1. TOP
  2. YouTube
  3. 法人向けYouTubeの動画編集はどうする?自社編集におすすめソフト10選

法人向けYouTubeの動画編集はどうする?自社編集におすすめソフト10選

昨今、YouTube動画を活用して自社の商品やサービスを訴求する企業が増えてきました。良質な動画を作成するにはどのような方法で編集すればよいのだろうと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

多くの企業が実践するYouTube動画の編集方法や人気ソフトの特徴が分かれば、自社に合った動画編集ができるでしょう。そこでこの記事では、YouTube動画の編集方法やおすすめのソフトを10種類紹介します。

企業が実践するYouTube動画の編集方法は?

自社の商品やサービスの魅力を視聴者に伝えるには、ブランドイメージを向上させるようなクオリティの高い動画を作成し、適切にアピールする必要があります。動画編集について悩んでいる方は、YouTubeを活用してマーケティングを行う企業を参考にするとよいでしょう。ここでは、企業が取り入れている2つの編集方法を紹介します。

編集ソフトやアプリを使う

無料・有料の動画編集ソフトやアプリを使って、動画制作を内製化する企業が増えています。動画を編集する手間はかかりますが、今後ますます動画活用マーケティングの必要性が高まると予想されるため、できるかぎり自社で完結しようという考えです。継続的に外注するよりコストを抑えられるというメリットがあります。

デザイン会社や制作会社に委託する

動画制作会社やデザイン会社に依頼するケースもあります。プロに委託するメリットは「動画編集の時間を削減できる」「ハイクオリティの動画が完成する」といった点です。ただし、依頼する制作会社や動画の内容・工数によって費用は異なり、内製化するよりもコストがかかる場合があります。

【無料版】YouTube動画編集でおすすめソフト4選

YouTube動画の作成を内製化するための動画編集ソフトには、無料版と有料版があります。それぞれの特徴やメリット・デメリットを知り、自社に合ったソフトを検討しましょう。ここでは、無料で使えるおすすめのYouTube動画編集ソフトを紹介します。

【Windows】AviUtl

AviUtl はWebサイト「AviUtlのお部屋」からダウンロードできるソフトです。基本的な動画編集の他、エフェクト効果の適用やエンコードができます。機能を拡張する「プラグイン」に対応しており、後から機能を追加できるのがポイントです。

難易度初心者から上級者まで
(初心者も使えるが、プラグインの導入に手間がかかる)
対応デバイス/OSWindows
メリット・動作が軽い
・ネットでの情報が多く、気になることを検索しやすい
・プラグイン対応で拡張性に優れている
デメリット・プラグインを導入しないと使える機能が少ない
・プラグインの導入が面倒

【Mac】iMovie

iMovieは「専門知識がなくても簡単に動画編集ができる」と初心者からも支持されているアプリです。iPhoneやiPadのようなiOSデバイスと互換性があるため、iPhoneで撮影・編集した動画をmacOSのパソコンでさらに編集するといった使い方ができます。

難易度初心者向け
対応デバイス/OS  iOS/macOS
メリット・iPhoneやiPadと連携できる
・操作が簡単
・Apple製品にあらかじめ入っており、インストールする必要がない
デメリット・テロップの位置が固定されていて、変更できない
・フォントの数が少ない

【Windows・Mac】Blender

Blenderは誰でも無料で使える統合3DCGソフトです。3DCG制作に必要な機能を網羅しており、高度な3DCG動画が作成できます。ただし、全ての機能を使いこなすには勉強と時間が必要です。ARやVRのコンテンツは作れません。

難易度中級者から上級者向け
対応デバイス/OS    Windows/Linux/ macOS
メリット・多機能でマルチな動画編集が可能
・インターネット上にたくさんの解説記事やチュートリアルといった情報が存在する
・さまざまなOSに対応
デメリット・多機能がゆえに覚えることが多い

【Windows・Mac】Lightworks

Lightworksは「プロ並みの編集ができる」と話題のソフトです。無料版と有料版があり、無料版でも充実した編集機能を楽しめます。ただし、機能や書き出しに制限があるため、注意しましょう。例えば、出力できる動画の解像度は1280×720のみです。

難易度中級者から上級者向け
対応デバイス/OS Windows/Linux/ macOS
メリット・エフェクトやフィルターが多くクオリティの高い動画が作れる
・海外のソフトだが日本語にも対応
デメリット・多機能なため初心者には難しく感じる恐れがある

【有料版】YouTube動画編集でおすすめソフト6選

無料で使える動画編集ソフトには多機能なものも数多く存在しますが、「ダウンロードがしづらい」「セキュリティ面で不安がある」といった点が懸念されます。特に企業で利用する場合、安心安全で快適に使えるソフトを導入するとよいでしょう。ここでは、おすすめの有料版YouTube動画編集ソフトを6つ紹介します。

【Windows】GOM Mix Pro

GOM Mix Proは有料版でも「コスパがよい」と評判のWindows用動画編集ソフトです。オーソドックスな編集機能を搭載しており、初心者でも直感的に操作できます。動画編集に初めて挑戦する方におすすめのソフトといえるでしょう。

難易度初心者から中級者向け
対応デバイス/OS     Windows
メリット・有料版の中で圧倒的な安さを誇る
・安くてもエフェクトは充実している
・動作が速い
デメリット・無料版よりは多機能だが、他の有料版ソフトと比べると機能が限定的で、複雑な編集には向かない
価格無期限ライセンス:3,300円(税込)
期限ライセンス(30日分):420円(税込)

【Mac】Final Cut Pro

Final Cut ProはmacOS用動画編集ソフトです。無料版で紹介したiMovieの多機能バージョンと考えるとイメージしやすいでしょう。YouTube動画以外に本格的なプロモーション動画も作成できるため、企業のビジネス利用におすすめです。

難易度中級者から上級者向け
対応デバイス/OSmacOS
メリット・シンプルで使いやすい操作画面で直感的な編集が可能
・特にiMovieを使い慣れている方は移行しやすい
デメリット・利用できるのはmacOSのみ
価格3万6,800円(税込)

【Windows・Mac】Filmora

Filmoraは知名度が高く操作も簡単なため、動画編集を始めたばかりのビギナーに人気のソフトです。おしゃれで上質なエフェクトやテンプレートがそろっており、好みに合わせてハイセンスな動画が作れます。

難易度初心者から中級者向け
対応デバイス/OSWindows /MacOS
メリット・初心者でもおしゃれでクオリティの高い動画が作成できる
・高品質なエフェクトやテンプレートが豊富
デメリット・中級者や上級者は機能に物足りなさを感じる場合がある
価格(法人向け価格)永続ライセンス:1万4,900円(税込)
スタンダード3か月プラン:5,980円(税込)
3か月プラン:3,480円(税込)

【Windows・Mac】VideoPad

VideoPadはシンプルな操作で本格的な動画編集ができるソフトです。初心者でも感覚的に基本的な動画編集ができるようになるでしょう。音声編集機能も充実しているため、よりクオリティの高い動画が作成できます。

難易度初心者から中級者向け
対応デバイス/OSWindows /MacOS
メリット・初心者でも直感的に操作できる
・音楽編集が充実している
デメリット・価格がドル表示で為替レートによって変動する
価格VideoPadマスター版:159ドル
VideoPadご家庭版:99ドル
VideoPadマスター版【3か月プラン】:21.48ドル

【Windows・Mac】Adobe Premiere Elements

Adobe Premiere Elementsは初心者にも使いやすい機能を搭載した動画編集ソフトです。初心者向けの「クイックモード」と上級者向けの「エキスパートモード」という2つの編集方法から選べます。また、AI技術を活用した自動編集機能を利用すれば、クオリティの高い作品が簡単に作れるでしょう。

難易度初心者から中級者向け
対応デバイス/OS  Windows/MacOS
メリット・2つのモードから好みの編集方法が選べる
・感覚的に操作できるため、初心者にもおすすめ
デメリット・シンプルな設計で、こだわりのある方にはやや物足りない場合がある
価格1万9,580円(税込)

【Windows・Mac】Adobe Premiere Pro

Adobe Premiere Proはプロにも好まれる多機能な動画編集ソフトです。動画編集に慣れた方がこだわりを持って作成する際に非常に役立ちます。また、定番ソフトとして知名度が高いため、公式サイト以外でもあらゆる情報がインターネットに公開されているのも安心できるポイントでしょう。

難易度中級者から上級者向け
対応デバイス/OSWindows/MacOS
メリット・プロが好んで利用するほど多機能
・月額制で常に最新バージョンが利用できる
デメリット・高機能なため、初心者には難しく感じる恐れがある
価格2,728円/月(税込)

YouTubeの動画編集ソフト・アプリの選び方

動画編集に使用するソフトやアプリにはさまざまなものが存在します。選ぶ際に押さえておきたいポイントを把握して、数あるソフトの中から自社に最適な製品を導入しましょう。ここでは、自社で動画制作するときのソフトやアプリの選び方を紹介します。

編集するデバイスを決めよう

動画編集ソフトにはそれぞれ対応デバイスがあるため、PCやスマホ(iPhone・Android)といったデバイスによって使えるソフトやアプリが異なります。最初にどのデバイスで編集するかを決めて、デバイスに対応したソフトやアプリを導入しましょう。

搭載されている編集機能をチェックしよう

ソフトごとに機能の充実度は異なります。導入する前に自社に必要な機能を確認し、搭載している製品を選びましょう。

必要な機能がないソフトを選ぶと、思い通りの動画が作れません。「おしゃれで質の高いテンプレートが豊富にそろっているか」「直感的に操作できるか」「ひとつのソフトで完結するか」といった点を確認するとよいでしょう。

コストパフォーマンスを考えよう

コストに注目することも大切です。動画編集ソフトの中には多機能がゆえに高額なものも存在します。多額の費用をかけたにもかかわらず使用しない機能が多いと、コストパフォーマンスがよいとはいえません。求める機能とコストが見合っているかどうかを確認し、自社にとって最適なソフトを導入しましょう。

サクッと簡単に動画編集したいなら「Video BRAIN」

企業でのYouTube活用の機会が今後ますます増えることが予想される中、動画編集に不安を感じる方もいるでしょう。「初心者でも簡単に操作できるソフトがあればいいのに」と悩んでいる方におすすめの動画編集ソフトが「Video BRAIN」です。ここでは、Video BRAINの特徴や魅力を紹介します。

AIサポートでおまかせ編集が可能

Video BRAINを使えば、AIサポートによって簡単に動画が完成します。「写真や映像、テキストといった素材を入稿する」「AIが自動でマッチングを行う」というわずか2ステップです。さらに、細かい修正や編集も1クリックでできます。直感的に分かる操作画面で、初心者でも安心して使えるでしょう。

編集に必要な素材も使い放題

思い通りの動画が完成するまで、好きなだけ素材を使えるのも大きな魅力のひとつです。おしゃれなデザインテンプレートやBGMを豊富に取りそろえ、無料で使える素材も約528万点あります。フォントも約200書体の中から好みのものを選べるため、企業やサービスのイメージに合わせたテロップの作成が可能です。

月額定額制なので何本でも作成できる

Video BRAINは月額定額制で、どれだけ動画を作成しても料金は変わりません。プランは「スタンダード」「エンタープライズ」の2つがあり、いずれも無制限の使い放題です。独自AI機能や豊富な素材、サポート体制も整っているため、これから動画の活用を進めていく企業にとって非常に魅力的なサービスといえるでしょう。

初心者でも効果あり!Video BRAINの導入例

動画を広報に利用しようと考えている方は、実際の活用方法や結果が気になるでしょう。ここでは、広報活動の一環としてVideo BRAINを導入した事例を紹介します。

企業名社会医療法人 河北医療財団
制作体制2人(1人は動画編集未経験者)
動画制作の目的・新型コロナウィルス感染症拡大の影響で中止になったセミナーに替わるPR活動を行うため
・凝縮した内容を頭に入りやすい動画にして幅広い層に届けるため
動画活用方法・広報課メンバーが撮影した写真や動画を素材として制作
・YouTubeには長尺動画、Facebookには約30秒のCM動画を公開
・週に1回~2回配信、月に10本以上制作
動画を取り入れた結果        ・「スマホ世代」と呼ばれる新しい層へのアプローチが可能に
・高頻度で配信できるため、チャンネル登録数が着実に伸びている
参考: 【動画活用事例】ウェビナーの動画編集時間を 3分の1に短縮!

直感的な操作で動画編集ができるため、未経験の方も楽しさややりがいを感じながら作業しています。また、「3分の1近くは時間が削減できた」と実感しており、作業効率の向上を目指したい方にもおすすめです。

まとめ

YouTube動画の活用は、これからますます重要なマーケティング方法となるでしょう。適切な動画編集ソフトを用いて作成した動画を配信すれば、自社のブランドやサービスの魅力をより多くの方に伝えられます。

自社に導入する動画編集ソフトに悩んでいる方には、AIがサポートするVideo BRAINがおすすめです。初心者でもわずかな工数で効果的な動画が作れます。動画を活用した広報を検討している方はVideo BRAINをお試しください。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする