1. TOP
  2. ブログ
  3. Webマーケティング
  4. コンバージョンリンカーの役割とは?計測方法についてもご紹介

コンバージョンリンカーの役割とは?計測方法についてもご紹介

Webマーケティングにおいて、資料請求や商品の購入といった最終的な成果であるCVを意識することが大切です。そして、Webサイトや広告の成果を決めるCV数をより正確に測るために活用すべきなのが「コンバージョンリンカー」と呼ばれるものです。

コンバージョンリンカーとは、Googleタグマネージャーを使用して設置するタグです。
この記事では、コンバージョンリンカーの概要や必要性、設定方法などについて詳しく説明します。

コンバージョンリンカーとは

コンバージョンリンカーとは、Googleタグマネージャーと呼ばれるタグを一元管理するためのツールを活用し、データを測定するタグのことです。後に詳しく説明しますが、コンバージョンリンカーを設置することで、Cookieの種類を変えることができ、正確なコンバージョン情報の取得が可能になります。

コンバージョンリンカーについて深く理解するには、Cookieについても把握しておく必要があるため、次に説明していきます。

Cookieとは

Cookieとは、サイトを閲覧した際に作成されるもので、ユーザーのデータを一時的に保管する仕組みです。コンバージョンはそのCookieを利用し、計測されます。Cookieは大きく、「ファーストパーティーCookie」と「サードパーティCookie」の2種類に分けられています。

「ファーストパーティーCookie」とは、ユーザーが実際に訪問しているドメインから発行されるCookieのことで、「サードパーティCookie」は、訪問したサイト以外のドメインで発行されたCookieのことです。Cookieの発行元がどこのドメインであるかにより、いずれかに分類されます。

コンバージョンリンカーの必要性

コンバージョンリンカーは、Appleで導入されている「ITP」に対応するために必要となります。「ITP」とは、「Intelligent Tracking Prevention」の略語であり、AppleがSafariに搭載しているセキュリティ対策の一つです。

以前は、問題なくCookieでコンバージョンデータを取得できていましたが、Appleは「ユーザーを複数サイトにまたがって追跡するのは、プライバシーの問題がある」という方針を決定しました。それにより、サードパーティCookieにおいては、Cookieが付与されたタイミングで削除されるようになりました。

Cookie情報が引き継げなくなったことで、ユーザーが商品の購入に至るまでどのように行動したのかといった情報が取得できなくなりました。そのため、コンバージョンリンカーを活用し、サードパーティCookieからファーストパーティCookieに情報を書き換える必要があるのです。

コンバージョンリンカーの設定で可能になること


コンバージョンリンカーを設定することで、サイトをまたがったユーザーの行動データが分かりようになり、早期に課題の発見や改善につなげることができるようになります。そしてそのデータをもとに、適切なマーケティング施策も考えられるでしょう。

コンバージョンリンカーを設定して計測する方法

コンバージョンリンカーを設定するには、まずGoogleタグマネージャーでアカウトを登録しておく必要があります。ここでは詳細は割愛しますが、タグマネージャーのサイトにある「アカウント」項目にある「アカウントを作成」から登録ができます。Googleタグマネージャーのアカウント作成が終了したら、以下の手順でコンバージョンリンカーの設定を行ないましょう。

  1. 【1】Googleタグマネージャーの管理画面にログインする
  2. 【2】画面左側にある「タグ」の項目をクリックする
  3. 【3】「新規」ボタンをクリックする
  4. 【4】コンバージョンタグタイプの選択画面で「コンバージョンリンカー」を選択する
  5. 【5】「トリガーを選択してこのタグを配信」をクリックする
  6. 【6】「Allpage」を選択する
  7. 【7】最後に「保存」ボタンをクリックする

これで設定は完了です。

コンバージョンリンカーを設定する際の注意点

コンバージョンリンカーを設定するときは、必ず「Allpage」を選ぶ必要があります。これは、ユーザーが閲覧するすべてのページを対象として測定するためです。また、Googleは、ドメイン情報で外部サイトかメインサイトなのかを判断するため、同サイトで2つのドメインを利用する際は、別ページと判断されるため気をつけましょう。

ドメインが異なる場合は、クロスドメイントラッキングをします。クロスドメイントラッキングは、違うドメイン間でも1つのセッションとしてみなされるものです。これを活用することにより、ドメインをまたがる場合でも、同じユーザーとして認識し、正確にデータを取得できるようになります。

適切なマーケティング活動を行うには、正しいデータが必須です。正しいデータを取得できなければ、広告にかけたコストも無駄になってしまいます。そのようなことを防止するためにも、コンバージョンリンカーは必ず設定しておきましょう。

まとめ

コンバージョンリンカーは、ITP対策としてユーザーの行動を正確に把握するためにも必要不可欠なツールになります。そのため、今回紹介した注意点や設定方法を踏まえて、忘れずに設定を行ないましょう。

GoogleにはGoogle Analyticsなどさまざまデータ測定ツールが提供されています。それらを自社でも目的に合わせて適切に活用することで、効果測定がスムーズに行うことができるでしょう。


手軽に高クオリティの動画を作るなら「Video BRAIN」

  1. 予め用意された動画テンプレートが1,800以上用意されており、初心者でも企画なしで利用シーンに合わせた動画制作・編集が簡単
  2. 商用で利用できる著作権フリーの画像、動画、BGMも素材サービスと連携しており、素材撮影や編集にかかる工数を大幅に削減
  3. 最大60分の長尺の動画作成と書き出しができ、クラウド編集のためパソコンのスペックに依存せずに編集が可能
  4. 一般的に使われてるMP4だけでなく、「MOV」「パワーポイント」「GIFアニメーション」など多様な書き出し形式に対応した独自機能
  5. 入力したテキストから、音声データに自動でナレーションを生成する機能や各シーン毎に効果音、BGMの編集が可能
  6. 「タイムライン」などの動画編集のプロが使う機能を誰でも簡単に使えるため、表現の自由度が高い

これから動画活用を始めたいと思っている方や、動画編集や配信後の効果的な施策に悩んでる方は是非Video BRAINの導入をご検討ください。

この記事をシェアする