1. TOP
  2. 動画制作
  3. 動画制作を仕事にする方法・手順|未経験からの始め方を分かりやすく解説

動画制作を仕事にする方法・手順|未経験からの始め方を分かりやすく解説

現代では、自分で動画を撮影・編集してWeb上に投稿するということが一般的になりました。以前は、専門的なイメージが強かった動画制作という仕事ですが、自分も動画制作を仕事にしたいと考える方が増えたのではないでしょうか。

この記事では、動画制作を仕事にする方法や手順についてご紹介します。動画制作を仕事にする方法や手順を知ることで、未経験であっても動画制作という仕事に携わりやすくなるでしょう。

動画制作の仕事とは?

現代では、動画制作を仕事として選択する方が増えてきました。では「動画制作の仕事」とは、具体的にどのようなことをするのでしょうか。簡単な動画制作であればイメージしやすいですが、仕事となると、専門的なイメージがあるかもしれません。

動画制作は仕事の幅が広く、TVやCMの企画・制作を始め、Webコンテンツやアニメーションなど多岐にわたります。

動画制作の仕事は非常にやりがいを感じられる仕事です。また、制作に携わった動画に対する反響がダイレクトに感じられる仕事でもあります。アイデアや企画を発案し、それを動画という形で表現するクリエイティブな仕事ならではの楽しさや達成感も感じられます。

動画制作の仕事で求められるレベル

では、動画制作を仕事にする場合、どれくらいのスキルやレベルが求められるのでしょうか。動画制作は技術系や企画系といったように職種が細かく分類されています。

それぞれの分野で求められるレベルも違いますので、自分が目指す職種のレベルを把握する必要があります。

まずは技術系についてです。特に、資格保有者である必要性はありませんが、クライアントの要望をそのまま映像に反映するというスキルが求められます。

動画ツールの操作テクニックはもとより、動画制作にはセンスや芸術性も求められます。資格は必須ではありませんが、映像関係の検定を受験するといいでしょう。自分のスキルアップにもつながります。

次に企画系についてです。動画の企画・制作では、管理スキルや交渉スキルなどが求められます。業務内容としてデータリサーチ・手配・管理・交渉など、動画制作がより円滑に行われるようにサポートする業務になります。

ここでは技術系と企画系の2つをご紹介しました。どちらにも共通して求められるスキルは、コミュニケーション能力やビジネススキルです。これらのスキルは高いに越したことはありませんので、レベルアップに努めましょう。

動画制作を仕事にする方法は2つ

動画制作を仕事にする方法は2通りあります。1つ目は動画制作を行っている会社に就職する方法です。また、2つ目はフリーランスとして仕事を請け負いながら活動する方法です。

それぞれどのような手順で進めればいいのでしょうか。次の見出しでは、詳しい手順について紹介していきます。

動画制作を行っている会社に就職する

動画制作の仕事がしたいと考える多くの方が選択するのが会社就職です。実際に働きながらスキルや知識を得ることができます。また、安定的な収入を得ることができる点も魅力です。

ここ数年で動画市場が急成長したことに伴い、業界では人材不足となっている会社が多いです。そのため、現在では未経験者を募集する会社も少なくありません。では、動画制作会社へ就職する場合のポイントを確認してみましょう。

・動画制作の専門学校に通うとスキルアップや経験が積める
・派遣やアルバイトから社員へのキャリアアップという道もある
・自身のYou Tubeチャンネルのクオリティが高ければ実績になる場合もある

未経験で動画制作の会社に就職する場合は、「未経験者歓迎」など明記してある求人に応募してみるといいでしょう。特に、資格を保有していなくても動画制作の仕事はできるため、未経験者の方でも始めやすいでしょう。

フリーランスとして業務委託を請け負う

独自で作成した動画のクオリティが高ければ、経験を積んでいなくてもフリーランスで活動できる場合があります。最初のころは簡単な作業の依頼が多いかもしれませんが、少しずつ実績を積んでいくと、高収入の依頼も入ってくるでしょう。

現代では、SNSやYouTubeに投稿されている動画のレベルが高いこともあり、実績や所属に関係なく、一定のクオリティを持ち合わせているクリエイターには、クライアントから依頼が入ることも珍しくありません。

そういった点ではSNSやYouTubeといった市場はフリーランスにとって実績を作る場にもなります。

動画制作を仕事にした場合の年収

動画制作の仕事では、いったいどれくらいの年収が得られるのでしょうか。こちらも会社に就職した場合とフリーランスの場合では違いがあります。

安定した収入を得たい場合は会社就職、高収入を狙いたい場合はフリーランスというように、自分が目指す年収と自身のスキルを見合わせて選択しましょう。

それでは会社就職とフリーランスでの年収の違いを次の見出しで詳しくご紹介します。

動画制作を行っている会社に就職した場合

会社に就職した場合だと一定の年収を得ることが可能となります。今回は正社員・派遣社員・アルバイト(パート)の平均年収をご紹介します。

雇用形態年収(月給) / 平均時給
正社員448万円(月37万円)
派遣社員1,699円(時給)
アルバイト(パート)1,000円(時給)
※一般的な平均年収で比較しています。

正社員の年収は日本の平均年収と比較すると、少し高くなっています。初任給の月給相場は22万円というデータがあります。ただし、勤務先の規模やスキル・経験により年収の幅は広がるでしょう。

動画制作の会社に就職する際は多少なりともスキルがあると有利になるでしょう。しかし、就職後にスキルアップと実績を十分に積める業界ですので、年収アップも目指せるでしょう。

フリーランスとして業務委託を請け負った場合

続いて、フリーランスの場合を見ていきましょう。フリーランスの年収幅は大きく、平均値を導き出すのは非常に難しい市場となっています。制作する動画の内容やフリーランスのスキルによっても大きな差が生まれます。一例を表で確認してみましょう。

種類金額
インタビュー動画3万円~
会社紹介・PRの動画15万円~
商品紹介・サービス紹介の動画30万円~
You Tube向けの動画5万円~30万円
アニメーション動画20万円~50万円
※あくまで一例です。

フリーランスの強みはクオリティとスキルです。クオリティが高い動画を作成すれば、それが実績となり、より高単価の依頼を受注することが可能になってきます。しかし、安単価の依頼や単調な作業、簡単な依頼が多い場合には、単価の幅は広がらず年収アップも難しいのが現状です。

フリーランスとしてやっていく場合は、自らのスキルアップと実績を日々向上していくことが求められます。すべては自分の実力にかかっているということです。

動画制作を未経験から始める方法・手順

では、動画制作を未経験から始めるにはどうすれば良いのでしょうか。興味はあるけど始め方が分からないという場合や、どうすれば仕事として確立していけるのかという疑問を解決していきましょう。次の見出しで未経験者から動画制作を仕事にする方法を見ていきます。

まずは動画編集ツールを利用する

まずは、動画編集ツールを利用して仕事を得る方法です。最近の動画編集ソフトは初めてでも扱いやすいものが多いのが特徴です。AI搭載のツールなども開発されており、未経験者でも直感的に操作できるという魅力があります。

また、動画編集ツールを使用することで仕事の幅が広がり、より多くの案件受注へとつながる可能性があるでしょう。

求人サイトやクラウドソーシングで求めれている動画クリエイティブを調査する

在宅ワークが主流になった近年では、クラウドソーシングでの求人が多くなっています。動画クリエイターの募集も例外ではありません。クラウドソーシングでの求人は、求められるスキルの幅が広いのが特徴です。

初歩的な動画編集ができれば受注できるものから、プロフェッショナルなスキルを求められる案件など、様々です。未経験から始めるのであれば、テロップ挿入やカットつなぎなどの案件を調査し、応募してみると仕事として始めやすいでしょう。

スキルアップに必要な教材・セミナーなどを利用する

独学で動画制作を習得するのには、やはり限界があります。将来性を見据えてしっかりと学び、基礎からきちんと習得したいという方には、教材やセミナーがおすすめです。

求人媒体社が開催しているスキルアップ講座を受講すれば、無料でノウハウを習得できます。また、求人媒体社のため、その後の求人を紹介してもらえるという魅力もあります。

しかし、募集は不定期なことが多く、毎回Web動画に特化した講座が開講されるわけでもないので、その点には注意が必要です。

また教材付きのオンライン動画で基礎を学ぶこともできます。「デジハリAdobeマスター講座」は、教材を使用しながらAdobeソフトの基礎が学べる講座です。

求人媒体の講座とは異なり教材費がかかりますが、動画編集の基礎が学べるので、未経験者から動画制作を仕事にする場合には、非常に魅力的な講座だと思います。

「就職」もしくは「フリーランス」を選択する

最後は動画制作会社への就職、もしくはフリーランスで案件依頼といった選択肢です。就職すれば、日々実践しながらスキルアップと実績習得が果たせます。未経験者が動画制作を仕事にする場合、1番手っ取り早い手段です。

初めのうちは実績も経験もないところから始めるので、収入を得るまでが大変でしょう。しかし、案件受注と併せて、自身のスキルを磨いていけば、実績が伴ってくるため、高案件を受注できるようになります。初めのころは、安定せず苦労しますが、努力するほど実力が評価され、それが実績へと繋がります。

動画制作は効果検証がポイント

動画マーケティングでは制作した動画が非常に重要となってきます。先に動画マーケティングについてご説明します。動画マーケティングとは、映像作品や広告を利用したWebマーケティングの手法の1つです。商品の魅力やサービスを動画を通してアピールするという目的があります。

動画制作ではこの動画マーケティングの効果検証が重要となってきます。動画マーケティングにおいて、成功とされる動画はありません。そのため、投稿した動画のアクセス数や再成率を検証します。検証結果を元に改善していくことで、少しずつ効果を向上させていくのです。       

ちゃんと動画クリエイティブのPDCAサイクルを回せていますか?

PDCAサイクルという言葉をご存知ですか?

PDCAとはPlan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)の4つの言葉の頭文字を取ったものです。動画マーケティングにもPDCAサイクルは不可欠です。

情報量が多くなっている現在、お客様に情報を届けるためにはPDCAサイクルを的確に回したマーケティング活動が重要となってきます。

動画制作においても、ただ作成するだけでなく、お客様の期待する効果を出すためにPDCAサイクルを回すことを、常に意識しながら動画作成に臨む必要があります。

動画編集ツールがPDCAサイクルを加速させる理由

そんな動画制作を手掛ける皆さんに、おすすめするのがVideo BRAINです。Video BRAINはPDCAサイクルを加速させてくれます。その理由として、Video BRAINは直感的な操作性と併せて高品質な動画を簡単に作成できるシステムだからです。

次の見出しで詳細を見ていきましょう。

Video BRAINにはAIが搭載されています。そのため、クラウド上に投稿したテキストと素材を自動的にマッチングしてくれます。操作も簡単で、未経験者でも直感的に操作できるのも嬉しい点です。

また、Video BRAINのAI精度は非常に高いのが魅力です。テキスト中から必要な箇所を判断し、自動で切り取りを行い素材とマッチングさせます。一切手を煩わせることなく動画編集が行えるということです。

豊富なテンプレート×フォントで「ワンパターン」から解放される

Video BRAINの魅力は、なんといってもテンプレート種類が豊富な点です。同じ様なテンプレートが多く、ワンパターンになりがちなのが動画ソフトの悩みポイントでした。しかし、Video BRAINなら60種類以上のテンプレートがあり、オリジナリティ溢れる作品を作り出すことができます。

投稿した動画を素早く分析・効果検証できる

Video BRAINでは、投稿した動画を素早く分析することが可能です。自社はもちろん、競合他社のフォロワー推移や投稿データなどを、いち早く検証できます。SNSはFacebookとInstagramに対応しており、最大30アカウントまで登録できます。

分析結果を検証した上で、改善ポイントなどを洗い出しましょう。Video BRAIN Analyticsが分析できるのは以下の5項目です。

(1):アカウント分析
(2):ベスト投稿分析
(3):投稿頻度分析
(4):投稿タイプ別分析
(5):インサイト分析

まとめ

今回は未経験者でも動画編集を仕事にできるのか、またその手順や方法について見てきました。現代では動画編集が身近なものとなり、仕事にしたいと考える方が少なくありません。

便利な編集ツールなども多く開発されているので、それらを活用すればフリーランスも実現できるでしょう。

また、動画市場はまだまだ発展途上です。Video BRAINを使うことで、搭載されたAIや豊富なテンプレートを活用して、よりオリジナリティ溢れる動画を作成できるでしょう。

また、Video BRAINを導入すれば、直感的に動画作成ができるようになります。未経験者でもクリエイティブな動画を作成できるので、動画制作を仕事にしたいと思っている方は、ぜひVideo BRAINの導入を検討してみてください。
https://video-b.com/case/


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする