1. TOP
  2. 広告/広報
  3. 動画広告を作成する方法|ツールや制作会社を利用する時のポイント

動画広告を作成する方法|ツールや制作会社を利用する時のポイント

動画広告を取り入れて自社ブランド力を高めていきたいと考えられている方は多いでしょう。効果的な動画広告を作成するためには、作成前にいくつかのことを考えておく必要があります。

また動画の構成パターンも知っておくことで、理想の動画広告に近づけることができるでしょう。

この記事では動画広告作成ツールを使用して、自社制作する方法や動画広告制作会社に依頼する際の要点等も紹介しています。

動画制作に関して初心者の方は、こちらの記事をご参考ください。

動画広告の作成前に考えるべき4つのこと

動画広告を作成する前に考えておくべき4つのことがあります。動画を作ろうと作業を始めた時、制作会社に問い合わせた時にどうしたらいいのか迷わないためにも事前に準備しておきましょう。

動画を作る目的

まずは、広告動画を作る具体的な目的を考えましょう。動画を作ることでどのような効果を期待していますか。

認知拡大、ブランディング、購入促進など、広告を見た人物にどのような影響を与えたいのか考えましょう。目的によって効果的な広告は異なります。

目的がはっきりしていないと視聴者の印象に残りにくく、何を伝えたいのか分からない動画になってしまいます。目的は初めに設定しましょう。

動画で伝えるメッセージ

次に動画で伝えたいメッセージを考えましょう。製品の機能性、セール告知、名前など一番印象に残るようにしたいものはなんでしょうか。

伝えたいことを明確にすると、動画作成時も迷いが少なく、テーマが一貫していて見た人が分かりやすい動画広告を作りやすくなります。

実際に狙ったようにメッセージが伝わるかどうかは配信してからでないと分からないため、数個のメッセージを決めておくとよいとされています。

伝えたいターゲット

次に、動画を視聴して実際に行動を起こしてほしい人は誰なのかを考えましょう。ターゲットは男性か女性か、10代なのか50代なのか、何が好きか、良く使うデバイス、悩みは何かなど様々な設定の仕方があります。

ターゲットを設定すると、サービスや製品に興味を持ってくれそうな人や必要としている人の目に留まりやすくするにはどうしたらいいのかを考えるヒントになります。

動画広告の構成

最後に動画の構成です。どのような人に何を伝えて、どのようなアクションをさせたいのかを念頭に置きながら構成を考えましょう。

中でも冒頭の数秒が肝心だと言われています。見た人に興味を持ってもらうために、先に結論を述べるのがWeb広告では主流です。先ほど考えた配信方法によってもどこに何を持ってくるかなど変化してきます。

動画広告の3つの構成パターン

動画広告には、問題提起型、プロダクトデモ型、ストレートオファー型の3種類の構成パターンがあり、それぞれのパターンによって与える印象が変化します。構成を考えるのが難しく感じる方は参考にしてみてください。

問題提起型

問題提起型は、ある問題に対しての具体的な解決策を提示することにより、クライアントのCTAを促す方法です。実際に何らかの悩みを抱えていて解決したいと思っている相手に効果が期待できる広告です。

(例)あるマッチングサイトの広告

・恋愛に奥手で良い相手に出会えない(問題提起)

・希望条件が合う人を毎月6人紹介(解決策)

・データマッチングで3割が成婚(有用性)

・無料体験実施中(登録への誘導)

プロダクトデモ型

プロダクトデモ型は問題提起をあえて行わずに、製品の優位性と機能を明確に伝える方法です。製品やサービスに他社に負けない強みがある場合におすすめです。このような製品またはサービスが欲しかったと思わせることがポイントになります。

(例)あるファッション通販サイトの広告

・試着ができる通販サイト(製品の紹介)

・自宅で試着、気軽に返品(機能の紹介)

・サイズ交換無料(製品の優位性)

・検索URL(検索への誘導)

ストレートオファー型

ストレートオファー型は問題提起や製品の機能説明をせずにCTAを促す方法です。単純に季節のセールやイベントの告知をしたい場合に有効です。

(例)ある家電量販店の広告

・初売り(呼びかけ)

・音楽を楽しもう福袋(商品紹介)

・冬の快適福袋(商品紹介)

・検索URL(検索への誘導)

動画広告作成ツールで自社制作する場合の要点3つ

現在は外注しなくても動画をつくれるツールがたくさんあります。自社制作する場合、どのようなことに注意するのか、自社制作の良さは何かについて紹介します。

場合によっては自社制作ではなく外注が良いケースもありますので、メリット・デメリットを考慮したうえでよく考えてみましょう。

動画広告作成ツールのメリット・デメリット

動画作成ツールを使って自社で広告動画を作成する場合、生じるメリット・デメリットがあります。

メリットは低コストでできる、作成スケジュールを組みやすい、思い描いたイメージと合ったものを作りやすいなどです。デメリットはクオリティが保証されない、編集用ソフトや撮影機材が別途必要になることがある、社内の人の負担が増えるなどです。

動画広告作成ツールがおすすめのケース

動画広告作成ツールを利用すると、低コスト・短時間で未経験者でも簡単に広告動画を作ることができます。広告に費用をあまり割けない場合や、お試しで動画広告を作成してみたいとき、また、動画作成のノウハウは持っていて、効率をはかりたいときなどにもおすすめです。

自社で制作すると制作者と依頼主との間で発生するイメージの食い違いも起こりにくいです。

動画広告作成ツールでの制作費用

動画広告作成ツールでの作成費用はピンキリです。動画作成ツールソフトやサイトは無料のものもあれば有料のものもあります。

有料のものは買い切りタイプや月払い、年払い等様々で、値段やサービス内容も異なります。値段も無料のものから10万を超えるものまであります。

他に機材などをそろえる必要がある場合、もっとかかります。どこまでやりたいのかを明確にして自社の目的にあったツールを選択しましょう。

動画広告制作会社に依頼する場合の要点3つ

今度は動画広告制作会社に外注する場合の良さや注意点を紹介します。外注は基本的に自社制作よりもお金がかかります。理想どおりの動画に仕上げてもらうために、会社を選ぶポイントを把握しておきましょう。

動画広告制作会社に依頼するメリット・デメリット

動画作成を外注するメリットは、動画作成のプロに任せることができる、機材やソフトを準備する必要がないことなどが挙げられます。

デメリットは、動画広告制作会社にもよりますが、依頼費が高くつく、意思の疎通がしづらいなどが挙げられます。

動画広告制作会社がおすすめのケース

動画作成ツールを利用しても、外注した場合と同じかそれ以上にコストがかかる場合や、自社で動画を作成したくない場合、特にこだわりがないがクオリティの高い動画を作りたい場合などにおすすめです。

動画広告制作会社での制作費用

動画広告作成会社に依頼する場合、50万円以下で発注できるところもあれば、300万円以上まで様々です。

50万円以下では、シンプルなアニメーション動画が作れます。300万円以上になると、モデルの選定やカメラワーク、雰囲気など細部にこだわった演出のある広告を依頼することができます。

自社目的と予算を考慮して適切なサービスを提供してくれる動画広告制作会社を選びましょう。

動画広告配信後はPDCAを意識する

動画制作・配信まで終えたら、今度は狙った成果が出たかどうかを分析しましょう。動画広告の目的、施策したことをもう一度振り返って、結果どうなったか、良かった点・改善点などを洗い出してみましょう。

結果を分析する際に参考になる数値があります。その数字も見ながら、配信したタイミングや、広告の内容なども見直して次に出る行動を考えましょう。

閲覧数や視聴率をチェックする

閲覧数や視聴率をチェックして、何人の人が広告を見たり表示させたりしたのか確認しましょう。広告媒体によっても閲覧・視聴回数のカウントのされ方が異なるため、仕様も確認したうえでデータを読み取りましょう。

たとえばYouTubeの場合は視聴者が30秒以上広告を流した場合又は、クリックした場合にのみカウントされます。

ユーザーの反応をチェックする

また、視聴回数や閲覧回数だけでなく、動画を視聴したユーザーがどのような行動をとったかもチェックしましょう。

途中で離脱している人数、どのタイミングで離脱したか、サイトにアクセスした人数、最後まで動画を視聴した人数など様々な指標があります。視聴回数が少ない場合、配信方法や広告の冒頭に問題がある可能性が高いです。

動画広告を作成して自社ブランドのブランド力を高めよう

以上、動画広告の作り方やポイントについてご紹介しました。動画はサービスの魅力を伝えたりブランディングをするに当たってとても有効な手段です。

動画の自社制作を検討しているなら、動画自動生成ソフト市場シェアNo1の動画制作・編集ツール「Video BRAIN」もご検討ください。VideoBRAINなら素材とテンプレートを入れるだけで動画の制作が可能。テンプレートも豊富で未経験の方でも今すぐ動画制作を始められます。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする