1. TOP
  2. ブログ
  3. 動画制作
  4. 【動画事例あり】ホテルのプロモーション動画を制作するメリットを紹介

【動画事例あり】ホテルのプロモーション動画を制作するメリットを紹介

ホテルの魅力をより効果的にアピールする手段として、動画制作が注目されています。映像や音声を使えば、部屋の様子やサービスの魅力などをわかりやすく伝えることが可能です。 

今回は、ホテルが動画を活用して得られる効果や制作する際のポイントを紹介します。

 

ホテルのプロモーション動画を制作するメリット・効果

スマートフォンやパソコンなどで動画を視聴することが一般的になった今、動画を用いたプロモーションは顧客獲得に大きな効果を発揮します。すでに多くのホテルがプロモーション動画を活用して、他社との差別化を図っているのです。

ホテルがプロモーション動画を制作することにどのようなメリットがあるのか、ここでチェックしていきましょう。

 

ホテルの魅力が伝わりやすい

文章や写真でもホテルの魅力を表現することは可能ですが、動画を用いた方がより直感的にわかりやすく魅力を伝えられます。美味しそうな食事や内装の美しさなどは、言葉よりも動画で伝えた方が理解してもらいやすいでしょう。

短時間でわかりやすく訴求できるのも動画のメリットです。ホテルの外観・内装・料理・周辺環境といった多くの情報を映像で効率よく伝えられるため、ユーザーを飽きさせずにアピールできます。

 

インバウンド対策になる

言葉の異なる外国人観光客を集客するためには、ホテルの魅力を視覚的に伝えられるプロモーション動画が有効です。外国語の字幕や音声がなくても、映像で施設の雰囲気が伝わるため、さまざまな国の人をターゲットにしてアピールできます。

動画では実際にその場を訪れているかのような臨場感を与えられるので、初めて日本を訪れる外国人観光客の不安解消にも役立つでしょう。周囲の観光スポットも合わせて紹介すれば、親しみを感じてもらえます。

 

ホテルのブランディングに役立つ

動画を活用すれば、スタッフの振る舞いなどを含めたホテル全体の雰囲気が伝わりやすくなります。ホテルの持つ世界観やブランディングを言葉で伝えるのは難しいですが、映像なら具体的かつ抽象的な表現が可能です。

ワンランク上のサービスやラグジュアリーな空間なども動画で魅力的にアピールできるため、ステータス重視でホテルを選ぶユーザーの予約につなげられるでしょう。

 

魅力的な施設紹介動画を制作するためのお役立ち資料をダウンロード頂けます

オンラインでのコミュニケーションが急激に増加したことから、広告に限らず社内外の動画活用が進んでいます。

静止画では伝わりづらい商品・サービス紹介の伝達、採用活動の効率化、施設紹介など、様々なシーンでの活用が増えています。

動画活用時に抑えておきたい「魅力的な施設紹介動画を制作するポイント」をご覧頂けます。

これから動画活用を検討されている方やもっと動画制作や編集に課題をお持ちの方はぜひ参考にしてください。

 

ホテルのプロモーションに効果的な動画コンテンツ

ユーザーの興味を惹きつけるには、施設の予約につなげられるような魅力的なコンテンツが必要です。施設やサービスを紹介するとともに、動画でしか見ることのできないプラスアルファの情報を加えれば、ホテルの魅力がより一層高まります。

ここでは、ホテルの魅力を訴求するためのコンテンツアイデアを紹介するので、参考にしてみましょう。

 

ホテル内の施設や料理を紹介する動画

宿泊する部屋の雰囲気や朝食などの料理メニュー、温泉・スパなどの施設の情報は、ユーザーが予約を検討するときの重要な材料になります。ベッドメーキングや厨房で調理する様子など、普段は見ることのできないシーンも付け加えれば、さらに興味を惹きつけられるでしょう。 

ホテルの窓から見える景色や料理は、季節によって変わります。季節ごとに撮影をして動画を増やしていけば、より有益なコンテンツを提供できるでしょう。

 

ホテルのバーチャルツアーを楽しめる動画

ユーザー目線でホテルを撮影する方法もあります。従業員の出迎えに始まり、ロビーでの対応や部屋に入るシーンなど、ホテルを疑似体験できる動画を制作すれば、ユーザーの期待値も高まるでしょう。

360度動画を活用してバーチャルツアーを展開することも可能です。ユーザーが持つホテルのイメージや期待値とのズレも解消できるため、予約の訴求や満足度の向上につながるでしょう。

 

ホテルの周辺エリアを紹介する動画

ユーザーはホテルそのものだけでなく、周辺エリアも含めて予約を検討します。ホテル周辺の観光スポットや各スポットへのアクセスの良さ、最寄り駅からのアクセス方法などを動画に折り込めば、予約を検討しているユーザーへより良い印象を与えられるでしょう。

施設の紹介動画とは異なる映像を提供できるため、観光スポットで検索したユーザーからの予約も獲得できます。

 

ホテルのプロモーション動画を制作するときのポイント

ホテルのプロモーション動画を作るときは、どうすればホテルの魅力を伝えやすくなるかを考えてみましょう。ここで紹介するポイントを押さえておくと、より魅力的なプロモーション動画が出来上がります。

他社のプロモーション動画と差別化したい場合にも参考になる方法なので、コンテンツづくりに迷ったときの参考にしてみましょう。

 

BGMや音声を効果的に取り入れる

ホテルの雰囲気は、映像だけでは十分に伝わらないことがあります。そんなときは、BGMを織り込んでみましょう。その場の雰囲気に適したBGMを選べば、より魅力が高まります。

音声を入れれば、視覚にプラスしてより多くの情報を伝えることも可能です。滝や波などの自然の音、観光客の楽しそうな笑い声など、さまざまな音を効果的に取り入れてみましょう。

 

ホテルの疑似体験ができる動画を制作する

ホテル側の視点ではなく、ホテルに訪れる人の視点で映像を作ることも大切です。レストランやプールなど、ホテル内のサービスを擬似体験できるような動画を制作してみましょう。

その際、ホテルがアピールしたいポイントを中心に動画を制作するのではなく、ユーザーが知りたいポイントを重視して制作することが大切です。視点を少し変えるだけでコンテンツの訴求力が高まり、ホテルの雰囲気も感じ取りやすくなります。

 

ホテルのプロモーション動画事例3選

ここからは、有名ホテルが実際に制作したプロモーション動画を紹介します。各ホテルがどのようなコンテンツを作成し、どんな点に注目してホテルを紹介しているかを分析すれば、コンテンツづくりに困ったときの参考にすることができます。

プロモーション動画を見るときは、撮影方法やBGM・音の使い方にも注目してみましょう。

 

事例1)東京ディズニーランドホテル

東京ディズニーランドホテルの動画はドローンを活用して撮影されており、ダイナミックな映像が魅力です。ディズニーをイメージできるBGMとともに施設の紹介動画が流れ、現地に訪れたくなるように訴求されています。  

ホテルにあるキャラクターオブジェやキャストのやさしい笑顔がところどころに映し出され、遊び疲れた顧客がゆっくりとくつろげる夢の空間を効果的にアピールしているのです。

 

事例2)京王プラザホテル

京王プラザホテルの動画は、格式ある日本の伝統とおもてなしのイメージに合わせてBGMの効果も上手く取り入れて表現されています。

各施設やおもてなしをしているシーン、料理やそのこだわりの料理に携わっている料理長の紹介など、泊まることで特別な体験を得られるようなイメージ動画になっています。

泊まる前からこのホテルを選びたいと思える擬似体験があることで、より宿泊客の満足度も上がると思います。

 

事例3)ハレクラニ沖縄

ハレクラニ沖縄の動画は、ホテルの紹介よりも沖縄で楽しめるアクティビティがメインの構成になっています。ドローンによるダイナミックな映像や、海に潜る時の水音などを効果的に使っているため、ユーザーは実際に体験しているかのような楽しい気持ちになれるでしょう。

周りの広大な自然に合せて視聴者にインパクトを与えるコンテンツになっているので、見ていて途中で飽きることはありません。全体的に躍動的かつ明るいイメージで、テンポよく映像を流しているのがポイントです。

 

動画を活用してホテルを魅力的にアピールしよう

ホテルのサービスや特徴を訴求する上で、プロモーション動画の活用は非常に有効です。映像でホテルの施設や周辺エリアなどを案内すれば、より正確な情報と魅力がユーザーに伝わります。

動画を用いた情報発信は、インバウンド対策にも効果的です。昨今のコロナでの来日者は見込めませんが、海外向けに広告に配信したり、SNSに投稿することで将来インバウンドが見込める全世界のユーザーにアプローチできます。

動画を通してホテルの魅力を最大限訴求し、より多くの旅行者の獲得を目指しましょう。


手軽に高クオリティの動画を作るなら「Video BRAIN」

  1. 予め用意された動画テンプレートが1,800以上用意されており、初心者でも企画なしで利用シーンに合わせた動画制作・編集が簡単
  2. 商用で利用できる著作権フリーの画像、動画、BGMも素材サービスと連携しており、素材撮影や編集にかかる工数を大幅に削減
  3. 最大60分の長尺の動画作成と書き出しができ、クラウド編集のためパソコンのスペックに依存せずに編集が可能
  4. 一般的に使われてるMP4だけでなく、「MOV」「パワーポイント」「GIFアニメーション」など多様な書き出し形式に対応した独自機能
  5. 入力したテキストから、音声データに自動でナレーションを生成する機能や各シーン毎に効果音、BGMの編集が可能
  6. 「タイムライン」などの動画編集のプロが使う機能を誰でも簡単に使えるため、表現の自由度が高い

これから動画活用を始めたいと思っている方や、動画編集や配信後の効果的な施策に悩んでる方は是非Video BRAINの導入をご検討ください。

この記事をシェアする