1. TOP
  2. ブログ
  3. 広告/広報
  4. ブランディング動画制作|効果を高めるコツや活用シーン・動画の事例を紹介

ブランディング動画制作|効果を高めるコツや活用シーン・動画の事例を紹介

ブランディング動画の活用を検討する中で、活用シーンや効果を高めるコツ、事例について詳しく知りたいと考える経営者・担当者の方は多いのではないでしょうか。

ブランディング動画は、音声と画像により短時間で多くの情報を伝えられます。視覚的に訴え、差別化も図りやすいです。商品プロモーションや採用、イベント、社員教育などに活用できます。

この記事では、ブランディング動画のメリットや活用シーン、効果を高めるコツや事例について解説します。ここで紹介する内容を知ることで、効果的にブランディング動画を活用できるようになります。

動画制作に関して初心者の方は、こちらの記事をご参考ください。

ブランディングとは?

ブランディングとは、ブランド作りのための活動です。一般社団法人 ブランド・マネージャー認定協会によると、「ブランド」は次のように定義されています。

“​​ある特定の商品やサービスが、消費者・顧客によって「識別されている」とき、その商品やサービスを「ブランド」と呼ぶ。 (一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会による 消費者・顧客から見た「ブランド」の定義)”

ブランドとはあくまでもイメージです。企業や商品・サービスの認知度を高め、消費者に「●●といえば▲▲」といったような共通のイメージを認識させて、市場でのポジショニングを確立させることがブランディングにつながります。

つまり、ブランディングに成功していれば競合他社との差別化ができているということです。消費者がイメージを認識できず、ポジショニングが確立されていない場合は、ブランディングに成功しているとはいえません。

ブランディング動画とは、ブランディング手法の1つで、動画を活用して企業のイメージアップや商品・サービスの魅力を訴求するものです。

ブランディング動画のメリット

ブランディング動画は音声と画像で構成され、短時間で多くの情報を届けられます。企業の理念やコンセプト、商品・サービスの魅力を効果的に訴求でき、ブランドイメージを構築することが可能です。また、テキストと写真でブランディングを図る企業が多いため、動画によって差別化を図ることもできるでしょう。

ここでは、ブランディング動画のメリットについて見ていきます。

自社のブランドイメージを構築できる

ブランディング動画を活用すれば、自社のブランドイメージを構築できます。

企業の理念やコンセプト、展開する商品・サービスの魅力、大事にしている顧客接点、取り組んでいる活動、スタッフの様子などをインパクトやストーリー性のある動画にまとめられるからです。

自社ホームページだけでなく、SNSでも発信できます。テキストや写真よりメッセージ性が強く、見ている人の興味も惹きやすいため、自社のブランドイメージの構築が可能です。

短時間で多くの情報が伝わる

ブランディング動画のメリットは、見ている人に短時間で多くの情報を伝えられることです。テキストや写真の情報だと、企業のメッセージや商品・サービスの魅力などを読み手に伝えるのに時間がかかります。読み手は、意味を理解しながらテキストを読み進めないといけないからです。

一方、ブランディング動画であれば、音声と画像を使って視覚的に訴えられるため、短時間で多くの情報を届けられます。企業や商品・サービスの魅力、コンセプトなど効果的な訴求が可能です。

他社との差別化が図れる

テキストや写真でブランディングを図る企業が多いため、動画を活用することで他社との差別化を図れます。テキストや写真と動画では、見え方や印象がまったく異なるからです。動画であれば直感的・視覚的に訴えられます。

多くのブランディングサイトがある中で、インパクトやストーリー性のある動画を活用すれば、見ている人の目に留まり記憶に残りやすくなります。ブランディングのやり方に他社と違う方法を取り入れることで、差別化をはかりましょう。

ブランディング動画の活用シーン

ブランディング動画は商品プロモーションや採用、イベント、社員教育などに活用できます。動画は音声と画像でわかりやすいうえに、情報量が多いからです。

効果的に企業のイメージアップを図り、商品・サービスの訴求ができます。企業の業績にも影響を与える可能性もあるでしょう。

ここでは、ブランディング動画の4つの活用シーンについて見ていきます。

商品プロモーション

商品プロモーションにブランディング動画は適しています。商品の特徴や他の商品との違い、作り手の想い、商品誕生の理由、実際に使用した人のコメントなど、さまざまな情報を消費者に届けることが可能です。

例えば、新商品の魅力が5つある場合、テキストで伝えるには相当な文章量が必要になります。読み手が正しく情報を理解するには時間がかかり、最後まで読んでもらえないこともあるのが現実です。一方、動画であれば、視覚的に訴えられるため短時間で魅力を伝えることができます。

採用

採用シーンにブランディング動画を活用する企業も多くあります。ブランディング動画は企業のイメージアップが期待でき、応募者が増える可能性があるからです。

応募者の多くは、企業理念や事業内容、待遇・福利厚生などの他に、企業イメージや社長の考え、働く社員の様子、先輩社員の入社理由などを知りたいと考えています。応募者のニーズに沿った動画を配信すれば、多くの応募者の興味を惹くことができ、採用活動を有利に働かせる効果が期待できます。

イベント

IR活動や株主総会、セミナーなどのイベントでもブランディング動画を活用できます。動画であれば、企業理念や価値観、事業内容、自社の優位性などを短時間にまとめ効果的に訴えることが可能です。

株主が共感する動画であれば、株価上昇につながる可能性もあります。また、参加者の興味を惹けば、商品・サービス購入につながり売上アップも期待できます。限られた時間の中で、より多くの情報を訴求するためにもブランディング動画はおすすめです。

社員教育(インナーブランディング)

社員教育のインナーブランディングを目的として、ブランディング動画を活用できます。動画は情報量が多く視覚的でわかりやすいからです。

企業理念や歴史、社長や上司の考え、自社商品・サービスの特徴などの動画を見せれば、会社や商品に対しての理解が深まります。また、仕事へのモチベーションアップも期待できます。

ブランディング動画は、社外活動だけでなく社内向けとしても効果的です。

ブランディング動画の事例

多くの企業がブランディング動画を制作し、YouTubeなどでも見れるようにしています。たくさんのブランディング動画事例を知れば、制作イメージがつきやすくなり、動画の失敗リスクを軽減可能です。

ここでは、CCCグループとJR東日本のブランディング動画について紹介します。他にもいろんな企業がブランディング動画を展開していますので、できるだけ多くの動画を見て参考にしましょう。

CCCグループ

TSUTAYAや蔦屋書店、Tポイントカードなどで知られるCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)は採用向けのブランディング動画を制作しています。2分弱の動画にCCCのこれまでの歴史や企業理念、事業内容、求める人物像の情報が入っています。

CCCグループが目指す未来について、ストーリー性のある動画で視覚的に訴えており、多くの人にいい印象を与えるような内容です。

JR東日本

JR東日本のコンセプトムービーです。社員の仕事の様子や取り組む姿勢、部署ごとの仕事内容、やりがいが伝わる内容になっています。約3分半の動画ですが、ストーリー性があり、JR東日本で働く社員の様子がよくわかるため 見入ってしまいます。

言葉やテキストだけの説明ではわかりづらい仕事内容が、よく理解できるブランディング動画です。JR東日本では、他にも多くの動画を配信しています。

この動画を見た人は、JR東日本に対していい印象を持つはずです。

ブランディング動画の効果を高めるコツ

ブランディング動画の効果を高めるコツは、視聴者の共感を得やすい内容にすることです。また、動画を通して伝えたいメッセージを1つに絞り、商品・サービスの価値や市場での強み・弱みを正しく把握することが大切です。

そうすれば、企業や商品・サービスを効果的に訴求できるようになります。ここでは、ブランディング動画の効果を高めるコツについて見ていきます。

共感される動画を作成する

ブランディング動画の効果を高めるためにも、見る人の共感を誘う内容にしましょう。視聴者の共感を得ることができれば、企業のイメージや売上アップにつながるからです。また、動画がSNSで話題になり、多くの人に企業のことを知ってもらえる可能性もあります。

ただし、共感を狙いすぎるとわざとらしい演出となり、視聴者に見透かされてしまいます。視聴者や時代のニーズを掴み、適度な共感や感動を誘う内容にすることが大切です。

伝えたいメッセージを1つに絞る

動画ブランディングを制作する際は、伝えたいメッセージを1つに絞りましょう。伝えたいことがいくつもあると、動画の内容がちぐはぐになり、中途半端になるからです。

動画を見ている人も「何を伝えたいのかわからない」と困惑し、何も訴求できない可能性があります。

ブランディング動画の効果を高めるためにも、あれもこれもとメッセージを詰め込むのではなく、伝えたいことを1つに絞り制作するようにしましょう。

商品・サービスの価値を把握する

ブランディング動画を制作する前に、自社の商品・サービスの価値を正しく把握することが大切です。自社の商品・サービスの価値や市場における強み・弱みなどを知らないと、競合他社のほうが強い部分を訴求するなどして差別化が難しくなります。

一方で、商品・サービスのことを深く理解していれば、競合優位性のある部分を訴えることが可能です。訴求ポイントが明確で必要な情報を厳選できるため、コンパクトでありながら効果的な動画制作ができます。

ブランディング動画の作成にかかる費用

依頼する企業や動画内容によって異なりますが、ブランディング動画の作成にかかる費用は100万円〜300万円前後です。動画のクオリティを追求するほど予算は高くなる傾向にあります。

動画制作費用は、「人件費」と「機材費」の大きく2つに分けられます。人件費はプロデューサーやディレクター、カメラマン、編集スタッフなどの費用です。モデルを起用する際は、モデルの出演料やヘアメイクの人件費などもかかります。

機材費はカメラや照明などの機材費用です。制作会社がどのようなグレードの機材を使うかで費用は大きく変わります。

このように、ブランディング動画の作成にはまとまった予算が必要です。ただし、月額制で動画制作をできる会社もありますので、まとまった資金の捻出が難しい場合には、月額制の制作会社がおすすめです。

まとめ

ブランディング動画は、視覚的かつ短時間で多くの情報を届けられるため、商品プロモーションや採用、イベント、社員教育などに活用できます。商品・サービスの価値を正しく把握していれば、競合他社との差別化が可能です。

また、伝えたいメッセージを1つに絞り共感を誘う内容にすれば、視聴者に効果的に訴求できます。ブランディング動画の活用によって、企業のイメージアップや売上が期待できるでしょう。

ここで紹介した内容を参考にして、早速ブランディング動画制作を始めてみてはいかがでしょうか。

自社制作を検討しているなら、動画自動生成ソフト市場シェアNo1の動画制作・編集ツール「Video BRAIN」もご検討ください。VideoBRAINなら素材とテンプレートを入れるだけで動画の制作が可能。テンプレートも豊富で未経験の方でも今すぐ動画制作を始められます。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする