1. TOP
  2. ブログ
  3. Twitter
  4. Twitter広告の仕様と各種サイズ一覧【運用時の注意点まで】

Twitter広告の仕様と各種サイズ一覧【運用時の注意点まで】

国内の月間利用者数が4,500万人を超えるTwitterは、LINEに続いて2番目に多く利用されているSNSプラットフォームです。Twitterはリアルタイムの情報拡散能力に優れているため、企業のプロモーション活動でも多く取り入れられています。

そんなTwitter広告では各種フォーマットが用意されており、目的に合わせたプロモーションを実施できますが「具体的な仕様や広告サイズなどがわからない……」という方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、Twitter広告の各種フォーマットや仕様・サイズまでを解説します。広告運用時の注意点も合わせて紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

 

SNS動画広告の効果的な活用の詳細をまとめた資料も以下かダウンロード頂けます。

 

Twitter広告のフォーマットについて

屋内, 人, 女性, ノートパソコン が含まれている画像

自動的に生成された説明

広告配信の目的に合わせた複数のフォーマットが提供されているため、自社の展開するサービスや、企業活動のプロモーションに合ったものを選択できます。

ではここからは、そんなTwitter広告の具体的なフォーマットについて紹介します。適切なフォーマットを選択して費用対効果を高めましょう。

プロモ広告

Twitter広告のなかで、もっとも汎用性が高いフォーマットが「プロモ広告」です。プロモ広告は一般的な投稿に似た配信で、ユーザーからのリツイートやいいねなどのアクションもできます。

なお用意されているメディアフォーマットは以下の5つです。

・画像広告

・動画広告

・カルーセル広告

・モーメント広告

・テキスト広告

プロモ広告では通常のツイートと区別できるように、「プロモーション」と表示されます。

フォロワー獲得広告

新規のフォロワーを増やすための施策として用意されているフォーマットが「フォロワー獲得広告」です。この広告は「フォローボタンが設置された広告」のため、フォローアクションがしやすく、より多くのユーザー獲得に向いています。

また関連性が高いユーザーアカウントのタイムラインや検索結果、「おすすめユーザー」などに表示されます。なおタイムライン上では「プロモーション」、検索結果のおすすめユーザーには「プロモアカウント」のラベルが表記されます。

Twitter Amplify

動画による効果的なプロモーション配信ができるフォーマットが「Twitter Amplify」になります。なお「Twitter Amplify」では、以下2種類のフォーマットが用意されています。

・Amplifyプレロール

・Amplifyスポンサーシップ

Amplifyプレロールでは、提携元が配信している「動画の本編前」に広告として配信されます。

なおAmplifyプレロールでは複数の提携元に配信されますが、Amplifyスポンサーシップでは独占的な提携をするのが特徴です。

Twitterテイクオーバー広告

Twitter広告のなかでも、目立つ位置を独占して配信できるフォーマットです。なお、以下2種類の広告が用意されています。

・タイムラインテイクオーバー

・トレンドテイクオーバー/トレンドテイクオーバープラス

タイムラインテイクオーバーは、Twitterを利用しているユーザーが「その日初めてTwitterを開いた際にタイムライン最上部に配信」されるため、リーチ拡大が見込めます。

トレンドテイクオーバー/トレンドテイクオーバープラスは、「話題を検索」最上部の広告配信です。また1日1社の配信で24時間広告が表示されるため、リーチを最大限に獲得できます。

Twitterライブ

リアルタイムのライブ放送を配信できるフォーマットが「Twitterライブ」です。リアルタイム配信ができるため、製品発表や大規模なイベントの配信などにも利用できます。

また広告主にとって重要な時間を視聴者側と共有できるため、質の高いアプローチが実現できます。なおライブ放送中は、ひと目でTwitterライブと確認できるように「LIVE」表記と「視聴者数」が表示されます。

Twitter広告の各種仕様とサイズ

ノートパソコンの上に置かれた携帯電話

自動的に生成された説明

Twitter広告では、フォーマット内で利用できるクリエイティブごとに推奨されている仕様・サイズが決まっています。質の高い広告配信をするためにも、利用するクリエイティブの仕様などは確認するようにしましょう。

ではここからは、クリエイティブ形式ごとの仕様およびサイズを紹介します。

テキスト広告

テキスト広告では、シンプルに文字だけのツイートでアプローチを実施する広告配信です。通常ツイートに自然な形で溶け込むため、いいねやリツイートなどのエンゲージメントも獲得しやすい特徴があります。

【ツイート仕様】

・140文字以内(半角英数字の場合は280文字以内)

※リンクは12文字使用されるため、本文に利用できる実際の文字数は128文字以内(半角英数字の場合は257文字以内)

画像広告

画像広告は写真などを利用するため、テキスト広告よりも視覚的にアプローチができる広告配信です。単一の画像を掲載する画像広告など、用途に応じて選ぶことができます。

 

通常の画像広告ウェブサイトのクリック数キャンペーンアプリのインストール数キャンペーンカンバセーションボタン付き画像広告
文字数                                         140文字以内(リンク掲載時は128文字以内)140文字以内(リンク掲載時は128文字以内)140文字以内(リンク掲載時は128文字以内)140文字以内(リンク掲載時は128文字以内)
画像サイズW600ピクセル以上・W800*H418ピクセル・W800*H800ピクセル・W800*H418ピクセル・W800*H800ピクセルW800*H418ピクセル
アスペクト比2:1、3:21.91:1、1:11.91:1、1:11:1
ファイル形式PNG、JPEGPNG、JPEGPNG、JPEGPNG、JPEG

 

動画広告

動画広告は、圧倒的な情報量の広告配信です。画像やテキスト広告に比べても、より臨場感を増して伝えられるため、効果的なエンゲージメントを期待できます。

通常の動画広告カンバセーションボタン付き動画広告
文字数140文字以内(リンク掲載時は128文字以内)140文字以内(リンク掲載時は128文字以内)
動画の長さ15秒以内(最長2分20秒まで)推奨6~15秒(最長10分まで)
ファイルサイズ1GB未満(推奨:30MB未満)
ビットレート・1080p(6,000k~10,000k)・720p(5,000k~8,000k)
フレームレート29.97FPSもしくは30FPS(最大60FPS)
推奨サイズ1200×1200
アスペクト比1:116:9
オーディオコーデックAAC LCAAC LC
ファイル形式MP4、MOVMP4、MOV

カルーセル広告

カルーセル広告は、水平方向にスワイプさせることで複数のクリエイティブを展開できる広告配信です。最大で6つのメディアを利用できるため、複数の商品をプロモーションしたいケースにもおすすめです。

画像動画
文字数140文字以内(リンク掲載時は128文字以内)140文字以内(リンク掲載時は128文字以内)
スライドの数2~6枚2~6枚
アスペクト比1.91:1、1:11:1、16:9
動画の長さ15秒未満(最大140秒)
ファイル形式PNG、JPEGMP4、MOV

フォロワー獲得広告

視認性を上げることによってフォロワーの獲得を目指していく広告配信です。タイムラインなどからダイレクトにフォローアクションが実施できるため、より効果的にフォロワーの増加が見込めます。

【ツイート仕様】

・140文字以内(半角英数字の場合は280文字以内)

※リンクは12文字使用されるため、本文に利用できる実際の文字数は128文字以内(半角英数字の場合は257文字以内)

Amplifyプレロール

Twitterが提携している動画配信ネットワークの本編動画の最初に配信される動画広告です。注目度の高い場所での配信ができるため、企業ブランドや商品などの認知を広げる際におすすめの配信です。

ファイルサイズ最大1GB
動画の長さ15秒以内(最大2分20秒)
アスペクト比1:1
サイズ1200 x 1200、640 x 360
ビットレート・1080p(6,000k~10,000k)・720p(5,000k~8,000k)
フレームレート29.97FPSまたは30FPS
オーディオコーデックAAC LC
ファイル形式MP4、MOV

Amplifyスポンサーシップ

選択可能な提携元と独占的なパッケージを組むことで、広告品質の良い動画配信が実施できるのが特徴です。ユーザにとって関心度の高い広告を配信することで、認知拡大を見込むことができます。

ファイルサイズ最大1GB
動画の長さ15秒以内(最大2分20秒)
アスペクト比16×9、1×1
サイズ1200 x 1200、640 x 360
ファイル形式MP4、MOV

Twitterライブ

Twitterライブは、リアルタイムのストリーミング配信ができる広告配信です。大規模なイベントや新製品発表会など、多くの利用シーンでユーザーへの認知度を上げることが期待できます。

コーデックH.264/AVC
ビットレート9Mbps(最大12Mbps)
オーディオコーデックAAC-LC
ビットレート128bps
解像度1280×720、1920×1080
フレームレート30 fps(最大60 fps)

Twitterテイクオーバー広告

テイクオーバー広告とは、ユーザーの視認性が高い場所で配信できる広告です。

ユーザーがその日初めてアクセスした際に最初に表示されるタイムラインテイクオーバー広告や、トレンドに連動して配信されるトレンドテイクオーバープラス広告など、Twitter広告で効果の高い場所でアプローチできます。

トレンドテイクオーバー
ハッシュタグ10文字(半角英数字で最大20文字)
説明35文字(半角英数字で最大70文字)
トレンドテイクオーバープラス
ファイルタイプ6秒間再生のMP4動画・GIF画像・静止画
アスペクト比16:9
サイズ静止画:5MB、GIF画像:15MB
ハッシュタグ8文字(半角英数字で最大16文字)
説明15文字(半角英数字で最大30文字)

投票機能

Twitterの投票機能は、ユーザーに直接アンケートが取れる広告配信です。質問に対する回答を複数用意することで直感的に投票ができるため、多くのエンゲージメントを集めること期待ができます。

文字数140文字以内(半角英数字で最大280文字以内)
投票の回答2~4つ
投票本文12文字以内(半角英数字で最大25文字以内)
投票期間最短5分~最長7日
画像アスペクト比1.91:1
動画アスペクト比16:9

カンバセーションボタン

独自のハッシュタグ誘導ボタンを設置したプロモ広告で、ユーザーがボタンをクリックすると、事前に設定していたハッシュタグとメッセージがツイートに自動入力されます。

ユーザー側が自発的に拡散をしていくことからも、効果的にエンゲージメントを集められるのが特徴です。

画像広告動画広告
文字数140文字以内(半角英数字で最大280文字以内)140文字以内(半角英数字で最大280文字以内)
ハッシュタグ11文字以内(半角英数字で最大21文字以内)※ハッシュタグ文字を含める11文字以内(半角英数字で最大21文字以内)※ハッシュタグ文字を含める
ファイルサイズ最大3MB最大1GB
縦横比1.91:116:9
画像サイズ800×418ピクセル
動画の長さ推奨6~15秒(最長10分)
オーディオコーデックAAC LC
ファイル形式JPEG、PNGMP4、MOV

Twitter広告を運用する際の注意点

リモコンを持っている人の手

中程度の精度で自動的に生成された説明

ここまでに解説したように、宣伝目的に合ったフォーマットで広告を制作することで、さまざまなアプローチが実現します。ただし、Twitterの特性なども考えながら広告活動をしなければ、費用対効果のあるプロモーションが実現できません。

そこでここからは「Twitter広告を運用する際の注意点」を解説します。ぜひ参考にしてみてください。

簡潔にわかりやすく伝える

Twitterは他のSNSとは違い、リアルタイム性と情報拡散力が高い媒体です。このような特性からも、ユーザーはスクロールしながら情報を「流し見」をしている傾向にあるため、タイムラインが早く流れてしまいがちです。

「ユーザーにとって気になると感じる訴求」でなければ、一瞬でタイムラインも流れてしまうことも多いです。そのため、より効果的なクリエイティブ作成をするには、簡潔にわかりやすく伝えることを意識しましょう。

なお虚偽の内容や誇張のほか、ユーザーにとって不快な表現をしてしまうと、悪い意味での拡散(いわゆる炎上)が起きてしまうリスクもあるため注意が必要です。

お客さまに望んでいることをはっきり書く

Twitter広告の費用対効果を最大限に高めるためには、あらかじめ目標地点(ゴール)を明確にするようにしましょう。広告を見て「どのような行動(アクション)をしてもらいたいのか」をきちんと示しておくことで、より効果的なエンゲージメントが期待できます。

また行動(アクション)をすることで「ユーザーにとってどのようなメリットがあるのか」を明記するのも効果的です。例えば化粧品などの商材をプロモーションするようなケースでは、ビフォーアフターなどを掲載することで訴求力も上がり、高い費用対効果に期待できます。

動画を活用した本格的なプロモーションをしませんか?

コンピューターを使っている人

中程度の精度で自動的に生成された説明

・インパクトのある訴求がしたい

・費用対効果の高い広告作成がしたい

・共感の得られる訴求がしたい

Twitterは、月間の利用者数も4,500万人を超える大規模なプラットフォームです。拡散力に優れたSNSの特徴を活かすことで、質の高い訴求をすることで費用対効果の高いプロモーションが実現できます。

 

手軽に高クオリティのtwitter動画を作るなら「Video BRAIN」

数ある動画自動生成サービスの中でも、特におすすめなのが「Video BRAIN(ビデオブレイン)」です。

手軽に高クオリティの動画を作るなら「Video BRAIN」

数ある動画自動生成サービスの中でも、特におすすめなのが「Video BRAIN(ビデオブレイン)」です。

Video BRAIN(ビデオブレイン)は、高品質な動画を誰でも簡単に制作できる動画編集ツールです。動画編集の「コスト」「時間」「スキル」を全て解決します。

詳しいサービス資料はこちらからダウンロード頂けます。

法人向けシェアNo.1動画編集クラウド | Video BRAIN

ビデオブレインは、高性能なAIサポートによりわずか5分で動画編集が可能。素材をアップロードするだけで、ハイクオリティな動画のひな形が完成します。また、抜群の操作性と国内最大級のテンプレート数、そして多様な編集機能により、未経験でもイメージ通りの仕上がりを実現できるのも魅力。

約800万点を超える無料素材を利用できるため、撮影ナシの動画制作もOK。さらに、月額定額制で制作本数の制限もありません。そのほか、「SNS投稿分析機能」を備えており、制作した動画の配信結果をスピーディーに分析・検証できるのもメリットです。

誰でも簡単に動画が作れる、そして配信効果をチェックしながら動画活用ができる「ビデオブレイン」。商品・サービス紹介はもちろん営業資料や採用・求人まで、あらゆるビジネスシーンで活用してみてはいかがでしょうか。

詳しい導入事例はこちら

https://video-b.com/case/case_category/videos/?scene=pr


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする