1. TOP
  2. YouTube
  3. YouTube広告の始め方と出稿手順をイチから学ぼう!成功の法則はある?

YouTube広告の始め方と出稿手順をイチから学ぼう!成功の法則はある?

無料で利用でき、ユーザー数も多いYouTubeはテレビに代わる広告プラットフォームとして注目を集めています。YouTubeをマーケティングに活用したいと考えている方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、YouTube広告の出し方を詳しく解説します。広告の種類や掲載の手順を把握しておけば、効率的な自社ビジネスの開拓が可能です。YouTube広告で成果をあげるポイントもご紹介しますので、ぜひ取り組んでみてください。

  

 

YoutubeなどのSNSの基礎知識とマーケティング活用について詳しく知りたい方は、こちらの資料をご参考ください。

 

YouTube広告の上手な使い方

人気が高まるSNSの中でも、YouTube利用者は長時間視聴者が多く、宣伝効果も高いといわれています。とはいえ、出しさえすれば結果が出るというわけではありません。成果を上げるためには、YouTube広告の特徴を知り、それに沿った広告動画を作ることが必要です。

YouTube広告のフォーマットには、いくつかの種類があります。動画再生時間や再生方法、スキップの可否、表示方法などが異なっており、コストや期待する成果に合わせて選ぶ仕組みです。

広告フォーマットに合わせた動画を作り、修正を繰り返しながらより良い広告動画へと進化させていくことが、YouTube広告の上手な利用方法と言えるでしょう。

YouTube広告の特徴

YouTube広告はユーザー数の多さが最大の特徴と言えるでしょう。日本のみでもユーザー数は6200万人を超えており、幅広い年齢層が利用しています。インターネットを利用している方のうち1日1時間以上YouTubeを視聴している方は男性が4割、女性が3割を超えるというデータもあり、広告マーケティングの場としても注目されています。

スマートフォンで利用するユーザーが多いのも強みで、国内のユーザーのうち毎月4,500万人もの方がスマートフォンから動画を視聴しています。このニーズに合わせてモバイル用の広告を用意しているのも特徴です。

YouTube広告は大別して4種類

YouTubeの広告には種類があり、それぞれに異なる特徴があります。大別すると4種類に分かれており、広告が表示される場所やタイミングはさまざまです。効果的にマーケティングを行うために、各広告の仕様を把握しておきましょう。

1.インストリーム広告

インストリーム広告は動画の再生中に表示される動画広告です。動画の冒頭や途中、動画終了後に表示されます。動画を視聴する際に表示されるため目に入りやすいのが特徴です。

広告動画は再生開始から5秒後にスキップできるものと、15秒後にスキップできるようになるものがあります。広告料金の発生条件は動画が30秒以上再生されるか、ユーザーが広告へアクションを起こした場合です。

2.ディスカバリー広告

動画検索画面や動画ページの関連動画のスペースに表示される広告です。テキストと画像で構成するバナー形式で表示され、ユーザーがクリックすると動画広告が流れる形式になっています。スマートフォンなどのモバイル版ではトップページに表示されます。

ユーザーがバナー広告をクリックして動画を視聴すると広告料金が発生します。基本的にバナーをクリックするのは広告のコンテンツに興味を持ったユーザーなので、コンバージョンを効率的に獲得できるでしょう。

3.バンパー広告

YouTubeの動画が再生時に表示されるインストリーム広告と同タイプの広告です。インストリーム広告とは広告動画の長さが異なり、こちらは6秒以内のショート動画を流すときに使用します。動画をスキップできないことも大きな違いです。短い動画でユーザーの興味を引くことに特化している広告と言えるでしょう。

広告動画が1,000回されるたびに広告料が発生する仕組みになっており、再生回数が1,000回に満たない場合は課金が必要ありません。

4.アウトストリーム広告

スマートフォンやタブレット端末などのアプリから利用するモバイル版の専用広告です。YouTube内に限らず外部のWebサイトにも表示されるのが特長で、YouTubeユーザー以外の幅広い層へアプローチできます。バナータイプ、インタースティシャルタイプ、インフィードタイプ、ネイティブタイプなど、多様な形式に対応しているのもポイントです。

動画広告はユーザーがタップするまでは音声なしで再生されるので、映像のみで興味を引くための工夫が求められます。広告料金の発生条件は、動画広告の面積の5割以上が2秒以上視聴された場合です。

【YouTube広告の出し方】1.動画を準備する

YouTubeに広告を出す最初のステップは、広告動画を準備することです。自社ビジネスや商品を紹介する動画がすでにある企業も少なくないことでしょう。しかし、YouTube広告を利用するのであれば、YouTube広告用の動画を作成しなければなりません。YouTube広告用の動画をどのように作成すればよいのか、詳しく解説します。

コンセプトに合わせた素材の準備

まずは素材を集めます。素材とは、映像や画像、音声や音楽などです。これらを組み合わせてひとつの動画広告を作り上げることになります。

素材を準備する前に、広告動画のコンセプトを確認しておきましょう。YouTube広告で何を成し遂げたいか、視聴者にどのような行動を促したいかという目的に沿った、動画の大枠です。自社や商品の認知度・イメージアップが目的の場合と、特定のサービスや商品を利用してもらいたい場合とでは、必要な素材も違います。

広告フォーマットもコンセプトに合わせて選ばなければなりません。コンセプトと広告フォーマットが決まれば、必要な素材の種類や長さもおのずと決まってくるでしょう。

広告フォーマットに合わせて編集

素材が集まれば、編集となります。動画の流れは、最終的に出来上がる動画の長さではなく、広告フォーマットに合わせたものでなければなりません。

例えば、5秒経過するとスキップできるインストリーム広告を選び、30秒の動画を作成するとしましょう。30秒の終盤にインパクトのある展開や商品紹介をしていたのでは、5秒でスキップするユーザーには何の広告なのかが伝わりません。この場合には、動画の冒頭5秒間に商品やサービスの名前を入れ込むように編集します。

ランディングページや自社サイトへの誘導がスムーズにできるよう、クリックボタンのスペースなども考慮しておかなければなりません。

質の高い動画アプリを使う

動画を自社で編集する場合には、質の高い動画編集ソフトを選びましょう。最初の5秒が要とも言えるYouTube広告では、動画の質が低ければスキップされてしまいます。広告動画の質が高ければ、動画を好むYouTubeユーザーはつい続きを見てしまうでしょう。これがYouTube広告の狙いです。

使いやすさも大切なポイントと言えるでしょう。広告動画は定期的に効果をチェックし、より良いものへと作り直していかなければなりません。操作性が良く柔軟性のある動画編集ソフトを使えば、ストレスなく修正や作り直しを行えます。

【YouTube広告の出し方】2.YouTubeに動画をアップロードする

動画の準備ができたら、次はYouTubeに動画をアップロードするというステップに進みましょう。YouTubeに動画をアップロードする際には、Googleアカウントが必要です。まずはGoogleの画面でGoogleアカウントを作成し、その後YouTube画面での操作となります。手順を見てみましょう。

Googleアカウントを作る

Googleアカウントには有料(Google Workspace)のものと無料のものとがあります。有料のものはビジネスに特化したさまざまな機能を提供していますが、YouTubeに動画をアップロードするには無料のもので十分です。

無料版アカウントの作成は、Googleの検索画面から開始します。右上のログインボタンをクリックし、「アカウントを作成」で情報を入力していくという流れです。会社名で作成したいのであれば、一旦個人名で登録します。その後、個人情報の編集画面で会社名への変更が可能です。

YouTubeチャンネルの作成

次に、YouTubeにチャンネルを作成しましょう。YouTubeサイトにログインすると、右上に丸いプロフィール写真が出てきますので、ここをクリックします。すると出てくる「チャンネル作成」から作成が可能です。表示されるメッセージに沿って作成していきましょう。

詳細情報を確認して作成完了です。なお、プロフィール写真はYouTube広告配信の際にロゴとして表示されます。忘れずに設定するようにしましょう。

動画をアップロードする

YouTubeサイトのプロフィール写真をクリックし、「YouTube Studio」を開きます。ここから動画のアップロードが可能です。「動画をアップロード」か「作成」のボタンからアップロード画面へと移動します。広告動画をアップロードした後、詳細情報の入力という流れです。

タイトルと動画のサムネイルは、広告の際に表示されるので、省略しないようにしましょう。なお、その動画をYouTube広告としてだけ使いたい場合には、「限定公開」を選択します。動画の公開が完了したら、作成された動画リンクをコピーし、保存しておきましょう。

【YouTube広告の出し方】3.Google広告に申し込む

動画をYouTubeにアップロードできたら、いよいよ広告動画として配信する手続きをします。現在、YouTubeはGoogleの子会社です。そのため、YouTube広告を利用するためには、Google広告へ申し込みを行わなければなりません。実際、どのように申し込みを行えばよいのか、手順を説明します。

Google広告へログインし、新しいキャンペーンを作成する

Google広告のサイトにある「ログイン」、または「今すぐ開始」をクリックすると、「新しいキャンペーンを作成」というページになります。ここから指示に従って必要項目を選択・入力していくという流れです。指示が細かすぎて煩わしいという場合には、「エキスパートモードに切り替える」をクリックするとよいでしょう。

目標を選択すると、目標に合った広告キャンペーンに絞り込まれます。動画をキャンペーン選択肢から外す目標を選んでしまうと、YouTube広告の申し込みができません。簡単なのは「目標を設定せずにキャンペーンを作成する」を選ぶ方法です。その後、キャンペーンタイプに「動画」を選択します。

ユーザー属性やキーワード、トピックなどで絞り込み、予算や配信日などの基本設定を行いましょう。広告のスケジュール(曜日や時間帯の指定)は、ターゲットが企業である場合など、必要があれば設定します。

配信動画の設定を行う

仕上げに、配信動画の設定を行います。YouTubeにアップロードした動画のURLかタイトルで検索し、配信希望動画を選択するという手順です。動画を選択したら、利用可能な広告フォーマットが絞り込まれますので、希望のフォーマットにチェックを入れましょう。

その後、遷移先のURLを指定し、プレビューを確認します。パソコンで表示される画面とスマホで表示される画面の選択が可能です。どちらも確認しておきましょう。

その他の詳細入力が済むと、最終確認画面になります。確認後、「キャンペーンに進む」をクリックすると、配信動画の設定は完了です。

審査に落ちた場合の対応

広告を掲載するために申請しても、必ず審査に通るとは限りません。審査に落ちてしまった場合はどのような対応を取ればよいのでしょうか。ここでは、YouTube広告の審査に落ちた場合の対応を2段階に分けて解説します。

ステータスから確認する

広告審査に落ちたときは、まず「ヘルプ」から状態を確認しましょう。審査落ちの場合はステータスの項目に「不承認」と記載されており、続いて「リンク先と関係のないプロモーション」といった審査に落ちた理由が記載されています。動画の内容を確認して問題がある箇所を修正して再度申請しましょう。

Google広告のポリシーは以下のリンクから確認できます。広告の内容が禁止コンテンツや禁止されている行為に該当しないかチェックしましょう。

参考:『Google広告のポリシー

Googleへ問い合わせる

ヘルプから審査に落ちた理由を確認しても改善できなかった場合は、Googleへ直接問い合わせて確認しましょう。広告キャンペーン画面の右上部にある「?」をクリックすると出るポップアップメニューの中に「お問い合わせ」のリンクがあるので、クリックしてフォームで審査が通らない旨を質問してください。

Googleから修正内容について返答があったら、動画の編集に反映して再度申請しましょう。

掲載後は広告効果をチェックしよう

YouTube広告は掲載すれば後はノータッチでよいわけではありません。マーケティング戦略を成功させるには、広告掲載後のフォローも重要です。ここでは、広告掲載後に効果をチェックする方法や、チェックしたほうがよい項目について解説します。

ツールで効果計測する

YouTubeアナリティクスなどのツールで広告効果を計測できます。ユーザーが広告をどれくらい視聴したか、広告クリック率や動画を最後まで見たユーザーはどの程度の割合か、といった詳細なデータを確認可能です。他にもGoogleアナリティクスといったツールもあるので、用途に適したものを選びましょう。

例えば、広告動画が平均10秒視聴されていた場合、冒頭10秒以内に伝えたい情報を盛り込まなければ大きな広告効果は期待できません。このように、計測結果を参考にしてより効率的に訴求できる改善案を検討することが大切です。

チェックするべき項目

YouTube広告の効果を計るときは、広告を掲載する目的によって、チェックするべき項目は異なります。認知向上が目的なら、視聴回数やブランド認知度、ユニークユーザー数などが指標になります。

商品やサービスの購入を促すなら、視聴率、再生時間、比較検討、関心度などをチェックしましょう。コンバージョンに成功したユーザーの広告の影響を把握したいなら、広告クリック数や登録数、売上のデータなどが有用です。

掲載後の修正も重要

掲載後は効果の確認だけでなく、予算の修正も必要です。広告キャンペーン画面の「広告グループ」の項目から目標インプレッション単価や上限広告視聴単価を変更できるので、成果に合わせて適宜調整しましょう。

想定よりも早く目標成果を達成した場合は、早期に広告を打ち切るか、もしくはさらに成果を求めるのかといった方針の決定が必要です。逆に成果が出ない場合は入札額の調整など検討する必要になるでしょう。

YouTube広告のメリットと注意点

広告媒体としてYouTubeを検討しているのであれば、YouTube広告の特徴をきちんと理解しておくことが必要です。YouTubeならではのメリットは魅力的ですが、そのメリットを生かす方法を知らなければ、期待する成果を得られません。ここでは、YouTube広告を利用する際のメリットと注意点をご紹介します。

低料金で世界中に宣伝できる

YouTubeは世界中で利用されているため、宣伝範囲も好きなだけ広げられます。スマホさえあればどこでも視聴できるというのも魅力です。自宅など場所に縛られることなくアクセスできるため、ユーザーが広告に接するチャンスもそれだけ増加します。

コスト面のメリットも注目ポイントです。動画広告の代表格であるテレビCMでは、効果がどうあれ、80万円以上の広告費がかかります。しかし、YouTube広告は、視聴者がアクションを起こした場合のみの課金です。月に数万円の広告費ということもあり得ます。予算を設定することもできるため、大幅な予算オーバーを心配する必要がありません。

ターゲットを絞れるので効率的

広告を配信するターゲットが絞れるという点も、YouTube広告の魅力です。YouTube側には、ユーザーの年齢や性別、何に関心をもっているかなど、ユーザーがターゲットになり得るかどうかの判断材料となる情報があります。その情報を利用すれば、成果が期待できるユーザーだけに広告動画を配信することが可能です。

例えば、過去に自社のウェブサイトやモバイルアプリにアクセスしたユーザー、特定の商品やサービスに興味のあるユーザーなど、細かくターゲットを絞り込んでいけます。顧客になる可能性のあるユーザーにだけ広告配信をすれば、コストの無駄がありません。

継続的なチェックと改善なくしては成功しない

YouTube広告は、1度で大きな成果を期待するものではありません。継続していくことで認知度やイメージアップを図れます。

1度限りだからと考え、高い動画制作費を使ってしまうケースも少なくありません。しかし、何度も効果のチェックや動画の作り直しを重ねることで、広告効果は高まります。アクセス先への導入や購入ボタンの位置の修正、ランディングページの充実など、改善点は次々と明らかになっていくことでしょう。

修正しながらの継続運用を考えるのであれば、高額な外部委託による動画制作よりも、柔軟に作り替えられる動画編集ソフトを利用した自社制作のほうが賢い方法です。

YouTube広告で成果を上げるポイント

YouTube広告で成果を上げるポイントは3つあります。そのいずれにも関係するのが、広告動画そのものの質です。

動画配信サイトであるYouTubeには、たくさんの動画があふれています。目の肥えたユーザーばかりですから、質の低い広告動画はすぐにスキップされてしまうでしょう。ここでは、つい見入ってしまう質の高い動画を作るために、押さえておくべきポイントをまとめます。

1.目的とフォーマットに合わせた動画作り

YouTube広告には5つの広告フォーマットがあり、それぞれ期待できる広告成果も異なります。よく使われるのは、「スキップ可能なインストリーム広告」「TrueView ディスカバリー広告」「バンパー広告」の3つです。期待する成果に合わせてフォーマットを選び、フォーマットに合わせて動画を作成しなければ効果は上がりません。

商品・サービス利用へとユーザーを動かしたいのであれば、「スキップ可能なインストリーム広告」が最も効果的です。このフォーマットでは、最初の5秒を過ぎると広告をスキップできます。最初の5秒に大切な情報やインパクトのあるメッセージを提示しなければなりません。

2.効果測定を行い、評価・修正する

YouTube広告を始めたのであれば、定期的に効果を測定しましょう。Google アナリティクスを使い、アクションしたユーザーの年齢や性別、表示回数、検索キーワードなどを確認し、詳細なユーザー像を分析していく方法が有効です。分析した結果に基づき、動画の修正や配信設定の再調整を行います。

成果そのものを分析する場合には、目標に合わせた指標を設けるとよいでしょう。認知度アップなら視聴回数やユニークユーザー数、興味を持たせたいのであれば視聴率や再生時間、アクションにつなげたいのであればクリック数やアクション数、登録数、売上、購入意欲などを指標にします。

3.ビジネス向けの動画編集ソフトを使う

広告動画が成果を上げるためには、効果測定の結果を踏まえた上で、動画そのものに手を加えていかなければなりません。場合によっては作り直す必要もあるでしょう。この作業をできるだけスピーディーに行わなければ、常に変化するビジネス広告としては成り立ちません。

柔軟でスピーディーな動画編集には、ビジネスに特化した動画編集ソフトが必要です。AIによるサポート機能でスピーディーな動画編集を可能にするVideo BRAINを使えば、質の高い広告動画を、素早く簡単に作成できます。

法人向けシェアNo.1動画編集クラウド | Video BRAIN(ビデオブレイン)

Video BRAIN(ビデオブレイン)は、高品質な動画を誰でも簡単に制作できる動画編集ツールです。動画編集の「コスト」「時間」「スキル」を全て解決します。

詳しいサービス資料はこちらからダウンロード頂けます。

「Video BRAINでYouTube広告用動画を作成したところ、従来のYouTube広告経由と比べて口座開設数がおよそ3倍になった」という岡三オンライン証券の事例をご覧ください。

 

まとめ

YouTube広告を利用する場合には、Google広告経由で申し込む必要があります。YouTube広告の成果を高めるためには、広告の特徴を把握したうえで目的に合わせたフォーマットを選び、フォーマットに合わせた動画を作成しなければなりません。効果測定を行いながら動画や予算の修正を行うことも必要です。

Video BRAINを使えば、初心者でも簡単に本格的な広告動画を作成できます。AI機能によるサポートがあるため、スピーディーな動画制作が可能です。YouTube広告を検討しているのであれば、ぜひVideo BRAINをご利用ください。

 


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする