1. TOP
  2. ブログ
  3. YouTube
  4. YouTubeの動画制作の料金は?依頼方法や安くする方法も紹介

YouTubeの動画制作の料金は?依頼方法や安くする方法も紹介

近年、コロナ禍の影響でYouTubeの視聴者増加に伴い、商品やサービスの宣伝をYouTubeで行う企業が増えています。この流れを受けて、自社でもYouTubeを利用するか検討している方もいるのではないでしょうか。

しかし、実際に動画制作を依頼する場合、料金がいくらかかるか疑問に思いますよね。そこで、この記事では、YouTubeの動画制作にかかる料金や制作料金を安くする方法を解説していきます。

依頼方法も解説していますので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

  

YouTubeの動画制作の料金相場

YouTubeの動画制作をする工程は大きく分けると、企画、撮影、編集、音楽、ナレーション入れの4工程あり、それぞれ料金が異なります。

順番に確認してみましょう。

 企画

企画費の相場は5万円~15万円前後になることが多いです。

YouTube動画の場合は平均で3分前後の動画が多く、長くても10分以内の動画がほとんどです。

そのため、本格的な企画書は必要ない場合も多く、多額の費用はかかりません。

 撮影

撮影費の相場は3万円~10万円前後になることが多いです。

プロモーションビデオの撮影であれば、カメラマン、照明、音声、アシスタントなど、たくさんのスタッフが必要で撮影も長時間になりますので撮影費用も高額になります。

YouTube動画の場合は1時間~6時間ほどの短時間で撮影が終わり、大がかりな撮影セットも必要ありません。また、撮影に関わるスタッフも1人~2人で済みます。

そのため、そこまで高額な費用はかからず、3万円~10万円前後になることがほとんどです。

 編集

編集費用は3万円~6万円前後になることが多いです。

YouTube動画ではモーションや演出の少ないシンプルな編集をすることが多いので、そこまで高額な費用はかからず、3万円~6万円前後になることがほとんどです。

 音楽やナレーション入れ

音楽やナレーション入れの費用は3万円~8万円前後になることが多いです。

YouTube動画では無料の音源やナレーションを使う事が多く、そこまで高額な費用はかからず、数万円で済みます。

 

動画活用のポイントや相場のお役立ち資料をダウンロード頂けます

静止画では伝わりづらい商品・サービス紹介の伝達、採用活動の効率化、業務マニュアルの資産化など、様々なシーンでの活用が増えています。

動画活用をこれから始める場合、制作会社や代理店の選び方、依頼時にコストや納期に影響する見積もり時の工程、内製化を検討するときの編集ソフトの選び方など、自社にとって最適な運用をするために検討すべきことが多いと思います。

動画活用を始める前に必ず抑えておきたい「動画制作のポイント依と依頼相場」をご覧頂けます。

これから動画活用を検討されている方やもっと動画制作や編集に課題をお持ちの方はぜひ参考にしてください。

 

YouTubeの動画制作を依頼する前の準備

動画を依頼する前に「目的」「予算」「納期」の3つは前もって決めておきましょう。

上記の3つが決まっていないと、制作会社を選ぶ基準が分からず失敗する恐れがあるので注意してください。

目的を決める

動画を作る目的は必ず決めるようにしましょう。

目的を決めることで戦略が明確になり、効率よく成果を出すことができます。

動画を作る目的は大きく分けると「認知拡大」「販売促進」「ブランディング」の3つに別れます。

「認知拡大」は社名や商品を多くの人に知ってもらうことが目的です。「販売促進」の場合は商品の売上アップが主な目的となります。

「ブランディング」では、イメージ浸透化が主な目的です。商品やサービスのブランディングを行う場合、顧客に商品やサービスのイメージを形成することを狙います。また、採用の場合、自社イメージの形成を狙います。

「何を達成したいか」を念頭に置き、自社で達成する目標を決めましょう。

予算を決める

予算も事前に決めておきましょう。

予算を事前に決めることで、「何本製作依頼できるか」「どの程度のクオリティの動画が完成するか」が分かります。

ざっくりでいいので見積もっておきましょう。

納期を決める

納期も事前に決めておきましょう。

納期をあらかじめ決めておくことで、余裕をもって動画広告を打ち出すことができます。

修正が発生することを想定して余裕のある納期を設定しましょう。

YouTubeの動画制作を依頼する方法

ここからはYouTubeの動画制作を依頼する方法を見ていきます。

動画制作会社に依頼する

まず、動画制作会社に依頼してみましょう。

動画制作会社はその名の通り、動画制作を専門に行っている会社で、クオリティの高い動画を制作してもらえます。

インターネットで検索するなどして、動画制作会社を探し、依頼してみましょう。なお、動画を依頼する際には、相手に作りたい動画のイメージを伝えることが重要です。YouTubeやTwitterなどのSNSを閲覧し、イメージに合いそうな動画をピックアップしておくといいでしょう。

動画制作会社に依頼する場合、クオリティの高い動画ができる分、料金も高額になるケースがあり、その点は注意が必要です。

フリーランスに依頼する

次に、フリーランスに依頼するのも方法の1つです。

クラウドワークスやランサーズ、ココナラなどのクラウドソーシングサイトを活用すれば、フリーランスに動画制作を依頼できます。

フリーランスに依頼すると安く済む場合も多いですが、クオリティが低いこともあるので注意しましょう。

YouTubeの動画制作料金を安くする方法

続いて、動画制作料金を安くする方法を整理していきます。

外注する範囲を狭くする

まず、外注する範囲を狭くする方法があります。

先ほど説明したように、YouTubeの動画を制作する行程は大きく分けて企画、撮影、編集、音楽、ナレーション入れの4工程です。

この4工程全てを外注すると1本の動画制作だけで十数万円かかる可能性もあります。そのため、工程の一部のみ外注し、残りは自社で内製化することで費用を抑えることが可能です。

コストがかからない動画に変える

コストがかからない動画に変えることも手段の1つです。

具体的には、背景合成のためのスクリーンであるグリーンバックを利用し、スライドショー形式の動画にしてみましょう。

背景映像のために海や山などに移動して撮影をする場合、交通費がかかってしまいます。ですが、グリーンバックで背景を合成することで、現地まで行く必要がなくなりコスト削減につながります。

また、最初から撮影をせずに画像を繋ぎ合わせてスライドショーを作り動画にする方法もあります。

動画のイメージとしては以下のような形です。

撮影を行わないので照明やカメラマンの雇用費などの費用をカットできます。

制作ソフトを導入して自社で内製化する

動画制作ソフトを導入して自社で内製化するのも1つの方法です。

外注する場合は、動画の長さや内容にもよりますが数万円~数十万円の費用がかかります。

ですが、動画制作を内製化すれば動画編集を依頼する費用が必要なくなり、最小限の費用で動画を制作できます。

内製化のメリットについては以下の記事で詳しくまとめています。

 

YouTubeの動画制作の依頼は効率よく行おう

この記事ではYouTube動画制作の料金や依頼方法、制作料金の下げ方を説明しました。

動画制作を依頼する場合、制作する本数が多くなるほど多くの費用が掛かり、数万円~数十万円になることも少なくありません。

外注する依頼する場合は、前もって「目的」「予算」「納期」を決め、質の高い動画を制作してもらえるように準備しましょう。

また、動画制作の依頼は動画制作会社とフリーランスに依頼する2つの方法があります。それぞれのリスクを理解したうえで、どちら依頼するか判断しましょう。

動画制作料金を安くする方法も参考にしつつ、ぜひ動画制作を始めてみてください。

ちなみに、動画制作を始めるなら動画制作ツールを利用するのがおすすめです。中でも「ビデオブレイン」というツールが優秀です。

ビデオブレインはAIが自動で動画編集を行うため、動画とテキストを用意するだけで質の高い動画が完成します。動画制作の知識がなくても簡単に動画が作れるので、ぜひ活用してみてください。


手軽に高クオリティの動画を作るなら「Video BRAIN」

  1. 予め用意された動画テンプレートが1,800以上用意されており、初心者でも企画なしで利用シーンに合わせた動画制作・編集が簡単
  2. 商用で利用できる著作権フリーの画像、動画、BGMも素材サービスと連携しており、素材撮影や編集にかかる工数を大幅に削減
  3. 最大60分の長尺の動画作成と書き出しができ、クラウド編集のためパソコンのスペックに依存せずに編集が可能
  4. 一般的に使われてるMP4だけでなく、「MOV」「パワーポイント」「GIFアニメーション」など多様な書き出し形式に対応した独自機能
  5. 入力したテキストから、音声データに自動でナレーションを生成する機能や各シーン毎に効果音、BGMの編集が可能
  6. 「タイムライン」などの動画編集のプロが使う機能を誰でも簡単に使えるため、表現の自由度が高い

これから動画活用を始めたいと思っている方や、動画編集や配信後の効果的な施策に悩んでる方は是非Video BRAINの導入をご検討ください。

この記事をシェアする