1. TOP
  2. ブログ
  3. 営業企画
  4. YouTubeにプレゼン動画を公開、プレゼン資料に動画を挿入する方法

YouTubeにプレゼン動画を公開、プレゼン資料に動画を挿入する方法

「プレゼン動画をYouTubeで配信したい」「PowerPointにYouTube動画を使用したい」がどのように運用すれば良いかわからない、と思われる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、「YouTubeにプレゼン動画を公開する方法」「YouTube動画をプレゼン資料に挿入する方法」に分けて詳しく解説します。

プレゼン動画をYouTubeで公開する前の準備

自社で制作したプレゼン動画をYouTubeに掲載し、商談やプレゼン動画に利用するには以下のYouTubeアカウントの作成が必要です。

企業アカウントを作成する場合も、個人アカウントも基本的な流れは同様です。作成するまでの流れを解説していきます。

1.YouTubeにログインする

スマートフォンのアプリからではなく、必ずPCでChromeなどのブラウザーからYouTubeにログインしましょう。

※法人で契約しているGooleドメインがあれば、公式ドメインを利用するようにしましょう。

2.プロフィール内の設定を選択する

画面右上のプロフィール写真をクリックして表示されるプルダウンメニューより、「設定」を選択します。

3.チャンネルを作成するを選択

チャンネルの項目になる「チャンネルを作成する」を選択します。

これでアカウントの作成自体は完了です。

4.ブランディングを設定する

企業チャンネルが作成できたら次にチャンネル情報を設定します。

3.と同様にプロフィールのプルダウンから、「Youtube Studio」を選択します。

Youtube Studioの左下にある「カスタマイズ」を選択します。

その後、上部のナビゲーションの「ブランディング」を選択すると、企業の公式アカウントで掲載する「写真」「バナー画像」など各種カスタマイズができます。

プレゼン動画をYouTubeで公開する方法

Youtubeで企業アカウントを作成したら、次に商談やプレゼンで利用する動画を掲載していきます。

動画をアップロードする

作成したチャンネルTOPから「動画をアップロード」を選択して、掲載したい動画ファイルををアップロードしましょう。

動画の掲載内容を設定する

掲載したい動画をアップロードしたら、まずは掲載した動画の掲載内容を設定しましょう。

設定できる内容を以下の表にまとめています。

表示される画面設定する内容説明
詳細タイトル
説明文
サムネイル
タイトルやサムネイル、説明文などを追加できる。
収益化収益化を有効にする収益化を無効にするそれぞれのセクションに収益化の設定ができる。
(YouTubeパートナープログラムを通し、収益化設定をしている場合のみ表示)
広告設定スキップ可能な動画広告スキップ不可の動画広告バンパー広告オーバーレイ広告広告のフォーマットを選択ができる。
動画の要素字幕
終了画面
カードの追加
再生時に表示する要素を設定できる。
チェック著作権
広告設定
著作権などの問題になりそうな要素を修正できる。
公開設定公開
限定公開
非公開
すぐに一般公開するか、公開範囲を限定するかを設定できる。

視聴できる範囲を指定して動画を公開する

視聴できる公開範囲を設定する場合、「公開設定」で範囲を設定し、一般公開したくない動画は「限定公開」にしましょう。

また一般公開しても問題ない動画で、営業活動や商談コンテンツとして利用する場合、一般の検索結果やURLで表示される「公開」を選択しましょう。

すべての設定が完了後、アップロードした動画の公開URLが利用できるようになります。

動画の公開範囲は、以下の3つから選べます。

・公開:YouTubeにアクセスできるすべてのユーザーに公開。
・限定公開:URLを知っている人のみ見られる設定。Web上で検索しても動画は表示されない。
・非公開:動画を管理しているアカウント以外は動画を視聴できない。

「公開」に設定した場合は、YouTube上でユーザーがキーワード検索した際に表示されたり、関連動画としておすすめに表示されたりします。一般公開して視聴者を増やしたい場合、Web上の検索結果にも表示される可能性がありますので、「タイトル」「説明文」「サムネイル」はユーザーのニーズに合わせて、必ず入れるように工夫しましょう。

関連記事:YouTubeのVSEO対策とは?すぐに実践できるポイントを紹介

ライブ配信を行う

事前に録画したプレゼン動画ではなく、ウェビナーなどのオンラインセミナー でリアルタイムにプレゼンをしたい場合は、特定のウェビナーツールを利用してなければ「YouTubeライブ」という機能もあります。

ライブ配信を有効にする方法

  1. YouTube に移動します。
  2. 画面右上の [作成] をクリックします。
  3. 次の操作 [ライブ配信を開始] をクリックします。
  4. ライブ配信が最初に有効になるまで、最大 24 時間かかることがあります。
  5. 有効になっている場合は、すぐにライブ配信を開始できます。

配信する方法は以下の3通りです。

・モバイル:スマートフォンから vlog(動画ブログ)やお知らせを配信するのに適しています。
・ウェブカメラ:PCのウェブカメラを使用するため、簡単にライブ配信できます。
・エンコーダー:ゲームプレイ配信などを行えます。

企業の公式アカウントとしてライブ配信する場合は、「ウェブカメラ」の使用が推奨されます。

予め録画して掲載する動画ではなく、リアルタイムで登壇者が話す形式になるため、予めカメラや撮影する環境、プレゼンする内容の準備や資料作成など用意が必要になります。

また配信する前に設定画面内で「限定公開」に変更しておかないと、一般ユーザーにもライブ配信されてしまうので、利用するときは注意するようにしましょう。

YouTubeに動画を公開する際のポイント

YouTubeでプレゼン動画を公開する際、いくつかの注意点があります。動画をアップロードできなくなることもあるため、以下の規約の注意点を守りましょう。

動画フォーマットを守る

YouTubeが指定する動画フォーマットが守られていない場合、アップロードできません。YouTubeにアップロードできる動画の容量と時間には制限があります。

・容量:128GB以内
・時間:12時間以内

ここまで大容量の動画をアップロードすることは滅多にありません。しかし制限があることについては、撮影や編集を行う前にチームで共有しましょう。

アップロードできるファイル形式には指定があります。以下のファイル形式のみアップロード可能です。

推奨形式アップロードできる形式
・MP4
・MOV
・MPEG4
・AVI
・WMV
・MPEGPS
・FLV
・3GPP
・WebM
・DNxHR
・ProRes
・CineForm
・HEVC(h265)

著作権に気をつける

プレゼン動画を公開する際は、特に著作権に違反しないように気をつけましょう。

著作権を確認すべきケースには、以下があげられます。

・テレビ番組の切り抜き映像
・J-POPや洋楽などのBGMの利用
・通行人の映り込み(肖像権のために“ぼかし”が必要)

また、著作権やガイドラインに違反している動画をアップロードした場合、動画削除の申し立てを受ける可能性もあります。

削除の申し立てを受けた投稿者にはペナルティが科され、アカウントを復旧するために、「コピーライトスクールという動画を見てテストを受ける」必要があります。3回警告を受けてしまうと、アカウント停止・動画全削除対応になるため、著作権に違反しないように十分に気をつけましょう。

また、企業内の社員が複数映り込んだり、参加してもらう場合、予め社内の各社員の従業員規程や肖像権の許諾等に問題がないか、退職者がでた場合の対応はどうするか、も確認しておくと良いでしょう。

カスタムサムネイルを設定しておく

サムネイルは企業アカウントのチャンネル内に配置した動画の表紙にあたる内容を視聴者に表示するものです。動画の内容をひと目で伝える重要な「看板」(コピー)のような役割を果たしており、再生回数にも影響する要素です。

通常のサムネイルは、YouTubeが設定した3つのサムネイルから選択しますが、カスタムサムネイルで設定することで独自の画像を設定することもできます。

キャッチコピーや配色にこだわったサムネイルを設定することで、チャンネル内に来訪したユーザーにクリックしてもらいやすいプレゼン動画を公開につながります。

なお、カスタムサムネイルは認証済みのアカウントでのみ利用できるため、アカウント認証はYouTube.com/verifyで確認するようにしましょう。

動画配信プラットフォームも検討する

プレゼンにYouTube動画を活用する場合、動画配信プラットフォームも検討しましょう。

「公開した動画を違法ダウンロードされる」、「限定公開の動画を無断で共有される」といったセキュリティ上のリスクを避けるためには、特定の視聴者に限定したセキュリティ対策も万全な動画配信プラットフォームの検討をおすすめします。

動画プラットフォームによっては、ダウンロードの拒否設定をしたり、公開範囲を制限したりすることも可能です。

Power PointにYou Tubeの動画に挿入する方法

パワーポイントへのオンライン公開している動画の埋め込みは、再生できる動画フォーマットかどうか、動画の埋め込み方が重要です。

基本的なyoutube動画の埋め込み方を説明します。

「オンラインビデオ」を選択する

YouTube動画のリンクをコピーした後は、PowerPointにリンクを挿入します。

手順

1.PowerPointを開く
2 .YouTube動画を挿入したいスライドを開く
3 .メニューバーで 挿入 > ビデオ > オンラインビデオ を選択する

URLを貼り付けて挿入する

YouTubeの動画をPowerPointに挿入するためには、YouTube動画のURLをコピーしてPowerPointに埋め込みます。下記の手順でYouTube動画の挿入が完了します。

手順

1.埋め込みたいYouTubeの動画にアクセスする
2.ブラウザーのURLバーをコピーする
3.先ほどコピーしたYouTubeのURLを入力して挿入
4.オンライン動画のURL入力を促すウィンドウを確認する
5.URLをペースとして [挿入]ボタンを押す

YouTube動画を活用している企業事例

YouToubeは自社のプレゼン動画だけでなく、他社で一般公開されているものであれば資料内に埋め込むことができます。ここでは、実際に営業活動にYouTube動画を活用した企業事例についてご紹介します。

DICライフテック株式会社

DICでは自社で製造しているスーパーフード「スピルリナ」を広く知ってもらうため、スピルリナを使ったレシピ動画を作成。わずか30秒ほどの短い動画にもかかわらず、思わず引き込まれてしまう動画に仕上がっています。

商品名である「LINABLUE(R)(リナブル―)」のイメージを打ち出す工夫として、全体のトーンをブルーイッシュに統一。おしゃれで洗練されたイメージを伝えるために、写真は本物のBarで撮影。小道具や雰囲気の演出にも統一感があります。

ナレーションを一切入れず、テキストだけでレシピを紹介。軽快なインストゥルメンタルジャズをBGMとして流しています。こうすることで、まるで視聴者本人が夜のBarにいるかのような臨場感が生まれます。音楽、統一感のとれた画像、画像と画像をつなぐ視覚的な演出がうまくかみ合い、いっきに視聴者を甘美な世界に誘うことに成功しています。

株式会社ブロードリーフ

自動車の車検や板金の見積もりや販売のためのソフトウェア販売を中心に事業展開しているブロードリーフでは、商品の使い方説明を動画で作成しています。たとえばCarPodTabという商品は見積作成タブレットツールです。車両ナンバーを入力すれば、お客様情報、車両、履歴情報が閲覧でき、車検見積りもタブレット操作で完了できます。また、保険シミュレーションも同時に行えます。

口頭で営業がこれらの内容を説明すると、どうしても説明者によってばらつきが出てしまいます。また、抜けがあったり属人的になったりする恐れがあります。しかし、このような商品の使い方説明を動画化することで、短時間に必要なことがすべて網羅され、抜けなく無駄のない説明で効率的です。

お客様は使い方を理解するまで何度でも見返せます。この動画では画面を左右に区切り、右半分にテキストによる操作説明、左半分で実際の画面を表示。ナレーションはなく、無音で閲覧しても画面だけで完結できるように仕上がっています。

まとめ

プレゼン動画の活用は顧客への伝わりやすさなど多くのメリットがあることから、商談やプレゼンだけでなく様々な営業活動での利用が見られるようになっています。

また「Video BRAIN」などの動画配信プラットフォームの機能と法人利用のサポートも充実した動画編集ツールを利用することで、パワーポイント他の簡易的なソフトではできない様々な伝わりやすい表現ができ、ビジネスの場で差をつけることのできる魅力的な動画プレゼンを作ることができます。

これからプレゼン動画の活用を検討している方は、本記事を参考にして取り組んでみてはいかがでしょうか。


 

関連記事

営業研修に動画を用いるメリットや制作時のポイントを解説

営業担当者が身につけておくべき知識やスキルには、ビジネスマナー、ヒアリング、プレゼンテーション、交渉などさまざまな内容があります。従来の研修では、担当する講師の営業経験などによって研修の内容や質にば ...

法人取引(BtoB)おける動画でリードを獲得するには?商談前後の活用事例も紹介

ビジネス取引におけるマーケティング施策でのリード獲得は、動画が幅広く使われています。 動画の活用は、一般的に普及しているYouTubeのように視覚や聴覚だけで内容がわかりやすく、商談前後の顧客 ...

商談・営業活動における動画活用の種類や事例を詳しく解説

従来のビジネスにおける営業活動は、直接対面による商談やプレゼンでの紙やPowerPointでのテキストや画像を使った提案により、顧客への提案時間も長く伝わりづらいなどの課題があります。また、提案する ...

プレゼン動画の作り方とは?初心者でも簡単にできるポイントやツールも紹介

営業活動において商談中やプレゼンテーションに動画を活用することで、短い時間でも内容を理解してもらいやすく、より印象に残るプレゼンができるというメリットがあります。ただし、効果的なプレゼン動画の制作方 ...

クロージングの効果とは?顧客満足度やリピート率を高めるポイントも解説

クロージングは、営業活動の終結を意味し、営業プロセスの中での「成約にいたる商談」「契約の成立」を表現します。営業活動には様々なプロセスがありますが、適切な提案を行った後に成約の意思が高いタイミングで ...

この記事をシェアする