1. TOP
  2. 動画制作
  3. 求人動画の事例や効果、制作のポイントを紹介

求人動画の事例や効果、制作のポイントを紹介

採用活動に動画を活用する企業が増えています。採用活動のさまざまなシーンで適切に動画を用いると、言葉では伝わりにくい自社の強みや企業風土が求職者に届きやすくなります。

自社の抱える採用課題を解決に導くために、活用シーンによって動画がどのようなメリットをもたらすのかを理解し、施策に取り組みましょう。

 

これから採用や求人向け動画制作を検討中の方はこちらの始める前に必ず抑えておきたい資料をダウンロード頂けます。

 

求人動画が注目される背景

モバイルデバイスの普及と5Gによる大容量データの高速通信が可能になったことにより、動画コンテンツの需要は拡大傾向にあります。近年では、採用活動に動画を取り入れる企業が増え、さまざまな効果を発揮しています。

総務省の調査によると、日本国民におけるテレビの視聴時間は減少の一途をたどっており、とくに若年層ほどマスメディアに対する関心は低く、インターネットを利用する時間が長いとされているようです。

このような時代の中で採用活動における競争優位性を確立するには、競合他社との差別化を図るための有効な施策を打ち出さなくてはなりません。マーケティング戦略の領域では、すでに多くの企業がWebメディアを活用し、成功を収めた事例が多くあります。

今後は採用戦略の領域においても、動画コンテンツの活用は不可欠な時代となりつつあるのです。

参照元:https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r01/pdf/01honpen.pdf

主な求人動画の種類

テキストのみのコンテンツと比べ、動画は多くの情報伝達を可能にするだけでなく、記憶に残りやすいという特性を持っています。採用活動における求人動画の中には複数の種類があり、それぞれ目的や効果に違いがあります。

企業紹介

求人動画における最もスタンダードなコンテンツが企業の紹介動画です。自社の概要や歴史、手掛けている商品・サービスの紹介、代表からのメッセージなど、自社の情報を網羅的に紹介することを目的とします。

企業のあり方を示す理念は、アニメーションやエフェクト効果を加えると、より求職者の心に響くメッセージとして印象に残りやすくなります。自社の目指すべき目標に共感する人材を集めやすくなると同時に、企業イメージを浸透させるのにも効果的です。

社員インタビュー

企業で働く従業員のリアルな声を求職者に届ける目的で作成する動画です。主な業務内容、やりがいを感じるのはどのようなときかなど、従業員に対してインタビューを実施し、その解答内容から自社の魅力をアピールします。

潜入の要素もあるインタビュー形式は、視聴者の興味を強く引く効果があります。また、実際に働いている人を目にすると親近感がわき、求職者の不安を取り除くという効果も期待できるでしょう。

社員に密着

従業員に密着取材を行うドキュメンタリー形式の動画です。インタビューよりも一歩踏み込んだ視点から、職場のリアルな雰囲気を発信する目的で活用されます。とくに社会人経験のない新卒採用に効果的で、学生の心に響きやすいとされている手法です。

たとえば、従業員の一日に密着する動画を発信した場合、動画を視聴した求職者は、自分が入社したらどのような流れで一日を過ごすのか、オフィスの雰囲気や男女比はどうなのかなど、より具体的なイメージが描けるようになります。

職場見学

オフィスや工場、生産設備など、職場の様子を実際に見て確かめたいと感じる求職者は多く存在します。しかし、職場見学に応募することがハードルとなっているケースも少なくないようです。動画を活用すればいつでもどこからでも閲覧できるため、より多くの求職者にアピールしやすくなります。

社内環境の充実は、従業員のモチベーション向上に大きく影響します。また、職場の雰囲気も、求職者が重要視するポイントとなっているのです。会議室や休憩室などを巡回して撮影し、労働環境の魅力がうまく伝われば、求職者の志望意欲や労働意欲の向上が期待できます。

説明会

実際の会社説明会と同様の動画を制作して発信します。具体的な業務内容や社風、企業が求める人材像、採用スケジュールなどをプレゼンターが伝える内容で構成されるものです。実直かつ誠実な印象を求職者に届けやすく、作成した動画は別の採用活動で活用できるシーンも多いため、汎用性の高い動画です。

求人広告で動画を活用するメリット

採用動画を活用すると、多くの求職者に自社を発見してもらえる機会が増えます。短時間の動画で自社の魅力を印象づけることができれば、採用活動の効率化も実現するでしょう。動画ならではのメリットをよく理解して、意義ある動画を作成すれば、自社が求める人物像の心にしっかりとメッセージが届くはずです。

多くの人に気軽に見てもらえる

ただ何となく流れている動画を目にしたユーザーに対しても、多くの情報を伝えられるのが強みです。動画はテキストで情報を発信するよりも、気軽に見てもらえる特性があるため、幅広い求職者を対象としてアピールを行いたいときに最適な手法といえるでしょう。

求職者の記憶に残りやすい

視覚と聴覚の両方に訴えかける動画を用いれば、自社の魅力やメッセージをより効果的に伝えられます。人間の五感は視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚の順番で影響を受けるとされており、最も記憶に残りやすいのが目と耳から得た情報です。
映像にBGMやアニメーションなどを組み合わせて作成した動画は、求職者に自社のイメージを強く印象づけるのに有用です。

多くのリアルな情報を短時間で伝えられる

短時間で多くの情報量を伝えられる動画を活用すると、求職者がイメージしづらい職場の雰囲気もリアルな情報として求職者に届けられます。

職場の雰囲気がつかめないまま面接に臨むのを不安に感じる求職者は少なくないといわれています。テキストと写真だけでは伝わりにくいような情報も、動画で積極的にアピールすれば、自社により多くの魅力を感じてもらえるでしょう。

ミスマッチを減らせる

採用動画は、価値観の相違による早期離職を減らす効果もあります。従来の文章と画像のみの求人広告では、実際に入社してから「思っていたイメージと違う」というミスマッチが起こりやすくなっていました。社内の雰囲気をありのまま発信するなどして、ギャップを埋める効果に高く貢献する点も動画を活用するメリットといえるでしょう。

また、企業の求める人物像が明確に伝わることにより、求める人材が集まりやすくなれば、人材採用におけるミスマッチも最小限に抑えられます。

求人活動を省力化できる

再利用が可能な汎用性の高さも動画コンテンツの魅力です。企業説明会ごとに、採用担当者が同じ内容を繰り返し説明するのは効率的とはいえません。あらかじめ作成した動画を適用すれば、空いた人的資源を業績向上に直結するコア業務に充てられるようになります。

求人動画の活用シーン

採用の集客を伸ばすためには、どれだけ多くの求職者に自社を認識してもらえるかが勝負です。そのため、求人動画を掲載する際には、自社が効率よくアピールできる手法、求職者が最もよく目にする媒体は何かなど、さまざまな角度から分析すると成果につながりやすくなります。

Webサイトに埋め込む

インターネット上の名刺となるコーポレートサイトや、求職者に対して採用情報を発信するリクルーティングサイトに求人動画を掲載すると、より効率的に採用活動が進むでしょう。YouTubeの場合、発行された埋め込みコードをHTMLに記述するだけの簡単な作業で動画コンテンツが掲載できます。

会社説明会で流す

会社説明会で求人動画を上映するのも、採用活動の効率化につながります。限られた時間内で的確な情報を伝えなければならない説明会では、圧倒的に多くの情報を伝えられる動画の活用が効果的です。

視覚や聴覚に訴えかける演出によって、説明会に訪れた求職者を飽きさせることなく自社をアピールできます。

SNSで発信する

TwitterやInstagramなど、SNS上で求人動画を紹介するのも非常に効果的です。どれだけ優れた求人動画を作成しても、自社を志望する求職者に視聴してもらえなければ意味を成しません。

SNSは情報の拡散性に優れているため、自社に興味を持つ多くのユーザーに採用情報を認知してもらえる可能性が高まります。

効果的な求人動画制作のコツ

たとえ求人動画であっても、自社の伝えたい内容ばかりを押し付けてしまっては、最後まで見てもらえない可能性があります。求職者が何を重要としているのかを把握し、採用のトレンドをしっかりと押さえたうえで、志望意欲の向上にうまく働きかける動画作りを心掛けましょう。

採用課題を洗い出す

動画コンテンツのコンセプトを決める際には、自社の採用課題を明確にして、課題に即した内容の動画を作成する必要があります。採用活動において、最も重要とされるのは自社に適した人材の発掘・採用です。

どのような人材を求めているのか、どの部門の人材を募集するのかなど、採用課題を細かく洗い出してから動画制作に取り組むようにしましょう。

ターゲット像を定める

どのような人材にアプローチしたいのかを具体的に定めるのも大切です。メッセージを届けたい人物像がはっきりしていると、どのようなメッセージを届ければ強く心に響くのかがイメージしやすくなります。

ターゲット像を定める際には、自社の求める人材がどのような関心を持ち、何に興味を抱いているのかなど、多角的な視点から深く掘り下げてみるとよいでしょう。ターゲット像の明確化は、どのようなコンテンツを作成すべきかの施策には不可欠な要素です。

ターゲットとなる求職者が応募するまでのシナリオを考える

求職者が実際に自社へ応募するシナリオを思索するようにしましょう。動画を視聴した求職者がどのように感じ、どのような思いから自社に応募するのかを具体的にイメージし、求職者の心理に寄り添うようなコンセプトを立てれば、心に強く残る動画に仕上がるはずです。

自社ならではの求人ストーリーを作る

求人動画の作成において、どの企業も明確に打ち出したいと考えているのが独自性ではないでしょうか。自社ならではの魅力を理解してもらうために、とくに重要視すべきなのが企業理念や経営ビジョンの伝え方です。

動画にストーリー性を持たせる際は、どのような貢献意識を持って事業を展開しているのか、理念やビジョンに基づいたメッセージを固めたうえで構成を思案するとよいでしょう。

求人動画の事例

近年、さまざまな事業においてDX(デジタルトランスフォーメーション)の実現が喫緊の課題となっています。デジタル技術の活用による変革は、採用戦略の領域においても例外でないとされています。

Video BRAIN」は、効率的な動画制作を可能にする動画編集ツールです。動画制作における高度な知識や技術は不要で、初心者でも簡単にストーリー性のある動画が作れるクラウド型のサービスです。

Video BRAINは、求人動画の分野でも数多く活用されている実績があります。ここでは、実際にVideo BRAINで作成した採用動画の事例を紹介します。

会社の雰囲気が伝わる【アクティオ】

「株式会社アクティオ」は建機レンタル事業を展開する企業です。Video BRAINを用いて制作に取り組んだのはインタビュー形式の動画コンテンツです。入社のきっかけや業務内容について従業員にインタビューを行い、従業員同士が朗らかに談笑する様子などが映し出されています。

アットホームな職場の雰囲気に合うポップな配色を採用しているほか、アニメーションなども効果に取り入れられており、あたたかみのある職場の雰囲気がうまく表現されています。

仕事のイメージがわく【阪急阪神百貨店】

関西を基盤に百貨店を展開する「株式会社阪急阪神百貨店」は、Video BRAINを活用してドキュメンタリー形式の密着動画を作成しています。

阪急うめだ本店の婦人服部門でプロジェクト管理を担当する女性従業員に密着取材をし、入社後のキャリアについてのインタビュー、具体的な作業風景、出勤から退社までの主なスケジュールを公開するなどの内容で構成されたコンテンツです。

テレビ番組のドキュメンタリーを見ているかのようなクオリティの高い動画は、視聴者が入社後のイメージを描きやすいとともに、企業が求める人物像も分かりやすく伝わる動画に仕上がっています。

会社説明会への期待がふくらむ【三恵観光】

三恵観光株式会社は、アミューズメント事業や飲食事業、エネルギー事業などを展開する企業です。Video BRAINを活用して作成したのは、個別質問会の募集動画です。

会社説明会の内容について、映像とテキスト、効果的なアニメーションを用いて要点のみを簡潔に伝えるよう工夫が施されています。また、説明会の内容を多く伝え過ぎないことにより、参加者の期待を高める動画に仕上がっているのもポイントです。

まとめ

今や動画コンテンツはエンターテイメントの領域だけでなく、マーケティングやプロモーションの戦略など、多くの場面で活用されるようになりました。採用戦略における動画の活用は、企業側と求職者の双方にさまざまなメリットをもたらします。求人動画の活用は競合他社との差別化にも有効性が高いため、自社が求める人物像を効率よく集めるのにも有用です。

新しい時代に即した施策へ質の高い動画を取り入れるために、幅広い事業で導入実績のあるVideo BRAINを導入してみてはいかがでしょうか。

 

個性のある会社説明会で自社の魅力を表現した動画事例はこちら

 

手軽に高クオリティの動画を作るなら「Video BRAIN」

数ある動画自動生成サービスの中でも、特におすすめなのが「Video BRAIN(ビデオブレイン)」です。

法人向けシェアNo.1動画編集クラウド | Video BRAIN(ビデオブレイン)

Video BRAIN(ビデオブレイン)は、高品質な動画を誰でも簡単に制作できる動画編集ツールです。動画編集の「コスト」「時間」「スキル」を全て解決します。

詳しいサービス資料はこちらからダウンロード頂けます。

ビデオブレインは、高性能なAIサポートによりわずか5分で動画編集が可能。素材をアップロードするだけで、ハイクオリティな動画のひな形が完成します。また、抜群の操作性と国内最大級のテンプレート数、そして多様な編集機能により、未経験でもイメージ通りの仕上がりを実現できるのも魅力。

約800万点を超える無料素材を利用できるため、撮影ナシの動画制作もOK。さらに、月額定額制で制作本数の制限もありません。そのほか、「SNS投稿分析機能」を備えており、制作した動画の配信結果をスピーディーに分析・検証できるのもメリットです。

誰でも簡単に動画が作れる、そして配信効果をチェックしながら動画活用ができる「ビデオブレイン」。商品・サービス紹介はもちろん営業資料や採用・求人まで、あらゆるビジネスシーンで活用してみてはいかがでしょうか。

 

導入企業の事例はこちら

https://video-b.com/case/case_category/article/

 


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする