1. TOP
  2. 動画制作
  3. YouTubeの動画撮影に必要な機材6選!カメラや編集ソフトの選び方は?

YouTubeの動画撮影に必要な機材6選!カメラや編集ソフトの選び方は?

趣味からビジネス利用まで、多くの方がYouTubeに動画を投稿するようになりました。より質の高い動画を作成するために、本格的な撮影機材を購入しようかお悩みの方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、YouTubeの動画撮影・編集に必要な機材について解説します。選ぶポイントがわかれば、無駄な買い物をすることなく、満足のいく動画が作成できるようになるでしょう。また、動画をビジネス利用する場合に役立つ編集機能についても取り上げます。

 

企業向けYoutubeやSNS動画広告など動画撮影や編集のポイントまとめた資料をダウンロード頂けます。ご興味ある方はこちらもご覧ください。

  

YouTubeの動画撮影に必要な6つの機材

YouTube撮影に必要な機材の画像

YouTubeの動画作成自体は、スマホひとつでもできます。しかし、質が高くセンスの良い動画を作成したいのであれば、他の機材も活用するほうが合理的です。

どんな分野でも、良いものを求めていけばキリがありません。撮影用機材にしても同じことです。ここでは、基本的に必要な機材を取り上げます。基本さえ押さえておけば、自分に合った機材を見つけることも容易です。

1.撮影用カメラ

YouTubeの要は動画です。撮影用カメラにはこだわりましょう。数秒から1分~2分の短い動画などは、スマホのカメラでも十分です。ただし、画質が低いと、視聴者を引き付ける力が弱くなります。スマホを使う場合には、カメラ機能を確認してから購入することが重要です。iPhoneであれば、iPhone7以降を目安にするとよいでしょう。

より凝った動画や長めの動画を作成したいのであれば、一眼レフカメラ・ビデオカメラ・アクションカメラなどから、撮影内容に適した高画質のカメラを使用します。

2.三脚

カメラを固定して撮影する場合に必要なのが三脚です。三脚があれば、ブレを抑えられるだけでなく、傾きのない写真や動画を撮影できます。三脚は商品によってタイプやサイズが異なるため、撮影内容とカメラの種類を確認してから購入しましょう。

スマホでの撮影が多い場合には、三脚機能を併せ持つ自撮り棒がおすすめです。脚が自由に曲げられるタイプの三脚は、地面が平らではない場所でもしっかりと固定できるため、屋外での撮影に向いています。室内撮影用にテーブルトップの三脚キットを購入する場合には、カメラを固定する雲台の耐荷重も確認しておきましょう。

3.マイク

カメラ内蔵のマイクもありますが、クリアで音質のいい動画を作成したいのでれば、外部マイクの利用をおすすめします。

内臓マイクで録音した音声は、さまざまなノイズが交じり、肝心の音がよく聞き取れないことも少なくありません。外部マイクは、聞きたい音をクリアに録音するための必須アイテムと言えるでしょう。

マイクが向いている方向の音をしっかりとキャッチするガンマイクは、人の声を収録するのに向いています。口紅サイズのワイヤレスマイクは、動きながらの撮影に最適です。スマホ撮影向けのマイクもあります。

4.照明

映像のクオリティを上げるためには、照明も必要です。照明を使えば、全体を明るい印象にしたり、陰影をつけたりというような形で、メリハリのある撮影ができます。室内撮影の場合、その効果は顕著です。肌の質感などもきれいになるため、多くの人気YouTuberが照明にこだわるのもうなずけます。

照明は、専用三脚を利用する大型タイプのものから、カメラやカメラ用三脚に取り付け可能なコンパクトタイプのものまでさまざまです。電源(AC・コードレス)やライト(LED・蛍光灯など)には複数の種類があるため、撮影用途に合わせて選ぶとよいでしょう。

5.パソコン

YouTubeに投稿するためには、撮った写真や動画を編集しなければなりません。スマホでもアプリを使って簡単な編集はできます。しかし、自分らしさを表現したいのであれば、こだわりをもって細かく編集するという作業が欠かせません。時間が長めの場合にも、編集が動画の出来を左右します。

編集をスムーズに行ううえで、パソコンは必須アイテムです。YouTube動画の編集という目的があるので、映像処理に適したスペックの機種を選びましょう。次に説明する動画編集ソフトとの相性も重要です。

6.動画編集ソフト

YouTubeに動画をアップするためには、動画編集ソフトを使って素材を作品に仕上げます。編集・加工の基本は、素材の中から必要なものだけを取り出してつなげ、字幕や効果音、BGMで飾りつけして動画として出力するという流れです。

数多くの動画編集ソフトがありますが、商品によって備わっているツールが違うため、自分が必要とするツールが含まれているかどうかを確認することが大切です。

動画編集ソフトに備わっているツール例

・カット編集
・BGM挿入
・テキストテロップ
・各種フィルター
・明るさや色調補正
・書き出し
・動画出力
・トランジション
・自動編集
・画面録画
・4K対応
・360度編集
・アクションカメラ
・縦動画

ツールの機能は、ソフトによってかなりの違いがあります。「ある・なし」だけでなく、自由度の高さ、サウンドやテンプレートの豊富さなども吟味しましょう。

使いやすさも重要です。操作が複雑だと、せっかくの機能を活用できません。直感的な操作が可能なソフトを使えば、パソコンスキルが高くなくても、高品質の動画を作成できます。

  

動画編集に関連する記事はこちら

 

撮影用機材を準備する際のポイント

ノートパソコンの前に立っている男性

中程度の精度で自動的に生成された説明

YouTubeに投稿するのであれば、より多くの方に「見てみたい」と思ってもらえるような出来を目指したいものです。そのためにも、使いやすくて高品質な撮影・編集機材を用意しましょう。しかし、多くの機材を一度にそろえると、うまくいかないこともあります。機材を上手にそろえていくにはどうすればよいのでしょうか。2つの方法を紹介します。

最初は最小限の機材から始めよう

優れた性能・品質機材でも、作成目的や自分のスキルに合っていないと、足りないところを補う別の機材が必要になることがあります。安い買い物ではない場合も少なくないので、まずは必要最小限の機材から始めてみましょう。

最小限の機材を使いこなせるようになると、さらにどんな機能が必要なのかがはっきりとわかります。机上の計算ではなく実際に使ったうえでの判断となるため、本当に必要なものだけを加えていくことができ、無駄がありません。

機材のレンタルサービスもある

動画撮影用機材には、高価なものが少なくありません。使用感がわからないため二の足を踏んでしまったり、気になる商品が複数あるため迷ってしまったりすることもあります。このような場合には、購入前にレンタルサービスで使用感を確かめるという方法がおすすめです。

レンタルサービスには、カメラを中心とした電化製品のレンタルと、ネット配信機材一式を総合的に扱っているレンタルとがあります。品ぞろえや価格、返却方法などを確認してから利用しましょう。

【YouTube】動画撮影用カメラの種類と選び方

上を見上げている

低い精度で自動的に生成された説明

動画撮影用のカメラは、撮影内容に合わせて選びます。室内か屋外か、動的動画か静的動画か、近景か遠景かなど、内容ごとに最適なカメラは異なるため、各種カメラの特徴を押さえておきましょう。カメラの種類は実にたくさんあるため、すべてを取り上げことはできません。ここでは、YouTube撮影に多く使われる4種類のカメラについて説明します。

1.一眼レフカメラ

一眼レフカメラは、高画質での撮影が持ち味です。広角レンズや望遠レンズなど、シーンに合わせてレンズを交換すれば、変化のある映像が撮影できます。ただし、カメラ自体が大きいため、慣れるのに時間がかかるかもしれません。

また、動画撮影よりも写真撮影を念頭に置いて作られている一眼レフカメラの中には、動画撮影の録画時間が短いものがあります。YouTube用の撮影に向いていないので、長時間録画のできるタイプを選ぶようにしましょう。

2.ビデオカメラ

ビデオカメラは、片手で撮影できるのが特徴です。軽くて手ぶれにも強いため、被写体を追いかけるような屋外撮影に向いています。コンパクトな手持ちタイプのビデオカメラは、歩きながらの撮影に最適です。もともと長時間撮影が前提となっている点も、YouTube用の動画撮影向きと言えるでしょう。

全般的な画質は、一眼レフカメラに比べるとやや劣ります。業務レベルの高画質で撮影できるビデオカメラもありますが、かなり高額です。

3.アクションカメラ

アクションカメラはその名の通り、「動作(アクション)」に強いカメラです。手のひらに収まるコンパクトサイズで、体をはじめ、さまざまな場所に取り付けられます。頑丈なので、スポーツなど激しい動きにも対応可能です。防水機能もあるため、雨天でも安心して撮影できます。

軽くて持ち運びしやすく、さっと取り出してタイミングよく撮影できるのも魅力です。旅行動画やアウトドアでのアクティビティには最適なカメラと言えるでしょう。

4.ドローン

ドローンは小型の無人航空機です。搭載したカメラを使えば、遠くから広大な景色を撮影できます。動きのあるアクション動画を遠景から迫るように撮影することも可能です。自動追尾機能を使って、ロードバイクや馬などが走るシーンを、上空から追いかけて撮影することもできます。

ドローンにはいくつかの種類があり、200g以下のものは「トイドローン」、200gを超えるものは「空撮ドローン」と言われます。それぞれに撮影可能なエリアや高度が決められているため、使用前に確認が必要です。

【YouTube】動画編集用ソフトの選び方

タイムライン が含まれている画像

自動的に生成された説明

YouTube投稿の最終段階は動画編集です。魅力ある動画に仕上げるためには、動画編集ソフトの選択も重要です。何に注目して選ぶとよいのか、詳しく解説します。

編集デバイスから選ぶ

編集デバイスによって、使える編集ソフトは限定されます。スマホを使って編集する利点は、とにかく手軽にできることです。撮影したデバイスで、そのまま編集までできるシンプルさは。複雑な編集はできませんが、数十秒から1分~2分ほどの短い投稿動画には十分です。

本格的で質の高い動画に仕上げたいのであれば、パソコンでの編集となります。パソコンの機種・スペックによって使用できる編集ソフトが異なるため、推奨環境を調べておきましょう。

編集内容から選ぶ

パソコンを編集デバイスに選んだのであれば、自分の目指す動画の内容を整理し、それに合った編集ソフトを探します。こだわりのある方は、4K対応や360度編集など、撮影素材を生かす編集ツールが含まれているかどうかを確認しておきましょう。

一から編集することに自信がない方や時間を節約したい方には、自動編集機能がおすすめです。AIが自動でBGMや効果音、エフェクトなどを追加して、本格的な動画を作成してくれます。

コストパフォーマンスで選ぶ

無料ソフトと有料ソフト、どちらにも利点があります。しかし、多くの人気YouTuberが有料ソフトを使っていることを考えると、無料ソフトでYouTube動画を作成するのには限界があることもわかるのではないでしょうか。機能が制限される無料ソフトは、練習用にはうってつけです。

ソフトは高価なものほど良いと考えがちですが、必ずしもそうとは言えません。ツールがたくさんあっても、使わなければ意味がないからです。自分に必要なツールがきちんとわかっていれば、余計な支出を抑えられるでしょう。

法人向け/個人向けに特化したものを選ぶ

YouTube運営は、個人で行うか法人で行うかで大きな違いが生まれます。

個人で行う場合は、素朴な編集でも、どれだけ時間をかけてこだわった編集をしても自由です。しかし法人でYouTubeを運営する場合は、会社やサービスのブランドのためにもある程度のクオリティを保てて、生産性が高く効率的に動画を作れる編集ツールが必要です。

素晴らしい編集ツールはたくさんありますが、その多くは「個人が使う」ことを前提にしているかもしれません。値段や編集自由度だけでなく、「個人向け」なのか「法人向け」なのかを注意してみましょう。法人向けのおすすめ編集ツールについては、こちらの記事をご参考ください。

まとめ

質の高いYouTube動画を作成するためには、撮影用の機材と編集ソフトが必要です。動画の内容と自分のスキルに合った機材と動画編集ツールを用意することでクリエイティブ性の高い動画を制作することができます。

 

企業向け動画編集ツールやサービスを選ぶポイントをまとめた資料をダウンロード頂けますので、ご興味ある方はこちら

 


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする