1. TOP
  2. ブログ
  3. 動画制作
  4. テンプレートで動画編集・制作を行うメリットとデメリットを徹底解説!

テンプレートで動画編集・制作を行うメリットとデメリットを徹底解説!

動画編集は初心者の方が0からスタートすると編集手法を覚えることから始まり、演出するために動画編集ソフトの機能を覚えるなど専門的な知識を学ぶことが非常に多いです。そこでテンプレートを使用することで初心者の方でも簡単に熟練者が作った動画に負けないクオリティの動画を作ることができます。

今回は動画編集のテンプレートはどのようなものがあってどういう動画が作れるのかということや、メリットやデメリットなどをご紹介します。これから動画制作をしていきたいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

動画編集はテンプレート利用で効率化できる

動画制作におけるテンプレートとは、モーションやアニメーション、テロップなどをパッケージ化しているデータのことです。動画制作はモーションやアニメーションを最初から作ろうとするととても初心者では作ることができません。そこでテンプレートや枠組みを使用することで映像とテロップを差し替えただけでプロが作ったような動画を制作することができます。

テンプレートの大きな特徴は普通であれば数日かかるような作業でもすでに完成しているテンプレートに少し手を加えるだけで動画制作が可能ということです。そのため、編集工程を簡略化することができ動画編集の作業を効率化することができます。

さらに本来は動画制作で費やしていた時間を撮影や投稿などの作業にあてられるため、動画編集ソフトのテンプレートを使用することで効率的に動画制作を進めることができます。

動画テンプレートは主に2種類

動画テンプレートを使用して行う動画編集は大きく2種類あります。1つはすでにパッケージ化されているテンプレートを使用して動画編集をする方法です。そしてもう1つはシーン毎にパッケージを使用して編集します。

それぞれにメリットがあり状況に応じて使い分けることをおすすめします。ここでは、それぞれのタイプについて特徴をご紹介します。

パッケージタイプ

パッケージ化したテンプレートとは動画1本分の始まりから終わりまでが全て準備してあるテンプレートとのことです。モーションやアニメーション、テロップが全て用意されているパッケージなので、自身の使用したい素材を差し替えるだけでそれなりのクオリティの動画を作ることができます。

動画編集の中では労力の少ない方法ですが、一部改変などは少し手間が掛かり独自の動画を作りたい人にとっては若干融通が利きにくい側面があるのも事実です。1本の動画の編集時間を少なくしたい人やたくさんの動画を早く作りたい人にはおすすめします。

シーン別テンプレートタイプ

1シーン分の短いものしかないテンプレートです。これは1つ1つの短いテンプレートをいくつかつなぎ合わせることで1本の動画を作り上げていく方法です。パッケージタイプと比べていくつもシーンを選んでいく必要があり選んでは並べていくという作業が手間になります。ただし、パッケージタイプに比べて融通が利くので、自分のイメージ通りの動画を作ることができます。

シーン毎でモーションやテロップを入れていくためテンプレートの良さはそのままに、自分の好みで選択できるのでテンプレートと1から作る編集のいいところを取った方法です。

テンプレートで動画編集・制作を行うメリット

動画編集でテンプレートを使用することでさまざまなメリットを得ることが可能です。例えば作業が効率化できることや、プロ並みの動画を簡単に作ることができるといったこともありますが、それ以外でもいくつかメリットはあります。

ここでは動画編集ソフトのテンプレートを使用したときのメリットを4つ紹介します。

素材撮影の必要がない

動画編集ソフト・テンプレートを使用することで動画編集ソフト内にある素材を使用できるため、素材の撮影をする必要がなくなります。もちろん、自身で撮影した素材を使用したいという人も自身の素材を使用することは可能です。しかしそうでない人は動画編集ソフト内の素材を使用できるので、今まで大変だった素材の撮影から解放されます。

また、動画編集ソフト内にある素材はプロが撮影しているため、クオリティが高いものが多く自身で準備する素材より使い勝手がいい場合も多いです。

編集時間を大幅に削減できる

動画テンプレートを使用すれば編集時間を減らすことができます。なぜなら動画テンプレートは自身が使用した写真や動画を差し替えるだけで動画が作れてしまうため、初心者の方であれば数日かかっていたような作業も数時間で完了させてしまうことができるからです。

動画テンプレートには2種類あり、どちらを使うかによって制作時間が若干変わってきます。どちらを使うにしても編集時間は大幅に削減することが可能です。

ちなみに編集時間は短縮しますがクオリティを下げないということも特徴です。テンプレートはプロが用意しているため、クオリティも高く作業時間も減らせるという方法です。

簡単に複数のパターンを作成できる

初心者の方がいきなりいろいろな雰囲気の動画を作ることは難しいでしょう。そんな初心者の方に特に喜ばれるのがテンプレートは複数のパターンがあるということです。テンプレートは素材のイメージに合わせてパターンを簡単に変えることができます。

例えば、シーン別のテンプレートを使用し、テンプレートの順番を変えたり入れ替えたりすることでさまざまなシーンに合わせてテンプレートを使用することが可能です。ほかにも効果音や音楽なども選べるので自分に合った動画を作ることができます。

制作コストがおさえられる

動画編集ソフトやテンプレートを購入することにより制作コストが上がると考える人がいます。しかし、初心者の場合、クオリティの高い動画を作りたくても自分ではできないので動画編集の業者に依頼をすることが多いでしょう。

そこで動画編集ソフトを導入すれば業者に依頼をするよりは費用を抑えられることができます。さらに動画編集のスキルも見つけることができるためおすすめです。

動画テンプレートは有料でも数万円ですし無料のものもありますので制作コストを抑えたい方は導入してみてはいかがでしょうか。

テンプレートで動画編集・制作を行うデメリット

前述したとおり動画テンプレートはメリットが非常に多い方法です。しかし、中にはデメリットも当然存在しています。使われる動画編集ソフトによっても変わってくるとは思いますがここでは代表的な動画テンプレートのデメリットについて紹介します。使用する前にデメリットもしっかりと把握して使用してください。

オリジナリティに欠ける

テンプレートは配布されているものですので他の人も使用することが可能です。そのため、自分が選択したテンプレートはすでに他の人が使っている可能性が高くオリジナリティを出すことは難しいです。テンプレートを使用して作成した動画は見返してみるとどこか見覚えのある動画と感じることがあるかもしれません。

特にパッケージ化しているテンプレートはどこか似た印象を与えやすいです。せっかく撮影した動画もテンプレートによってオリジナリティが損なわれることもありますので使用する際には注意しましょう。

使用したい素材がテンプレートにないこともある

自身の動画編集でテンプレートを使用するときはあらかじめ目的やテイストを決めてからテンプレートを選ぶと思います。ただし、イメージ通りのテンプレートが見つからない、もしくは存在しない場合があります。そのため、場合によっては妥協してテンプレートを選ぶ必要があります。

テンプレートは動画の出来を大きく左右するものですので妥協してしまうと作りたかった動画と全く違うものができてしまうことがあります。目的やイメージからテンプレートを決める際には自身の使用したい素材があるかしっかりと確認をする必要があります。

細かな調整・修正に時間がかかる

動画テンプレートはそれだけである程度動画の骨組みが決まるものです。そのため、それに沿って動画を作れば簡単に動画が完成する便利なものです。しかし、その反面細かい調整や修正をすることが普段より難しくなる場合があります。

テンプレートの調整や修正をする場合は動画編集の専門的な知識がないと難しいことがほとんどです。動画テンプレートを使用する際はなるべく調整をせずそのまま使えるように、自身のイメージに合っているものを選ぶようにするといいでしょう。

テンプレートを使った動画編集はどんな人におすすめ?

動画テンプレートは前述している通り決まった枠組みを使用して動画を制作していくスタイルになります。そのため、個性的な動画には向いてなくある程度形が決まっているような動画に向いています。

例えば、結婚式ムービーのようなあまり個性的すぎるとかえってよくない動画であればテンプレートが好まれますので向いています。他にもオープニングムービーも同様に向いていると言えるでしょう。
ほかにも初心者の方が動画編集を覚えるのにどのような構成かを学ぶために使用することもおすすめできます。

ちゃんと動画クリエイティブのPDCAサイクルを回せていますか?

動画クリエイティブにおいてはPDCAサイクルを回すことが重要です。PDCAサイクルとは、Plan(計画)・Do(実行)・Check(確認)・Action(改善)の英単語の頭文字を取ったものです。PDCAサイクルが上手く回っていれば動画制作もより効率的で効果的なものとなるでしょう。

ただ、PDCAサイクルが上手く機能していない場合、動画を制作したにも関わらずあまり上手く活用できていない、伝えたいことが伝わらない、など問題点が生じる可能性もあります。

現状、動画制作を行う・計画している中でPDCAサイクルは上手く回っているでしょうか。

1.仮説でクリエイティブを制作
2.検証のために、広告プラットフォームに配信
3.配信結果の数字から学習
4.新たなクリエイティブを制作し、配信

上記のようなサイクルを回して、良い成果を出せるクリエイティブを生み出すことが大切なのです。

うまく機能していない場合の改善方法はいくつかありますが、その中でも「動画制作ツール・動画編集ソフトの導入」はかなり効果的である場合が多いです。

ここからは、動画編集ソフトを導入することによるメリット、PDCAサイクルを上手く回すための効果をご紹介します。

動画編集ツールがPDCAサイクルを加速させる理由

動画編集ツールを使用することで動画制作を自社で行うことができるようになります。そうすることによって動画制作から効果の検証、各部門とのコミュニケーションを素早く回すことができるようになります。そのため、動画編集ツールを導入することによってPDCAサイクルを加速させてより効果の高い動画マーケティングが可能となります。

以下で、動画編集ツール「Video BRAIN」が持つ機能がPDCAサイクルをどのように上手く回してくれるかを解説します。

Video BRAINには難しい専門知識がなくても誰でも簡単にハイクオリティな動画が編集できる「AI自動動画編集クラウド」という機能があります。

これは「テロップの位置や文字数を自由に変更したい」「素材だけのシーンや文字のみのシーンを追加したい」などの機能やAIがテキストと素材を自動マッチングしてくれるといった機能であり、より自由度の高い映像表現が可能となっています。

こういった機能を利用して「スキル」「コスト」「時間」といった問題点をテクノロジーで解決するといった動きが昨今では活発となっています。これらが人的リソースから削減されることによって、PDCAサイクルの回転も効率よく回るでしょう。

豊富なテンプレート×フォントで「ワンパターン」から解放される

Video BRAINでは非常に豊富なテンプレートを取り揃えています。そのため、今回ご紹介した動画制作時にテンプレートを使用するデメリット「個性が出ない」「既視感がある動画になってしまう」という問題を解決してくれます。

動画編集ツールを使用するメリットの中に、編集ソフト内のテンプレートを使用することで初心者でも手軽に動画を編集することができます。それぞれのシーンにあったテンプレートからおしゃれなものまで幅広くあり、さらにオリジナルにカスタマイズしたフォントを使用することで映画のワンシーンのような動画が簡単に制作することができます。

こういった機能は随時新作が更新されていきますので、これらを使用することで動画がワンパターン化されずに常に新しい感覚で動画を作ることができます。

投稿したクリエイティブを素早く分析・効果検証できる

Video BRAINには、投稿した動画を素早く簡単に分析できる「Insight BRAIN」という分析ツールが付属されています。対応しているSNS(Facebook、Instagram、YouTube)のURLを登録しておくことで、自動で分析を行ってくれます。

Insight BRAINは、投稿データとフォロワー数の関係性や、日付や曜日ごとのエンゲージメントの推移など、様々なデータをグラフ化することが可能です。データを簡単に可視化してくれることで、制作した動画が思うように効果を出しているかが一目で分析できるでしょう。

SNSアカウントは30個まで登録可能であるため、自社だけでなく競合のSNSも登録して分析できます。競合の動画データもより正確に効果を分析することで、PDCAサイクルを回す材料として利用できるでしょう。

まとめ

今回は動画制作時のテンプレートに関して、概要やメリットとデメリットについて紹介しました。動画テンプレートは動画編集ができなくても手軽に動画編集ができることが分かりました。しかし、オリジナリティが少ないなどデメリットもあります。そのため、動画テンプレートを使用しながら動画編集を学んでいくのが良いでしょう。

Video BRAINでは動画編集ツール「Video BRAIN」の提供を行っています。Video BRAINでは、AIがテキストと素材を自動でマッチングする・テンプレートやフォントが充実しているためワンパターンにならない・投稿したクリエイティブを素早く分析・効果検証といった、PDCAサイクルを加速させるものが全て備わっています。

動画編集をこれから始めようと考えている方はぜひ一度Video BRAINにご相談ください。専門のスタッフが丁寧に説明させていただきます。


手軽に高クオリティの動画を作るなら「Video BRAIN」

  1. 予め用意された動画テンプレートが1,800以上用意されており、初心者でも企画なしで利用シーンに合わせた動画制作・編集が簡単
  2. 商用で利用できる著作権フリーの画像、動画、BGMも素材サービスと連携しており、素材撮影や編集にかかる工数を大幅に削減
  3. 最大60分の長尺の動画作成と書き出しができ、クラウド編集のためパソコンのスペックに依存せずに編集が可能
  4. 一般的に使われてるMP4だけでなく、「MOV」「パワーポイント」「GIFアニメーション」など多様な書き出し形式に対応した独自機能
  5. 入力したテキストから、音声データに自動でナレーションを生成する機能や各シーン毎に効果音、BGMの編集が可能
  6. 「タイムライン」などの動画編集のプロが使う機能を誰でも簡単に使えるため、表現の自由度が高い

これから動画活用を始めたいと思っている方や、動画編集や配信後の効果的な施策に悩んでる方は是非Video BRAINの導入をご検討ください。

この記事をシェアする