1. TOP
  2. ブログ
  3. 動画制作
  4. 動画制作のベンチャー企業おすすめ8選|選び方や費用を抑えるコツも紹介

動画制作のベンチャー企業おすすめ8選|選び方や費用を抑えるコツも紹介

動画制作を依頼したいとなったとき最初に困るのは、「数ある制作会社の中からどこを選べば良いのか」という点です。動画制作に明るくないと、制作会社選びで迷ってしまうでしょう。

そこで今回は、ブランディングやサービスのPRの動画制作に強いベンチャー企業を紹介していきます。選び方として重視すべき点も紹介していきます。選ぶときの基準を押さえたうえで、信頼できる会社を見つけていきましょう。

動画制作に関して初心者の方は、こちらの記事をご参考ください。

動画制作を行うベンチャー企業の選び方

動画制作を行っている会社は、大手企業から中小のベンチャー企業まで、さまざまな規模の企業があります。また、フリーで動画制作を受注している個人事業主も近年は増えつつあるため、選び方にはとにかく迷ってしまうものです。

数ある企業の中でも、ベンチャー企業は小規模だからこそ融通が利いたり、コスト面にメリットがあったりなど、選びやすい企業であるといえるでしょう。実際に、ベンチャー企業の中から選びたいという方も多いです。

動画制作を受け付けてくれるベンチャー企業を選ぶときは、以下のポイントを意識して選ぶことが大切です。

制作実績や取引相手の企業の確認をする

ベンチャー企業はまだ事業をはじめて間もないことも多いです。そのため迷ったら実績の多い企業を選ぶといいでしょう。

動画制作のベンチャー企業を探すときは、制作実績の多さや実際の成果物、そして取引を行っている企業をチェックすることが大切になってきます。

修正やサポートなどに対応しているかどうか

動画制作をベンチャー企業に相談・依頼する場合は、修正や納品後のサポートなど、付加的なサービスにどれだけ力を入れているかを見ることも大切です。

大手企業に劣らないくらいアフターサービスを整えているベンチャー企業は、常に顧客のことを考え、寄り添った対応をしてくれる企業といえるでしょう。

修正やサポートへの対応はどうなっているのかという点も、事前に確認しておくことが大切です。

制作費用が細かく設定されているかどうか

動画の制作費用は、具体的な金額を明言しづらいという側面があります。なぜなら、動画の内容や目指すクオリティによって、かけるべき時間とコストが大きく変わるからです。

そのため動画制作のプランやメニューが一つのみで、どういった動画に対しても同じ価格の費用を請求している制作会社は、信頼できない可能性が高い企業です。

一方で、見積もりを出さないとはっきりとした料金がわからないというような、動画制作の特性をしっかりと理解している企業は、そういったあいまいな料金設定はしないものです。

そういった企業はさまざまなプランを提示し、動画制作について詳しくない顧客に対しても、あらゆる選択肢を提案してくれます。

動画制作を行うベンチャーの企業おすすめ8選

動画制作には高い費用がかかるため、あえて大手企業を避けてベンチャー企業への依頼を検討するという企業も多いです。ここからは、動画制作を行っているベンチャー企業を8社紹介します。

近年はYouTubeの普及に伴い、動画制作会社の需要が急増しています。それに伴って、依頼を受け付けてくれるベンチャー企業の数も多くなりました。どの企業がいいのかを冷静に見極めていきましょう。

株式会社プルークス

多くの企業からPR動画の制作を依頼されている人気のベンチャー企業が、株式会社プルークスです。

サービス紹介、広告、展示会で使用するPR動画、マニュアル、研修用動画など、幅広い用途に合わせた動画の依頼ができ、制作してきた動画も実績・事例として細かく確認することができます。

住所東京都中央区日本橋大伝馬町14-17大伝馬町千歳ビル4階
設立年2015年
会社HPhttps://proox.co.jp/

90 Seconds Japan株式会社

動画制作を行うベンチャー企業の一つである、90 Seconds Japan株式会社はニュージーランドで創業した、グローバルに事業を展開している企業です。

海外のクリエイターとともに動画制作を行っているため、外国のおしゃれな雰囲気を感じさせるPR動画を作りたいときにおすすめできる企業です。

住所東京都新宿区新宿4-3-17 FORECAST新宿 SOUTH 3階
設立年2014年
会社HPhttps://90seconds.com/

株式会社LOCUS

株式会社LOCUSは累計1万本ものビジネス向け動画を制作してきた制作会社です。コンサルティングスキルと最大級のクリエイターネットワークを活かした動画制作が可能で、取引社数は1600社を超えています。

住所東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル2号館15階
設立年2010年
会社HPhttps://www.locus-inc.co.jp/

株式会社Viibar

株式会社Viibarも動画制作に強いベンチャー企業の一つで、カスタマーサクセス特化型動画プラットフォームの運営を行っています。動画活用の可能性を広げることをモットーに、各企業のDX支援サービスも展開中です。

住所東京都渋谷区神宮前6-18-3 神宮前エスビル4階
設立年2013年
会社HPhttps://viibar.com/

Crevo株式会社

数多くの動画制作実績を持つことで知られるCrevo株式会社です。実写動画はもちろんのこと、アニメーション動画制作にも強く、アニメーションに関しては、業界でナンバーワンの実績を誇ります。

わかりやすい表現で商品のPRやブランディングを行いたいときに相談しやすい企業です。

住所東京都目黒区中目黒2-10-15フロンティア中目黒3階
設立年2012年
会社HPhttps://crevo.jp/

株式会社アジアピクチャーズエンタテインメント

株式会社アジアピクチャーズエンタテインメントは、映画製作や配給宣伝事業を行いつつ、企業向けの動画制作事業「ムビハピ」の展開も行っています。

有名テレビ番組を作ってきたスキルを活かし、テレビ番組のような見栄えのいい企業動画を比較的リーズナブルな価格で制作してくれるのがポイントです。

住所東京都港区芝浦2-14-13 加瀬ビル161 4階
設立年2013年
会社HPhttps://apie.jp/

株式会社EXIDEA(CINEMATO)

株式会社EXIDEAは、高品質な動画をお求めやすい価格で提供することをコンセプトに事業を展開するベンチャー企業です。動画マーケティング戦略に基づいた、成果に期待できる動画をスムーズに納品してくれます。コストパフォーマンスの高さが魅力の企業といえます。

住所東京都墨田区本所1-4-18
設立年2013年
会社HPhttps://cine-mato.com/

株式会社モアミザン

福岡にある動画制作のベンチャー企業が株式会社モアミザンです。企業のストーリーを表現するストーリーテラー集団をうたい、魅力的なコンテンツを提供してくれます。

また動画制作だけでなく、ホームページ制作、記事ライティングなど、さまざまなPRコンテンツ制作に携わっているのも特徴の一つです。

住所福岡県福岡市中央区警固2丁目13-7 警固ランドマークタワー1 701
設立年2016年
会社HPhttps://www.more-mise-en.com/

なるべく安く動画を作成するコツ

動画制作は基本的にある程度の費用がかかります。リーズナブルな制作費用で依頼できる企業を見つけたとしても、高い品質を求めるのであれば、その分費用はかさむものです。

ここからは、動画制作費用を少しでも抑え、コスト削減につなげるためのポイントを紹介していきます。

撮影場所を固定する

さまざまな撮影場所を押さえてダイナミックな動画を撮ろうとすると場所を押さえる費用、人件費などがかさみやすくなるということです。そのため費用を少しでも節約したいのであれば、撮影場所を固定することが望ましいです。

場所を一つに絞って撮影することで費用を抑えることができます。加えて、撮影もスムーズに進む可能性が高いです。

制作工程を減らして依頼する

動画制作にかかる費用をできる限り抑えたいときは、制作工程を減らして依頼するのもおすすめです。企画・構成の段階から制作会社に依頼し、最終的な編集まで行ってもらうと、多くの工程を依頼することになるため、費用はかさんでしまいます。

例えば、制作会社に依頼するのは編集のみにし、企画出しと構成、撮影は自分たちで行うというような提案をすることで、比較的リーズナブルな価格で依頼できる可能性があります。

そのようなことも含めて、制作会社とこまめに連絡を取り、依頼内容を詰めていくことが大切です。

自社で動画を制作する

自社で動画を制作して費用を抑えるという手もあります。近年は動画の制作環境も変化してきており、初心者でも扱える動画制作ツール・ソフトが充実してきています。

より品質の高い動画を作るのであれば、その分野のプロである制作会社に任せたほうが、安心できるのは確かです。

しかし、その分多くの費用がかかることも事実です。費用を抑えたいのであれば、外注するのではなく、自分たちですべて制作するといった選択肢を真剣に検討していく必要があります。

自社でプロモーション動画や会社紹介動画などを制作するときには、できる限り初心者でも安心して使えるツール・ソフトをそろえたいところです。可能な範囲でITや動画制作に詳しい人材をそろえておくことで、より質の高い動画を自社で制作することができるようになります。

自社で動画を作る場合は動画編集ツールが重要

自社で動画制作をすれば、何万、何十万とかかる動画制作の依頼料を大幅に削減することができます。そのときには、スキルのない人でも操作しやすいように、自動動画編集ツールを導入しておくのが便利でおすすめです。

Video BRAINは、動画編集をAI技術がサポートしてくれる編集ツールとなっています。上の動画はVideo BRAINを使用して作られた、株式会社ティップネスのサービス・キャンペーン紹介動画です。

Video BRAINではテキスト・静止画・映像の3つを用意するだけで、AIが高品質な動画を作ってくれます。操作も非常に簡単なので、動画制作スキルの有無は関係ありません。

自社で動画を制作しコストを削減していくのであれば、Video BRAINをはじめとした便利なツールは、ぜひ積極的に導入を検討していきたいところです。

まとめ

動画制作を行いたいときは、見積もり内容を比較しつつ、信頼できる制作会社を見つけていくことが大切です。選ぶ際には実績、プランの細かさ、サービスの充実度などをよく見て判断していきましょう。

またコストを削減したいのであれば、自社で動画を作成することも選択肢の一つです。そのときには、動画制作を手助けしてくれる動画編集ツールの導入をお勧めです。

自社制作を検討しているなら、動画自動生成ソフト市場シェアNo1の動画制作・編集ツール「Video BRAIN」もご検討ください。VideoBRAINなら素材とテンプレートを入れるだけで動画の制作が可能。テンプレートも豊富で未経験の方でも今すぐ動画制作を始められます。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする