1. TOP
  2. 動画制作
  3. 効果的なマニュアル動画の作り方とは?活用事例や作成のコツを紹介

効果的なマニュアル動画の作り方とは?活用事例や作成のコツを紹介

マニュアルといえばこれまでは印刷した冊子やPDFファイルの配布が主流でしたが、最近は動画を使った「マニュアル動画」を利用する企業が増えています。この記事ではマニュアル動画のメリットや導入事例、作成ポイントについて紹介します。

 

マニュアル動画を活用することによって得られる業務効率化やコスト削減ついて詳しくまとめた資料を以下からダウンロード頂けます。

 

マニュアル動画とは

業務手順や製品の操作方法など、企業にとって必要な情報を動画形式にまとめたものが、「マニュアル動画」です。マニュアルといえば、今までは紙に印刷した冊子やパンフレットか、パンフレット形式のPDFファイルが一般的でした。しかし、最近では映像に音声やテロップを加えた「マニュアル動画」が、すでに広く普及しているスマホやタブレットを通して、テレビを視聴するような感覚で見られるようになりました。これにより、教育のたびに必要だった紙のドキュメントや、教育にかかる人件費、場所の確保といたコストが削減され効率化できると、昨今注目を浴びています。

マニュアル動画の種類

マニュアル動画は従業員向けの業務手順説明や研修用資料、顧客向けの製品紹介や取扱説明書など、社内向け、社外向けを問わずいろいろな場面で活用できます。
代表的なマニュアル動画を4種類に分けて紹介します。

SaaS、製品のデモ動画

マニュアル動画がよく使われる場の一つに、ネットワーク経由で使うアプリ、いわゆるSaaS製品の機能説明や使い方を伝えるデモ映像があります。
次の動画はKaizen Adというアプリの「管理画面の使い方」を説明したものです。

ポインターの動かし方やクリックやタップのタイミング、アプリの色の変化や反応速度など、文字や図だけのマニュアルでは伝えきれないような内容を動画で伝えています。
キャプチャ画像なども使って操作方法をわかりやすく映像で説明するデモ動画は、今では商品の説明や導入に欠かせない存在になっています。

社内研修用動画

社内向けの研修でマニュアル動画を活用したいなら、研修のテーマごとに動画を用意することになります。新入社員向けの内容としては、電話応対などビジネスの基本ルールをまとめたものになるでしょう。また、新人教育担当者向けに「新人教育マニュアル」など、それぞれの立場の課題に即したマニュアル動画を制作します。

各地に店舗を展開するフランチャイズチェーンの飲食店や小売業なら「店舗運営マニュアル」を動画で制作して配布すれば、遠隔地の店舗にも充実した内容を伝えることができて便利です。

機械の使い方マニュアル動画

メーカーや企業、工場など、業務で使う機器の取扱説明書としてもマニュアル動画を活用できます。動画を使うことで、機器を操作するタイミングや具体的な動作なども直感的に伝えることができるのです。さらに動画のスロー再生や繰り返し再生なども利用すれば、文字と図だけの説明ではなかなか伝わりにくいような操作でも、各自のペースで何度でも確認することができるのでよりよい理解の助けになります。

営業研修動画

営業研修動画は、営業で成果をあげるために必要なスキルや考え方、営業準備や商談の流れなどを動画にまとめたものです。スキルやノウハウを動画にして配布すれば、指導対象者の前で実演する必要がなくなり、研修にかかる時間や人件費を大幅に削減できます。
また、営業では間の取り方など会話自体のテクニックも重要です。マニュアル動画なら、好ましいしゃべり方やしぐさなどをわかりやすく伝えることができます。

また、優秀な営業担当者は外回りで不在がちなことも多いものです。そういった多忙な担当者が研修のために時間を割くのは難しいことも多いのですが、動画マニュアルを作成すれば研修のために予定を空ける必要がなくなります。また、研修を受ける側も自分の都合のよい時間に視聴することができます。このように、教える側と学ぶ側の両方に大きなメリットがあります。

 

その他、動画活用シーンやメリット、事例をまとめた資料を以下からダウンロード頂けます。

 

マニュアル動画の特徴とメリット

マニュアル動画はいろいろな場面で活用が可能で、導入がもたらすメリットにもいろいろなものがあります。

メリット1.一度作成すると自社の資産となる

マニュアル動画は、機材の確保や動画作成アプリの準備、動画の撮影や編集など、最初は多少手間がかかりますが、一度作成してしまえば何度でも使うことができるので、社の“資産”として高い価値があります。もちろん、紙に印刷したマニュアルと異なり、印刷コストや配布コストは発生しません。最初にかかる手間やコストを差し引いても、長期的に見れば社の重要な情報資産として非常に価値が高いと言えます。

メリット2.コスト削減になる

人を集めて集団で研修を行うと、会場費や会場設営費、講師を呼んだ場合は講演料がその都度発生します。また、研修参加者の交通費や宿泊費などのコストが発生することもあります。

一方、マニュアル動画なら、一度作成すれば何度でも繰り返し利用できますし、研修参加者を遠隔地から呼び寄せたり、研修者を集める会場を用意したりする必要がないため、その分のコストを削減できます。もちろん、天候不順や公共交通機関の遅延など当日のインシデントに左右されることもないので、研修に必要な時間をトータルで短縮できます。

メリット3.テキスト情報より一目で分かりやすく覚えやすい

動画のメリットの一つに、テキスト情報よりも相手に伝わりやすいという点も挙げられます。特に、体の動きを伴う操作など、文字や画像だけのマニュアルでは理解しにくかった内容も、動画を見たらすんなり理解できるということがあります。
動画では、細かい動きのニュアンスやタイミングなど、文字と画像の組み合わせに比べてはるかに多くの情報を凝縮して伝えられます。もちろん、視聴者の印象や記憶にも残りやすいと言えます。

メリット4.繰り返し学習できる

動画マニュアルは繰り返し再生して何度も見直せるため、納得がいくまで学習できるのもメリットです。複雑な作業工程や操作方法など、一度では理解しにくかったところを、ニーズに合わせて何度も見ることで、習熟度を効率よく上げられます。

マニュアル動画の活用事例

実際にマニュアル動画を取り入れている企業は、どのように活用しているのでしょうか?ここでは導入事例を5つ紹介します。

1.株式会社フレッシュネスの事例

フレッシュネスバーガーを全国各地に展開する株式会社フレッシュネスは、レシピの共有にマニュアル動画を利用しています。
パティをグリルでていねいに焼き上げるなど、店内調理で味を追求するのがフレッシュネスバーガーのこだわりです。しかし、そのためには、どの店舗でもレシピを確実に再現できることが求められますが、提供メニューの数は店舗限定のものも合わせると約280種類に上り、従業員教育が大きな課題となっていました。

そこで、マニュアル動画を新たに導入して、店内のiPadで簡単にレシピを確認できるように改善しました。動画を静止画と組み合わせたレシピなら、キャンペーンメニューなども含めてあらゆるレシピをiPad一つで確認できるため、安心して作業を行えるようになり効率化につながっています。現在はレシピ共有がメインですが、今後は店舗運営や清掃などにもマニュアル動画を導入することを検討しています。

2.株式会社リオの事例

次に紹介するのは、コンサルティング業などを手掛ける株式会社リオが作成した食品加工業向けの身だしなみを伝えるマニュアル動画です。

食品を取り扱うなら衛生管理の基本である身だしなみは非常に重要です。
動画では、帽子や制服を着用する手順や、爪の切り方などをテロップやナレーションを活用しながらわかりやすく解説しています。従業員一人ひとりが正しい衛生知識を身につけたり、衛生管理に対する意識を高めたりするために動画が非常に有効である例の一つです。

3.株式会社岡本工作機械製作所の事例

研削盤や半導体関連装置の製造・販売で高いシェアを誇る「株式会社岡本工作機械製作所」では、同社の製品である平面研削盤とその技術を紹介するマニュアル動画を作成しています。

動画では、前半で研削盤の機能を解説し、後半で操作方法を説明しています。この動画では、ナレーション音声や説明の文章にすべて英語が使われており、字幕テロップで日本語の説明が加えられています。つまり、英語をメインにして、日本国内向けと海外向けの両方を一つの動画マニュアルで兼ねられるように工夫されています。同社はシンガポールやタイに生産拠点があり、今後も国外の拠点で広く導入することを見据えて動画を作成しています。

4.東洋ビルメンテナンス株式会社の事例

ビルの設備管理や設備工事を行う「東洋ビルメンテナンス株式会社」では、ビルメンテナンス管理以外にも、ビルの清掃管理や警備、太陽光発電所の管理など多分野で事業を展開しています。この各事業部の部署が抱える大量の作業マニュアルについて、マニュアル動画を導入しました。

動画制作の専門部署は設置せずに各部署の担当者が動画を制作して運用しています。最初はとまどいながらの運用でしたが、何度も制作を重ねるうちに作成動画のクオリティも徐々に上がっていきました。今後は会社説明会用の動画など社外向けの動画制作を自社で行うことも検討しています。

5.岡三オンライン証券株式会社の事例

岡三証券グループ会社のインターネット専業証券会社「岡三オンライン証券株式会社」では、株式や投資信託、FXなどいろいろな金融商品をネットで売買できます。岡三オンライン証券は同業他社との差別化として、マニュアル動画をいち早く導入しました。投資情報の解説動画がメインで、1か月に40本以上の動画を制作しています。

制作した動画は自社サイトのほか、YouTube広告にも利用しています。ナレーションを入れて制作したマニュアル動画をYouTube広告で配信したところ、従来のYouTube広告と比較して口座開設数が約3倍に増え、改めてマニュアル動画の有効性を証明する形になりました。

効果的な動画マニュアルの作り方

では、効果的な動画マニュアルはどのように作ればよいのでしょうか?動画の作り方と、押さえておきたいコツやポイントを紹介します。

1.目的・目次を明確にする

まず、動画の目的と動画の内容、つまり目次を明確にします。何についての動画なのか、どのような内容をどのような順で見せていくのかをしっかり決めてから制作しましょう。目的の設定や目次作成は非常に重要な作業で、これがないと何を伝えたい動画なのか判然としないものができあがってしまいます。マニュアル動画は視聴者に内容を理解してもらえるかどうかが重要です。構成を考える際には視聴者目線に立つことを忘れないようにしましょう。

2.台本を作成する

目的を決め、目次を考えて動画の構成がまとまったら、次は台本の作成です。台本は文章で書くほかに、イラストを中心にした絵コンテのようなものでもかまいません。台本で撮影全体の流れを把握してから撮影することで無駄な撮り直しが防げます。伝えたい内容を過不足なく伝えるために、セリフや動作などを台本に書き出しておくことが大切です。

また、台本があれば、編集段階でも前後の流れをすぐに確認できますし、テキストデータの形で台本を作っていれば、そのテキストをコピー&ペーストしてテロップを作成できるので効率的です。

3.動画を撮影・編集する

台本が完成したら、動画を撮影し編集します。撮影のポイントは、特定の方向や角度(アングル)だけで撮影せずに、アングルを変えながら複数のアングルで撮影しておくことです。同じシーンでも、撮影する角度が変われば見え方が変わります。まず、いろいろなアングルで撮影しておいて、編集の段階で最適なアングルの動画を選ぶ方法がおすすめです。

編集作業では不要なシーンをカットし、必要に応じてナレーションやテロップを入れて、見やすい動画にすることを心掛けます。テロップを出すタイミングや、表示するテキストの入力に多少の手間はかかりますが、テロップがあれば電車内などでも視聴できるため、作成しておくのが望ましいでしょう。ポイントは、ひと目で理解できる簡潔な文章を心掛けることです。さらに、BGMや効果音などを挿入すれば、クオリティの高い動画に仕上がります。

 

動画撮影から編集までのポイントをまとめら資料も以下からダウンロード頂けます。

 

マニュアル動画で業務効率化を目指そう

マニュアル動画は、紙や文書ファイルでは伝えきれないような大量の情報や、細かいニュアンスなどの内容を的確に伝えられる画期的なアイテムです。もちろん、マニュアル動画を作成して最大限に活用するには、導入後も継続的に見直しながら運用していくことが大切です。

社員の習熟度チェックなどマニュアル動画の効果を確認しながら見直しを行い、定期的に更新していくことで運用効果をさらに上げることができます。Video BRAINでは手軽にマニュアル動画が作成できます。ぜひ導入をご検討下さい。

法人向けシェアNo.1動画編集クラウド | Video BRAIN(ビデオブレイン)

Video BRAIN(ビデオブレイン)は、高品質な動画を誰でも簡単に制作できる動画編集ツールです。動画編集の「コスト」「時間」「スキル」を全て解決します。

詳しいサービス資料はこちらからダウンロード頂けます。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする