1. TOP
  2. 動画制作
  3. 動画制作の会社を選ぶポイントは?おすすめも紹介

動画制作の会社を選ぶポイントは?おすすめも紹介

動画制作の会社を選ぶ際は、これまでの実績や提案力など、選ぶポイントがいくつかあります。また、予算の範囲内で希望の動画を作れるかどうかもチェックしなければなりません。

本記事では、動画制作の会社を選ぶポイントや、おすすめの会社を紹介します。

動画制作の会社を選ぶときに確認したい5つのポイント

自社のプロモーションを行う手段として動画を制作する際、制作会社への依頼を検討することが多いでしょう。自社に見合った動画を制作するためには、いくつかポイントを押さえておく必要があります。

ここでは、動画制作会社に依頼する際に必ず確認しておきたい5つのポイントについて見ていきます。

1.作りたい動画について十分な実績がある

安心して動画制作を依頼するためには、十分に実績がある会社を選ぶことが大切です。

過去の実績は、制作会社のホームページに掲載されていることが多いので、事前にチェックしておきましょう。ただし、ホームページに掲載されている実績がすべてとは限りません。気になる会社があれば、どのような実績があるのか詳細な情報について直接問い合わせてみるとよいでしょう。

2.動画制作の目的に対し的確な提案ができる

動画制作の目的には、商品・サービスの販売促進や企業のブランディング、見込客の増加など、さまざまなことが考えられます。動画マーケティングに理解があり、的確な提案ができる制作会社を選びましょう。

動画マーケティングに造詣が深ければ、制作の目的ごとに見せ方を変えることが可能です。販売促進なら商品・サービスの魅力をデータで紹介する、ブランディングなら視聴者の関心を惹きつけるようなインパクトのある映像を作ることができるでしょう。

3.予算の範囲内で目的にかなうものが制作できる

動画制作会社を選ぶ際は、安さだけではなく、クオリティ面も考慮する必要があります。

依頼する際は、まず予算を伝えた上で、その範囲内で求めるクオリティの動画が制作できるかどうかを確認しましょう。

また、料金が明確であることも大切です。制作開始後に費用が追加され、最終的に予算をオーバーしてしまう可能性もあるためです。事前に見積もりを取り、追加料金の有無などを確認することが大切です。

4.企画から納品までサポート体制が整っている

動画制作には、企画から撮影、編集、納品まで細かいプロセスがあります。外注せず、依頼先の会社がすべての工程を担当するのか確認しましょう。さらにディレクターによるサポート体制が充実しているのかどうかも重要なポイントです。

また、各工程のスケジュールを確認しておくことも大切です。どれかひとつの工程で大幅に時間がかかってしまうときは、注意しましょう。場合によっては、クオリティに影響が出る可能性もあります。

5.納期について融通を利かせてもらえる

企画から一貫して動画を制作する場合、基本的に1~2か月ほどかかることが多いです。動画の内容によってはさらに時間がかかるケースもあるため、スケジュールに十分な余裕をもって依頼しなければなりません。

納期の短さを売りにしている制作会社もあります。急いでいる場合は、納期について相談することで融通を聞かせてもらえる可能性もあるでしょう。

東京・大阪でおすすめの動画制作会社を2社紹介

動画制作会社は東京・大阪の都市圏に数多く集中しています。依頼する際は、前述した5つのポイントもチェックしながら、自社に合う制作会社を選びましょう。

ここでは、東京・大阪でおすすめの動画制作会社2社について紹介します。

企画から完成までサポートする「株式会社CACTAS」

Web動画の制作をメインに、企画から納品までサポートする東京の制作会社です。大手企業から新興企業まで幅広い動画制作を手がけ、年間300本以上の実績があります。

同社では、YouTubeなどSNSからデジタルサイネージまで、幅広い媒体の広告動画を最安5万円で請け負うサービス「動画にかえるくん」を提供しており、最短2営業日という短納期で制作できるのが特徴です。

「視聴回数」「CV率」などを最大化する動画表現で、低価格ながら購買につながるハイクオリティな動画を制作しています。

幅広い制作実績がある「株式会社シードアシスト」

株式会社シードアシストは、マーケティングとブランディングという視点で動画を制作している大阪市の制作会社です。クライアントの課題に向き合い、課題解決に最適な映像を提案しています。

映像制作の各工程に社内の専門スタッフが携わり、クライアントの目的を形にすることが可能です。

169,800円のエコノミークラスなど4つの基本プランを用意しているほか、ニーズに合わせてオプションが選べます。予算と要望に合った動画を制作できるでしょう。納期は制作工程によって変わりますが、約2カ月が目安です。

コストパフォーマンスの良い動画制作会社を2社紹介

少ない予算で動画を制作したいという方に向けて、格安で動画制作を請け負う会社も少なくありません。費用の安さだけでなく、費用対効果が高い制作会社を選ぶようにしましょう。

ここでは、低価格ながらもクオリティの高い動画制作を提供している会社を2社紹介します。ぜひ、会社選びの参考にしてみてください。

格安プランが選べる「株式会社ユニモト」

格安プランを提供する東京都の制作会社です。創業以来1,800本を超える動画制作の実績があり、豊富な経験と実績により幅広い要望に対応できます。

Web動画や店舗紹介などに最適な1分動画の場合は、15万円から対応可能です。また、カメラマンが指定の場所で撮影を行う「撮影プラン」は8万8千円からとなっていて、比較的低価格でサービスを提供しているのが特徴です。

会社説明会や座談会、記念行事の記録などの動画を制作したい場合に最適です。

安くて評判「株式会社フラッグシップオーケストラ」

格安・大量動画制作サービス「ムビラボ」を提供する東京都の制作会社です。動画制作は1本2万円から請け負います。

自社でツールを開発するなど、業界初の「品質が高い動画制作のオペレーション化」を実現しており、月間で1,500本の動画を制作できる体制を整えています。3営業日程度で納品が可能です。

動画制作の会社を選ぶときにチェックしたいこと

動画制作会社を選ぶときは、いくつか注意したいポイントがあります。まず、動画の種類によって、料金相場が異なることを把握しておかなければなりません。同じクオリティで少しでも安く動画を制作したい場合は、相見積もりをして比較してみましょう。

また、動画制作会社であれば企画から納品まで一貫対応が可能なケースが多いですが、一部の工程を自社で対応することでコストを抑えることが可能です。

ここでは、動画制作会社を選ぶ際にチェックすべき内容を紹介します。

動画制作の相場は動画の種類によって異なる

動画制作会社に全工程を依頼する場合の相場は、およそ30万円~となりますが、動画の目的により金額は変動します。目的によって適した構成や時間、表現方法が異なり、それにより演出や撮影方法が変わるからです。

目的別に見た動画制作の相場は、以下が目安です。

・商品・サービス紹介動画:50万〜100万円
・アニメーション動画:30万〜100万円
・会社紹介動画:50万〜200万円
・インタビュー動画:30万〜150万円

上記価格についても、あくまで目安と考えましょう。

まずは相見積もりをして料金を比較してみる

制作会社を選ぶときは、複数の会社に見積もりを依頼することで、相場が把握できます。3~5社から見積もりを取り、比較検討してみましょう。

金額だけでなく、ホームページに書かれていない実績やサービス内容、担当者の接客態度なども確認しておくと良いでしょう。

コストを抑えるためには一部を自社で制作する方法も

コストを抑えるには、企画から編集まですべての工程を制作会社に依頼するのではなく、工程の一部を自社で制作する方法もあります。

なお、作業を行うリソースが自社にない場合は「Video BRAIN」の利用がおすすめです。Video BRAINはAIを搭載した動画編集ツールで、写真、映像、テキストなど素材をアップロードするだけで動画が完成します。

プロ用の編集機能が付いているため、細かい編集や修正の操作が簡単にできるのもメリットです。AIのサポートにより、初めて動画を作成する方でも安心して利用できます。コストを抑えながら「伝わる動画」を制作したいと考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

動画制作の会社選びは実績や提案力をチェックしよう

動画制作を依頼する場合は、イメージ通りの動画が制作できるかどうか見極める必要があります。気になる会社の実績や目的に対する提案力、コストパフォーマンスなどを確認しておきましょう。

予算が限られている場合、工程の一部を自社で担えば大幅なコストカットにつながる可能性があります。さらに、動画編集ツールを使うことで、納期を気にせず負担を抑えて制作できるでしょう。

AIを搭載した動画編集ツール「Video BRAIN」を利用するのもおすすめです。ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする