1. TOP
  2. ブログ
  3. YouTube
  4. YouTube動画を制作する方法は?

YouTube動画を制作する方法は?

現在、YouTube動画の需要は拡大傾向にあります。個人はもちろん、企業にとっても、YouTube動画を活用することで、販促や認知拡大など様々なメリットが得られます。

ただし、自分もYouTube動画を制作したいと思う反面、どうすれば良いかわからない方もいるでしょう。今回は、YouTube動画の制作方法やおすすめの動画編集ソフト、動画制作会社について詳しくご紹介します。

YouTubeが注目される背景

現在、YouTube動画が今まで以上に注目を集めています。YouTube動画が注目されるようになった背景として、スマートフォンが世界中で普及したことや、5Gのおかげで大容量かつ超高速な通信が可能になったことが挙げられるでしょう。また、コンテンツを動画にすることで情報を多くのユーザーに伝えられますし、スマートフォンを通じて気軽に動画を見られる環境の整備により動画コンテンツが身近になり、触れる機会が拡大しています。

中でもYouTubeは、世界中の人から閲覧されている大規模な動画サイト。他のプラットフォームに比べ、より多くの人に動画を見てもらえるチャンスがあります。YouTubeは日々さまざまな機能を拡充しているため、今後もさらなる注目を集めると予測されているのです。

Youtubeチャンネル運用やVSEO対策のお役立ち資料をダウンロード頂けます

YouTube動画の制作におけるポイント

YouTube動画の制作にあたり、気を付けるべきポイントがいくつかあります。チャンネルを立ち上げる際には、ぜひ以下でご紹介するポイントを押さえましょう。

サムネイルやオープニングにこだわる

動画を見てもらうためには、最初の引きつけとなるサムネイルとオープニングが重要。YouTubeを開いて最初に目に入るのは、動画の概要を表すサムネイルと動画のタイトルだからです。

動画を見てもらうためにはクリックをしてもらわないと意味がありません。そのため、一見してクリックしたくなるような言葉選びや画力が重要。いかに相手を惹きつける画像とタイトルを作れるかが、YouTube動画で成功するポイントです。

具体的な方法としては、動画内の印象的なシーンをサムネイルにする、あるいはインパクトのあるタイトルをつけるのがおすすめ。動画の中身が気になるようなクオリティにできると、クリックへの誘導もうまくいくでしょう。

アカウントの世界観を作る

動画の制作にあたっては、継続的なファンを増やすことも大切。自分の作りたい動画を自由に投稿しても構いませんが、YouTubeに動画を上げるなら、なるべく多くの人に見てもらえるような施策を行うことが必要です。

重要なのは、アカウントの世界観を確立してチャンネル登録者数を増やすこと。自分が投稿・表現したいジャンルを確立・統一させることで、そのジャンルが好きな人から、支持されやすくなります。

YouTubeは動画配信サイトなので、見せたい内容を表現しやすい傾向にありますが、視聴者から「次の投稿も見たい」と思わせる動画を制作することで、より興味を持たれやすくなるでしょう。

企業がYouTube動画を活用するメリット

最近では、多くの企業がYouTube動画に参入しつつあります。企業がYouTube動画を活用するメリットには、一体どんなものがあるのでしょうか。

ファンの獲得

企業にとって必要なのは、コアなファンを囲い込み、安定して商品の購入が見込める潜在顧客を獲得すること。チャンネルに上げた動画を通じて、製品やサービスに興味を持ってもらうために、YouTube動画は有効です。

また、YouTubeにはチャンネル登録機能があるので、それを上手く活用すると良いでしょう。視聴者がチャンネル登録することで、自社の情報を継続的に見てもらうことができます。

企業がYouTubeを活用することには、動画を上げるたびに新しい商品の購入を考えてもらえたり、キャンペーンに積極的に参加してもらえたりするなど、安定的な商品の購入を見込めるファンを囲い込むことができるというメリットがあるのです。

拡散による商品の周知

TwitterやFacebook、ブログなど、動画を各種SNSに拡散されることによって、普段YouTubeを見ない人にも、自社商品を知ってもらえる機会を増やすことが可能です。

YouTubeには各種SNSと共有する機能が付いているので、それを活用することで動画を拡散させることができます。YouTubeに上げた動画が、視聴者から共感してもらえる、あるいはためになる内容であれば、SNSへの拡散によって知名度の向上が狙えるでしょう。

また、SNSの拡散は無料でできるので、場合によっては予想以上の売上につながる可能性もあります。

ターゲット層にアプローチが可能

動画を配信する際には、どの層に狙いを定めるかをあらかじめ考えなければなりません。

YouTubeは若者向けの動画サイトと思われがちですが、実は老若男女を問わず、幅広い層が見ています。加えて、国内だけでも月間6,200万人ものアクティブユーザーが存在している一大市場なのです。

そのため、企業が動画を上げる際は、どのターゲット層に向けたコンテンツを展開していくかが重要。うまくいけば、サービスを認知してもらえ、商品の購買につなげられるでしょう。

YouTube動画を制作する方法

YouTube動画を制作するにあたり、いくつかの選択肢があります。以下では、YouTube動画を制作する方法をご紹介しますので、気になった方法があれば、ぜひ実践してみてください。

制作会社に依頼する

制作会社に依頼すると、クオリティの高い動画を制作することが可能。中には、企画から動画制作、その後のチャンネル運用までの全てを請け負ってくれる制作会社もあります。特に、数多くの制作実績を持っている会社や、豊富なジャンルの映像を手がけている会社なら、安心して依頼できるでしょう。

デメリットは、工数が省ける分、それ相応の費用がかかってしまうこと。また、自社で動画制作のノウハウが蓄積されないという点もデメリットといえます。

動画制作の仕方が分からない、自社に担当者がいないものの予算に余裕がある場合は、制作会社に依頼するのがおすすめです。

フリーランスに依頼する

フリーランスに依頼することでも、工数を省くことが可能。また、費用面では制作会社よりも抑えることができます。

デメリットは、制作会社のときと同様、自社で動画制作のノウハウが蓄積されないこと。また、フリーランスと一口にいっても、作品のクオリティや仕事への熱意に差があることは少なくありません。「せっかく依頼したのに、クオリティが低すぎる」「途中で逃げられた」といった事例もありますので、依頼をする際はポートフォリオや経歴を確認し、相手を見極める必要があります。

フリーランスに依頼する方法は、知人経由やクラウドソーシングサービス、SNSの利用など多岐にわたりますので、安心できるか、予算や工数など、さまざまな面から吟味して依頼するのが賢明です。

自社で制作する

制作会社やフリーランスに依頼できる予算に余裕がない、あるいは自社に動画制作経験がある担当者がいる場合は、自社で制作するのも1つの手段です。

メリットは、自社で動画制作のノウハウが蓄積されるだけではなく、動画制作ソフトなど、映像制作のための初期投資にかかる費用だけで済むこと。また、撮影はスマートフォンでもできますし、さまざまな動画編集ツールがあるため、そうした方法で費用を抑えることもできます。

デメリットは、ある程度の初期投資が必要な点と、制作する際に編集スキルが求められる点。編集スキルを身につけたくても、長期間にわたって学習コストがかかる可能性もあるので、自社に経験者がいない場合は注意が必要です。

自社で予算があまり用意できない方や、自社で内製化の体制を整えたい方には自社制作をおすすめします。

動画制作の内製化なら「Video BRAIN」

「Video BRAIN」は、プロが使うような編集機能で誰でも簡単に動画を作ることができる動画制作ツールです。

おすすめのYouTube動画制作会社3選

予算に余裕はあるものの、自分でYouTube動画を作るのは難しいという方は、制作会社に外注すると良いでしょう。ここでは、おすすめの動画制作会社を3社ご紹介します。会社によって得意ジャンルや特徴が異なるので、ぜひ参考にしてください。

Crevo株式会社

引用:https://crevo.jp/

東京都渋谷区にある動画制作会社のCrevo(クレボ)は、動画制作サービス「Crevo」で、SNS動画やテレビCM、YouTube広告、会社紹介動画などさまざまな動画を制作することが可能。制作実績は、リクルートやサイバーエージェントなど大手企業からベンチャー企業まで、これまでに1,000社を超えています。また、100カ国以上、7,000名を超えるクリエイターが所属。クライアントのニーズに合った最適な人材を割り当てて、動画制作を進めています。

YouTube(TrueView)広告動画を制作した多くの実績があり、大手企業からスタートアップまで会社の規模を問わず、幅広いジャンルの動画制作を手がけているのも特徴。加えて、動画制作の目的や作り方、活用シーンなどの提案もしてくれるので、初めて広告制作をするときも安心して依頼できるでしょう。

YouTube(TrueView)広告動画の企画・制作、配信まで丸ごと依頼したい人やアニメーションを使ったSNS動画を制作したい方、実績が豊富な動画制作会社を探している方におすすめです。

有限会社coogo

引用:https://coogo.jp/

大阪府大阪市北区にある映像制作会社のcoogo(クーゴ)は、テレビ番組・CMの制作やWeb動画の企画・制作、動画SEO、YouTube広告の運用代行も行っています。

再生数アップを念頭に置いた、きめ細やかな動画SEOとお手頃な料金設定が特徴。YouTubeアカウントの登録から、チャンネル紹介用の動画や注目を集めるコンテンツを企画してくれます。ユーザーを集める基盤をきちんと作った上で、動画の内容に合わせて最適な説明やタイトルも考案。いずれのプロセスも、他社と比較して相場以下の料金となっています。

さらに、中国人レポーターによるインバウンド対策を専門とした動画制作サービスを用意。外国人観光客への宣伝に力を入れている宿泊施設など、国際的なビジネス領域を手がける会社にとって、心強いパートナーとなるでしょう。

株式会社 Global Japan Corporation

引用:https://gjc.me/

東京都千代田区など複数のオフィスを構える映像制作会社のGlobal Japan Corporation(グローバルジャパンコーポレーション)は、複数の有名企業やメーカーと取引しており、これまでに3,000社以上の企業の動画を制作してきた実績を持っています。

商品説明動画や企業紹介動画、求人動画など、企業が求める様々な種類のクオリティの高い動画を低価格で提供してくれるのが最大の特徴。6〜60秒程度の短編動画広告やプロモーション動画であれば、3万円から依頼することが可能です。

また、追加の修正作業まで無料で対応してくれる点から、96%以上の高い顧客満足度を誇ります。加えて、他社の半分以下の期間で納品可能。YouTube動画がすぐに必要という方におすすめです。

フリーランスを探せる!おすすめクラウドソーシング3選

動画制作をフリーランスに依頼したい場合は、クラウドソーシングサービスを利用するのもひとつの方法です。ここでは、おすすめのクラウドソーシングを3社ご紹介します。それぞれ異なる特徴があるので、依頼の際の参考にしてください。

ランサーズ

引用:https://www.lancers.jp/

ランサーズは、2008年にサービスを開始したクラウドソーシングサイト。サイト利用経験が無い、初心者の仕事を受けた経験のあるユーザーは「初心者に優しい」というマークで表示されたり、各仕事のジャンルで上位20%の優秀な評価を得ているユーザーには「認定ランサー」が付与されたりと、依頼者を選ぶ際の基準が分かりやすくなっています。

ランサーズを利用する際は、用途や目的に合わせて、実績や経歴を確認しながらユーザーを選ぶと良いでしょう。また、ランサーズでの予算は、1本1〜10万円が目安となっています。

ココナラ

引用:https://coconala.com/

ココナラは、2012年に設立されたクラウドソーシングサイト。自分のスキルを売ることができる「スキルマーケット」というプラットフォーム形態になっています。

ココナラでは、ランク制度を採用しており、ランクが上がるほど顧客からの信頼度が増していきます。そのため、依頼する際にも、実力を見るための指標にできるでしょう。

募集をかけて応募してきたユーザーに依頼するというより、出品しているサービスに見積もりを依頼して話をすり合わせていく流れが多いので、依頼するユーザーを探す必要があります。ココナラでの予算も、1本1〜10万円程度が相場です。

クラウドワークス

引用:https://crowdworks.jp/

クラウドワークスは、2012年に開始されたクラウドソーシングサイト。クラウドワークスは、アクティブユーザーが多いため、「日本最大級のクラウドソーシングサイト」と呼ばれており、募集をかけた際の応募者数も比較的多い傾向にあります。

ランク制度もあり、各ジャンルで売上ランキング上位にランクインしたユーザーは、「プロクラウドワーカー」と認定されるので、実力を判断する材料になるでしょう。クラウドワークスでの予算も、1本1〜10万円程度です。

YouTube編集におすすめの動画編集ソフト3選

自分で動画を制作したい場合は、動画編集ソフトを使うのがおすすめ。YouTube動画を編集するなら、以下でご紹介する動画編集ソフトを検討してみると良いでしょう。

Premiere Pro

引用:https://smabiz.jp/solution/detail/solution-258.html

Adobe社が開発したPremiere Proは、映像クリエーターを始め、多くの動画編集のプロから選ばれている定番のソフトです。

機能が高度かつ多彩な上に汎用性もあるので、動画編集に必要な基本的な機能がすべて揃っているのが特徴。Creative Cloudの他製品との連携出来るというメリットもあります。また、ユーザー数が多い分、ネット上にもチュートリアルなどのPremiere Proに関する情報が豊富。編集における疑問点を解決しやすいでしょう。これから動画・映像編集を仕事にしていきたい方におすすめです。

Windows(10 64-bit )、Mac(10.15以降)どちらのOSにも対応。価格はソフト単体だと、サブスクリプション制で月額2,728円です。買い切り版がなく、継続的に料金を支払う必要があるので、頻繁にソフトを使用しない方は注意してください。

Final Cut Pro X

引用:https://store.storeimages.cdn-apple.com/8567/as-images.apple.com/is/finalcutx-vl?wid=572&hei=572&fmt=jpeg&qlt=95&.v=0

Appleによって作られたFinal Cut Proは、カラーグレーディングやカット編集、色補正、モーショングラフィックスなど、プロが使用するような機能を備えながら、直感的な操作で初心者にも扱いやすく、まさにMacに特化した動画編集ソフト。また、360°カメラにも対応しているので、立体的かつ見応えのある動画を自由に制作することができます。

同じAppleの動画編集ソフトであるiMovieと互換性があるので、ステップアップとしても使うことが可能です。

ただし、対応OSはMacのみであり、Windows には対応していないので注意が必要。動画のクオリティにこだわりたい人は、検討してみてください。値段は36,000円の買い切り版のみです。

iMovie

引用:https://apps.apple.com/jp/app/imovie/id377298193

Appleによって作られたiMovieは、テロップや音楽、エフェクトの挿入などが簡単にできるので、初心者でも本格的に動画編集をすることが可能。10種類のフィルターから好みのものを選べば、様々なスタイルの映像を制作できます。また、解像度の高い4K動画にも対応。クオリティが高い動画を作りたい方は、動画編集を始める最初のツールとして選ぶことをおすすめします。

対応OSは、iPhone iOS 14.0以降、iPadOS 14.0以降、iPod touch iOS 14.0以降、macOS 10.15.6以降。スマートフォンとパソコンのどちらでも使用できますが、WindowsやAndroidには対応していないので、注意しましょう。無料なので、動画編集を始めたいAppleユーザーはぜひ使ってみてください。

初心者でも動画制作できる「Video BRAIN」

制作会社、フリーランスに依頼する場合、費用がかかるものの工数を削減することが可能。しかし、社内にノウハウが蓄積されません。一方、自社で編集ソフトを使って動画を制作するには編集スキルを習得する必要があるので、クオリティの高い動画を制作するのに時間がかかってしまいます。

自動動画作成ツール「Video BRAIN」は、そんなお悩みを両方とも解消。「Video BRAIN」なら、初心者であってもクオリティの高い動画制作ができ、動画制作のノウハウも蓄積されます。

動画を上手く活用したい方は、初心者でも高度な編集を可能にする「VideoBRAIN」を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

YouTubeは、現在も機能を拡充しており、今後もさらに発展していくでしょう。それに伴い、企業がYouTube動画を活用する手段も考えていかなければなりません。自社で動画施策を上手く活用できるように、内製化や外注を視野に入れる必要があります。

自社の予算や人員と相談しながら、本記事でご紹介した依頼方法や編集ソフトの導入を検討してみるのがおすすめです。費用や学習コストをかけたくない方は、「Video BRAIN」の導入も検討してみてはいかがでしょうか。


 

動画制作の編集コストを1/4以下に!
未経験からすぐに使える動画編集クラウド

 

黒い背景と白い文字

自動的に生成された説明

 

 

この記事をシェアする