1. TOP
  2. ブログ
  3. 動画編集
  4. PR動画編集&作成方法とコツを紹介!

PR動画編集&作成方法とコツを紹介!

ターゲット層に広く自社をアピールするために、PR動画の作成を検討する担当者の方も多いのではないでしょうか。

今回は、どのようにPR動画を制作すべきかお悩みの方に向けて、魅力が伝わるPR動画に仕上げるための動画作成・編集の方法やコツについて具体的に解説します。

各工程のポイントを知ることで、効果的なPR動画の作成に役立てることができるでしょう。

 

PR動画とはどんな動画?

PR動画とは、企業が自社のサービス・商品などのアピールやブランディングに活用するための動画のことです。主に次のようなシーンで用いられています。

PR動画の活用場面

・取り扱いサービス・商品の紹介
・お客様の声(口コミ)の紹介
・イベントや新商品の告知

短い時間で視覚的にアプローチできるため視聴者の印象に残りやすいほか、SNSで拡散されやすいなどのメリットがあることから、多くの企業がPR動画を活用しています。

PR動画を作成する目的

PR動画を作成する目的として、主に次の3つが挙げられます。

・企業イメージをよくする
・企業の認知度をアップさせる
・サービス・商品の売り上げをアップさせる

PR動画は、企業のブランディングにも効果的です。たとえば、企業イメージを刷新したいとき、新規ユーザーを獲得したいとき、採用活動に活用したいときなどに、伝えたいメッセージを視覚で訴えかけることで、企業のイメージアップにつなげることができます。

また、自社サイトや各種SNSで広くPR動画を配信することは、企業の認知度アップにも役立つでしょう。

さらに、自社が扱うサービスや商品の魅力を映像で具体的にアピールするだけでなく、お問い合わせフォームやECサイトへの導線としてPR動画を活用することで、売り上げアップや新規ユーザー・リピーターの獲得も期待できます。

PR動画編集&作成の方法

実際にPR動画編集&作成するときは、次の流れで行います。

PR動画編集&作成の方法

1.PR動画のテーマや強調したいことを決定する
2.動画のシナリオを作る
3.動画を撮影する
4.動画を編集する
5.印象的なアイキャッチを作る

それぞれの手順には、注意点や押さえておきたいポイントがあります。ここでは、具体例を確認しながら、PR動画編集&作成の方法を見ていきましょう。

PR動画のテーマや強調したいことを決定する

まずは、PR動画のテーマや強調したいことをしっかり決めておくことが大切です。

たとえば、自社のサービスや商品を紹介する場合、伝えたい魅力がたくさんあるケースが多いのではないでしょうか。しかし、内容をあれこれ詰め込み過ぎると、動画作成の途中で伝えたいメッセージがブレてしまうことは少なくありません。

一貫性のないPR動画では、せっかくのサービス・商品の魅力も半減してしまうでしょう。最初にテーマやアピールポイントを明確にしておくことで、途中で動画のメッセージ性がブレる失敗を防ぐことができます。

テーマの決定にあたっては、「ターゲットにどのような気持ちになってほしいか」を意識するとよいでしょう。そのうえで、強調したいポイントを絞り込みます。ターゲットの悩みを解消するようなアピールポイントを盛り込むこともおすすめです。

伝えたいメッセージがいくつもあるときは、動画を分けて制作しましょう。

動画のシナリオを作る

動画の方向性が決まったら、次はシナリオ(脚本)を作成します。

シナリオなしでいきなり撮影してしまうと、シーンの不足やテーマとのずれが生じる恐れがあります。シナリオは、動画制作・編集のための設計図ともいえる大切な存在です。

シナリオには、動画全体の流れやセリフ・動作、演出などを盛り込みましょう。文字のみで作成することもありますが、絵を使ったコンテを用意することで、より動画制作をスムーズに進められます。

作成したシナリオが視聴者目線の内容になっているかどうか、客観的な視点でチェックすることも大切です。

動画を撮影する

実際に動画を撮影するときは、手ブレやカメラワークに注意しましょう。安定感がない場合や、単調な画面が続く動画は、視聴者に最後まで見てもらえない可能性が高くなってしまいます。

手ブレ防止には、三脚やジンバル、カメラの手ブレ補正機能の活用がおすすめです。

視聴者を飽きさせないよう、ときどき角度を変えるなど構図を工夫するほか、パン・ティルト・トラックといったカメラワークも意識しましょう。ズームインは視点の誘導に効果的である一方、映像がぶれやすくなるため、動画撮影に不慣れな場合は注意が必要です。

動画を編集する

一般的な動画編集の流れは、以下の通りです。

動画編集の基本的な順序

1.動画・画像をアップロードする
2.動画・画像の長さや順序を決める
3.BGMや効果音をつける
4.テロップや字幕を入れる
5.エフェクトを入れる
6.音量や音声を調整する
7.色調を調整する
8.完成したものを確認し出力する

魅力的な動画に仕上げるためにエフェクトの活用は効果的ですが、使いすぎには注意しましょう。動画の容量が重たくなるだけでなく、視聴者にわかりづらい印象を与えてしまうためです。強調したいシーンに限定するなど、活用場面を定めることをおすすめします。

動画を出力する際は、形式に気をつけましょう。動画のファイル形式にはさまざまな規格がありますが、なかには視聴者のOSや視聴環境に左右されるものもあります。動画を配信する媒体に合わせた形式を確認することが大切です。

印象的なアイキャッチを作る

動画編集が完了したあとは、アイキャッチを作成します。

アイキャッチには、視聴者の興味を引き、クリックにつなげる役割があります。魅力的なアイキャッチであるほど、動画を視聴してもらえるチャンスも広がるでしょう。反対に、動画の魅力をアイキャッチで上手く表現できなければ、再生回数が伸び悩む可能性もあります。

ターゲットに注目してもらいやすい、目立つアイキャッチを作ることが大切です。画像は、動画の内容を象徴するカットを選びましょう。テキストは大きなサイズと少ない文字数を心がけ、スマートフォンでも見やすい見た目かどうかチェックするとよいでしょう。

PR動画編集&作成のコツ

PR動画の成果を高めるためのコツを知りたい担当者は多いのではないでしょうか。PR動画編集&作成する際には、意識しておきたいコツがあります。

PR動画編集&作成のコツ

・PR動画の目的を忘れない
・PR動画のターゲットを明確にする
・情報を詰め込みすぎない

PR動画編集&作成のコツを押さえておくことで、より効果的なPR動画に仕上げることができるでしょう。

PR動画の目的を忘れない

PR動画編集&作成するときは、動画の「目的」を見失わないことが肝要。「サービス・商品の宣伝のため」、「人材の確保のため」など、目的を明確にすることで、視聴者に伝わりやすい動画を作成できるからです。

逆に、動画の目的から外れた内容を盛り込んだ場合、アピールポイントがぼやけてしまい、成果が出にくくなってしまいかねません。

「5W1H」をしっかり設定することで、動画の方向性も定めやすくなります。PR動画の作成を終えるまで、動画の目的をしっかり意識しておくことが重要です。

PR動画のターゲットを明確にする

ターゲットを定めることも、大切なポイントのひとつ。どのような層に向けたPR動画なのかによって、作るべき内容も異なります。

たとえば、50代男性に向けたサービスを20代女性目線も意識した動画で紹介した場合、動画のアピール内容がブレてしまい、結果的にどちらの層にもサービスの魅力が伝わらないPR動画になってしまう恐れがあります。

ターゲットを明確に設定し、そのターゲットに合わせたPR動画を作成・編集することが重要です。

情報を詰め込みすぎない

「情報を詰め込みすぎない」ことも、PR動画作成のコツです。

動画には、視聴者に対し一度にたくさんの情報を伝えられるというメリットがあります。その一方で情報過多になりやすく、情報を詰め込みすぎると、かえって視聴者の印象に残らない恐れがあります。

多くの情報を伝えたいときは、情報のカテゴリーごとに動画を分けることがおすすめです。ひとつのPR動画に込めるメッセージは、できる限りひとつに絞るとよいでしょう。

PRの動画編集ならVideo BRAINがオススメ!

PR動画を活用したい企業にとって、動画編集が大きなハードルとなるケースは多いのではないでしょうか。

たとえば、代表的な動画編集ツールには「Adobe Premiere Pro」などが挙げられます。動画編集のプロの利用も多く編集の自由度が高い一方、初心者や経験の浅い担当者にとっては、使いこなすまでに時間や学習コストがかかることも少なくありません。

数ある動画自動生成サービスの中でも、特におすすめなのが「Video BRAIN(ビデオブレイン)」です。

Video BRAIN(ビデオブレイン)は、プロが利用するような機能を誰でも簡単に利用でき、高品質な動画を制作できる動画編集ツールのクラウドサービスです。動画制作や編集業務の「コスト」「時間」「スキル」を全て解決します。

詳しいサービス資料はこちらからダウンロード頂けます。

 

Video BRAINで作成したPR動画の事例

実際にVideo BRAINを活用したPR動画の事例の一部をご紹介します。

事例1:株式会社日本旅行様

新型コロナウイルス感染拡大により、従来の店舗での対面接客からの転換が求められるなか、PR動画の活用に着手しました。

旅行商品と動画の親和性は高く、「Video BRAIN」を活用することでコンテンツの量産とリアルタイムでの情報発信を実現。1か月で20本以上のPR動画を制作したことも。スピーディかつコンスタントな情報発信により、SNSのエンゲージメント率が大きく改善しました。

▲ 株式会社日本旅行様 PR動画の一例

▼株式会社日本旅行様 導入事例インタビューはこちら

事例2:株式会社オールハーツ・カンパニー様

全国にベーカリーとパティスリーを展開する同社では、デジタルサイネージなどで使用するPR動画を制作し、店舗への誘客に活用しています。

「おいしい」が伝わる魅力的なPR動画で、店舗スタッフから「サイネージ動画に興味をもってくれたお子さんがいました!」といった声が届くなど、反応も上々

▲ 株式会社オールハーツ・カンパニー様 PR動画の一例

▼株式会社オールハーツ・カンパニー様 導入事例インタビューはこちら

事例3:生活協同組合コープかごしま様

自社サイトで各種イベントや商品情報を発信するもテキストではPR効果が弱いと感じ、「Video BRAIN」でPR動画制作に乗り出しました。

2021年には累計100本以上の動画を制作し、「白黒テレビがカラーテレビになったときくらい」と例えられるほど大きな反響が。最も反響のあった同社50周年を記念して開発された高級食パンのPR動画は、発売開始と同時に公開し、食パンはわずか半日で完売。具体的な数値としてもPR動画の効果を実感されています。

▲ 生活協同組合コープかごしま様 PR動画の一例

▼生活協同組合コープかごしま様 導入事例インタビューはこちら

まとめ

企業が自社のサービス・商品などのアピールやブランディングをするためには、PR動画の活用が効果的です。

魅力的なPR動画を作るためには、撮影方法や編集方法にこだわるだけでなく、テーマや強調ポイントを決め、シナリオを練ることが重要。また、動画の目的やターゲットを明確にし、情報を詰め込みすぎないこともポイントです。

簡単・効率的にPR動画を制作したいときは、動画自動生成サービスを利用することをおすすめします。


 

関連記事

【初心者向け】簡単に動画が作成できるソフト・アプリ10選

動画を作成するには撮影はもちろん、テロップを入れたり、不要な部分にカットを入れたりといった編集作業が必要になります。動画作成の編集は大変と思われがちですが、大まかな流れはシンプルです。 社内で ...

クラウド動画編集ツールは何を使うべき?主要な法人向けサービスの比較と選び方

社内で動画コンテンツを作成するうえで欠かせない動画編集ツール。 動画のクオリティや制作のスピードは、どの編集ツールを使うかによって大きく左右されます。個人事業のYouTuberなどと違い、法 ...

【動画編集】画像を挿入する方法|おすすめソフトも紹介

動画編集において、画像挿入は動画内容の説明や注釈をつけたり、強調させたりする場合に使用します。また、動画の一部を隠すこともできるので、撮影ミスをカバーする効果もあります。動画内に画像を使用することで ...

YouTubeで使えるBGMをダウンロードできるおすすめサイト10選!

YouTubeに載せる動画を作成する際、「BGMをどこから手に入れたら良いのか」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。魅力的な動画を作るためにBGMは欠かせないものです。ただし、BGMの権利など ...

動画編集の必須テクニック7選!制作のコツも解説

YouTubeをはじめ、動画SNSなどの人気も高まっていることから、「自分でも動画を作りたい」と動画編集に興味を持つ人が増えている印象です。 株式会社日本デザインのアンケート調査では「動画編集 ...

この記事をシェアする