1. TOP
  2. YouTube
  3. YouTubeで広告収入を得よう!収益化の条件や動画作成のポイントを解説

YouTubeで広告収入を得よう!収益化の条件や動画作成のポイントを解説

YouTubeへの動画投稿やライブ配信で収入を得るYouTuberは、今や小学生の憧れの職業ランキングでも上位にランクインするほどの人気職業になりました。YouTubeの代表的な収入源といえば広告収入ですが、どのような仕組みで広告収入を得ているのか疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、YouTubeで広告収入を得るための条件やポイントについて解説します。収入が発生する広告の仕組みや広告収入以外の収入源が分かる内容です。

YouTubeで広告収入を得よう!

YouTubeは動画を再生する際に、広告が表示されます。動画の視聴者が広告を見ることで広告主からYouTubeに広告料が支払われ、その一部が動画のチャンネルの所有者に還元されるのがYouTubeの広告収入の仕組みです。

広告が視聴される回数が多いほど広告収入が大きくなるため、人気の動画投稿者ほど多くの収入が得られます。安定した広告収入を得るには、コンスタントに視聴回数を稼げる人気が必要です。

YouTubeで広告収入を得るための条件

動画を投稿すれば誰でも広告収入が得られるわけではありません。広告収入を得られるようにチャンネルを収益化するには、YouTubeが設定した条件を満たしている必要があります。ここでは、YouTubeで広告収入を得るための条件を確認しましょう。

18歳以上である

収益化するにはYouTubeパートナープログラムに申し込んで「AdSenseアカウント」を作成する必要があります。ただし、AdSenseアカウントには年齢制限があり、チャンネルの所有者が18歳以上でなければアカウントを作成できません。18歳未満の方が収益化したい場合、保護者がアカウント作成するといった協力が必要です。

チャンネル登録者数1,000人以上

チャンネル登録者数が1,000人以上であることも条件のひとつです。さらに、チャンネル登録者数1,000人以上になると、新着動画の通知機能も解放されます。チャンネル登録者数を増やすには、継続的に見たいと思わせる動画作りが必要です。この条件が収益化するにあたって最も高い壁になるかもしれません。

直近12か月で動画の総再生時間が4,000時間以上

動画の投稿本数に関係なく、直近12か月の動画の総再生時間が4,000時間以上あることが条件です。例えば、20分動画が1本の場合は1万2,000回、10本の場合は1本当たり1,200回再生してもらう必要があります。動画が複数あるほうが条件を達成しやすいため、収益化を目指すには動画の質だけでなく投稿本数も意識しましょう。

広告掲載のガイドラインに準拠したコンテンツである

チャンネル登録者数や総再生時間が条件を満たしていても、収益化申請が通らないことがあります。投稿している動画が著作権に違反している場合や暴力的な内容で広告掲載に不適切である場合、収益化はできません。

不適切な動画に広告が付くと広告主にネガティブなイメージを与える危険性があるため、広告掲載に適していないと見なされます。広告掲載のガイドラインをチェックして、健全な動画を投稿することを心掛けましょう。

【種類別】収入が発生する広告の仕組み

広告収入にはいくつかの種類があります。種類によって収益の発生条件や単価が異なるため、計画的に収入を得るにはそれぞれの仕組みやメリット・デメリットを把握することが大切です。ここでは、広告の種類別に収入が発生する仕組みを解説します。

インストリーム広告

動画が始まる前や途中、終了後に入る動画広告です。YouTubeでも「True viewインストリーム広告」を掲載しています。

表示開始から5秒以上経過すると視聴者の意思でスキップできるタイプとスキップ不可のタイプがあり、広告表示時間はスキップできるタイプは最大6分、スキップ不可タイプは地域の標準に応じて15秒または20秒です。

スキップできるインストリーム広告は視聴課金制で、視聴者が広告をクリックするか、30秒以上視聴した場合のみ収益が発生します。動画が掲載されるプラットフォームは、PC・モバイルデバイス・テレビ・ゲーム機です。

ディスカバリー広告

YouTubeの検索結果一覧画面や、関連動画のスペースに表示される広告です。視聴者は動画再生中ではなく、視聴する動画を探しているときに目にします。

YouTubeのディスカバリー広告は文字とサムネイル画像で構成されており、クリックすることで広告主のサイトへジャンプする仕組みです。したがって、広告への関心度が高い視聴者から注目を集めやすい形式といえるでしょう。視聴者が広告をクリックして広告主のサイトを訪問すると収益が発生します。

バンパー広告

インストリーム広告と同様、動画が始まる前や途中、終了後に表示される動画広告です。ただし、広告の長さと収益を得られる仕組みが異なります。広告の長さは6秒以内で、短い代わりに任意でスキップができません。いかに短時間で視聴者の興味を引けるかが重要な広告です。

収益は広告が1,000回再生されるたびに発生します。他の広告とは異なり、表示されれば条件なしに収益があるのが特徴です。PC・モバイルデバイス・テレビ・ゲーム機で表示されます。

目指せ収益化!登録者や再生回数を伸ばす動画のポイント

YouTubeで安定した収入を得るには、収益化を目指す必要があります。しかし、ゼロから収益化の条件を満たすのは簡単ではありません。要点を把握して計画的に動画を投稿しなければ、YouTubeで広告収入を得るのは難しいでしょう。ここでは、収益化に重要な登録者数や再生回数を伸ばすポイントを紹介します。

チャンネルや動画のテーマを決める

毎回違うジャンルの動画を投稿していると視聴者が定着しづらく、登録者数が伸びにくい傾向があります。視聴者は興味のあるジャンルの動画を見ることが多いため、同じテーマの投稿が多ければ、チャンネル登録してくれるかもしれません。チャンネルのターゲット層を明確にし、投稿する動画のテーマは3つ以内程度に絞りましょう。

タイトルや概要欄はシンプルにまとめる

視聴者が動画を選ぶときに判断材料にするのが、タイトルやサムネイルの画像です。内容がすぐに伝わるようなシンプルなタイトルを付けて、視聴者の関心を集めるのが重要といえるでしょう。タイトルで伝えきれなかった内容は、概要欄で補足するのがスマートです。

目立ちたいからといって、うそや誇張表現を書くのは避けたほうがよいでしょう。視聴者の反感を買って信頼を失えば大きな損失となります。

定期的に動画投稿する

動画は継続して定期的に投稿することが大切です。投稿頻度が低いと視聴者の興味を維持できず、チャンネル離れの原因となる恐れがあります。スケジュールを立てて定期的に動画を投稿すれば、視聴者はチャンネルをチェックするのが習慣となり、リピーターの獲得につながるでしょう。

チャンネルに訪れる機会が多くなれば、新規動画以外の再生回数が増えて、関連動画にも表示されやすくなります。

SEOを意識する

検索上位に動画を表示させるにはSEOを意識することが重要です。SEOは「Search Engine Optimization」の略で、検索エンジンへの最適化を意味します。タイトルに検索で使われやすいワードを入れて、なるべく多くの方の目に触れる機会を作るとよいでしょう。

トレンドを取り入れる

音楽やファッションと同様に、YouTubeにもトレンドが存在します。YouTube内でトレンドになっている動画は再生数が伸びやすいため、積極的に取り入れるとよいでしょう。また、人気がある動画投稿者から編集のトレンドを学び、流行を意識した動画を作るのも効果的です。

動画のクオリティを上げる

動画の再生時間も収益化の条件に含まれるため、最後まで見てもらえるような動画作りを心掛けましょう。内容や編集を工夫し、飽きを感じさせない求心力のある動画をコンスタントに投稿することが収益化につながります。クオリティの高い動画を投稿し続ければ、ファンも増えて登録者や再生回数も伸びるでしょう。

YouTubeは広告以外でも収入を得られる!

YouTubeにはメンバーシップ、アフィリエイト、スーパーチャット、オリジナル商品販売といった広告以外にも収入を得られるシステムがあります。収益化を目指したいのであれば、YouTubeで稼ぐ仕組みを把握することが大事です。ここでは、広告以外で収入を得る方法を紹介します。

チャンネルメンバーシップを活用する

チャンネルメンバーシップとは、視聴者がチャンネルに毎月一定の料金を支払うことでクリエイターをサポートするシステムです。

メンバーになると、チャットに書き込んだ際にメンバーマークのバッジが表示されたり専用の絵文字を使えたりする特典があるため、特典目当てで加入する方もいます。ファンクラブのようなものと考えると分かりやすいでしょう。チャンネルメンバーシップにはレベルがあり、レベルに応じた特典と月額料金を設定できます。

スーパーチャットを活用する

ライブ配信やプレミア公開のときに、お金を支払うことでチャットに書いたコメントを目立たせる機能がスーパーチャットです。スーパーチャット機能を使って書き込んだコメントには金額に応じた色が付き、金額が大きいほど長くチャット欄に残ります。クリエイターの目に留まりやすいため、コミュニケーションを取るのに役立つでしょう。

また、応援や感謝の気持ちを込めて金銭的にサポートする用途でも使われており、クリエイターの重要な収入源のひとつです。類似の機能として、金額に応じたステッカーを表示する「スーパーステッカー」という機能もあります。

スポンサーになる

YouTubeで用意している機能とは別に、企業から仕事の依頼を受けて報酬を得る方法もあります。企業の商品やサービスを動画やライブ配信で紹介して、PRする形式が一般的です。報酬の受け渡しにはYouTubeが絡まないため、手数料を取られないというメリットがあります。

また、オリジナル商品を販売するのもYouTubeを利用した稼ぎ方のひとつです。チャンネル内で商品のPRをして、視聴者に購入してもらうことでYouTubeを介さずに直接収益を得られます。イベントやオンラインサロンを主催して参加費を得るのも効果的です。

Video BRAINでYouTubeの再生回数1万突破!

YouTubeに参入したいと考えていても、魅力的な動画制作ができるか不安という方もいるでしょう。そのような方には、AIによるサポートで手軽に本格的な動画編集ができる「Video BRAIN」がおすすめです。多くの企業で導入されて好評の動画編集サービスVideo BRAINの導入例を紹介します。

企業名一般社団法人共同通信社
制作体制 ・動画作成担当は主に1人(動画編集の経験はなし)
・所属部署に関係なく、デジタルコンテンツを作り出すためのチームを構成
動画制作の目的  ・新たなデジタルコンテンツとして、新聞品質の動画を制作すること
動画の活用方法      ・ウェブ上の47NEWSの中にあるコンテンツ「ストーリーズPLUS」とサイネージにVideo BRAINで作成した動画を掲載。一部をTwitterにも掲載している
・作成本数の目標はないが、2週間で10本ほど作成
・動画に使う写真が決まれば、1時間かからずに作れる
動画を取り入れた成果         動画の再生回数が向上し、1万回を突破した
参考: 動画活用事例 YouTubeへの掲載で1万再生を突破!

まとめ

YouTubeで広告収入を得るには、「チャンネル登録者数1,000人以上」「直近12か月で動画の総再生時間が4,000時間以上」といった条件を満たす必要があります。登録者数や再生回数を延ばしたいのであれば、広告の種類別の特徴や収益の発生条件を把握することも重要です。

収益化を目指せるクオリティの動画を作成できるか不安な方は、ぜひVideo BRAINをご利用ください。Video BRAINは動画編集の経験がなくてもわずかな工程で簡単にクリエイティブな動画を作成できます。手軽で高機能な動画編集ソフトをお求めの方は、まずは資料請求からお申し込みください。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする