1. TOP
  2. ブログ
  3. YouTube
  4. YouTube広告の付け方は?パートナープログラムの参加条件&申請方法

YouTube広告の付け方は?パートナープログラムの参加条件&申請方法

YouTubeにおいて収益を得るには、広告の設定が必要です。YouTubeへ投稿する動画に広告を付け、アクションを獲得すれば広告収益が獲得できます。

しかしYouTubeで広告を付けるにはいくつかの条件があり、必ずしも設定できるわけではありません。この記事ではYouTubeに広告を付ける方法などを紹介します。広告の付け方や仕組み、収益獲得の方法、さらには動画作成に便利なソフトなどを解説するので、YouTubeでの収益獲得を目指す方や企業におすすめな情報です。

 

企業向けYoutubeやSNS動画広告の活用を詳しくまとめた資料をダウンロード頂けます。ご興味ある方はこちらもご覧ください。

 

YouTube広告の付け方とは?申請が必要?

スーツを着た男性たち

自動的に生成された説明

YouTubeに広告を付けると再生数に応じて収益を得られます。しかし動画を投稿すれば自動的に広告が付くわけではなく、さまざまな設定が必要です。収益化を実現させるには申請手続きも求められます。

この記事でYouTubeにおける広告の付け方や必要な申請などを紹介しますが、その前に基礎的な部分を知っていただくために、まずはYouTube広告の概要を解説します。

YouTube広告とは?

その名のとおり、YouTubeで掲載される広告です。複数の種類があり、自身で好きな広告を設定できます。種類によって収益の発生する条件や広告の形式などが異なるため、適切な種類の選択が必要です。YouTube広告の具体的な種類と収益発生の条件は後述します。

YouTube動画に広告を付けるには、YouTubeパートナープログラムへの参加申請をして受理されなければなりません。パートナープログラムへ参加するには一定の要件達成が必要です。こちらも詳しい内容は後述します。

YouTube広告を付けるとどうなる?

広告を付けると条件達成ごとに収益を得られるようになります。詳しくは後述しますが広告は大きく分けて2種類です。

・再生されるごとに単価として収益が発生する動画形式の広告
・クリックによる成果型広告

設定した広告が再生やクリックされるなどのアクションを得ることで収益が実現します。広告再生数や獲得したアクション数によって収益が大きくなるため、広告設定した動画の再生数が多くなるほど得られる収益も多くなる可能性が高いです。

YouTube広告の付け方(1)収益化の条件をクリアする

ポーズをとる女性たち

中程度の精度で自動的に生成された説明

YouTubeで広告を付けるには、先述したようにYouTubeパートナープログラムへ参加しなければなりません。YouTubeパートナープログラムの参加が実現すれば広告設定が可能になります。パートナープログラムではほかにもクリエイターサポートチームへの問い合わせやコピーライトマッチツールなどの機能が利用可能です。それでは具体的な参加条件を紹介します。

条件1|直近の12か月で動画の総再生時間が4,000時間以上

まずはチャンネル全体における動画がトータルで4,000時間以上再生されている必要があります。少ない本数で4,000時間を達成するのは難しく、なるべく多くの本数をアップするのが効率的です。

4,000時間と聞くと非常に難しいイメージを持つかもしれませんが、決して不可能ではありません。短すぎない時間の動画をある程度の本数投稿し、それなりの再生数を得られれば達成できる時間です。継続的な努力は必要ですが、真面目に取り組んでいれば問題なく達成できます。

条件2|チャンネル登録者数が1000人以上

申請するチャンネルの登録者数が1000人以上という条件があります。こちらが参加条件のなかでもっとも難しいです。動画の再生だけならばユーザーがそれほど労力をかけることなく受動的にできるため、総再生時間4,000時間は継続的な投稿やちょっとした工夫で達成できる可能性が高いです。

しかしチャンネル登録にはユーザーからの好印象獲得とアクションが必要となります。高クオリティな動画の継続投稿だけでなくファン獲得のための戦略も欠かせません。

条件3|18歳以上であること

パートナープログラムは18歳以上という制限があります。こちらは広告収益を得るために連携する「Google AdSense」の条件です。Google AdSenseから支払いを受けるには18歳以上である必要があるため、必然的にパートナープログラムにも18歳以上という条件がついています。

ただしGoogle AdSenseは本人が18歳未満であっても、18歳以上の代理人が報酬を受け取ることが可能です。条件を全て満たしているのに18歳未満という理由で諦めているならば、代理人を立てるのも1つの手です。

条件4|広告掲載に適したコンテンツであること

参加申請が済むと、公開している動画の中に広告掲載に不適切なものがないかチェックされます。具体的には著作権など法律的に問題のある動画・アダルト動画のような社会的に不適切とされる動画・危険行為の撮影など問題のある動画などが不適切な動画とされます。

不適切な動画への広告設定は広告主からのクレームの原因になりやすいです。そのためYouTube側は動画の内容に問題がないかを綿密にチェックします。投稿する動画には注意が必要です。

YouTube広告の付け方(2)パートナープログラムへ参加申請する

窓, 人, 建物, 屋内 が含まれている画像

自動的に生成された説明

紹介してきた参加要件を満たしたらいよいよ申請手続きです。先述したように条件を満たせば自然とパートナープログラムへ参加となるわけではなく、参加申請をして審査を受け、YouTubeから承認を得る必要があります。

パートナープログラムへの参加申請にはいくつかの手順が必要なため、具体的な参加申請方法を手順ごとに解説します。

パートナープログラムへの参加方法

YouTubeパートナープログラムへ参加の申請をする手順は以下のとおりです。

1.YouTubeで動画管理をするページ「YouTube Studio」を開く
2.左側のメニューから「収益受け取り」の項目をクリック
3.参加申請に必要な条件を満たしていれば「パートナー プログラム利用規約を確認する」という表示が出るため「開始」を選択
4.利用規約に同意する
5.2.の段階で「開始」であった部分が「完了」になればOK
6.「Google AdSenseに申し込む」で「開始」を選択
7.Google AdSenseのアカウントがあれば画面の指示に従って手順を進める、なければアカウント作成をする
8.接続が完了し「完了」になればOK

全ての手順が済めば自動的に審査待ちの状態となり、およそ1ヶ月後に結果が出ます。審査結果の確認方法は後述します。

審査結果を確認するには?

審査結果はYouTube Studioの「収益受け取り」メニューで確認可能です。YouTubeパートナープログラムへの参加申請が承認されていれば「収益化の設定」ができるようになっているため、そこから広告設定をおこないます。

残念ながら不承認であった場合も、同じチャンネルで何度でも再チャレンジが可能です。ただし不承認の結果が出てから30日間は再申し込みができない点には注意が必要です。不承認から30日経過後に再び審査の申し込みができる状態になります。

YouTube広告の付け方(3)広告フォーマットを選ぶ

収益化が可能になれば、いよいよ広告設定です。広告は主に以下の6種類に分けられます。

・ディスプレイ広告
・オーバーレイ広告
・スポンサーカード
・バンパー広告
・スキップ可の動画広告
・スキップ不可の動画広告

ディスプレイ広告とオーバーレイ広告は、ページ内に表示され続ける広告です。視聴者の広告クリックにより収益が発生します。

下3つは動画内に差し込まれる動画形式の広告です。バンパー広告は短い6秒程度の動画広告で広告表示のたびに収益が発生します。スキップ不可の広告もバンパー広告と同じく単価性です。スキップ可の動画広告は30秒の視聴またはクリック等のアクションによって広告が発生します。

スポンサーカードは少し特殊で、直接収益を得られるものではありません。こちらは自由なコンテンツを掲載できるシステムで、動画に関係する自社コンテンツ・案件商品の広告などに活用します。

YouTubeの広告収益を受け取る方法

スーツを着た男性

自動的に生成された説明

YouTubeパートナープログラムへ参加し広告が設定できれば、あとは収益の発生を待つだけです。しかし発生した収益は自動で受け取れるわけではなく、受け取り手続きをしなければなりません。また収益受け取りには一定の条件があります。混乱を防ぐためにも、収益の受け取り方を解説します。収益受け取りの条件と手続きに必要なものは以下のとおりです。

収益はいくらから受け取れる?

広告収益の受け取りには最低額が設定されており、その金額は8,000円です。収益残高が8,000円に届いていなければ「支払い基準額8,000円に達しないと設定不可」という表示がされ、受け取り申し込みができません。

8,000円以上の残高があり受け取り可能な状態であれば「お支払い方法を追加」という項目が出るため、そちらで申し込みをします。

なお、収益の最低額は通貨によって異なります。もし日本国通貨以外であれば、通貨ごとの基準額をご確認ください。

広告収益を受け取るために必要なもの

YouTubeにおける収益の受け取り方法は「銀行振込」と「小切手」の2種類です。銀行振込の場合は以下の情報が求められます。

・アカウントのニックネーム
・金融機関名
・銀行コード
・支店コード
・口座種別
・口座番号

手続き完了から10日ほどでGoogle AdSenseから入金されます。しかし初回のみ本人確認として以下の手順が必要です。

1.Google AdSenseにログインし「お支払い」を選択
2.「お支払い方法を管理」を選択
3.「今すぐ確認」を選択
4.テストデポジットの金額を選択
5.「確認」をクリック→確認完了

2回目以降は一連の本人確認手順が省略されます。

魅力的な動画で収益化を目指そう!

パートナープログラム参加条件の中でも特にハードルが高いのが「直近の12か月で動画の総再生時間が4,000時間以上」「チャンネル登録者数が1,000人以上」の2つです。達成するには魅力的な動画を継続的に投稿する必要がありますが、投稿頻度が高い人や初心者が人力でおこなうのは難しい部分があります。

そこでおすすめなのが、自動動画生成ソフトの活用です。自動動画生成ソフトには以下のメリットがあります。

・アップデートした素材を元にAIが自動で動画を作成
・初心者であっても直感的に作成できる
・多くの動画を低コストで作成できる

少しの操作のみであとは自動で動画ができます。もちろん編集もできるため必要に応じて修正可能です。人力のみでは実現し得ない高頻度な動画作成ができます。

まとめ

スーツを着ている女性

自動的に生成された説明

YouTubeで広告の設定をし、収益実現を可能にするにはYouTubeパートナープログラムへの参加が必要です。総再生時間4,000時間以上ややチャンネル登録1,000人以上などの条件は難しく、高クオリティ動画の継続的な投稿が求められます。人力のみでは膨大な時間が必要なうえ、動画作成に不慣れなうちは特に難しいです。

しかし、自動動画生成ソフト「Video BRAIN」であれば、簡単な操作さえすればあとはAIが自動で高クオリティの動画を作成します。短時間で手軽に動画が完成するため、高クオリティの実現や高頻度での投稿が可能です。効率的な動画投稿のためにも、ぜひご検討ください。

 

企業向けYoutubeやSNS動画広告の活用を詳しくまとめた資料をダウンロード頂けます。ご興味ある方はこちらもご覧ください。

 


手軽に高クオリティの動画を作るなら「Video BRAIN」

  1. 予め用意された動画テンプレートが1,800以上用意されており、初心者でも企画なしで利用シーンに合わせた動画制作・編集が簡単
  2. 商用で利用できる著作権フリーの画像、動画、BGMも素材サービスと連携しており、素材撮影や編集にかかる工数を大幅に削減
  3. 最大60分の長尺の動画作成と書き出しができ、クラウド編集のためパソコンのスペックに依存せずに編集が可能
  4. 一般的に使われてるMP4だけでなく、「MOV」「パワーポイント」「GIFアニメーション」など多様な書き出し形式に対応した独自機能
  5. 入力したテキストから、音声データに自動でナレーションを生成する機能や各シーン毎に効果音、BGMの編集が可能
  6. 「タイムライン」などの動画編集のプロが使う機能を誰でも簡単に使えるため、表現の自由度が高い

これから動画活用を始めたいと思っている方や、動画編集や配信後の効果的な施策に悩んでる方は是非Video BRAINの導入をご検討ください。

この記事をシェアする