1. TOP
  2. YouTube
  3. YouTube動画の編集には何が必要?初心者におすすめの簡単編集ソフト

YouTube動画の編集には何が必要?初心者におすすめの簡単編集ソフト

YouTubeを活用したマーケティングは、撮影から編集まで思い通りに進めていける自由度の高いプロモーション方法です。コスト削減のためにもコンテンツを内製する企業が増えていますが、動画編集はすぐにできるほど簡単なものではありません。

「自社で作成するには何が必要なのか」「編集作業にはどのような工程があるのか」など、調べてもよく分からないという方もいるのではないでしょうか。

作業工程を把握して適切な動画編集ソフトを導入すれば、初心者でも上質な動画制作が可能です。そこでこの記事では、YouTubeの動画編集に必要なものや、編集ソフトの選び方をご紹介します。

YouTubeの動画編集に必要なもの

C:\Users\okaka\AppData\Local\Microsoft\Windows\INetCache\Content.Word\pixta_75231307_M.JPG

YouTubeの動画編集は、PC・周辺機器や編集ツールなど必要なものがそろっていれば自社で完結できます。実際に動画制作を内製化している企業や事業者は、どういったツールを使っているのでしょうか。まずここでは、YouTubeの動画編集に必要なものをご紹介します。

PCや周辺機器

まずはインターネット環境やPC・周辺機器の準備をしましょう。必要なアイテムは以下です。

・PC
・マウスとキーボード
・外付けHDD
・インターネット環境

スマホでの編集も可能ですが、ハイクオリティな動画を完成させるならPCを使ったほうが作りやすいでしょう。使いやすいマウスやキーボード、容量に余裕のある外付けHDDもあれば安心です。スピーディーに動画をアップロードするために、通信環境が安定したインターネット環境を準備しましょう。

編集ソフト

自社で動画を編集するには、編集ソフトの導入が必要です。編集ソフトには無料のものから有料のものまでさまざまなあり、機能や価格、特徴や操作性が異なります。

種類が多過ぎて迷ってしまう恐れがあるため、まずは自社の目的と用途を決めることが先決です。作成したい動画を決め、その絵作りが可能な編集ソフトを選ぶほうがよいでしょう。次の項目で、編集ソフトの選び方を詳しくご紹介します。

YouTube動画の編集ソフトの選び方

動画編集ソフト初めてを導入する際は、その種類の豊富さから選び方の基準が分からないかもしれません。自社に合った編集ソフトはどれなのかの見極めも難しいでしょう。

選び方の基本的なポイントを押さえずに編集ソフトを導入してしまうと、後から不満が出てくる可能性があります。編集ソフトの選び方を知り、利用目的に合った商品を利用しましょう。

デバイスに対応しているか

編集ソフトによって対応可能なデバイスが異なるので、確認せずに選んでしまうと使えない恐れがあります。「Windows」「Mac」または、「スマホ(iPhone/Android)」のどれを使うのか先に決めてから、そのデバイスに合う編集ソフトを導入しなければいけません。中には複数のデバイスで利用できる編集ソフトもあります。

求める機能が搭載されているか

備えている機能の数は編集ソフトによってさまざまです。まずはどのような動画を配信したいのかを考え、その絵作りを実現できる編集ソフトを選ぶのがよいでしょう。

初心者の方には、「豊富なテンプレートや素材が使えるか」「シンプルな画面で直感的に操作できるか」といった点がポイントになります。無料体験版があるならインストールし、操作性を確かめましょう。丁寧なヘルプやチュートリアルがあるかどうかを確認することも大切です。

コストパフォーマンスは良いか

YouTubeで継続的に動画マーケティングを行っていくには、編集ソフトのコストパフォーマンスを考えることも重要です。はじめからプロやハイアマチュア向けの高額な編集ソフトを購入しても、思うように使いこなせないと宝の持ち腐れになってしまいます。

動画編集者のスキルの他、PCのスペックに合わせることも大切です。大容量のメモリを必要とする場合、PCのスペックが足りていないとスムーズな編集ができません。「使う環境」を客観視し、コストパフォーマンスが高い編集ソフトを選びましょう。

YouTube動画の編集ではどんなことをするの?

ここでは、YouTube動画で用いられる基本的な編集方法をご紹介します。動画の編集作業は多岐にわたりますが、大きく分けると「不要な部分のカット」「テロップ入れ」「BGM・効果音の挿入」の3つです。それぞれの内容を具体的に解説します。

不要な部分をカットする

YouTube動画はスピード感やテンポ感が重要だといわれています。余計な部分や間延びしている部分が多いと、離脱して別の動画に移ってしまわれるからです。したがって、適切にカットして視聴者を飽きさせない工夫をすることが大切です。

すっきりとまとまりのある動画にすれば、視聴者に不快感をあたえず、商品・サービスの魅力をしっかりと伝えられるでしょう。

テロップを入れる

余分なシーンをカットしたら、次はテロップを入れていきます。テロップを入れることで情報量を増やし、内容を理解しやすくするのが狙いです。

映像に変化が生まれるため、視聴者を飽きさせない効果も期待できます。重要な部分は文字を大きくしたり、色を変えて目立つようにしたりと、さまざまな工夫をするのも動画編集者の腕の見せどころです。映像だけの動画とテロップ入りの動画とでは、視聴者に与える印象は大きく違うでしょう。

BGM・効果音を入れる

BGMや効果音を入れることで、動画に臨場感を出したり、商品やサービスに合わせた雰囲気を演出できたりします。BGM・効果音でインパクトを与えると、視聴者の目を引いて注目を促せるでしょう。

動画内の音によって企業やブランドの印象が変わる場合もあります。既存の素材が動画のイメージに合わない場合、難易度は上がりますが、自作するのも選択肢のひとつです。BGM・効果音はそのくらい大切な作業なので、担当者のセンスやスキルが問われます。

【初心者向け】YouTubeの動画編集の勉強法

YouTubeの動画編集は難しく感じるかもしれませんが、独学で身に付けるのは可能です。未経験の方でも、自分に合った方法で勉強すれば十分なスキルを習得できるでしょう。ここでは、初めてYouTubeの動画編集に挑戦する方向けに、おすすめの勉強法を3つご紹介します。

YouTubeの動画から学ぶ

人気のYouTube動画や競合企業の動画などを見て、編集のポイントやコツを学ぶとよいでしょう。視聴者から支持されている動画には、勉強になる部分がたくさんあるものです。テンポやテロップの出し方、BGM・効果音の他、動画全体の構成も参考にします。

動画編集の仕方を解説しているYouTuberを見て勉強するのもよいでしょう。知りたい編集技術を検索すると、それをピンポイントで解説している動画があるかもしれません。もっとも、期待した内容ではなかったり、使用している編集ソフトではなかったりすることはあります。

学習サイトやセミナーを利用する

オンラインの学習サイトに加入したり、動画編集セミナーに参加したりするのもよいでしょう。プロの講師が分かりやすくレクチャーしてくれるため、体系的にしっかりと学びたい方におすすめです。

ただし、相応のコストが必要になるので、受講者のレビューや口コミを参考にするなど、きちんと下調べをしましょう。講師の実績・サポート環境・追加料金の有無などもリサーチしておくことをおすすめします。

本を読む

書籍を購入しての勉強法もおすすめです。知名度のある編集ソフトなら、それに特化した解説本がいくつも販売されています。初心者向きから上級者向きのものまで幅広くあるので、自分のレベルの合った商品を選べるでしょう。ECサイトやオンライン書店では、数ページを試し読みできることもあります。

初心者の方におすすめなのは、基本操作の解説にページが割いてあり、なおかつ図解や具体例が多い書籍です。良いと感じる本を見つけたら、念のためレビューや口コミもチェックしてみましょう。

AIサポートにおまかせ!法人向け動画編集ソフトなら「Video BRAIN」

Video BRAINは「初めて動画編集に挑戦する」「できるだけ手間をかけずに良いコンテンツを作りたい」という方にぴったりの法人向け動画編集ソフトです。最新の技術や動画編集者に寄り添った機能が盛り込まれているので、初心者の方でも簡単に思い通りの編集が可能です。ここでは、Video BRAINの特徴や魅力を詳しく解説します。

2ステップで動画作成

Video BRAINを利用すれば、AIのサポートで簡単に動画編集ができます。作業はたったの2つです。使いたい写真や動画、文字などをアップロードするだけで、AIが自動でマッチングして動画を作成してくれます。

画面が直感的に操作しやすく、理解しやすいのも強みです。分厚いマニュアルや何ページにもわたるヘルプを見る必要はありません。細かな修正・編集も1クリックで簡単に仕上がります。初心者の方でも戸惑うことなく編集できるでしょう。

素材やテンプレートが使い放題

Video BRAINでは、あらゆるシーンに活用できる素材やテンプレートを使い放題でご用意しています。無料で使える素材は約528万点、フォントは約200書体あり、自社の商品やサービスのイメージに合わせたデザインの編集が可能です。

BGMや効果音も複数利用できるので、視聴者を引きつける魅力的な動画が完成するでしょう。長めの動画を作りたい担当者の方に向けて、最大60分まで作成可能にしています。

配信結果の分析までサポート

動画配信後の効果を調べることも、動画担当者の仕事でしょう。YouTube内にもアクセス解析機能はありますが、「Insight BRAIN」を使えばより便利です。自社の動画の他、競合他社のフォロワー推移や投稿データの相関性も調べられます。

結果を分析・検証し、反省点や改善点を次に生かせば、サービスの認知や成約数に貢献できるでしょう。通常、解析には相応の専門知識が必要なものですが、Video BRAINを活用すれば手軽に行えます。

まとめ

YouTubeの動画編集は、PCや周辺機器の他、編集ソフトを導入しなければいけません。編集ソフトはさまざまな種類があるので、自社の目的や編集者のレベルに合った製品を選ぶことが大切です。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする