1. TOP
  2. ブログ
  3. 動画制作
  4. 動画広告の制作費用相場とは?制作費を安く抑える方法を紹介

動画広告の制作費用相場とは?制作費を安く抑える方法を紹介

動画広告の制作費用は動画の内容によって大きく変わり、費用が安い動画は数万円から制作可能ですが、中には300万円をかけて作る場合もあります。

企業としては制作費を安く抑えたいところですが、費用と質は比例しやすいため、値段が安いと質が落ちる可能性が高いです。

そこでこの記事では、制作費を抑えて動画広告を作る方法について紹介します。コストを削減しながら動画を作成するコツを知ることで、企業の負担を下げて効率のいい動画作成が可能になるでしょう。

動画広告の制作費は目的・用途によって大きく異なる

動画広告の制作費は一律ではなく、目的や用途は商品・サービス紹介や採用動画などで異なるため、制作する内容で価格が変動します。

動画を制作する工程は企画・制作・編集の3つに分かれており、それぞれ必要な費用が変わるため一律の制作費で費用を請求できません。

制作費用は動画広告の内容次第になるため、企画から編集までの工程ごとに費用を計算する必要があります。

動画広告の制作費用を決める要素

動画広告の制作費用を決める要素は以下の4つです。

・制作に関わる人数
・制作にかかる時間
・機材・キャスティングの有無
・シナリオの作成

動画制作は質にこだわるほど費用がかかる仕組みです。出演者・制作スタッフ・スタジオ・機材・編集など制作費用や制作期間の長さで費用が増えます。

ただし、必ずしも動画の質と費用が比例するわけではないので、動画広告の目的と用途を明確にする必要があります。そのため自社と制作会社の動画のイメージの共有と、制作時の見積もりが重要です。

1)制作に関わる人数

動画広告は、制作する際に関わる人数によって費用が変動します。企画・撮影・編集の中でも、とくに撮影は多くの人数が必要になる可能性が高いです。

例えば、カメラマン・出演者・照明・メイクなど、撮影する内容によって制作の関係者が増えます。他には企画や編集も依頼する企業やクリエイターによって、高額な費用になる可能性が高くなりやすいです。

2)制作にかかる時間

動画を制作する期間は1~3ヶ月以上かかります。また企画の準備期間があるため、制作費用よりも日数がかかることになるでしょう。

撮影の期間が長くなるほど人件費が増えるので、企画段階で入念にスケジュールを立てて工程ごとに撮影を行います。

ちなみに撮影時は撮り直しにならないように立ち会いを行い、自社と制作会社によるシーンの確認が必要です。

3)機材・キャスティングの有無

撮影の機材やキャスティングによって費用が変動します。機材はカメラ・モニター・照明機材などが必要になり、キャスティングは出演者を決めるための工程です。

動画広告の内容によっては使わない時もありますが、質の高い動画を制作する場合は、多くの機材やキャスティングが必要になる可能性が高いです。

4)シナリオの作成

シナリオは動画広告の展開を決めるための台本です。台本には出演者やナレーションの台詞などの文章だけでなく、情景や動きがわかる絵コンテを添えて作成されます。

動画広告はシナリオに沿って作成されるので、時間の短い動画でもシナリオは必須となります。

各動画広告の制作費用相場

動画広告の制作費用の相場は制作会社に依頼すると10~300万円と幅広いです。出演する役者・クリエイター・撮影機材・スタジオ代など、動画の質にこだわるほど費用が増えます。

なるべく値段だけで決めることは避けて、制作実績や評判などを考慮して依頼先を決めることをおすすめします。

1)会社紹介動画

会社紹介動画は10〜200万円で制作可能です。社員のインタビューや社内風景などが中心の動画になるほど費用が安く、コンセプトを紹介するイメージ中心の内容になると高額な費用になります。

画像素材のみで制作する場合は10万円前後で制作でき、プロの演者や必要機材によっては200万円近くの高額な費用になります。

2)採用動画

採用動画は50〜200万円の予算が必要です。社員が勤務する様子を中心の動画は費用を抑えやすく、企業のイメージを宣伝する部分が多くなるほど費用が増えます。

採用は社員のインタビューなど、実際に働く人からの意見が求められるので、プロの演者よりも社員を出演させることをおすすめします。

3)ブランディング動画

ブランディング動画は100〜300万円で制作ができ、200万円前後で制作を依頼する企業が多いです。

イメージ中心の映像になる場合が多いので、キャスティング・撮影場所・撮影機材などの費用がかかります。ブランディング動画は制作が難しく、商品やサービスの印象を左右してしまうため、自社での制作は避けたほうがよいでしょう。

4)商品・サービス紹介動画

商品・サービス紹介動画は10〜100万円で制作可能です。広告画像のスライドショーなどの動画は費用を抑えやすく、プロの演者使わずに紹介動画を作成できます。

平均相場は30~50万円前後です。プロの役者の出演や他の商品とのコラボ動画などは高額になりやすく、200万円以上かけてブランディング動画に寄せた内容にすることも可能です。

5)マニュアル動画

マニュアル動画は20〜50万円の費用で制作できます。商品やサービスの説明が中心なので、撮影が終わったあとの編集や音の調整が重要です。

平均相場は20~30万円前後です。わかりやすさを重視して作成するには、ナレーションを加える場合がありますが、マニュアル動画は比較的安価に作成しやすい動画といえます。

6)セミナー動画

セミナー動画は10〜50万円で制作可能です。講演する人の撮影が中心なので、機材や編集費をかけずに依頼できます。

平均相場は20万円前後です。セミナー会場が遠方にある、もしくは大規模な会場で行われる場合は人件費や機材費がかかります。他にはDVDやブルーレイの作成の費用で、1~5万円前後の費用が必要です。

7)Web広告用動画

Web広告用動画は10~200万円で作成できます。料金相場は20~50万円で動画が作成されることが多いです。

ただしフリー素材や画像広告のスライドショーなどで、短い動画を作成した場合は10万円前後で動画を作成できるでしょう。

動画広告の制作費を安くおさえる方法

動画広告の制作費を安くおさえる方法は以下の4つです。

・工程別で依頼する
・動画クリエイティブの時間を短くする
・アニメーション動画を用いる
・外注先を複数検討する

動画を作成する際は自社で制作できる部分を請け負うことが重要です。動画制作は各工程に費用が設定されているため、担当できる部分を増やすことで費用を抑えられます。

1)工程別で依頼する

動画作成の工程を省くことで費用を抑えることが可能です。企画・制作・編集のすべてを依頼すると高額な費用になるので、自社でシナリオの作成や動画や素材を集めるなどで制作費を安くできます。

2)動画クリエイティブの時間を短くする

基本的に動画の時間が長くなるほど費用が増えます。そのため企画の段階で撮影シーンを減らすと、動画クリエイティブの時間が短くなり、制作費の削減が可能になるでしょう。

例えば撮影シーンをカットすると制作費全体見直しにつながり、シナリオから撮影場所や出演者など工数から費用を削減しやすくなります。

3)アニメーション動画を用いる

アニメーション動画は実写の動画に比べて、人件費や機材費などがかからないため費用を抑えることができます。制作費の安い制作会社だと、10万円程度で作成することが可能です。

ただ制作会社によって絵柄や表現方法が異なるため、作りたい動画広告に適していない場合があるので注意が必要です。

4)外注先を複数検討する

動画広告の制作を依頼する時は、複数の会社の比較検討を行いましょう。なぜなら制作会社によって費用が異なるため、動画の質が同じでも安く抑えられる場合があるからです。

ちなみに広告代理店に制作を依頼すると、制作費用に手数料が上乗せされることで、見積もりの費用が高くなりがちです。ただし制作会社に直接の依頼を行うと、動画の1本あたりの金額が高くなる可能性も考えられます。

5)制作・編集を内製化する

自社で動画を作成をするにあたって、費用や学習コストをかけたくないという方もいるでしょう。

まずは動画編集について学びたい方は、無料のツールからどのくらいの学習コストや工数がかかるかを試してみると良いでしょう。

企業で動画制作の費用や工数を抑えて自社のリソースに合わせたハイクオリティな動画を作りたいという方には、初心者でも質の高い編集ができる「Video BRAIN」がおすすめです。

Video BRAIN」には、商品サービス紹介や施設紹介など、シチュエーションに応じた動画テンプレートが豊富に用意されています。そのため、わざわざ自分の表現したいシーンを一から考える必要がありません。自分が表現したい動画編集の理想に合ったテンプレートが見つかりやすいので、編集をスムーズに進められるでしょう。

さらにプロが使うような「ナレーション自動生成」「アニメーション」「タイムライン」などの機能も充実しており、パワポ感覚での操作と多彩な動画の表現が可能です。

他のツールとの大きな違いとして、企業向けのサービスのため動画活用の初心者でも安心して利用ができるようにカスタマーサポートが専任で付きます。また毎月使いづらさやUIの改善、新機能のアップデートなどが定期的にあります。

動画広告の外注先は「求める質」と「費用」で決めよう

制作会社によって作成できる動画の質が異なるため、イメージに近い動画の制作実績がある企業を選ぶことが重要です。もちろん制作だけでなく、動画配信後に成果を上げているかどうかも考慮する必要があります。さらに質の高さや動画の長さによって制作費が増えるので、予算と相談しながらコストを削減しなければなりません。

ただし外注で高額な費用をかけて動画を作成しても、効果が出ずに制作費を回収できない可能性もあります。制作会社へ依頼するだけでなく、社内のリソースと相談しながら「Video BRAIN」など、簡単に内製化できる動画編集ツールの導入も合わせて検討することをおすすめします。


 

この記事をシェアする