1. TOP
  2. 動画制作
  3. 動画制作の始め方|基本の5ステップと注意点について解説

動画制作の始め方|基本の5ステップと注意点について解説

動画コンテンツの市場は急速に拡大しており、企業でも動画制作のニーズが高まっています。しかし、いざ動画を自社で作ろうとしても、「何から始めたらよいのか分からない」「どのくらいの費用がかかるのか分からない」といった悩みや疑問が出てくるのではないでしょうか。

そこで今回は、動画制作の始め方や注意点、動画制作にかかる費用までを詳しく解説します。動画制作初心者におすすめのソフトもご紹介しますので、動画の活用を検討している担当者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

動画制作はどうやって始める?

動画制作と一口にいっても、初心者の方はいまいち把握しづらいかもしれません。そこで、まずは動画制作の大まかな流れをご紹介します。

1.企画を立てる
2.撮影する
3.編集する
4.公開する
5.分析・効果測定を行う

どのような動画であっても、上記の流れで制作するのが基本です。上級者の方でも例外ではありません。ひとつひとつのステップを丁寧に踏んで制作します。

【動画制作】基本の5ステップ

動画を制作するために、まずは企画が必要です。企画が通ったら撮影に移り、適切な編集を施した上で公開します。公開して完了ではありません。視聴者の反応を分析・測定して次回の動画制作に生かします。以上のステップがひとつでもおろそかになると、良い動画を作るのは難しいでしょう。ここでは、動画制作の大切な流れをひとつずつ詳しく解説します。

企画

動画制作における企画とは、「なぜ動画を制作するのか」「誰に向けた動画なのか」「どこに動画を配信するのか」などを検討・決定することを指します。

大切なのは、動画制作の目的をしっかりと決めることです。そうすることで、動画を視聴したユーザーに、どのような行動を取ってほしいのかを明確にできます。できるだけ具体的な目的を設定しましょう。

視聴者層を明確にすることも大切です。ターゲットの属性によって、動画のテイスト・長さ・強調するべきところなどが異なるため、時間をかけてじっくりと検討しましょう。

ターゲットが決まったら、掲載先を決めます。想定したターゲットに効率的にリーチできる、相性の良い媒体を選ぶことがポイントです。

最後に、動画のスタイル・ストーリを決めます。起承転結型など、動画の見せ方にはさまざまな種類があるため、選んだターゲットに最も響く型を選びましょう。以上の流れは動画の土台となる部分ですので、たっぷりと時間をかけても構いません。

動画撮影

企画が固まったら、動画撮影に必要な機材を準備します。カメラの他、動画の方向性によっては、マイク・照明などもあると便利でしょう。全てそろえると予算オーバーになる場合は、機材のレンタルサービスを利用するのもおすすめです。

動画の撮影方法はさまざまありますが、基本的にカメラは固定して撮影します。見やすい動画を作るには、手ブレを防ぐ必要があるからです。被写体が動く動画の場合は、台車などを使って手ブレを起こさないよう注意します。

視聴者を飽きさせないためのテクニックも大切です。1カットを短くしたり、別の角度から撮影したりと、同じ映像が続かないように心掛けます。「ズームイン」や「ズームアウト」などのカメラワーク(撮影技法)も取り入れてみましょう。基本となる技法は次の5つです。

・Fix(固定・静止):三脚などでカメラを固定して撮影する技法
・パン:左右の動きに合わせてカメラを動かす技法
・ティルト:上下の動きに合わせてカメラを動かす技法
・ズームイン:遠くから徐々に被写体に近づいていく技法
・ズームアウト:被写体から徐々に離していく技法

この後のスムーズな編集作業につなげるためにも、映像に必要な素材はたくさん撮っておくことをおすすめします。

動画編集

動画編集は大きく「素材・映像をつなぐ」「字幕・テロップを入れる」「音楽や効果音を入れる」といった要素に分けられます。

素材・映像をつなぐ際は、間延びさせないことがポイントです。例えば会話している映像なら、言葉を発している部分だけをテンポ良くつなぎ合わせます。「えっと」「あの」なども思い切ってカットしましょう。

動画の内容を分かりやすく、また印象深くするために、字幕やテロップも活用します。ただし、入れておけばよいというわけではありません。表示されている時間が短すぎたり、位置がずれていたりすると、視聴者を不快にさせる恐れがあります。一般的に、人は1秒間に4文字ほどしか読めないといわれているため、字幕やテロップは少し長めに出すとよいでしょう。

必要に応じて、BGMや効果音を使うことも大切です。シーンの雰囲気を高める効果の他、場面転換や強調に使うなどすると、動画にメリハリが生まれます。

要注意事項は、著作権です。全ての楽曲には著作権があり、無断では使用できません。許可申請や使用料の支払いを避けたい場合は、著作権フリーの素材を選びましょう。ただし、加工の有無・商用利用については認めていないこともあるため、利用規約の確認は必要です。

動画公開

ネット上に動画を公開する先として、代表的なのはYouTubeです。YouTubeに公開すれば、多くの視聴者が見てくれる期待が持てます。しかし、YouTubeであれば成功するとは限りません。ターゲット層や動画の内容によっては、他のプラットフォームのほうが向いている可能性はあります。

動画はどこで公開するのがよいのか、事前にきちんと調べておきましょう。公開先によって編集方法を変え、複数アップロードするのもひとつの手です。

分析・効果測定

動画は制作・公開して終わりではありません。公開した後の分析・効果測定も非常に重要です。効果測定をする上で大切なポイントは、「目的に応じた適切な指標を設定し、モニタリングする」「適切な効果測定ツールを用いて測定する」「他の手法での結果と比較・分析する」の3つです。

再生回数・クリック率・視聴維持率など、把握しておきたいポイントはいくつもあります。効果測定ツールを上手に使い、大切な指標をチェックしましょう。数値が想定よりも低い場合は、良くなかった点を分析しなければいけません。参考までに、対策の一例は次のとおりです。

・メルマガやビジネスメールにリンクを添付する
・ターゲット層が多いチャンネルで配信しなおす
・必要不可欠な要素のみで動画をコンパクトに構成する
・長尺の動画を短縮動画に分割する

動画制作時の注意点

動画制作の流れを理解するとともに、注意点も知っておきましょう。ちょっとした点に気をつけるだけで、視聴回数や視聴維持の向上につながるかもしれません。また、知っておかないとトラブルに発展する法的な問題もあります。

メッセージはひとつにする

ターゲットに伝えたいことを詰め込みすぎると、逆効果になる恐れがあります。動画の長さにもよりますが、メッセージは基本的にひとつに絞りましょう。

また、動画制作をしていくうちに、どの層のユーザーに伝えたいのか、何を伝えたいのかが分からなくなってしまうことがあります。そのような場合は、企画段階で決定した内容を再確認しましょう。

作成する動画イメージを共有する

撮影を協力会社に委託する場合は特に、どのような動画を作成したいのか、イメージの擦り合せをしておきましょう。完成後の追加撮影や修正を避けるためにも、イメージの共有は大切です。コストを押さえるという意味でも重要といえます。

協力会社の実力によっては、動画のクオリティーに満足がいかないかもしれません。自分たちの要望に応えられる会社なのか、きちんと見極める必要があります。顧客情報の取り扱いも委託する場合は、どのような管理体制を敷いているかのチェックも重要です。

著作権の侵害に注意する

著作権の確認も怠らないようにしましょう。例えば、契約書で定めた用途以外に動画を利用すると、二次利用としてトラブルに発展する可能性があります。

また、出演するキャストに契約期間が設定されている場合、それに気づかず動画を使い続けると、やはりトラブルを招いてしまうでしょう。法律関係の問題は企業側のイメージ減につながる恐れがあるため、要注意です。

動画制作の費用

動画制作にかかる費用は、動画の長さや目的などによって異なります。一般的な動画制作の料金相場は以下の通りです。

・インタビュー撮影:5万円~
・セミナー・イベント撮影:20万円~
・Webムービー制作:30万円~
・会社の紹介映像・PR映像制作:50万円~
・YouTube動画制作:10万円~
・アニメーション動画制作:20万円~

これらの動画制作にかかる費用は、さまざまな要素に分類できます。ここでは、動画編集ソフトを使う場合と、動画撮影を内製で行う場合、さらには外部業者に委託する場合にかかる費用をご紹介します。

動画編集ソフトにかかる費用

動画編集ソフトには、無料のものから有料のものまであります。無料ソフトならコストは押さえられますが、有料のものと比べると機能性が悪く、使いにくいかもしれません。

その点、有料版は定期的なバージョンアップもしてくれるのが一般的で、使い勝手はそのたびに改善されます。料金相場はさまざまですが、買い切りのプロ用のソフトでは約6万円前後です。月額制の動画編集ソフトもあります。

動画撮影を内製で行う際にかかる費用

動画撮影にかかる費用は、使用する機材や撮影を行うスタッフ数、役者やモデルを登場させる場合などによって異なります。一般的な料金相場は以下の通りです。

・撮影費用:5~100万円
・撮影機材費用:2~50万円
・ロケハン費用:2~10万円
・スタジオ・キャスティング費用:5~40万円

金額の幅が大きいのは、力を入れれば入れるほど費用は増していくためです。スタッフ数や拘束時間、キャスティング費用によって大きく異なります。

外部業者に委託する場合

外部業者に委託する場合、企画から編集までいくつかの段階に分割されているケースが一般的です。そのため、どこまで依頼するのかによって大きく費用が異なります。中には、AIによる動画の自動生成ができるサービスもあり、1から全てを依頼すると200万円ほどかかります。

CGや有償素材・イラストやアニメーション・シナリオ・ナレーター・ロケ撮影を加えると、50~100万円程度のプラス料金になるかもしれません。監督・役者・疑似3D・CG・企画や構成なども合わせると、最終的には100~300万円程度に膨れ上がる可能性もあります。

初心者には動画編集ソフトの導入がおすすめ

費用も手間もできるだけ押さえるなら、動画編集ソフトを導入して自社で動画を制作するのがおすすめです。その際、動画編集ソフトは「Video BRAIN」を導入してはいかがでしょうか。

Video BRAINの強みは、AIのサポートにより、わずか2ステップで動画制作ができる点です。初心者の方にも分かりやすい操作性で、編集の自由度が高く、制作本数に制限はありません。配信結果の分析をサポートする機能も備えています。

メディア・コンテンツだけではなく、営業資料や採用・求人・マニュアルなど、さまざまな目的に応じた動画を制作できる点も特徴です。動画の編集技術にお困りの担当者の方、動画編集ソフトの導入を検討している企業には、特におすすめできます。

まとめ

動画制作は企画から始まります。撮影・編集・公開を終え、分析までして終了です。費用は内製で行うか、外部に委託するかで変わり、コスト重視なら内製で行います。ただし、撮影まではできても、編集・公開後の分析までは、初心者の方にはハードルが高いかもしれません。

初めての動画制作でも成功につなげたい方は、ぜひ動画自動生成ソフトの「Video BRAIN」をお試しください。たった2ステップで動画制作ができる上、自社や競合他社の分析までできる機能を備えています。お問い合わせ・資料請求は簡単な専用フォームからいつでも可能です。ご不明な点がありましたら、お気軽にご相談ください。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする