1. TOP
  2. ブログ
  3. 動画編集
  4. 【法人向け】動画編集ツールは何を使うべき?目的別おすすめサービス

【法人向け】動画編集ツールは何を使うべき?目的別おすすめサービス

社内で動画コンテンツを作成するうえで欠かせない動画編集ツール。

動画のクオリティや制作のスピードは、どの編集ツールを使うかによって大きく左右されます。個人事業のYouTuberなどと違い、法人で使う場合には担当者のスキルに依存せずに済む汎用性や、共有のしやすさも重要だったりと、個人で編集する場合とは少し違った観点も含め検討する必要があります。

「このツールが一番素晴らしい」という正解はありません。動画コンテンツを作る目的、社内リソースや予算、求めるクオリティなどによって最適なツールは異なるからです。

「自分の会社ではどの動画編集ツールを使うべきか?」という疑問を解決するため、動画を作る目的や状況別に、おすすめな動画編集ツールを厳選してご紹介します。

予算・目的別おすすめツール早見表

今回紹介する動画編集ツールは「iMovie」「Adobe Premiere Pro」「Video BRAIN」の3つです。それぞれ明確なメリット・デメリットがあるので、予算や動画をつくる目的などと照らし合わせ、一番相性のよさそうなものを選んでください。上記3つのツールの特徴を簡単にまとめると以下のようになります。順番に解説していきます。

iMovieAdobe Premiere ProVideo BRAIN
利用者イメージ     動画制作初心者動画制作中級~上級者動画制作初心者
導入コスト
学習コスト
編集自由度
サポート
製品特徴Apple社が提供する無料ツールYouTuberからTV局まで広く使われる万能ソフト法人の動画制作に特化したクラウドツール

まずは無料で動画編集を試してみたい場合におすすめな編集ツール

iMovie

画像出典元:「iMovie」公式HP

動画編集が全くの未経験で、そもそもどんなものなのか試してみたい…という場合には、Apple社が提供している無料ツール「iMovie」がおすすめです。

Apple製品であるMACのPCやiPhoneでしか使用できないという制限はありますが、無料なのでとても気軽に動画編集を体験することができます。

基本的な編集機能は揃っており、非常に優れたツールではありますが、やはり作れる動画のクオリティには限界があります。カットとテロップとBGMだけつける、といったシンプルな動画には十分なのですが、短時間でインパクトを与える動画広告などを作るのはセンスが問われます。法人ではなく個人向けのツールと言えるでしょう。

ただ、とにかく気軽に動画編集に触れることができるので、予算を取る前に試しに使ってみるとよいかもしれません。

おすすめな利用シーン

・とりあえず動画編集を体験してみたい
・カットだけ、テロップだけなど最低限の編集をしたい

高クオリティな動画を作りたい場合におすすめな編集ツール

Adobe Premiere Pro

画像出典元:「Adobe Premiere Pro」公式HP

自社やサービスのブランディング目的など、高いクオリティを担保しアーティスティックな表現をしたい場合や、テレビ番組のような高度な編集をしたい場合は本格的な編集ツールが必要です。

「Adobe Premiere Pro」は最もメジャーな動画編集ツールのひとつで、テレビ番組やミュージックビデオなどの編集にも使用されています。まさに「プロ仕様」のツールと言えるでしょう。複雑な色補正や凝ったトランジションなど、高度なエフェクトをかけることが可能です。

画像出典元:「Adobe Premiere Pro」公式HP

Adobe Premiere Proは月額数千円で利用することができるので、金額的に大きなコストがかかるわけではありません。しかし高度な編集ができる代わりに初心者には非常に難しく、ある程度使いこなせるようになるまでそれなりの学習コストがかかります。

学習コストをかけられない場合は、外部から経験者を採用する必要があるため、人的コストは高いと言えるでしょう。また自由度がとても高いため、担当者の技術やセンスによって仕上がりが大きく左右されてしまうことや、ソフトウェアなので複数端末で使用しにくい点がデメリットです。

おすすめな利用シーン

・ブランディングを目的としたハイクオリティな動画を作成したい
・社内に動画編集経験者がいる

手間をかけず誰でも簡単に動画を作りたい場合におすすめな編集ツール

Video BRAIN

「Video BRAIN」は、法人での動画制作に特化した編集ツールです。

AIを搭載して動画編集を大幅に簡易化しているため、とにかく動画編集に時間や人的コストを割きたくない、かつ誰でも簡単に動画を編集したいという場合におすすめです。

1,300種類以上のテンプレートに当てはめるだけで動画が完成し、広告やSNS投稿だけでなく、マニュアルや営業資料、プレスリリースなどあらゆる目的に合わせた動画を簡単に作ることができます。

目的や画角からテンプレートを絞り、イメージに合うものを選びます。センスやデザイン知識に自信がない人でも、安定したクオリティの動画を作れることが強みです。

また、クラウド型であるため端末に依存せず共有しやすい点や、カスタマーサクセスが伴走し、動画制作や動画マーケティングをサポートしてくれるという点も、iMovieやAdobe Premiere PROと大きく異なる点です。これらは「動画を編集する」ことを目的としたツールですが、Video BRAINは「動画を活用して成果を出す」ことを目的としています。

これが”法人での動画制作に特化した編集ツール”と述べた所以です。

しかし、本当に簡単な動画しか作らなくていいという場合や、社内に優秀な動画クリエイターがいる場合は、Video BRAINを最大限活用することは難しいかもしれません。

機能やコストが自社に見合っているか、まずは資料を見て検討していただくことをおすすめします。

おすすめな利用シーン

・動画をできるだけ効率的に量産し、PDCAを回したい
・SNS投稿や動画広告など、頻繁に更新する動画コンテンツを作成したい
・担当者のスキルに依存せず、最低限の工数で動画を作成したい

Video BRAINについてより詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

Video BRAINって何?どんなことができるの?

ツールとのマッチングが重要

インハウスで動画を制作するうえで、どの編集ツールを使用するかは生産性の高さに大きく影響します。

高い頻度で動画コンテンツを作成し、すばやくPDCAを回すために、目的や予算、会社規模などにマッチしたツールを選びましょう。

「とりあえず動画をつくってみないと分からない!」という場合は、予算や人的コストが低いものから試していくのがおすすめです。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする