1. TOP
  2. ブログ
  3. YouTube
  4. YouTube動画の制作会社、おすすめ10選!

YouTube動画の制作会社、おすすめ10選!

YouTubeの視聴者が増加している現在。さまざまな企業がYouTubeに挑戦するようになり、企業の動画に対する需要はますます高まっています。しかし、動画制作には工数がかかるため、外部の制作会社に依頼する企業も増加傾向です。自社でもYouTubeへの参入を考えているものの、どのように依頼すればよいか分からないという方もいるでしょう。

本記事では、制作会社の選び方や相場感、おすすめの制作会社についてご紹介します。動画制作の外注を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

YouTube動画制作会社の選び方

YouTube動画の制作会社を選ぶ際、事前に確認しておくべきポイントがあります。余計な工数や費用がかからないようにするためにも、しっかり把握しておきましょう。

制作実績は十分なのか

動画の制作会社は、サイト上に制作実績を掲載しているケースがほとんどです。制作実績を掲載していない、あるいは実績の少ない会社に依頼するのはスキルを判断しにくいかもしれません。
また、実績として掲載している作品のクオリティを確認することも大切です。実績・クオリティともに充分でない場合は、その制作会社への依頼は避けた方が賢明です。

制作実績だけが重要というわけではありませんが、自社の作りたい動画のイメージとマッチしているかどうかは事前に確認する必要があります。イメージに合った動画が制作できなければ、動画で成し遂げたい目的を達成できません。制作実績が豊富で、さまざまなジャンルの動画を制作している会社を探しましょう。

得意ジャンルが自社のニーズと合っているか

制作会社の中には、得意としているジャンルをオープンにしているケースも少なくありません。例えばYouTube向けの動画やアニメーション、CG、VRなど、会社によって制作できるジャンルの可否がある可能性もあります。

制作実績やサイトなどを確認し、その会社が得意とするジャンルを把握しましょう。制作したい動画のイメージと成果物の乖離を防止できます。

SEO対策は可能なのか

投稿した動画がYouTubeで検索された際、上位表示されるために行う施策が「SEO対策」です。YouTubeには数多くの動画が投稿され続けており、SEO対策をせずに動画を投稿しても、視聴者の目に留まらずに埋もれてしまう可能性が高いでしょう。

YouTube動画を数多く制作している会社をはじめ、チャンネルの運用まで対応可能な会社であれば、YouTubeに特化したSEOに強い可能性があります。そういった会社を選ぶことも大切です。

見積もりの内訳は明確になっているか

制作会社に動画の制作を依頼する際には、見積もりの内訳をよく確認しなければなりません。動画制作のプロセスは、台本作成や撮影、編集、音声加工など、さまざまな作業に分かれています。見積もりで金額の内訳を把握しておくと、作業ごとに価格交渉ができたり、一部の作業を内製化できたりするので、費用を抑えることも可能です。

また、必要でない費用が含まれている場合や、あとから追加料金が発生する可能性もあるので、事前に内訳を確認しておきましょう。

アフターフォローは十分なのか

制作会社への依頼にあたり、アフターフォローの体制が万全かどうかも重要なポイントです。動画の納品後や投稿後にミスを発見し、修正作業が必要になるケースもあります。そのため、アフターフォローに対応しているか、無償で修正してくれるのはどこまでの作業範囲かといった点を確認しておくと安心です。

修正するごとに費用がかかってしまうのであれば、想定外の費用が加算されてしまいかねません。事前の打ち合わせの際に確認しておくことをおすすめします。

【種類別】YouTube動画制作の外注費用相場

YouTubeに用いる動画の制作を外注する場合、作る動画のジャンルや工数によって費用の相場が変わってきます。自社の予算やスタッフなどのリソースと相談しながら、可能な範囲で費用を抑えることが大切です。

ここでは、YouTube動画制作の外注費用相場について解説します。

インタビュー動画

自社の社員や経営陣、他社とのコラボなどでインタビュー形式の対談動画などを制作するケースもあるでしょう。新商品やサービス、企業自体のブランディングや採用活動などで用いられることが多い動画ジャンルです。近年では、YouTubeの自社チャンネルにアップロードされていることが少なくありません。

インタビュー動画の費用相場としては、8〜20万円程度であることが一般的。出演する人数や必要な機材数、部屋の大きさなどに応じて料金が変わってくる場合があります。自社オフィスで撮影する、台本や質問事項を用意する、ある程度の機材などが揃っていれば費用を抑えることも可能です。

商品・サービスなどのPR動画

自社商品やサービスに認知拡大や販促をする際には、PR動画を制作する必要があります。数分程度の短い時間の中で、商品の特徴や使い方、メリットなどを分かりやすく発信しなければなりません。

必要情報を入れる必要があるため、テロップ挿入やナレーションが必要。また、有形商材であれば実写でも問題ありませんが、無形商材であればアニメーションを用いることがあるでしょう。実写かアニメーションかによっても、かかる費用が変わってきますどのような動画を作りたいかを考え、事前に参考動画をいくつか用意しておくのがおすすめです。

PR動画の費用相場については、実写動画をメインに使用した2〜3分前後のPR動画は30〜35万円程度であることが一般的です。また、アニメーションや複雑なエフェクトを使用した動画は40〜80万円程度が相場。CGやVRでの演出をしたい、あるいは難しい工程が必要な場合はさらに制作費がかかることがあります。

YouTube広告

YouTubeにおける広告動画は、5秒以降でスキップ可能なものがあるので、15秒〜3分までの動画が推奨されています。10分以上の長尺動画を投稿することも可能ですが、視聴者の興味を惹かない動画である場合、視聴されずにスキップされる可能性が高くなってしまうでしょう。

YouTube広告で大きな効果を出すためには、冒頭の3秒程度で視聴者に関心を持ってもらわなければなりません。そこで、冒頭の構成に注力し、全体を短尺にまとめるのがおすすめ。そのためには、台本作成や演出を重視する必要があり、編集にかける負荷も大きくなります。

YouTube広告の費用相場は、30〜50万円以上になることが少なくありません。内容によって価格は変動しますが、さらに複数パターンを作る場合や広告運用費がかかる場合は、より多くの予算が必要です。

おすすめのYouTube動画制作会社10選

動画制作会社によって、得意なジャンルや強みは変わります。自社で作りたい動画のイメージや予算、アフターサービスなども含めて、さまざまな面から検討することが必要です。

ここでは、おすすめのYouTube動画制作会社を10社ご紹介します。

Crevo株式会社

参考:https://crevo.jp/

Crevo株式会社は、東京都目黒区にある動画制作会社。国内外合わせて7,000名のクリエイターとのネットワークを持っているため、実写・アニメーション問わず、さまざまな用途や業種に対応した映像を作成することが可能です。さまざまな価格帯で依頼できるため、どんな企業にもおすすめできます。

予算50万円〜
制作実績(会社名)・三井住友海上火災保険株式会社・日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社・ソフトバンク株式会社・株式会社SmartHR
電話番号050-1742-3575
会社所在地〒153-0061東京都目黒区中目黒2-10-15フロンティア中目黒3F

株式会社サムシングファン

参考:https://www.somethingfun.co.jp/

株式会社サムシングファンは、東京と大阪にオフィスを持ち、年間1300件以上の実績がある映像制作会社。Live配信やSNS広告事業、ライバー事業などさまざまな領域に対応しており、多くの面から動画の活用方法を提案してもらえます。パッケージ納品が基本であるため、予算に余裕のある企業におすすめです。

予算30万円〜
制作実績(会社名)・シナジーマーケティング株式会社・ミズノ株式会社・鹿児島県観光PR・しながわ水族館
電話番号東京オフィス03-6261-5375大阪オフィス06-6455-363
会社所在地東京オフィス〒102-0074 東京都千代田区九段南3-1-1 久保寺ビル7階大阪オフィス〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島1-4-40 JBSL梅田ビル 4F

株式会社サイリング

参考:https://www.cyring.net/

株式会社サイリングは、品川区にある多くのジャンルに対応している制作会社。企業案件や広告、CM、イベント映像など、幅広いジャンルでの実績があります。企業PVに関しては、3種類のプランから選ぶこともでき、自社の予算に合わせてプランを決めることが可能です。

予算18万円〜
制作実績(会社名)・株式会社集英社・株式会社バンダイ・株式会社ドワンゴ・三菱地所株式会社
電話番号03-5759-5750
会社所在地〒141-0032 東京都品川区大崎3-6-4トキワビル7階

株式会社Suneight

参考:https://suneight.co.jp/

株式会社Suneightは、新宿区に本社を構えるYouTubeチャンネルの制作実績が豊富な制作会社。今までに多くの企業が運営しているチャンネルの制作を担当しており、SEOへのノウハウが充実しています。チャンネルの運用には、専任で担当者がついてくれるため、制作から運用までスムーズに行うことが可能。チャンネルの運用に悩んでいる企業におすすめです。

予算vseoLab 初期費用0円 月額5万円
制作実績(会社名)・株式会社A.ver・株式会社年収チャンネル
電話番号03-6709-9300 03-6709-9301
会社所在地本社〒160-0023東京都新宿区西新宿7-20-1 住友不動産西新宿ビル32階
大阪オフィス〒531-0071大阪府大阪市北区中津1-2-18 ミノヤビル8階

有限会社エフネット

参考:https://www.fnet-ltd.com/

有限会社エフネットは福岡県にあるYouTubeの動画制作を行っている会社。動画制作だけでなくWebコンサルなど、他のITに関する業務も行っています。YouTubeの動画制作に関しては、他の企業よりも格安で制作が可能。複数本の制作を依頼することで、さらに価格が安くなります。高額な費用をかけずにYouTubeの動画を作りたい企業におすすめです。

予算1動画2,800円〜
制作実績(会社名)HPからは未確認
電話番号092-402-2530
会社所在地福岡県福岡市東区和白丘2-29-31

株式会社B-wish

参考:https://bwish.jp/service/movie/

株式会社B-wishは、埼玉県にある動画とWebの制作を行っている会社。制作実績としては、埼玉県内の企業のものが多いですが、企画・撮影・編集・公開までを一貫して依頼することが可能です。自社で全て行うリソースがない場合に依頼を検討するとよいでしょう。

予算要相談
制作実績(会社名)・埼玉県上尾市観光協会・株式会社ニチネン
電話番号048-776-3167
会社所在地〒362-0025埼玉県上尾市上尾下1044-11

株式会社aquwa

参考:https://aquwa.co.jp/

株式会社aquwaは、渋谷区にある規模の大きいチャンネルの運用実績がある制作会社。「サンサンキッズTV」という登録者数100万人を超えるチャンネルを運用しているため、SEOやYouTubeに適した動画制作が得意です。漫画の動画制作や自社チャンネルとのタイアップも行なっているため、エンタメ関連の企業におすすめします。

予算要相談
制作実績(会社名)・学研グループ・サンサンキッズTV
電話番号なし
会社所在地〒151-0063東京都渋谷区富ケ谷1丁目44−4 代々木いずみマンション601号室

Frontier Channel

参考:https://www.frontierchannel.jp/

株式会社フロンティアチャンネルは、品川区にある、YouTubeやWeb向けを始めとした動画を手がける制作会社。ライブ配信やVR制作など、難しい演出にも対応しているため、さまざまなジャンルの企画を行いたい企業におすすめです。また、他言語でのナレーションやオリジナル音源の制作にも対応しているため、他のチャンネルと被らないところもメリットとなります。

予算2万円〜
制作実績(会社名)・スカパーJSAT株式会社・株式会社新潮社・株式会社リコー・コニカミノルタ株式会社
電話番号03-6410-7343
会社所在地〒140-0015東京都品川区西大井1丁目8-1西大井舘野ビル304号

株式会社Global Japan Corporation

参考:https://gjc.me/

株式会社Global Japan Corporationは、東京をはじめとして4つのオフィスを構える、低価格から依頼可能な制作会社。さまざまな企業の需要に応える幅広い分野の動画制作ができます。価格重視で制作内容を決めたり、ジャンル重視で後から価格を確定できたりするなど、柔軟な費用相談が可能です。

予算3万円〜
制作実績(会社名)・株式会社クロスポイントソリューション・イオンモール株式会社
電話番号東京オフィス050-5835-1280札幌オフィス(本社)0120-116-191大阪オフィス0120-116-191沖縄オフィス0120-116-191
会社所在地東京オフィス〒101-0047 東京都千代田区内神田1-8-9 フォーチュンスクエア(福田ビル)2階
札幌オフィス(本社)〒060-0001 北海道札幌市中央区北1条西7丁目1 広井ビル2F
大阪オフィス〒564-0052 大阪府吹田市広芝町10−8 董友ビル2階
沖縄オフィス〒901-0242 沖縄県豊見城市高安572番地ROUTE11-102

株式会社GEKIRIN

参考:https://gekirin.info/

株式会社GEKIRINは、神奈川県にあるYouTubeに特化した制作会社。YouTubeチャンネルの制作に関して2,000件以上の制作実績があり、企業のニーズに合わせて、料金プランを提案することができます。また、1本あたりの価格も安く、納期も選べるため、費用をかけずに早く作りたいという企業におすすめです。

予算12,000円〜
制作実績(会社名)・株式会社フィナンシャルクリエイト・東京電機大学
電話番号0463-26-4100
会社所在地〒254-0045神奈川県平塚市見附町32-12 臼井ビル 201

動画制作の内製化なら「Video BRAIN」

「Video BRAIN」は、プロが使うような編集機能で誰でも簡単動画を作ることができる動画制作ツールです

制作会社に依頼せずにYouTube動画を制作する方法

制作会社に依頼せずとも、YouTube動画の制作を行うことは可能です。予算が抑えられる場合もあるので、選択肢の1つとして参考にしてみてください。

ここでは、制作会社に依頼せずにYouTube動画制作を行う方法をご紹介します。

フリーランスクリエイターに依頼する

制作会社の代わりに、フリーランスの動画クリエイターに依頼することでも動画の制作は可能。近年、撮影機材のレベルや編集ソフトの使い方がプロの使用するものと変わらないクオリティになっているため、制作会社に属していないフリーランスでも品質のよい動画を制作できるようになっています。費用も制作会社に依頼するより安価に作れる場合もあるので、予算に余裕がない、費用を抑えたい企業におすすめです。

ただし、個人とのやり取りになるので、連絡面やスキルの面で不安があることはデメリット。クリエイターによって業務のやり方や作品のクオリティに差が出る可能性があるので注意が必要です。

自動動画生成ツールを利用する

撮影素材や使用する素材が決まっている場合は、自動動画生成ツールを利用して動画制作することが可能。自社で素材が用意できるものの編集作業の経験がない、編集スキルのある担当者がいない場合でも高品質な動画を制作できます。SaaS形式のツールなら、パソコンのスペックや学習コストが必要ないので、ツールの費用以外かかりません。

また、制作会社に依頼した際の編集工程にかかる予算を大幅にカットできるので、コストも比較的抑えられます。

自動動画生成ツールなら「Video BRAIN」

動画の作成を依頼する場合、作りたい動画のジャンルや演出によっては高額な費用がかかる可能性があります。また、制作会社に依頼しても、柔軟に対応してもらえない可能性がありますし、第一社内にノウハウが蓄積されません。外注費を抑えたいと考えている場合は、社内で編集できる体制を構築したほうが長期的にはおすすめです。

自動動画作成ツール「Video BRAIN」なら、初心者でも簡単にハイクオリティな動画制作が可能であり、ノウハウの蓄積も可能。また、SaaS形式のツールなので、動画1本あたりの制作コストを抑えられます。

AIの解析により、動画や音声の素材から、自動的にひな形作成やテロップの文字起こしが可能。また、国内最大級のテンプレートとフリー素材の数を誇っており、簡単に高品質の動画を作ることができます。そのため、編集スキルがない初心者の方でも、学習コストをかけずにクオリティの高い動画が作成できるツールです。

YouTube動画の作成を考えているものの、担当者がいない、高額な費用をかけたくないという方は「Video BRAIN」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

制作会社への依頼は、事前の確認事項や予算に注意すれば、クオリティの高い動画を制作することができる有効な手段。自社で作りたい動画のイメージやジャンル、予算等を把握して、どのような会社に依頼するか考えるとよいでしょう。費用を抑えたい場合は、フリーランスへの依頼や外部ツールの使用を検討するのもひとつの方法。自社に合った方法で、無理なく動画制作に挑戦してみてはいかがでしょうか。

動画編集におすすめの人気制作会社はこちらをご覧ください


 

この記事をシェアする