1. TOP
  2. ブログ
  3. 動画制作
  4. コンセプト動画とは?作り方やポイントも紹介

コンセプト動画とは?作り方やポイントも紹介

「コンセプト動画」とは、企業や学校などの特徴や思いを表現した動画のことです。抽象的なイメージも具体的に表現でき、閲覧者に企業や学校に対する確固としたイメージを持ってもらいやすくなります。どのように作るのか、また、差別化を図るコツを見ていきましょう。

コンセプト動画とは企業概念の具体化を目的とした動画

コンセプト動画とは、企業の概念(コンセプト)を具体的に表現することを目的とした動画です。企業のコンセプトには、夢や希望などの抽象的な概念や言葉にすることが難しい思いなどが含まれていることが多いため、社外の人にとっては明確にはつかみづらいと感じるかもしれません。

しかし、言葉ではなく動画で目に見える形にすることで、コンセプトや思いが具体的なイメージとなって伝わるでしょう。

 

ブランディング動画とは異なり視聴者に行動を促す

企業のイメージを伝える動画の中には「ブランディング動画」と呼ばれるものもあります。ブランディング動画とは、企業が消費者に抱いて欲しいイメージを伝える動画です。例えば、建設会社であれば、世界中のインフラ整備に関わっているイメージや社員が真摯に働くイメージなどを、ブランディング動画を通じて消費者に伝えることができるでしょう。

一方、コンセプト動画は企業のコンセプトを伝えるだけでなく、視聴者に何らかの行動を促す動画です。例えば、新商品の良さを伝えることで商品購入を促したり、社員の働いている様子やイメージを具体化して伝えることで採用活動を促進したりします。

 

動画制作の内製化なら「Video BRAIN」

「Video BRAIN」は、プロが使うような編集機能を誰でも簡単に動画を作ることができる動画制作ツールです。

 

プロモーションビデオは販売促進を目的とした動画

プロモーションビデオとは、販売促進に特化した動画です。企業のコンセプトを伝える側面はなく、特定の商品の良さを伝え、消費者に購入を促すことを目的としています。

また、プロモーションビデオにより、商品にストーリー性を持たせることで付加価値を生むこともあるでしょう。例えば、有名な俳優を使って商品におしゃれで高級なイメージをプラスしたり、贅沢なシチュエーションで商品やサービスを使っている動画により、ラグジュアリーなイメージを伝えたりすることもあります。

 

会社がコンセプト動画を作成する3つのメリット

コンセプト動画を作成することで、次のようなメリットを得られます。
 

  1. 抽象的なコンセプトを分かりやすく表現できる
  2. 類似する企業との差別化を図ることができる
  3. ユーザーに親しみやすさを感じてもらえる

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

1)抽象的なコンセプトを分かりやすく表現できる

コンセプト動画を作成すれば、企業の理念や目指す姿など、抽象的な言葉で表現されるものを具体的に伝えることができます。また、ストーリー仕立てにするなら視聴者の記憶に残りやすく、伝えたいものをより深く伝えられるでしょう。

ストーリー仕立てにするだけでなく、インタビュー形式にしたりCGを使ってダイナミックな動きにしたりすることもできます。伝えたい思いを伝えたい形で伝えることで、視聴者の心を動かしましょう。

  

3)類似する企業との差別化を図ることができる

コンセプト動画を作成することで、類似する商品やサービスを提供している企業との差別化を図れます。例えば、高級志向のチョコレートは多数ありますが、コンセプト動画を作ることでおしゃれさをアピールしたりプレゼントするシチュエーションを紹介したりすれば、他の高級チョコレートとは異なる魅力を付加することができるでしょう。

 

3)ユーザーに親しみやすさを感じてもらえる

視聴者の共感を得ることを意識したコンセプト動画を作成すれば、商品やサービス、また、企業に対して親しみやすさを感じてもらえるかもしれません。反対に企業が視聴者に持って欲しいイメージを押し付けるような動画を作成すると、押し付けがましい印象を植え付けるリスクがあります。動画を作成するときは、視聴者の共感を得られることに重きをおくようにしましょう。

 

動画活用を検討するときのお役立ち資料をダウンロード頂けます

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2021-12-06-13.11.10-4-1000x528.jpg

オンラインでのコミュニケーションが急激に増加したことから、広告に限らず社内外の動画活用が進んでいます。

ビジネスシーンにおいても静止画では伝わりづらい商品・サービス紹介の提案書などの伝達、展示会やイベントでの訴求、サービスサイトに来訪時のコンテンツなど、様々なシーンでの活用が増えています。

動画活用を始める前に必ず抑えておきたい「動画活用シーンと具体的な活用事例」をご覧頂けます。

これから動画活用を検討されている方やもっと動画制作や編集に課題をお持ちの方はぜひ参考にしてください。

 

コンセプト動画の作り方と差別化を図るコツを紹介

コンセプト動画を作成する手順は以下のとおりです。
 

  1. 作成する目的とターゲットを細かく設定する
  2. 構成を作成し、具体的な撮影手法を決定する

各段階で何をするのか、また、他企業との差別化を図るコツについて解説します。

 

1)作成する目的とターゲットを細かく設定する

最初にコンセプト動画を作成する目的を設定します。例えば、新しい商品やサービスの販売促進を目的として、企業側の想いや販売に至る過程を動画を使って伝えることができるでしょう。また、採用応募者を増やすことを目的として、企業の仕事内容や将来について伝えることもできます。

目的を定めたら、ターゲットを細かく設定しましょう。商品の販売であれば購入して欲しい層、採用活動であれば応募者を具体的に絞り込みます。

 

・ターゲットを広げると誰にも刺さらない動画になる

「より多くの人に購入して欲しい」と考えるのは当然のことですが、ターゲットを広げすぎると誰にも刺さらない動画になってしまいます。

例えば商品の販売促進であれば、女子中高生も男性会社員も高齢者もというようにターゲットを広げると、本当に購入して欲しいのは誰なのかが分からず、誰にとっても「私以外の誰かに向けた商品だ」と感じる可能性があるでしょう。

ターゲットを絞り込み、ターゲットが「私に向けた商品だ」と感じられるように動画を作成します。

 

・動画の長さに合わせてメッセージの数を絞り込む

動画は文章よりも多くの情報量を短時間で伝えることができますが、あまりにも情報やメッセージを盛り込むと、何を伝えたい動画なのか焦点がぼやけて分からなくなってしまいます。30秒程度の動画であれば1つか2つ、60秒程度であれば3つまでにメッセージを絞るようにしましょう。

 

2)構成を作成し、具体的な撮影手法を決定する

目的とターゲットを絞り込んだ後で、動画の全体的な構成を作成します。また、構成が生きる撮影方法も決定していきましょう。

構成がしっかりと作られていても、動画編集のスキルが低い場合やテンプレート数が少ない場合は動画が単調で面白味のないものになってしまいます。手軽にプロのクオリティを実現できる、Video BRAINをご検討ください。

また、Video BRAINは作成本数に制限がないため、思うような動画が完成しなかったときも何度でも新しい動画を作成できます。追加料金不要で利用できる816万以上のテンプレートを使い、イメージ通りのコンセプト動画を作成していきましょう。

 

コンセプト動画は企業の顔!思いを丁寧に伝えよう

コンセプト動画は強いインパクトを与えるため、企業の顔にもなります。丁寧に作成し、視聴者への思いを伝えるようにしましょう。また、商品やサービスの販売促進や採用活動にもコンセプト動画を活用することが可能です。目的とターゲットを細かく絞り、構成を構築してからイメージ通りのコンセプト動画になるよう作成していきましょう。

 


手軽に高クオリティの動画を作るなら「Video BRAIN」

  1. 予め用意された動画テンプレートが1,800以上用意されており、初心者でも企画なしで利用シーンに合わせた動画制作・編集が簡単
  2. 商用で利用できる著作権フリーの画像、動画、BGMも素材サービスと連携しており、素材撮影や編集にかかる工数を大幅に削減
  3. 最大60分の長尺の動画作成と書き出しができ、クラウド編集のためパソコンのスペックに依存せずに編集が可能
  4. 一般的に使われてるMP4だけでなく、「MOV」「パワーポイント」「GIFアニメーション」など多様な書き出し形式に対応した独自機能
  5. 入力したテキストから、音声データに自動でナレーションを生成する機能や各シーン毎に効果音、BGMの編集が可能
  6. 「タイムライン」などの動画編集のプロが使う機能を誰でも簡単に使えるため、表現の自由度が高い

これから動画活用を始めたいと思っている方や、動画編集や配信後の効果的な施策に悩んでる方は是非Video BRAINの導入をご検討ください。

この記事をシェアする