1. TOP
  2. ブログ
  3. 動画マーケティング
  4. DX時代の動画活用とは?営業、採用、育成、共有などシーン別に解説

DX時代の動画活用とは?営業、採用、育成、共有などシーン別に解説

スマホやIoT家電など、プライベートとビジネスの両方でデジタルツールの活用が欠かせない現代において、新たなビジネスの概念として注目されているのがDXです。

DX推進のためにはデジタルツールの選定や従業員への浸透など、さまざまな課題がありますが、解決策のひとつとして動画活用があげられます。

本記事では、DX推進が叫ばれる「DX時代」の中で期待できる、動画活用の有用性について解説します。

 

そもそもDXとは?

DXとはデジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)のことです。特定の施策ではなく、進化したIT技術の浸透によって、生活をより良いものに変化させる概念をさします。

海外では2004年にスウェーデンの大学教授が提唱したことで広まり、2010年代にはIMD(国際経営開発研究所)でDXの研究を行う権威によってデジタル・ビジネス・トランスフォーメーションが新たに提唱されました。デジタル・ビジネス・フォーメーションは、デジタル技術とデジタル・ビジネスモデルにて、組織の変化ひいては業績の改善を行うための概念です。

一方、日本国内では上記の世界的な流れに追従して、2018年に経済産業省が「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。」と定義づけています。

DXを進める3ステップ

世界中でDXへの注目が集まる一方で、国内企業のDX推進は滞っているのが現実です。現状を打破して本格的にDXを進めるためには、以下の3ステップを理解したうえで、時には並行して取り組む必要があります。

ステップ1:デジタイゼーションデジタイゼーション

・デジタライゼーション

・デジタルトランスフォーメーション

まずデジタイゼーションで書類や名刺など、アナログデータのデジタルデータ化を行います。紙の書類や名刺をアナログのまま使用していると、保管場所や紛失リスクの問題だけではなく、リモートワークの導入に支障が出たりデータが属人化して効果的に活用できなかったりと、次のステップのデジタライゼーションにも影響を及ぼしかねません。

ステップ2:デジタライゼーション

デジタライゼーションは、デジタル化したデータを使用するなど、個別の業務や製造プロセスにデジタル技術を浸透させることです。たとえば従来は紙の書類で行っていた情報共有を、メールやチャット、ファイル共有サービスを利用した方法に変革することもデジタライゼーションにあたります。

ステップ3:デジタルトランスフォーメーション

最後のステップ、デジタルトランスフォーメーションは、デジタイゼーションとデジタライゼーションの両方が実行済みであることを前提としたものです。業務や製造のデジタル化によって、これまでになかった新たな事業で顧客起点の価値を創出したり、ビジネスモデルに変革をもたらしたりすることを目指します。

DX推進における動画活用の有用性

DX推進は、単純にデータをデジタル化するなどIT機器やサービスを導入することがゴールではありません。デジタル化はあくまで手段であり、目的は業務・製造フローの変革ひいては新たな価値やビジネスモデルの創出です。

新たな価値やビジネスモデルにつながるデジタル技術の活用方法として、たとえば動画があげられます。近年は動画投稿サイトの浸透やスマホの普及、5G技術到来により、企業においてもプロモーションなどさまざまな用途で動画が活用されています。

動画は映像、音声、テロップが互いの不足した情報を補い合い、一度に膨大な内容を伝えることができるのが大きなメリットです。動画活用は、情報量の充実によって非対面でも効果的な顧客アプローチを可能とするなど、いまや企業のDX推進になくてはならない手法のひとつといえます。

 

シーン別、DXを推進する動画活用

広告の一種としても活用されるほど、あらゆる動画コンテンツが社会に浸透しているのが現在です。また、プロモーションやエンターテイメントとしての役割だけではなく、動画活用は新たな技術や知識の取り込みにともない、企業のDXを推進する手法としても期待できます。

ここではDXを推進する動画活用について、「営業シーン」「採用シーン」「育成、共有シーン」の3パターンに分けて紹介します。

営業シーンでの動画活用

営業活動では、売上につなげるために商品・サービスのメリットや価格に見合った価値を伝えなくてはなりません。紙の資料でも伝わる部分はありますが、商品・サービスによっては具体的な使用イメージがわかず、他社と比較されたり失注につながることがあります。

たとえば組み立て式の家具を販売したいとき、文字や画像で「組み立てやすい」と説明するよりも、実際に組み立てている動画を視聴してもらうほうが商品のメリットを実感してもらえるでしょう。

このように商談で動画を取り入れると、実際に使用している様子を動画で確認できるため、ユーザーも使用イメージが浮かびやすくなります。テレビの通販番組などでも、出演者が使用するシーンや購入者のインタビュー映像を盛り込むことで、視聴者に購入後の自分をイメージさせ注文につなげています。

動画の構成内容を工夫すれば、ユーザー自身が気付いていなかった潜在的な課題や需要を認知させ、検討から公式サイトへのアクセスや資料請求など具体的な行動を促すこともできるでしょう。

採用シーンでの動画活用

採用活動で課題となりやすいのが、自社が求める人物像とは異なる人材からの応募が多くなることや、採用後のギャップによる早期離職です。欲しい人材以外からの応募が多ければ選考に時間がかかり、理想の人材に割ける時間が圧迫されます。早期離職が多ければ再度募集をかけることとなり、求人にかけるコストが膨れ上がってしまうため、予算の観点からしても避けたい問題です。

このようなトラブルを防ぐ方法のひとつが、動画活用です。実際に働いている先輩社員のインタビューや職場の様子、経営理念などの企業文化を動画で発信することにより、自社のカラーに合った人材が応募してくれるうえ、ギャップによる早期離職のリスクも軽減されます。

また、オウンドメディアやリクルートサイトなどにも動画を表示すると、自社の認知度向上も期待できるでしょう。

 

採用動画活用のお役立ち資料をダウンロード頂けます

オンラインでのコミュニケーションが急激に増加したことから、採用活動のDX化による動画活用が進んでいます。

静止画では伝わりづらい商品・サービス紹介の伝達、採用活動の効率化、業務マニュアルの資産化など、様々なシーンでの活用が増えています。

動画活用を始める前に必ず抑えておきたい「採用コンテンツの動画活用のポイント」をご覧頂けます。

これから動画活用を検討されている方やもっと動画制作や編集に課題をお持ちの方はぜひ参考にしてください。

 

育成、共有シーンでの動画活用

従業員の育成や情報共有シーンにおいても、動画が活用されています。たとえば従来のマニュアルはPDFなど紙媒体のものが多く、伝える手段がテキストや画像に限られていましたが、動画でマニュアルを制作すると、実際の動きを伝えることができます。

テキストや画像では分からない、こまかな部分を含めた作業手順を映像で伝えながら、音声で補足説明を行えるため、紙媒体よりも多くの情報を伝えられるのが大きなメリットです。また、現場で作業を進めながら伝える場合と異なり、動画であれば分からない部分を繰り返し再生して学ぶこともできます。

複雑な作業手順が動画なら容易に理解できるため、社内のデジタライゼーション(業務・製造プロセスでデジタル技術を浸透させること)にも大いに役立ちます。

 

まずは無理のないところから動画活用を進めてみる

DX推進は世界的に注目された概念であり、国内企業も積極的に取り組むべき課題のひとつです。一方で書類をデータ化するなどのデジタイゼーションや、デジタル技術を業務フローに浸透させるデジタライゼーションの段階で中断しつつある企業も多いのではないでしょうか。

社内のDX推進が滞っている場合は、無理のない範囲から始めることをおすすめします。たとえばマニュアル制作や採用活動などで動画を活用すると、伝えたい情報が伝わりやすく、従業員や求職者にも浸透しやすいでしょう。デジタルツールの操作方法も動画なら容易に説明できるため、他の業務や製造フローにおけるDX推進にも発展させられます。

動画の自社制作を検討しているなら、動画自動生成ソフト市場シェアNo1の動画制作・編集ツール「VideoBRAIN」もご検討ください。VideoBRAINなら素材とテンプレートを入れるだけで動画の制作が可能。テンプレートも豊富で未経験の方でも今すぐ動画制作を始められます。

 


手軽に高クオリティの動画を作るなら「Video BRAIN」

  1. 予め用意された動画テンプレートが1,800以上用意されており、初心者でも企画なしで利用シーンに合わせた動画制作・編集が簡単
  2. 商用で利用できる著作権フリーの画像、動画、BGMも素材サービスと連携しており、素材撮影や編集にかかる工数を大幅に削減
  3. 最大60分の長尺の動画作成と書き出しができ、クラウド編集のためパソコンのスペックに依存せずに編集が可能
  4. 一般的に使われてるMP4だけでなく、「MOV」「パワーポイント」「GIFアニメーション」など多様な書き出し形式に対応した独自機能
  5. 入力したテキストから、音声データに自動でナレーションを生成する機能や各シーン毎に効果音、BGMの編集が可能
  6. 「タイムライン」などの動画編集のプロが使う機能を誰でも簡単に使えるため、表現の自由度が高い

これから動画活用を始めたいと思っている方や、動画編集や配信後の効果的な施策に悩んでる方は是非Video BRAINの導入をご検討ください。

この記事をシェアする