1. TOP
  2. ブログ
  3. 動画制作
  4. 【動画事例あり】施設紹介動画のメリットやポイントを徹底解説!

【動画事例あり】施設紹介動画のメリットやポイントを徹底解説!

普段の生活の中でよく目にする動画コンテンツ。動画は商品・サービスを提供している企業HP、インターネット広告、各種SNSなど様々なプラットフォームにおける情報伝達手段として活用されています。

インターネットで利用したい施設の情報収集を行うユーザーが多くなっている昨今。従来の静止画+テキストによるWebコンテンツだけではなく、動画を活用することで、より分かりやすく魅力的な施設紹介が可能になります。

この記事では、動画で施設紹介を行うメリットや効果、より自社の魅力を伝える動画の作り方、施設紹介動画を活用している企業の事例を解説します。

施設紹介動画をつくるメリット

時代の変化におけるオフラインでのコミュニケーションからのデジタルシフトや、コロナの影響によるオンラインでのコミュニケーションと動画の活用が活発化しています。

よく見かけるようになった例として、

・デパートやショッピングセンターを中心とした商業施設
・飲食店、アパレル、そのほか物販の専門店
・レジャーのアクティビティや観光施設
・フィットネスクラブ、リラクゼーション施設
・電車や駅前でのデジタルサイネージ など

これまでは画像とテキストだけではうまく伝わらなかった伝達方法が動画によって、「音」「空間」「視覚」によって、ユーザーへより多くの情報が伝えることができます。

1)施設の特徴をイメージしやすく伝えられる

ウェブサイトで静止画を使って施設の全体を紹介しようとすると、多くの静止画が必要となります。

現在も多くの施設の特徴、空間、位置関係をユーザーがイメージするには情報不足となっているケースが殆どです。

しかし、動画を活用することによって、より短い視聴時間で施設の特徴を明確にイメージしてもらえる情報コンテンツとして活用することが可能です。

2)施設の雰囲気がわかる

施設の雰囲気を伝える上で最も重要な例として、

「そこで働くスタッフの声や表情」
「また動きのある設備」
「定期開催される特別イベント」
「施設の利用方法」
 など

テキストや静止画では伝わらない施設の特徴をカメラやスマートフォンで動画を撮影して、動画編集することによって簡単に公開することができます。

3)より多くのユーザーに情報を届けられる

自社のHPや店頭だけでなく、各SNSの動画広告を活用した新規ユーザーへの情報配信、公式のYoutubeチャンネル、Twitter、Facebookなどに情報配信することによって、より多くのユーザーに届けて認知を高める効果が期待できます。

さらにSNSなどで口コミの良い評価が得られれば、より多くのユーザーへ共有・拡散される可能性もあります。

施設紹介動画を作るポイント

1)ターゲットやコンセプトは明確にする

施設を知ってもらいたい年代や性別などの条件を整理し、また、施設のどういった部分を伝えたいかという狙いをはっきりとさせましょう。

「年齢や性別など問わないユーザー層に対して施設の魅力を全てを伝えたい」というイメージで動画を制作すると、より伝えたいユーザー層へは伝わらない可能性があります。

よく利用頂いている「ユーザー層、アンケート結果、地域の特徴」などに合わせて考えると良いでしょう。

2)シンプルな映像にする

過度なエフェクトや演出は避けて、なるべく施設本来の雰囲気や魅力となるポイントを感じてもらうことを意識すると仕上がりが安定します。

リアルな臨場感のある映像を紹介することで、より興味や魅力的なイメージを持ってもらえる可能性があります。

3)ブランド感を演出する

漠然と撮影しただけではうまく伝わらないこともある施設のムード、空気感などは、編集での工夫を通じてブランド感として際立たせることができる場合もあります。

ブランド感は、「この施設にいってみたい、登録したい」とユーザーに行動を促すうえで大きな力を発揮させるものです。シンプルさを保ちながらも、編集でどんな演出を施すかで、仕上がりを大きく変えます。 

撮影技術にこだわるよりも、よりリアルな体験を撮影することで、ユーザーからすると魅力的に感じるケースも多く考えられます。


【お役立ち資料】集客力をUPするための
魅力的な店舗・施設紹介をするための動画活用のポイント

このeBookでわかること
・施設紹介動画を活用した集客が増えている理由
・動画活用のメリット
・利用シーンや活用事例


効果的な施設紹介動画の事例

ユーザーに施設へ足を運んでもらい、説明会への参加や会員登録をしてもらうなど、顧客になってもらうという「ゴール」に達するためには、施設に対する信頼や安心感のようなものが欠かせません。

静止画とテキストを使ったコンテンツと比べ、動画コンテンツはその部分でより伝えやすいメリットがあります。

インターネットにおける施設紹介をビジネスの成功に直結するものに転換するうえで、動画コンテンツは極めて有効です。 

1)筑波大学
プロモーションビデオ(施設紹介)/ Get a look into some facilities on Tsukuba Campus

部活動で躍動する学生や、専門機材を用いて研究活動に取り組む学生の姿などは、動画でこそ伝えられる部分でしょう。

ドローンを使わなくても学校の屋上からの撮影や各学生に撮影許可を取れば、制作会社へ依頼しなくても自社オリジナルの魅力的な撮影や動画の編集をすることができます。

参照:筑波大学プロモーションビデオ(施設紹介)

2)ホスピタルメント文京千駄木
介護付き有料老人ホームの施設紹介

施設の紹介だけでなく周辺環境の魅力も紹介しつつ、施設内の各設備の魅力とスタッフのサービスの手厚さを動画によって伝わりやすく表現しています。

周辺施設の撮影、施設内の各設備、スタッフのサポートイメージなど、各シーン毎に撮影し、一つの動画に編集することで制作することができます。

参照:ホスピタルメント文京千駄木の施設紹介

3)セントラルスポーツ
施設、トレーニングプログラムの紹介

施設イメージだけでなく、健康改善やボディメイクしたいユーザー向けの体験イメージを動画で伝わりやすくなっています。

それぞでのシーンを撮影することで、途中にテキストやナレーションを交えつつ動画編集をす流だけで魅力できな動画を制作することができます。

引用:セントラルスポーツ 施設・プログラム紹介

4)アドベンチャー
オフィスツーアでの施設紹介

社員がオフィス内をツアー形式で案内することによって、実際のオフィスの空間や各会議室など設備毎の説明で働く環境が、より動画によって伝わりやすくイメージしやすくなっています。

各エリアと設備毎への移動と説明、細かいシーンをカットの動画編集することで、社内でも撮影から編集まで可能な動画です。

引用:アドベンチャー オフィスツアー

5)女子建設設計
中古リノベーション物件の施設紹介

リノベーションした物件のBeforeの部屋の状態や工事のシーンを伝えた上で、Afterのデザイン性の高い魅力的な物件の各施設のシーンを動画でわかりやすく伝えています。

各施設の撮影画像のシーンの切り替え、間取り図の画像、字幕のよりナレーションがなくても画像とBGMだけの素材でより魅力的な動画を制作しています。

引用:女子建設設計 中古リノベーション物件紹介

施設動画が内製化できる動画編集ツール「Video BRAIN」のご紹介

通常は動画制作会社への外注コスト、内製で行う時に利用する動画編集ツールの教育コストや作業時間、ユーザーに対して最適なタイミングで情報配信できないなど、動画制作の課題が多く見受けられます。

「Video BRAIN」では、動画編集・制作の知識が殆どない、社内で企画をしなくても、事例で紹介した利用シーンに合わせて効果的なクオリティの高い動画を、定額で好きなだけ1本あたり数時間〜何本でも制作(個人差はあります)することができるクラウドサービスです。

通常の有料ツールとは違い、サービス機能の改善や新機能のアップデート、カスタマサポートによる動画活用のサポートにより安心してご利用頂けるサービスです。

以下は実際に「Video BRAIN」を利用して作成した施設動画事例になります。

1)株式会社Standard
コンセプト住宅の施設紹介動画

設備ごとの施設紹介に加え、コンセプト住宅ならではのメッセージ性やデザイン性の高さがより魅力的に伝わる動画となっています。


各シーンの素材とBGMだけで、ナレーションを使わずとも魅力的な動画を簡単に作成することができます。

2)株式会社ルネサンス
施設、プログラム紹介動画

各エリア店舗の施設の紹介だけでなく、実際行っているフィットネスプログラム、岩盤浴など他の施設にはない魅力的なイメージを動画によって伝わりやすく伝えています。

3)株式会社幹建設
バーチャルモデルハウスをイメージした物件紹介

通常の物件の各施設紹介だけでなく、物件情報内でオフィスツアー的に各設備や部屋の空間が分かりやすく体験できる情報を動画を活用し分かりやすくイメージできるようにしています。

4)株式会社日本旅行
鹿児島県の観光施設の案内

鹿児島県の魅力的な観光、施設だけでなく、季節感のある画像や動画を入れることによって、より観光地の魅力を伝わりやすくしています。

5)名瀬の森
養護老人ホーム 竣工記念PV ドローン

ドローンを使い、施設と周辺の広々とした雰囲気を伝えるオープニングでブランド感を演出。

華美な演出は行わず、クリアな映像で撮影した清潔感ある施設内部の映像も好印象につながっています。

ドローンでの撮影は、一般の人との距離や撮影場所に制限はありますが、撮影業者に依頼するなど簡単に良い動画素材として撮影することができます。動画編集で細かいナレーションや説明がなくても、クオリティの高い動画が作りやすいのが特徴です。

引用:養護老人ホーム 名瀬の森 竣工記念PV 施設紹介

まとめ

最近は撮影機材のクオリティの高さや低価格化が進んでいます。

より魅力的な施設の魅力を伝えるために、費用を抑えながらも様々な映像表現に挑むことが可能になってきています。

自社の魅力を理解している社内で動画を撮影することによって、同業他社との差別化を図る上でも一味違った施設紹介動画は有利になることでしょう。

テレビのようなプロモーション効果を撮影や編集に高い技術が必要とする場合、制作会社へ依頼した方が良い動画を作成できますが、自社で魅力的な動画を撮影できる場合、動画編集サービスを利用することで、初心者の方でもクオリティの高い動画の作成とコスト削減できますので、ぜひ検討すると良いでしょう。


 

関連記事

BGMの著作権

動画制作におけるBGMの著作権の注意ポイントと事例を解説

映画やアニメ、ゲームなどには、必ずといっていいほどBGMがついており、作品において重要な要素となっています。動画コンテンツや動画広告においてのBGMもまた、映像の伝えたいイメージや内容をサポートする ...

動画広告の制作費用と制作ポイントを解説

動画広告を制作したいけれど、どのようにしたらいいのかわからない、という方もおおいのではないでしょうか。また、動画広告制作の費用についても気になるところです。 この記事では、動画広告の制作費用と ...

YouTube動画の編集方法とは?ソフトやアプリも紹介

  近年、スマートフォンは私たちの生活に欠かせない存在になりました。総務省の調べによると、2019年には8割以上の世帯がスマートフォンを保有しています。また、インターネットを利用している人の半 ...

動画広告の制作費用相場とは?制作費を安く抑える方法を紹介

動画広告の制作費用は動画の内容によって大きく変わり、費用が安い動画は数万円から制作可能ですが、中には300万円をかけて作る場合もあります。 企業としては制作費を安く抑えたいところですが、費用と ...

社内で動画を内製化するメリット・デメリットを紹介

ビジネスにおける動画活用が一般化しつつあるいま、動画の編集・制作を外部に依頼することなく自社で行うことを、動画制作の「内製化(インハウス)」といいます。動画制作の内製化は、長期的に見るとコストの削減 ...

この記事をシェアする