1. TOP
  2. ブログ
  3. YouTube
  4. YouTube広告の作成方法を徹底解説!依頼費用の相場やポイントもあわせて紹介

YouTube広告の作成方法を徹底解説!依頼費用の相場やポイントもあわせて紹介

「YouTube」は20億人のユーザーと世界100地域、83言語以上に対応しているグローバルプラットフォームです。気軽に動画を視聴できるサービスとしてもYouTubeは注目を集めています。日本国内だけでも月間6,500万人もの視聴者を抱え、全世代の利用率は70%を超えています。

Googleが行った調査によると、1,500万人以上がテレビでもYouTubeを視聴し、スマートフォンやタブレット以外の媒体を使う人も増加しています。また、テレビを見るユーザーの約半数が「家族やパートナーとも視聴する」と回答しており、視聴形態も変化していることがうかがえます。

数多くの利用者が存在し、視聴形態も多様であることから、企業はYouTubeを広告出稿の場として積極的に活用しています。

現在、YouTube広告に興味があるという企業の方も多いかと思います。しかし、同時に「広告の作成方法が分からない」とお悩みではありませんか。

そこで、この記事ではYouTube広告の作成方法や費用、作成の際のコツについて解説します。

 

参考:月間 6,500 万ユーザーを超えた YouTube、2020 年の国内利用実態──テレビでの利用も 2 倍に
(https://www.thinkwithgoogle.com/intl/ja-jp/marketing-strategies/video/youtube-recap2020-2/))

 

参考:令和2年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書
(https://www.soumu.go.jp/main_content/000765135.pdf)

 

 

動画活用のポイントや相場のお役立ち資料をダウンロード頂けます

静止画では伝わりづらい商品・サービス紹介の伝達、採用活動の効率化、業務マニュアルの資産化など、様々なシーンでの活用が増えています。

動画活用をこれから始める場合、制作会社や代理店の選び方、依頼時にコストや納期に影響する見積もり時の工程、内製化を検討するときの編集ソフトの選び方など、自社にとって最適な運用をするために検討すべきことが多いと思います。

動画活用を始める前に必ず抑えておきたい「動画制作のポイント依と依頼相場」をご覧頂けます。

これから動画活用を検討されている方やもっと動画制作や編集に課題をお持ちの方はぜひ参考にしてください。

 

YouTube広告を作成する方法

まずはYouTube広告用の動画を作成する方法について解説します。

目的を決める

最初に動画の目的を定めることが重要です。最終的に動画を通して何を成し遂げたいのかを決めなければ、コンテンツの方向性が決まらないからです。方向性があいまいな状態で動画を制作しても、視聴者の心に響かず、効果が低くなってしまいます。

YouTube広告を用いて何を達成したいのか念頭に置き、「視聴者をLPへ誘導し、サービスの売り上げをアップさせたい」「自社サイトの会員登録数を増やしたい」など目的を明確にしましょう。

動画の構成を決める

広告動画のコンセプトを決めた後は、動画の構成を決めましょう。

動画の構成を決めておくことでスムーズに撮影や編集が進み、動画制作にかかる手間や時間を減らすことができます。構成は事前にしっかり決めておきましょう。

構成を決める際には、以下の4点を決めておくと効果的です。

・誰が出演するか
・ストーリーはどのような展開にするか
・動画の長さ
・BGM

この4つをあらかじめ決めることで、動画の全体像が把握しやすくなります。

撮影・編集する

動画の構成を決めた後は、撮影と編集の作業に入ります。構成に沿って撮影を行い、動画編集ツールを使って動画を編集しましょう。

これにて、動画広告の作成が完了します。

 

YouTube広告を外注で作成する方法

ここまでは、YouTube広告の動画を作成する方法を解説しましたが、ノウハウがないと効果のある動画に仕上がらない場合も。そこで、YouTube広告を外注で作成する方法について解説します。

動画制作会社に依頼する

まず、動画制作会社に依頼する方法があります。

ノウハウを持った動画制作のプロ集団が作成するので、クオリティの高い動画広告が完成します。ただし、外注する本数が多くなると、多額の費用が発生するのがデメリットです。

個人に依頼する

個人のフリーランサーに依頼するのも一つの手です。

個人に依頼するメリットは、費用が安いことや納期を短くできることが挙げられますが、誰に依頼するかでクオリティが大きく変わります。また、料金も高額になる場合があり、思っていたほど費用を安く抑えられないかもしれません。

動画制作を内製化する

外注する予算がなければ、動画制作を内製化する方法もあります。

外注費を抑えられるので、低予算でも動画広告を制作できます。また、自社の事業を理解している社員が制作を行うので、訴求ポイントを抑えた動画が期待できるでしょう。

ただし、動画編集や撮影などのスキルが必要になります。とはいえ、継続的に質の高い動画を制作できるので、長期的に成果を出すには効果的です。

動画制作の内製化なら「Video BRAIN」

「Video BRAIN」は、プロが使うような編集機能を誰でも簡単に動画を作ることができる動画制作ツールです。

 

YouTube広告の作成にかかる費用

YouTube広告動画の制作は、さまざまな費用が発生します。ここでは、YouTubeの動画広告作成にかかる制作段階ごとの費用の違いや、内訳について解説します。

費用は動画内容によって異なる

YouTubeの広告動画制作費用は、撮影する内容によって変わってきます。以下の表で内容別の広告制作費用の相場をまとめているので、ぜひ参考にしてください。

動画制作のプロセス費用の相場
企画構成5〜30万円
撮影5〜25万円
編集5〜25万円
BGM制作5〜10万円
動画内容費用の相場
Webムービー制作30万円〜
会社紹介のPR50万円〜
インタビュー動画5万円〜
セミナーやイベント撮影20万円〜

参考:動画制作の費用相場はいくら?企業の動画制作を外注した場合の費用詳細は?
(https://crevo.jp/video-square/topic/20201223/)

また、求めるクオリティによっても大きく変わります。

 

YouTube広告を作成する際のポイント

YouTube広告の動画作成の手順や費用について紹介しましたが、闇雲に広告を制作しても効果は薄くなります。

ポイントを押さえ、効果的な動画に仕上げることが重要です。ここでは、YouTube広告動画を作成する際に気をつけるポイントについて解説します。

どのフォーマットで配信するか事前に決める

YouTubeの広告にはいくつか種類があり、それぞれ違う特徴を持っています。正しい種類を選択すると訴求力がアップするので、事前に決めておきましょう。

YouTube広告のフォーマットは以下の通りです。

広告フォーマット特徴表示される媒体仕様
スキップ可能な広告広告が5秒再生された後にスキップ可能パソコン、モバイルデバイス、ゲーム機、テレビ動画プレイヤー内で再生を行う
スキップ不可の広告最後まで視聴しなければならないパソコン、モバイルデバイス、ゲーム機、テレビ15〜20秒が標準で、動画プレイヤー内で再生
バンパー広告最長6秒のスキップできない広告パソコン、モバイルデバイス、ゲーム機、テレビ動画プレイヤー内で再生を行う
オーバーレイ広告オーバーレイの画像広告またはテキスト広告が、動画の再生画面の下部 20% に表示パソコンのみサイズは 468×60 または 728×90 ピクセル

参考:YouTube の広告フォーマット
(https://support.google.com/youtube/answer/2467968?hl=ja)

それぞれの特徴をふまえ、目的に応じた広告を選択しましょう。もしも決めるのが難しければ、いくつかのフォーマットで配信を行い、最も効果があったものを選択するのも一つの手段です。

ターゲットを明確にする

広告フォーマットを決めたら、次は広告を訴求するターゲットを決めます。

ターゲットを明確にすることで、より商品やサービスに興味のあるユーザーにアプローチでき、広告の訴求力がアップします。

たとえば、下記のフィットネスクラブの宣伝動画は「運動不足やスタイルに悩みを抱えている人」にターゲットが絞られており、運動したい人やスタイルを整えたい人に効果的に訴求できています。

「どんな顧客が自社商品やサービスを利用するか」を考え、ターゲットを絞り込みましょう。

ターゲットを決めるには、以下のような項目を設定します。

・年齢
・性別
・居住地
・年収
・職業・興味のあるコンテンツ

「20~30代男性で東京在住・営業職」など細かく設定すると、より商品やサービスに興味のあるユーザーに絞って訴求できます。

 

パターンを複数作成して効果を検証する

YouTube広告動画を成功させるためには、いくつかパターンを用意しておきましょう。効果検証して、より効果の高い形式の動画を判断するためです。

「社員が商品紹介をする動画」や「漫画を使ってストーリーで説明しながら商品を紹介する動画」など、さまざまなパターンを作成しましょう。ただし、闇雲に動画を量産しても、訴求力は低くなってしまいます。

広告をスキップされても内容が伝わるよう、冒頭の5秒に要点を詰め込んだり、インフルエンサーを起用したりするなどの工夫が必要です。

YouTubeに広告を出稿した後は、どのくらいコンバージョンが出たかを分析しましょう。

効果分析は「YouTube Studioアナリティクス」を使うのがおすすめです。無料で利用でき、動画の再生時間やシェア数、年齢層の傾向がわかるので、細かく動画を分析し、配信パターンの改善に役立ちます。

 

まとめ:YouTube広告で成果につなげよう

YouTubeの広告動画は日本国内で最も視聴されており、さまざまな視聴者に自社商品やサービスの宣伝を行うことができます。

制作する費用や時間を考慮した上で、どのような体制で作成するのか決めましょう。また、動画を作る際には、YouTube広告のフォーマットやターゲットを事前に決めておくことが重要です。

もし動画を内製して制作する場合、動画編集スキルやマーケティングの知識が必要になります。ノノウハウのある人材が社内にいないと、効果的な広告を作成するのは難しいでしょう。

そんな悩みを抱えている方々におすすめなのが、動画編集ツールの「Video BRAIN(ビデオブレイン)」です。

 


手軽に高クオリティの動画を作るなら「Video BRAIN」

  1. 予め用意された動画テンプレートが1,800以上用意されており、初心者でも企画なしで利用シーンに合わせた動画制作・編集が簡単
  2. 商用で利用できる著作権フリーの画像、動画、BGMも素材サービスと連携しており、素材撮影や編集にかかる工数を大幅に削減
  3. 最大60分の長尺の動画作成と書き出しができ、クラウド編集のためパソコンのスペックに依存せずに編集が可能
  4. 一般的に使われてるMP4だけでなく、「MOV」「パワーポイント」「GIFアニメーション」など多様な書き出し形式に対応した独自機能
  5. 入力したテキストから、音声データに自動でナレーションを生成する機能や各シーン毎に効果音、BGMの編集が可能
  6. 「タイムライン」などの動画編集のプロが使う機能を誰でも簡単に使えるため、表現の自由度が高い

これから動画活用を始めたいと思っている方や、動画編集や配信後の効果的な施策に悩んでる方は是非Video BRAINの導入をご検討ください。

この記事をシェアする