も増えると考えられます。今後ますます需要が高まる動画を有効活用するために、VSEOが重要です。

YouTubeでVSEO対策をするメリット

人, 女性, 座る, 窓 が含まれている画像

自動的に生成された説明

YouTubeでVSEO対策をする具体的なメリットを紹介します。VSEOにより期待できる成果を知ることは、適切な対策を進めるために大切です。

検索上位に表示させやすい

VSEO対策をすることで、YouTubeにおける検索で動画を上位表示させやすくなります。一般的なSEOは主にGoogle検索での対策ですが、Googleの検索アルゴリズムは非常に精緻であるため検索上位を狙うのは難しいです。

しかしYouTubeの検索アルゴリズムはGoogleほど精緻化しておらず、まだ対策を取りやすい状態です。そのため今のうちからVSEO対策をすることでYouTubeでの検索上位を狙いやすくなります。結果としてユーザーに見てもらう機会が増え、大きな効果を得られます。

コストパフォーマンスが上がる

VSEO対策をすることでコストパフォーマンスを上げられます。もともと動画自体、コストに対して大きな成果が期待できるコンテンツです。以前から費用対効果に優れていると言われていました。

そんな動画コンテンツがVSEO対策により検索上位に表示され視聴数を増加できれば、さらなる効率化を図れます。VSEO対策にもそれほど費用が必要なく、動画作成の費用と合わせても比較的低コストで済みます。VSEO対策によって、コストパフォーマンスのさらなる向上が実現可能です。

ユーザーの拡散による効果が高まる

VSEO対策により動画が検索上位に表示されるようになれば、より多くのユーザーの目に触れるようになります。そして検索によって訪れるユーザーが増えるということは、拡散される可能性も高まるということです。

検索上位表示による直接的な視聴数増加だけでなく、SNS等での拡散によるさらなるユーザー数が期待できます。特に影響力の高いユーザーからの注目を得られれば、拡散によって一気に視聴数が増加することもあります。拡散の可能性が高まるというのも、VSEO対策によるメリットの1つです。

取り組んでいる企業がまだ少数である

動画コンテンツを活用する企業は増えているものの、VSEO対策まで本格的におこなっている企業はまだそれほど多くありません。そのため現時点からVSEO対策を進めれば、YouTubeなどでの検索上位を狙いやすいです。

VSEO対策をする企業が少ない理由として、SEO対策ほど知名度が高くない・VSEO対策のやり方がそれほど広まっていないなどが挙げられます。いずれにせよ競争率の低いうちからVSEO対策をすれば、競合他社との差をつけられ、動画コンテンツをより有効活用できます。

YouTubeでできるVSEO対策6選

ノートパソコンの上に座っている男性

低い精度で自動的に生成された説明

YouTubeでできる具体的なVSEO対策を紹介します。必要となる対策を正しく押さえることが、大きな効果実現のために必要です。

タイトルを工夫する

VSEO対策のためには、タイトルの工夫が必要です。まずキーワードはタイトル文字列に必ず入れます。検索されやすいキーワードや流入を狙うキーワードなどを活用し、検索エンジンやYouTube内での検索において状態にします。

タイトル構成の際はただキーワードを入れるだけでなく、クリックされやすいような訴求力をつけることが大切です。視聴数の増加やユーザーからのCV獲得につなげるにはクリックに至らせる必要があるため、検索結果の上位表示のみを目的としないようにします。

タグ・ハッシュタグを付ける

YouTubeにおいて、動画に設定できるタグは非常に重要です。動画を探す際にはタグで検索するユーザーも多くいるため、適切なタグ活用ができれば視聴数の増加が期待できます。動画に設定できるタグ・説明文の中で使用できるハッシュタグの二種類があります。

ただし、タグやハッシュタグの使いすぎには注意が必要です。特にタグは、多く使いすぎるとスパム認定されてしまう場合があります。タグは動画タイトルの上に3つ表示されますので最初の3つにメインとなるタグをつけ、あとは必要に応じて多すぎない程度に設定するのが無難です。

説明文

YouTubeの場合は動画に説明文をつけることが可能ですが、この説明文もVSEOにおいて非常に重要です。検索結果や関連動画への表示に使用されます。VSEOの観点から考えると、動画の説明文には以下の要素を入れる必要があります。

・メインとなるキーワード
・チャンネル登録や所有する他サイト・SNS等へのリンク
・先述したハッシュタグ

説明文を上手く活用することで視聴数の増加が実現可能です。最大文字数は5000字のため多くの情報を盛り込めますが、あまり長すぎると読まれない可能性が高くなるため、必要な情報を簡潔にまとめるほうが効果的です。

タイムスタンプを付ける

YouTubeでは動画の説明文やコメント欄にタイムスタンプをつけられます。タイムスタンプとは動画内で指定された時間まで飛べるシステムで、目次機能としての活用や動画で特に見てもらいたいシーンのアピールに効果的です。

タイムスタンプは説明文やコメント欄に半角数字で時間を入力すればリンクを設定できます。例えば3分22秒時点につけるなら「3:22」、1時間41分5秒時点につけるなら「1:41:05」となります。文字数は3文字以上、1行に収まる程度が見やすいです。

字幕・翻訳を付ける

字幕や翻訳の設定もVSEOにおいて重要です。まず字幕は文字情報として検索対象となるため検索エンジンでの表示に効果的なため、設定することで検索エンジンからの流入が期待できます。字幕はYouTubeのクリエイターツールから作成します。自動の文字起こし機能を活用すればより効率的に作成できます。

翻訳は動画に使用された言語圏以外のユーザーを集めるのに効果的です。日本語ユーザー以外からの視聴を得られれば、より多くの集客につながります。各動画だけでなくチャンネルそのものも多言語化すれば、自社のファン獲得も期待できます。

サムネイル・アイコンを作成する

サムネイルやアイコンは検索結果で大きく表示されるもので、ユーザーがクリックする決め手にもなる部分です。

動画の視聴数を集めるには、訴求力のある魅力的なサムネイルを作ります。目を惹くデザインにする・キーワードを盛り込みながらも重要な部分は伏せる・先の展開が気になるシーンを設定するなど工夫します。

チャンネルアイコンも同じく重要です。チャンネル登録に至らせられれば、他の動画を見てもらえる可能性が高まります。魅力的なアイコンであるほど注目を集めやすく、チャンネル登録につながりやすいです。

YouTubeのVSEO対策を成功させるコツとは?

白いシャツを着ている男は座っている

自動的に生成された説明

YouTubeのVSEO対策について紹介してきましたが、ポイントを押さえればより大きな効果が期待できます。VSEO対策を成功させるコツを解説します。

目的を明確にする

VSEO対策の効果を最大限に得るには、まずは動画の目的の明確化が必要です。動画を通してユーザーに伝えたいことや獲得したいアクションなどをハッキリさせます。そうすることで動画の方向性が決まり、一貫性のある動画制作ができます。

もちろんこれまで紹介してきた対策や動画制作の技術も重要です。しかし目的が明確でないと軸がなくブレてしまいます。動画制作に入る前に、まずは目的を明確にするべきです。

動画の末尾でアクションしやすくする

動画の末尾、すなわち最後の部分でユーザーがアクションを起こしやすくする工夫をすると効果的です。YouTubeの収益化が有効であれば動画内で外部リンクを設定できるため、チャンネル登録や関連動画・自社サイト等へのリンクを設定するとアクションを得やすいです。

もし収益化ができていないなら、リンクの代わりにユーザーからのアクションを促すメッセージを入れます。印象づけるために企業のロゴや紹介なども組み込むのも良いです。ただし過度な催促はユーザーからの悪印象につながるため、適度なアピールにします。

まとめ

動画の持つ訴求力は静止画やテキストコンテンツ以上といわれています。豊富な情報量を簡単に発信・獲得できるため、活用するユーザーが非常に多いです。

日々増え続けている動画コンテンツの中で埋もれないためには、検索結果で上位表示させる必要があります。VSEO対策に力を注いでいる企業はまだそれほど多くないため、今のうちから対策をとることで大きな効果が期待できます。

動画コンテンツの自社制作を検討しているなら、動画自動生成ソフト市場シェアNo1の動画制作・編集ツール「Video BRAIN」もご検討ください。VideoBRAINなら素材とテンプレートを入れるだけで動画の制作が可能。テンプレートも豊富で未経験の方でも今すぐ動画制作を始められます。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする