1. TOP
  2. YouTube
  3. YouTube広告は意味がない?期待できる効果や活用方法を紹介

YouTube広告は意味がない?期待できる効果や活用方法を紹介

近年YouTubeは、テレビを越す勢いで広まってきました。テレビよりもYouTubeを見ている時間が長いという人たちも増えてきています。そのため、YouTubeを利用した広告への注目が高まっています。

しかし、YouTube広告はスキップをされたり、画面と閉じられたりと従来の広告と比べると目に留めてもらえない可能性も高く、YouTube広告を出しても意味がないと感じているかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、YouTube広告の問題点や期待できる効果を解説します。YouTube広告を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

YouTube広告が抱える問題点

多くの人が目にする可能性を含むYouTube広告ですが、主に、下記の3つの問題点があります。

YouTube広告の問題点
・最後までの広告を視聴してもらえない
・企業のブランドイメージを損なう可能性がある
・審査に時間がかかるケースもある

しかし、きちんとそれぞれの問題に対応していけば、効果の高いYouTube広告を配信することが可能です。問題点をひとつずつ解説していきます。

広告を見てもらえない

YouTube広告の多くは、5秒間経過するとスキップできる仕組みになっているため、よっぽど興味をひく広告でなければ、視聴者はあっさりスキップしてしまいます。

しかし、言い換えればスキップされないような魅力的なYouTube広告の制作があれば、視聴者か自ら”広告を最後まで視る”という選択をとるということでもあります。ペルソナをできるだけ詳細に設定し、コンセプトが明確な動画制作ができれば購買に繋がる確立は高いでしょう。

企業のブランドイメージを損なう可能性がある

YouTube広告は、基本的に動画の前後や間で強制的に再生されます。しかも、楽しんでいる動画の合間に流れてくるため、YouTube広告の内容によっては、ユーザーに対して不快感を与えてしまう可能性もないとは言い切れません。広告に対してマイナスイメージを持たれると、結果的に商品やサービスのイメージを損なうことも考えられるため注意が必要です。

ただし、強制的な広告再生の短い時間の中で印象に残る広告を流すことができればイメージアップや、知名度を上げるのに最適ともいえます。

審査に時間がかかるケースもある

YouTube広告は、アップしたからといってすぐに流されるわけではありません。広告配信をするための設定を行った後に、GoogleやYouTubeの基準をベースにした審査を受ける必要があります。

基本的には、1営業日以内で審査が完了して配信開始となりますが、YouTube広告の内容によっては審査が長引くことも考えられるでしょう。最悪の場合、不承認になることもあり、せっかく作った広告が意味のないものになってしまいます。この場合、修正を行い再度審査にかけなければなりません。

特に、季節やキャンペーンなど、タイミングが重要な広告を出す場合、審査がスムーズにいかなければ命取りとなります。審査を問題なくクリアするためには、YouTubeで設定されたポリシーを事前にチェックしておくことが大切です。

YouTube広告で期待できる効果

YouTube広告には問題点もありますが、なんといっても利用ユーザー数が多いことは最大の魅力です。印象に残る広告の制作ができればテレビやラジオ、紙媒体では成し得ないような効果に発展する可能性もあるでしょう。

YouTube広告で期待できる効果は主に下記の3つです。

YouTubeで期待できる効果
・企業の認知拡大
・ターゲットを絞って配信できる
・効果がわかりやすい

それぞれの効果について、解説していきます。

企業の認知拡大

YouTubeは、世界中で幅広く利用されている動画プラットフォームです。日本では、18~44歳の3,000万人以上がYouTubeを利用しているといわれています。他の年代も含めると、かなりのユーザーが日本でもYouTubeを楽しんでいることになります。

若者のテレビ離れが叫ばれている昨今、テレビCMよりも効果的に活用できる可能性は高いです。特に、購買意欲の高い18~44歳の目に留まる可能性の高いYouTube広告は、企業の認知拡大に大きく効果を発揮する媒体といえます。

ターゲットを絞って配信できる

YouTube広告の利点は、ターゲットを絞れる点にもあります。YouTube広告では、年齢や性別、暮らしているエリアに加えて興味関心、趣味などといったユーザーの傾向を踏まえたターゲティングが可能です。さらには、過去の視聴履歴や評価履歴を元に、効果が高いユーザーに対して再度広告を配信することもできるため、リピーターを獲得する上でも大変役立ちます。

これらの機能を有効的に使うには、YouTube広告を制作する段階での明確なターゲティングをすることが必要です。ターゲティングがうまくいけば、ピンポイントに広告を打ちながら高い効果を得られる媒体といえるでしょう。

効果がわかりやすい

どの媒体においても、広告の効果を上げていくためには、現状を数値化した上で検証していかなければなりません。YouTube広告では、視聴回数や視聴率のほか、クリック率などの指標を数字でチェックすることができます。

YouTube広告での分析は、プロジェクト内で簡単に共有できるため、次のYouTube広告に向けての対策を打ちやすくなります。テレビCMや紙媒体だと、正確な分析結果を得ることが難しいのが難点ですが、YouTube広告では非常に明確な数字が確認できるため大きなメリットといえるでしょう。

YouTubeの費用対効果は高い?

YouTube広告は、テレビCMや紙媒体のように多額の費用をかけて不特定多数の人に向けた配信とは異なり、低予算で広告を打つことができるのが特徴です。その上で、興味のあるユーザーにリーチできるため、賢く活用できれば、費用対効果は非常に高いといえるでしょう。

しかも、ユーザーの90%はYouTubeで新しい商品を見つけており、さらに40%はその商品を購入したことがあるとの調査結果が出ています。YouTube広告は、出稿するだけでは費用がかかりません。再生時間や回数によって課金されるシステムになっているため、予算設定がしやすいのも特徴です。

予算は1日1円単位で設定でき、一般的な相場は1日1,000円程度ですが、いつでも変更や停止ができるので予算内で自由に調整できます。ユーザーのアクションや予算を踏まえてもYouTube広告の費用対効果の高さが実感できるでしょう。

YouTube広告がおすすめの企業

YouTube広告の特徴を踏まえると、下記の業種はYouTube広告に適しています。

YouTube広告がおすすめの業種
旅行関係/ゲーム/芸能アミューズメント/スポーツメーカー/自転車メーカー/美容関係/健康食品/ファッション/求人・転職/語学学習サービス/クラウドワーキング

旅行やゲームなど趣味に関わる業種は、YouTube広告とベストマッチです。YouTubeの
動画としても非常に人気のジャンルのため、広告内容に興味を示す可能性が高いと考えられます。

続いておすすめしたいのが、ショッピング関係です。特に、美容に関する商品はYouTube広告との相性がよいといわれています。動画内で使用方法や使用感などをリアルに説明できるため、購買意欲を高めることが出来ます。

また、ビジネス関係もYouTube広告向けといえるでしょう。ビジネスに興味がある人は、インターネットを見ている時間が長いことから、YouTube広告にも注目している可能性が高いです。

それぞれの業界における成功事例をご紹介します。

旅行系成功事例:Majestic Heli Ski

美容系成功事例:チョコラBB

ビジネス系成功事例:freee

YouTube広告を作成するときのポイント

YouTube広告を作成する場合、特徴や問題点をふまえて下記の4つのポイントを押さえることが大切です。

意識するポイント 
・コンセプトをしっかりと立てる
・目的に合わせた動画を作る
・5秒で心を掴む動画を意識する
・YouTubeの分析を活用する

中でも、すべての土台となるのがコンセプトであり、YouTube広告を作る上で欠かすことができません。

YouTube広告と一括りにしても、その目的はさまざまです。購買意欲を高めるためなのか、企業ブランドを周知させたいのかによっても動画の内容は変わってくるでしょう。目的が明確であれば、YouTube広告のターゲットとなるユーザーも見えてきます。

そのため、広告を作るコンセプトは、できる限り細かく設定しなくてはなりません。曖昧なコンセプトを立ててしまうと、動画自体もあやふやなものになり意図が伝わらなくなります。何よりも土台作りが大切であることを心がけて、広告制作を進めるようにしましょう。

広告を作りたいなら動画制作サービス

最近は、動画広告を作る企業が増えていることもあり、動画制作サービスも充実しています。YouTube広告を作成するにあたって、動画制作会社に依頼するのもひとつの手段ではありますが、動画制作サービスを活用するとより効果的な広告配信が可能です。

その理由が、スピード感にあります。YouTube広告の成果を高めるためには、分析された情報を元に素早く修正していかなければなりません。動画制作サービスを利用すると、自社での修正が可能であり、貴重なタイミングをしっかり掴むことができます。

また、AIによるサポート機能や独自の分析機能を活かせば、簡単に作業ができる上に、競合他社との差別化を図ることも可能でしょう。制作会社を使用する場合と比べてコストも削減できるため、導入を検討してみるのも良いのではないでしょうか。

まとめ

今回は、YouTube広告の問題点や活用方法についてご紹介しました。新しい広告媒体のため、問題点もありますが、うまく対応していけば今までの広告媒体よりも効果を発揮してくれる頼もしい存在です。賢く活用しYouTube広告は大きな効果するために、しっかりポイントをおさえて企画をしましょう。

また、広告の運用に動画制作ツールを用いることで、広告の効果を確認しながらスピーディーに修正対応を行うことも可能です。物凄い速さで変化していくビジネス広告の世界において、ぜひ導入を検討してみてください。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする