1. TOP
  2. ブログ
  3. 動画制作
  4. ECサイトに動画活用するメリットとポイントを紹介

ECサイトに動画活用するメリットとポイントを紹介

ECサイトに動画を取り入れると、商品の特徴が伝わって購入へとつなげることができます。SEO対策でアクセス数が高まるのもメリットでしょう。

今回は、ECサイトで動画の活用がおすすめの理由や導入する方法について紹介します。

 

ECサイトに動画を活用する3つのメリット

ECサイトでの売上アップや多くの集客を目指すためには、動画の活用が効果的です。商品紹介や使い方を説明した動画を取り入れることで、より高い売上向上が見込めます。さらに、SEO対策やサイトのイメージアップを図ることもできるでしょう。

ここでは、ECサイトに動画を活用するメリットについて、3つ紹介します。

 

1)商品を確認できない不安をなくす

ECサイトは店舗に出向いて購入するという手間がなく、ほしいものがすぐに手に入るのが人気の理由です。しかし、商品を手にとって見ることができないため、商品が届いてみたらイメージと違っていたということも少なくありません。商品画像だけでは色味やサイズ感がよくわからない場合もあるでしょう。

イメージと異なる商品は、返品や交換の依頼も多くなります。また、ユーザーは手に取れないため不安になり、購入を躊躇する場合も少なくないでしょう。

動画はそのようなECサイトのデメリットを解消します。動画はテキストや画像に比べて情報量が圧倒的に多く、1分間の映像には文字情報に換算して180万文字分、およそ5,000倍もの情報量があるほどです。これは、Webページの3,600ページ分に相当します。

動画を見ることでユーザーは具体的なイメージを把握し、不安をなくして購入へと進める可能性が高くなるでしょう。

 

2)SEO対策で集客が見込める

動画はサイトのSEO対策にもつながります。Googleの検索エンジンはユーザーに有益な情報を検索結果の上位に表示する仕組みとなっており、動画の場合は有益な情報と判断されることが多いためです。

そのため、動画の活用はECサイトをGoogleの検索結果や動画検索において上位表示することに役立ち、

クリックされることで多くの集客が見込め、購入へとつなげることが可能です。

 

3)サイトのイメージアップを図れる

動画の活用は、サイトのイメージアップにも役立ちます。圧倒的な情報量を活かせば、商品の紹介にとどまらず、サイトのブランドイメージを高めることも可能です。

例えば、おしゃれな動画で独自の世界観やメッセージを伝えれば、サイトのファンを増やすこともできるでしょう。競合他社と差別化することで、「このサイトだから安心して購入する」という固定客を増やすこともできます。

 

ECサイトに動画を取り入れるデメリット

ECサイトに動画をアップすることは大きなメリットがありますが、デメリットになる側面もあります。

制作にはコストがかかり、クオリティの高い動画を作るためには専門的なノウハウも必要という面です。

質の低い動画を作成してアップしてしまうと、商品やサイトのイメージを損なうこともあるでしょう。ここでは、ECサイトに動画を取り入れる際、懸念されるデメリットについて紹介します。

 

制作にコストがかかる

動画制作には時間と手間、コストがかかります。自社で制作する場合には機材の調達が必要になり、制作に携わる人材も揃えなければなりません。

自社にリソースがない場合は、制作会社に依頼する必要があります。制作費は動画の内容にもよりますが、クオリティの高い動画を作ろうとすればある程度まとまった予算が必要になるでしょう。

 

自社で作るのはノウハウが必要

予算の関係により自社で制作したい場合、動画制作のスキルとノウハウが必要になります。そのような人材がいない場合は、本やセミナーで学び、ある程度の知識やスキルを身につける必要があるでしょう。

とはいえ、近年は高性能な動画編集ツールの開発が進んでおり、初心者でも一定のクオリティを確保した動画制作が可能になっています。

自社で制作しようと考える場合は、それらのツールを活用するとよいでしょう。いくつか提供されている中でおすすめなのは、「Video BRAIN」です。簡単に制作するための機能を豊富に搭載しており、初心者でもすぐに動画制作を開始できます。

AI搭載で、写真、映像、テキストをアップロードするだけで動画を完成でき、細かい編集や修正もワンクリックで思い通りにできるのが魅力です。

料金は月額定額制であり、追加料金を気にせず動画が何本でも作れるのが大きなメリットといえるでしょう。

 

動画制作の内製化なら「Video BRAIN」

「Video BRAIN」は、プロが使うような編集機能で誰でも簡単に動画を作ることができる動画制作ツールです

  

ECサイトに動画を取り入れる3つの方法

ECサイトに動画を取り入れる場合、次のような3つの方法があります。

  • 商品の紹介
  • 商品の使い方を説明
  • ブランドイメージの向上

商品紹介では、その商品がどのように魅力的なのかをアピールします。使い方を紹介する動画では、わかりやすくするため随所にテロップやナレーションを入れることがポイントです。

ここでは、ECサイトに動画を取り入れる方法について紹介します。

1)商品の魅力を伝える

商品を紹介するときはただ漫然と撮影するのではなく、短い時間でいかに商品の魅力を伝えるかを考えなければなりません。

どのようなターゲット層に向けているか、商品のどのような魅力を伝えたいのかを明らかにして、表現方法を考えます。ユーザーの興味を惹くインパクトがある映像に仕上げることも、商品紹介の動画制作に必要なポイントです。

 

2)商品の使い方を紹介する

商品の使い方を紹介する場合は、わかりやすく伝えましょう。長すぎる動画はNGです。短い時間の中で要点を絞り、的確に説明しなければなりません。冒頭の数秒に興味を惹く内容を入れれば、継続して見てもらえる確率も上がります。

テロップやナレーションも活用しましょう。映像を補うテキストや音声を入れることで、商品の理解がより高まります。

 

3)ブランドイメージをアピールする

ブランドイメージをアピールする動画では、いかに自社の世界観を伝えられるかを考えましょう。まず自社ブランドの存在意義を考え、コンセプトを明確にします。動画ではコンセプトに対して共感を得る内容にまとめることが大切です。

共感や感動を呼ぶ動画を作れば、SNSによる拡散も期待できます。例えば、ストーリー性のある動画であれば、自社のコンセプトや世界観をわかりやすく伝えられるでしょう。

 

ECサイトの動画で成果を出すポイント

ECサイトに動画を取り入れて成果につなげるためには、次の2点を押さえるようにしましょう。

 

  • SNSを活用する
  • 尺の長さを適切にする

 

SNSはユーザー数が多く、広範囲のユーザーが動画を目にする可能性があります。また、動画の尺も成果をあげるために重要な要素で、目的に合わせて適切な長さにすることがポイントです。ECサイトの動画で成果を出すためのポイントについて、2つ紹介します。

 

SNSを活用する

ECサイトの動画は、SNSに配信することで大きな効果が期待できます。TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSは数多くのユーザーがアクセスするため、動画を多くの人に見てもらえる可能性があるでしょう。

また、SNSは「いいね」やリツイート、シェアなどを通して拡散されるのが特徴で、より多くのユーザーに動画を見てもらえます。自社の商品やブランドが広まることで、ブランディングや見込客を増やす効果も期待できるでしょう。

 

適切な尺にして表現を工夫する

動画は目的に合わせて適切な尺にすることも大切です。あまりに長い動画では視聴者が途中で離脱してしまう可能性もあり、成果につながりにくくなります。一方で尺が短すぎても、商品の魅力を十分に伝えることはできないでしょう。

商品紹介や使い方の動画を作る場合、45~90秒程度の尺が良いとされており、商品の有益な情報を簡潔に伝えるためには適切な長さといえるでしょう。

 

ECサイトの動画活用で売上を伸ばそう

ECサイトに動画を取り入れることで、ユーザーは商品を購入する際の不安をなくすことができます。動画を活用することで多くの情報を伝えることができ、成果につながりやすくなるでしょう。動画はブランドイメージを高める効果もあり、ファンを増やして固定客を獲得することも期待できます。

動画は制作コストがかかりノウハウが必要という側面がありますが、高性能な動画編集ツールを使えば、初心者でもクオリティの高い動画制作が可能です。ツールを選ぶ際には、ぜひ「Video BRAIN(ビデオブレイン)」を検討してみてはいかがでしょうか。


 

この記事をシェアする