1. TOP
  2. ブログ
  3. YouTube
  4. YouTubeの目次「チャプター機能」の設定方法をわかりやすく解説

YouTubeの目次「チャプター機能」の設定方法をわかりやすく解説

YouTubeは、長時間の動画を投稿でき、各動画のテーマに合わせて詳しく情報を配信することができます。

デメリットとして、欲しい情報だけスキップするなどで知りたい人にとって、長尺の動画知りたいポイントが分からずストレスに感じることも多いでしょう。

そこで活用したいのがYouTubeの目次「チャプター機能」です。チャプター機能を使うことで本の目次のように動画の内容がひと目でわかり、視聴者がほしい情報がすぐに手に入ります。結果的に視聴者の利便性が高まり、チャンネルに好印象を持ってもらえるでしょう。

今回は、YouTubeの目次「チャプター機能」の設定方法や、うまく設定できないときの対処方、チャプター機能のメリット・デメリットなどをわかりやすく解説します。

 

YouTubeの目次「チャプター機能」とは

YouTubeの目次「チャプター機能」とは、YouTube動画の内容に応じて目次を設定し、目的の動画再生時間までジャンプできる機能です。

YouTube では動画の説明欄(概要欄)やコメント欄に、指定した時間から動画が始まるように目次リンクを付けることが可能です。このような時間を指定したしたリンクは「タイムスタンプ」と呼ばれています。また3つの条件をクリアしたタイムスタンプを使用するとチャプター機能が利用できます。

テキスト, 手紙

自動的に生成された説明

引用:YouTube Creators 公式チャンネル

このように、動画の概要欄に表示された時間をクリックすることで、目的の動画再生時間のタイミングまでジャンプできます。

目次は、動画の再生時間を示すシークバーにも反映されます。

YouTubeアプリでは各チャプターのカードが一覧で表示され、より直観的に動画の内容を把握することができます。

 

参照: Google公式 動画チャプター機能の利用方法

参照:Google公式 動画にカードを追加する方法

 

YouTubeの目次「チャプター機能」をつくる方法

YouTubeの目次「チャプター機能」をつくる方法はふたつあります。

ひとつは、YouTubeの自動チャプター生成機能を利用することです。パソコン版の YouTube Studioから設定が可能で、動画の編集画面にある[チャプターの自動生成を行う(利用可能な場合)]にチェックを入れます。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, テキスト, アプリケーション

自動的に生成された説明

この方法ではYouTube 側の判断によってチャプターが生成されるため、動画によってはチャプターが付かない場合があります。

もうひとつの方法は、動画の概要欄にチャプターの内容と動画再生時間を入力する方法です。特別な設定は必要なく、動画再生時間と動画の内容を概要欄に入力するだけなのでとても簡単です。

図形

中程度の精度で自動的に生成された説明

チャプターは、時間が最初に来なくても、見出しと時間が記載されていれば機能します。

図形

中程度の精度で自動的に生成された説明

概要欄に時間と見出しを入力した状態では、チャプターをクリックすることはできませんが、動画をアップすると自動的に時間の部分が青く表示され、クリックできるようになります。例えば、「1:25」をクリックすると、動画が1分25秒から再生されます。

テキスト, 手紙

自動的に生成された説明

シークバーにも目次が反映されます。

 

YouTubeの目次「チャプター機能」をつくるときの注意点

チャプターがうまく機能しないときは、次のふたつのポイントを確認してみましょう。

1. 目次は「0:00」から始める

0:00を入れないと目次が機能しません。

テキスト, 手紙

自動的に生成された説明

2. 数字は半角を使用する

全角が混ざっていると目次が機能しません。

テキスト

自動的に生成された説明

 

YouTubeの目次「チャプター機能」を設定するメリット

簡単に設定できるYouTubeの目次「チャプター機能」には、視聴者とクリエイター、どちらにもメリットがあります。

 

動画の視聴効率が上がる

チャプターを設定すると、視聴者が求める情報が動画のどの部分に入っているのかがひと目でわかり、視聴効率が向上します。また、すでに視聴した部分をもう一度見たいと思った場合や、目的のパートが動画の後編にある場合も、チャプターがあればワンクリックで目的の動画視聴時間にジャンプすることが可能です。

ユーザビリティが向上することにより、チャンネルに対する視聴者の評価が上がり、チャンネル登録などのエンゲージメントにつながりやすくなります。

 

YouTubeの検索に引っ掛かりやすくなる

YouTubeのキーワード検索では、動画概要欄に記載されているキーワードも検索対象になります。そのため、目次にキーワードを盛り込むことで、YouTube検索の際、上位に表示されやすくなるという効果が期待できます。

 

Youtubeチャンネル運用やVSEO対策のお役立ち資料をダウンロード頂けます

動画広告やYoutubeチャンネルを運営するときには、目的に合わせて適切なKPI設定や対策をすることが重要です。

現実離れした「半期で登録者100万人を達成する」といった目標を立てた場合、改善のサイクルや社内指標とのギャップを招く恐れもあります。

必ず抑えておきたい「YouTubeチャンネル運用のポイント」をご覧頂けます。

これからYouTube広告やチャンネル運営を検討されている方や効果的なKP指標や運用に課題をお持ちの方はぜひ参考にしてください。

 

 

YouTubeの目次「チャプター機能」を設定するデメリット

ユーザビリティを大きく向上させるチャプター機能ですが、クリエイターにとってはデメリットになる場合もあります。

 

視聴時間が短くなる

チャプターがあることで、視聴者は動画から目的のパートを瞬時に見つけることができますが、そのぶん一回あたりの視聴時間が短くなってしまう可能性があります。クリエイターの立場になると、心を込めてつくった動画を最初から最後まで楽しんでほしいという思いもあるでしょう。

 

動画制作前にチャプター分けを考えておく必要がある

チャプターをまったく意識せずに動画制作を始めてしまうと、後からうまくチャプター分けできない場合があります。特に、1時間以上の長編動画の場合はチャプター付けが大変になるため、後からチャプターを付けることを意識し、構成を考えてから動画制作に取り掛かりましょう。

 

YouTubeの目次「チャプター機能」を設定してユーザビリティを向上させよう

今回は、YouTubeの目次「チャプター機能」の設定方法や、うまく設定できないときの対処法、チャプター機能のメリット・デメリットなどをわかりやすく解説しました。

チャプター機能の設定は、クリエイターと視聴者双方にメリットがあります。簡単に設定できるため、YouTubeに動画をアップする際はぜひチャレンジしてみてください。

 

YouTube動画を手軽に制作するには?

「YouTube動画を制作したいけど、予算が…」

「動画を作成できるスタッフが社内にいない」

こんな悩みを抱えている方は、動画編集ツールのVideo BRAIN(ビデオブレイン)を活用したYouTube動画制作の内製化を検討してみましょう。Video BRAINなら予め用意された動画テンプレートが1,800以上用意されており、初心者でも企画なしで利用シーンに合わせた動画制作・編集を簡単に行うことができます。YouTube動画制作の内製化に興味がある方は、Video BRAINの導入を検討するのもアイデアのひとつです。


手軽に高クオリティの動画を作るなら「Video BRAIN」

  1. 予め用意された動画テンプレートが1,800以上用意されており、初心者でも企画なしで利用シーンに合わせた動画制作・編集が簡単
  2. 商用で利用できる著作権フリーの画像、動画、BGMも素材サービスと連携しており、素材撮影や編集にかかる工数を大幅に削減
  3. 最大60分の長尺の動画作成と書き出しができ、クラウド編集のためパソコンのスペックに依存せずに編集が可能
  4. 一般的に使われてるMP4だけでなく、「MOV」「パワーポイント」「GIFアニメーション」など多様な書き出し形式に対応した独自機能
  5. 入力したテキストから、音声データに自動でナレーションを生成する機能や各シーン毎に効果音、BGMの編集が可能
  6. 「タイムライン」などの動画編集のプロが使う機能を誰でも簡単に使えるため、表現の自由度が高い

これから動画活用を始めたいと思っている方や、動画編集や配信後の効果的な施策に悩んでる方は是非Video BRAINの導入をご検討ください。

この記事をシェアする