1. TOP
  2. 社内活用
  3. 動画マニュアルの作成メリット・作り方のポイントを解説!

動画マニュアルの作成メリット・作り方のポイントを解説!

動画マニュアルを作成すると、紙の資料よりも業務内容がわかりやすくなり、社員教育の促進やコストの削減などのメリットが得られます。

ただし動画作成の経験がない、もしくは作り方を間違えている企業は動画マニュアルの効果を発揮できていない可能性が高いです。

そこでこの記事では企業が動画マニュアルを作成するメリットや、作成する際のコツについて紹介します。伝わりやすい動画を作成することで、企業活動の情報を伝達する際の課題解決に繋がるでしょう。

マニュアル動画を作成するメリット

マニュアル動画を作成するメリットは以下の3つです。

・短時間で理解が深まる
・業務の簡略化と低コスト化
・場所や時間を選ばず視聴可能
・グローバル化にも対応

動画マニュアルは何度でも使い回せるため、企業の「情報を伝えるコスト」全般の削減が可能です。なぜなら動画は難しい説明を省けるので、誰にでもわかる内容で業務内容やシステムの使い方を説明できるからです。

動画マニュアルは情報の伝達に幅広く活用できるので、テキストにはない効果的な伝え方が可能になります。

短時間で理解が深まる

動画のマニュアルは仕事の動きを確認でき、文章や画像から内容を想像せずに短い時間で業務内容を理解しやすくなります。

人間はテキストの情報処理に脳の7%しか使わないのに対して、視覚や聴覚を用いると残りの93%を使って処理することが可能になるのです。

そもそも人間の脳は視覚と聴覚を合わせることで、本来の理解力を発揮できるので、紙やPDFのマニュアルよりも動画を使う方が理解しやすくなります。

業務の簡略化と低コスト化

動画によって人間の脳が内容を理解しやすくなるため、教育や研修などの業務の説明を省略できます。

また情報の伝達に関わるコスト全般を減らせるので、資料作成や紙の印刷代などの費用を減らすことが可能です。

他にも会議中に説明する時間の削減やイメージの共有など、言語で説明しにくい部分の理解の促進に繋がります。

場所や時間を選ばず視聴可能

動画サーバーやクラウド上に保存することで、スマートフォンやタブレットを使えばどこにいても視聴することが可能です。営業や出張などが多い会社でも、社内向けにマニュアル動画を共有しやすくなります。

グローバル化にも対応

動画は実際の動きやイメージを理解できるので、日本語がわからない外国人労働者を採用する際の教育や研修などに適しています。

例えば外食産業やコンビニなど、国籍問わず雇用している企業は動画マニュアルによって、業務内容を共有できるメリットは大きいです。

マニュアル動画の活用シーン

マニュアル動画の活用シーンは以下の2つです。

・社内研修動画
・カスタマーサポートへの問い合わせ

そもそもマニュアル動画を視聴する社員やユーザーは、どちらも問題を解決したい気持ちを持っており、使い方や方法がわからないことで不安を抱えた状態です。

マニュアル動画を活用することで企業は時間と研修にかかる費用を削減でき、ユーザーは疑問や不安に対する心理の負担を減らせます。どちらにもメリットが大きい情報の伝達方法なので、テキストや画像に比べて有効な手段といえます。

社内研修動画

社内研修動画は、講義内容を撮影する動画です。新人教育やマナー講習などの研修に活用でき、講師を招いての研修にかかる会場の設営や準備にかかるコストを削減できます。

また研修が開催される日程に合わせて参加する必要がないので、社員を集めて行う研修よりも、時間や場所を選ばずに受講できるメリットが得られます。

カスタマーサポートへの問い合わせ

動画はテキストや音声に比べて情報を処理しやすいです。映像で顔や声を認識できるので、不安や疑問を抱えているユーザーに安心してもらいやすくなります。

動画はユーザーの心理的な負担を取り除き、テキストや音声で理解しにくい内容を動画で説明しやすくなるので、カスタマーサポートへの問い合わせやメールでの相談数の減少に繋がります。

マニュアル動画には3つの種類がある

マニュアル動画の種類は以下の3つです。

・業務マニュアル
・研修マニュアル
・製品・サービスマニュアル

動画マニュアルは内容を細かく説明できるので、動画を見ながら自分で問題を解決できる点が大きなメリットです。

あらかじめ質問内容を想定して動画を作成すると、視聴者が内容を理解しやすくなるため、社員やユーザーとのコミュニケーションを最小限に抑えられます。

業務マニュアル

業務マニュアルとは、業務の工程を説明するマニュアルのことです。業務全体の把握や、細かい部分の手順など、テキストや音声を使って詳細まで説明できます。

他には業務におけるトラブルの対応や注意点など、通常業務以外の内容も動画にして伝えられるので、社員全員に共有しやすい体制を構築できます。

研修マニュアル

研修マニュアルは、社員の教育に使われる動画です。テキストよりも業務をイメージしやすくなるため、仕事の内容を覚えやすくなります。

動画を制作することで社員の教育にかかる時間やコストの削減に繋がるため、現場で活躍できる社員を一人でも増やせるでしょう。とくに人手不足の中小企業は、労働者を増やせる体制を構築しやすくなります。

製品・サービスマニュアル

製品・サービスマニュアルは、ユーザーに向けて作成する動画です。あらかじめ商品やサービスの疑問に対する解決策を動画にすることで、説明書を読まないユーザーでも理解しやすい内容で説明できます。

他にはテキストを読んでも理解できない場合にも対応しやすく、動画で解決方法を紹介することで操作がわかりやすくなり、ユーザーのトラブルの早期解決に繋がります。

マニュアル動画の制作方法

マニュアル動画の制作方法は、以下6つの手順が必要です。

1.企画・構成
2.資料準備・取材
3.シナリオ作成
4.撮影
5.ナレーション
6.動画編集

マニュアル動画を視聴した人が、動画に対して疑問を持たない内容が求められます。わかりやすさを重視して、誰でも理解できる内容の動画を作成する必要があります。

そのためには各工程に入る前に入念な準備を行い、動画が完成した後に繰り返し確認を行うことが重要です。

STEP1:企画・構成

企画や構成は、マニュアル動画を視聴する人を想定して作成する工程です。社員やユーザーの問題や疑問を解決するために、行動に必要な手順を提示する内容を企画します。

動画のマニュアルはテキストや画像で表現できない部分が求められるので、動きや音など利用して、多角的な情報を用いた内容を意識する必要があります。

STEP2:資料準備・取材

企画や構成で考えた内容を動画にするには、視聴する側にとって必要な情報を集めなければなりません。

撮影に必要な資料の準備に加えて、社員やユーザーからの意見を聞くための取材を行います。

STEP3:シナリオ作成

集めた情報をもとにシナリオを作成して、マニュアル動画の構成を作ります。台本だけだと動画の内容を想像しにくいため、かんたんな絵コンテや画像を付け加えて台本を作成することをおすすめします。

STEP4:撮影

シナリオを作成した後は、動画の撮影です。撮影場所によって照明などが必要になる場合があるので、撮影前の下見や準備は入念に行います。

撮影した角度によっては撮り直しになる可能性があるので、アングルの数は多めに撮ります。他には雑音・話し声・救急車やパトカーのサイレンなどの音に注意が必要です。

STEP5:ナレーション

ナレーションはマニュアル動画の内容を、わかりやすくするために重要な要素です。聞き取りやすさや抑揚など、視聴者が理解しやすい声の人に依頼します。

説明に話し声が加わると理解のしやすさや親近感を与えるため、動画のイメージに合ったナレーターに声を当ててもらいましょう。

STEP6:動画編集

素材を集め終わった後は、一つの動画にするための動画編集です。動画・音声・テキスト・ナレーションなど、複数の素材を組み合わせて動画を作成します。

マニュアル動画は簡潔な表現で、わかりやすい内容が求められます。ただし動画編集には作業時間や労力だけでなく、センスまで求められる点に注意が必要です。

マニュアル動画の需要は今後一層高まる

マニュアル動画はコミュニケーションや教育のコスト軽減に役立つため、利用する企業が増える可能性が高いです。

例えば多国籍企業やテレワーク中心の企業が増えると、働き方が多様化するにつれてマニュアル動画の必要性も増します。

今後はテキストや画像より理解しやすいコンテンツが求められるため、マニュアル動画の需要は増え続けることが予想されます。

まとめ

動画マニュアルは企業内外のコミュニケーションを円滑にするため、どの企業にも社員教育や情報を伝達する際に役立ちます。

ただし動画マニュアルの制作を依頼すると、高額な費用がかかりやすい点に注意が必要です。細かい修正を繰り返すほど費用が高額になるため、なるべく自社でコストを抑えて制作することをおすすめします。

Video BRAINは定額制で動画を量産できる動画編集ツールです。未経験者でも作業効率を上げて動画を制作できるので、質の高い動画マニュアルを作成することによって企業に利益をもたらす存在になるでしょう。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする