1. TOP
  2. 動画編集
  3. 動画を繋げるおすすめアプリ8選!スマホ・PC対応

動画を繋げるおすすめアプリ8選!スマホ・PC対応

動画を繋げる編集ツールはいろいろな種類があります。種類が多すぎてどれを選べばいいか迷ってしまう、という方も多いのではないでしょうか。ここでは、動画を繋げる編集ツールの選び方と合わせて、おすすめ編集ツールをピックアップしてご紹介します。ツール選びに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

動画編集ツールやサービスをご検討中の方は抑えておきたいポイントをまとめた資料を以下からダウンロード頂けます。

 

動画を繋げる動画編集アプリの選び方

動画を繋げる編集アプリの選び方は、以下の点に注目して選ぶのがおすすめです。編集アプリの数は多いですが、項目ごとに詳しくチェックして、自分に合った編集アプリを選ぶとよいでしょう。

【動画編集アプリの選び方】
・対応しているOS
・対応ファイル形式
・使いたい機能が揃っているか
・作成できる動画の長さ自分の編集スキルに合っているか

対応しているOS

自分のスマートフォンやパソコンのOSを確認しましょう。自分の持っている機器に対応しているOSでないと、ダウンロードしても使えません。対応OSはダウンロードページに記載されているので、事前にしっかり確認しましょう。

パソコンの場合、対応OSでない場合でも強制的にインストールは可能ですが、作業環境が不安定になったり、OS自体が壊れてしまったりする可能性があります。安全に使用するには対応OSでインストールするようにしましょう。

対応ファイル形式

動画はデータ量が多くなり、対応ファイルの形式によって画質や互換性が異なります。対応ファイル形式と再生環境が合わないと、動画が正常に再生されません。アプリの対応ファイル形式によっては、せっかく作った動画が見られないということもあり得ます。

使用目的に合わせたファイル形式があるか、アプリをインストールする前に必ず確認しましょう。

使いたい機能が揃っているか

動画に特殊な効果を加えられるエフェクト、動画につけられるBGMなど、これらの機能が揃っているか確認することも大切です。使いたい機能が揃っているかどうかは、動画の仕上がりレベルに直結します。

特に、動画を繋ぎたい場合はトランジションエフェクトが重要。トランジションとは動画の繋ぎ目に使うエフェクトのことで、動画の繋ぎ目を自然に演出します。使い方によっては動画をより魅力的に演出することが可能です。

アプリの場合、ウォーターマークを消せるかどうかも確認しておきましょう。ウォーターマークとはアプリのロゴのことで、消せないと動画内にずっとロゴが表示されてしまいます。せっかく作った動画もロゴがあると気になってしまうので、ウォーターマークの有無や削除の可否はインストール前に確認しておくとよいでしょう。

作成できる動画の長さ

長めの動画を編集したい場合、作成できる動画の長さは事前に確認しておくことが必要。制限がある場合、動画が長すぎると自動的に再生が終了してしまいます。

特に、スマホアプリは長さに制限があるものが少なくありません。課金すれば無制限にできるものもありますが、せっかくインストールしても使えないという事態を防ぐために、作成できる動画の長さは事前にチェックしておくといいでしょう。

自分の編集スキルに合っているか

機能が多ければその分編集の幅も広がりますが、特に初心者は多すぎる編集機能を使いこなせません。選択肢が多すぎると編集作業で迷ってしまうので、自分の編集スキルに合っているかの見極めは重要です。

編集に慣れてきた中級者なら、豊富なBGMやエフェクトが搭載されているアプリを選ぶことをおすすめします。無料のアプリでもBGMやエフェクト機能が搭載されているものは多数あるので、自分に合ったアプリを探してみましょう。

プロ並みの編集がしたいのであれば、制限なしの有料版がおすすめ。豊富な機能が搭載されていますが、使いこなすことができればハイクオリティな動画編集ができます。

 

動画編集を難しいと感じている方は、是非こちらの関連記事もご覧ください。

 

動画を繋げるおすすめアプリ5選!(iPhone/Android向け)

iPhoneやAndroidで動画を繋げたい方に、おすすめのアプリを5つご紹介します。アプリの数が多すぎて迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

【動画を繋げるおすすめアプリ(iPhone/Android向け)】
・iMovie
・VivaVideo
・Inshot
・キネマスター
・BeeCut

アプリによって搭載されている機能が異なるので、自分の編集レベルや作成したい動画のイメージに合わせてアプリを選ぶといいでしょう。

①iMovie

アイコン

自動的に生成された説明

引用:iPad用iMovieユーザガイド – Apple サポート

iPhoneに標準搭載されているアプリ。Androidには対応していませんが、MacやiPadでも編集ができます。難しい操作はなく、直感的な操作で編集が可能であり、誰でも簡単に動画を繋げられます。

対応OSiPhone
費用無料
ウォーターマーク無料
動画の長さ無制限
主な機能撮影、トリミング、分割、結合、トランジション、フィルター、エフェクト、BGM、テロップ
編集スキル初心者向け
【こんな人におすすめ!】
・iOSユーザー
・直感的な操作で編集作業をしたい

②VivaVideo

アイコン

中程度の精度で自動的に生成された説明

引用:Google Play

アプリ内でテーマを選択すると、自動的に動画を編集する機能が搭載されています。編集経験がない初心者の方や、編集作業が苦手な方におすすめのアプリ。写真を組み合わせたスライドショーも作れます。

対応OSiPhone、Android
費用無料
ウォーターマーク有料
動画の長さ5分
主な機能トリミング、分割、結合、トランジション、フィルター、エフェクト、BGM、テロップ
編集スキル初心者向け
【こんな人におすすめ!】
・編集作業が苦手
・スライドショーを作りたい

③Inshot

アイコン

自動的に生成された説明

引用:Google Play

無料で使えるエフェクトの数が豊富で、幅広いジャンルの動画が作れます。編集した動画はすぐにSNSに投稿が可能なので、動画をSNSで配信したい方におすすめのアプリです。

対応OSiPhone、Android
費用無料
ウォーターマーク無料
動画の長さ無制限
主な機能トリミング、分割、結合、トランジション、フィルター、エフェクト、BGM、テロップ
編集スキル中級者以上向け
【こんな人におすすめ!】
・いろいろなエフェクトを使いたい
・動画をSNSに投稿したい

④キネマスター

アイコン

自動的に生成された説明

引用:Google Play

無料版でも使用できる機能が幅広いので、とりあえず動画編集に慣れたいという初心者の方におすすめ。基本的な編集機能のほかに、動画の中に写真を取り込む機能など、おしゃれな演出ができる機能が豊富に搭載されています。

対応OSiPhone、Android
費用無料
ウォーターマーク有料
動画の長さ
主な機能トリミング、分割、結合、トランジション、フィルター、エフェクト、BGM、テロップ
編集スキル初心者向け
【こんな人におすすめ!】
・おしゃれな動画を作りたい
・無料版で一通りの編集をしたい

⑤BeeCut

アイコン

自動的に生成された説明

引用:Google Play

動画初心者のために開発されたアプリで、シンプルで分かりやすい画面が特徴。動画を繋ぎ合わせることに特化しており、スムーズな作業ができます。英語表示ですが簡単な操作なので、慣れればすぐに編集作業が可能です。

対応OSiPhone、Android
費用無料
ウォーターマーク無料
動画の長さ
主な機能トリミング、分割、結合、トランジション、フィルター、エフェクト、BGM、テロップ
編集スキル初心者向け
【こんな人におすすめ!】
・動画のトリミングや分割、結合をメインに編集したい
・初めて使う編集アプリを探している

動画を繋げるおすすめソフト3選!(Windows/Mac向け)

WindowsやMacを使って動画を繋げたい方に、おすすめソフトをご紹介します。アプリに比べて搭載機能が多いパソコンソフトを使えば、誰でも本格的な編集作業ができます。

【動画を繋げるおすすめソフト(Windows/mac向け)】
・Lightworks
・Video Proc Converter
・Video Pad

パソコンの場合、アプリとは違い費用がかかる場合が少なくありません。その分使用できる機能も幅広いので、クオリティの高い動画を作りたい方に適しています。

Lightworks

デスクトップコンピューターのスクリーンショット

自動的に生成された説明

引用元:LWKS

会員登録をすると無料で使えるソフト。タイムライン表示はシンプルなので見やすく、ドラッグ&ドロップで簡単に動画の編集ができます。単純操作なので、初心者の方でも扱いやすいソフトです。

対応OSWindows、Mac
費用無料
ウォーターマーク無料
動画の長さ無制限
主な機能結合、エフェクト、BGM、テロップ、音量調整
編集スキル中級者以上向け
公式サイトhttps://lwks.com/
【こんな人におすすめ!】
・無料版で試してみたい
・シンプルな画面表示で編集したい

Video Proc Converter

グラフィカル ユーザー インターフェイス, Web サイト

自動的に生成された説明

引用元:Video Proc

動画の対応ファイル形式が幅広く、さまざまな媒体で再生が可能。MP4動画を高速かつ高品質で編集できるので、スムーズな編集できれいな動画を作りたい方におすすめのソフトです。

対応OSWindows、Mac
費用無料
ウォーターマーク無料
動画の長さ
主な機能結合、エフェクト、BGM、テロップ、音量調整
編集スキル中級者以上向け
公式サイトhttps://jp.videoproc.com/free-videoproc/
【こんな人におすすめ!】
・編集作業をサクサク進めたい
・高画質な動画を作りたい

Video Pad

グラフィカル ユーザー インターフェイス, Web サイト

自動的に生成された説明

引用元:Video Pad

簡単な操作で初心者にも扱いやすいソフト。トライアル版は非営利目的であれば無料でダウンロードできます。動画はDVD形式で保存できるので、大画面のプレイヤーで再生したい方におすすめです。

対応OSWindows、Mac
費用無料
ウォーターマーク有料
動画の長さ
主な機能結合、エフェクト、BGM、テロップ、音量調整
編集スキル中級者以上向け
公式サイトhttps://www.nchsoftware.com/videopad/jp/
【こんな人におすすめ!】
・ドラッグ&ドロップの簡単操作で編集がしたい
・作った動画をDVDで見たい

 

動画編集ツールを比較している方はこちらの関連記事もぜひ参照ください。

 

動画を繋げてプロのような動画を作りたいならVideo BRAINがオススメ

動画と動画を繋いでクオリティの高い動画を制作したい方には、Video BRAINがおすすめ。Video BRAINには動画自動生成機能が搭載されているので、編集経験がない方でも気軽に動画を作ることが可能です。アプリやソフトではなく、クラウド上で作成できるので、容量を気にせず使えます。

多数なテンプレ―トが標準搭載されており、画像や動画素材を挿入するだけで簡単に動画制作が可能。ナレーションやオブジェクト機能などは随時アップデートされているので、素材不足に悩むことはないでしょう。

豊富な機能の使い方に迷った場合は、カスタマーサポートスタッフが動画活用をサポート。分からないことがあればすぐに相談できるのも魅力です。

法人向けシェアNo.1動画編集クラウド | Video BRAIN(ビデオブレイン)

Video BRAIN(ビデオブレイン)は、高品質な動画を誰でも簡単に制作できる動画編集ツールです。動画編集の「コスト」「時間」「スキル」を全て解決します。

詳しいサービス資料はこちらからダウンロード頂けます。

 

詳しい導入事例はこちら

https://video-b.com/case/case_category/videos/?scene=pr

 

まとめ

動画編集ができるアプリやソフトは多数存在します。難しいというイメージがある動画編集ですが、初心者向けのシンプルな編集ツールも多数あるので、ご紹介したアプリやソフトを参考に、自分に合った編集ツールを選んでみるといいでしょう。

初心者でも本格的な動画編集をしたいという方は、AI機能が搭載されており、直感的な操作が可能なVideo BRAINの導入をぜひご検討ください。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする