1. TOP
  2. 動画制作
  3. 動画制作を独学で学ぶ方法と勉強時の注意点を解説

動画制作を独学で学ぶ方法と勉強時の注意点を解説

SNSやYouTubeなどが普及し、誰でも動画配信ができる時代となりました。動画広告市場はますます上昇傾向にあり、企業のプロモーションにおいても、動画は欠かすことのできないコンテンツといえるでしょう。

スムーズに動画を投稿するために、自社で動画編集を手がけたいと考える方も少なくはありません。

こちらの記事では、独学で動画制作を勉強する方法や注意点を解説します。事前に把握することで、クオリティの高い動画制作ができるでしょう。

動画制作は独学で学べる?

動画制作には、専門的な作業が必要となるイメージがある方、多いと思います。しかし、今や高機能な動画編集ソフトや情報を得やすい環境が整っており、動画制作は独学でも十分に学ぶことができます。

とはいえ、いきなり動画制作の勉強を始めようとしても、何から手をつけたらいいかわからないものです。

動画制作を学ぶ手段はさまざまあり、目標にあった勉強の仕方を選ぶ必要があります。効率的に動画制作を学ぶためには、正確な方法を把握することが大切です。

動画制作はどのようにして学ぶべきか

動画制作を勉強する手段として、始めやすいのがYouTubeです。最近、YouTubeには初心者向けのチュートリアル動画が数多く投稿されています。さらに、動画で実際の動きを見ながら勉強できるため、イメージしやすいといったメリットもあります。

そのほか、書籍から基礎知識を得るのもおすすめです。書籍の場合、基本的に正しい情報が記載されているため、安心して勉強することができます。

ただし、動画制作の現場では、情報が常にアップデートされていきます。古い書籍では、新しい情報に追いついていないケースがあるので、できるだけ新しい書籍を参考にするようにしましょう。

動画制作の仕事で必要なスキル

動画制作を行う上では、動画編集スキルに加えて、さまざまな技術が必要となります。一見、難しそうに感じますが、きちんと紐解けば、独学でも問題なく覚えられるスキルばかりです。続いては、動画制作における基本的なスキルを4つご紹介します。

動画編集スキル

動画制作において必要不可欠なのが動画編集スキルです。最低でも覚えておくといいスキルを確認しておきましょう。

・動画のカット
・テロップ挿入
・効果音やBGMの挿入
・色調補正

カットは編集したい動画の中で必要のない部分を取り除く作業です。動画編集の基本でもあり、どの部分を残すかを判断する重要な作業といえるでしょう。テロップ、効果音、色調も動画をより見やすいものにするためには、工夫しておきたいポイントです。

ライティング(執筆)スキル

動画制作は、土台となるシナリオがあってこそ進行できます。シナリオが不安定だと、仕上がる動画も視聴者に伝わりづらい内容になってしまうでしょう。

そこで、大切になってくるのがライティング(執筆)スキルです。ライティングスキルが高くなると、スムーズな動画制作を行いやすくなります。

動画を制作する目的やターゲットをできるだけ具体的にすることがライティングのコツといえるでしょう。ライティングは意外と地味な作業でもあり、すぐに動画撮影に進みたくなりますが、骨格となるシナリオは納得行くものに仕上げておくことが大切です。

撮影スキル

撮影スキルは、動画制作においてなくてはならない素材を作る大切なスキルです。最近は、iPhoneで撮った動画でも十分に動画制作の素材として利用できます。

そのため、誰でもできる作業といえますが、伝わりやすい動画を作るためにはある程度のテクニックが必要となるでしょう。

また、動画の内容によっては機材も異なります。例えば、照明や音響にまつわるアイテムも撮影機材のひとつです。そのため、撮影スキルの一環として、機材についての知識もつけておくことが大切です。

ディレクションスキル

ディレクションスキルとは、管理をする能力です。動画制作をスムーズに進めるためのスキルであり、縁の下の力持ちともいえる役割でしょう。

最初の打ち合わせから動画投稿に至るまで、すべての工程を把握する広い視野が必要となります。その上で細やかな部分にも目を配るスキルも大切です。

また、動画全体の演出を行うのもディレクターの仕事です。そのため、動画の目的を誰よりも理解できるスキルも必要となるでしょう。

動画制作を独学で学ぶメリット

動画制作をプロに依頼するのもひとつの手段としてありますが、独学で勉強するとさまざまなメリットが得られます。どんなメリットがあるかを把握してから動画制作を学ぶと、より集中してスキルを習得できるでしょう。

続いては、動画制作を独学で学ぶとどのようなメリットがあるのかを2つの角度から紹介します。

無料で始められる

動画制作を学校で勉強しようと思えば、それなりの費用が必要となります。しかし、最近はYouTubeやSNSの浸透により、動画制作のスキルを無料で習得できる時代です。

YouTubeに投稿されたチュートリアル動画を始め、動画制作を題材にしたサイトは山のように存在します。その多くが無料で公開されており、今からでも学ぶことが可能です。

また、動画制作は資格も必要なく、誰でもチャレンジできます。コストをかけることなく勉強できる点は、動画制作の大きなメリットといえるでしょう。

すきま時間に学習を進められる

日々の業務をこなしながら新しい技術を習得するためには、多くの時間を割く必要があります。一方で、動画制作の勉強はすきま時間に行えるため、自分のペースを崩すことなく習得できます。

特に、YouTubeや書籍を利用して勉強する場合、通勤時間や休みの日でも十分に学ぶことができるでしょう。また、習得率に合わせて勉強を進められるため、技術が浸透しやすいといったメリットもあります。

動画制作を独学で学ぶデメリット

動画制作を独学で勉強するにあたっては、デメリットがあることも理解しておく必要があります。デメリットがわかれば、対処方法も見えてくるため、より一層スムーズに動画制作を学ぶことができるでしょう。

続いては、動画制作を独学で勉強する際のデメリットを3つ紹介します。

実際の仕事で生きるスキルかどうか判断が難しい

動画制作の勉強に限ったことではありませんが、独学で勉強していると、どの程度のスキルが身についているかを判断するのが難しいといったデメリットがあります。

特に、YouTubeで勉強していると、いいと思って選んだチュートリアル動画が本当に正しいかどうかが、わからないケースも多いでしょう。

また、ビジネスにおいて効果的なスキルかどうかを判断するのも困難です。身近に動画制作に長けた方がいる場合は、相談しながら進めることをおすすめします。

モチベーションを維持するのが難しい

独学での動画制作は、マイペースに勉強できる反面、モチベーションを維持するのが難しいといったデメリットがあります。

特に、仕上がりに対して意見をする存在がいない場合や次に向けた課題を見出せないときは、勉強をサボってしまう可能性もあるでしょう。

自社のために動画制作を学ぶ際には、動画を投稿する日程を事前に決めておくとモチベーションを下げることなく進めることができるでしょう。

また、最近は動画制作を学ぶ方同士がSNS上で交流するような機会もあるため、うまく活用すると効果的に勉強できるでしょう。

スキル習得後の案件獲得が難しい

動画制作のスキルを取得した後、そのスキルをビジネスに活かしていきたいところです。しかし、動画広告やYouTubeが浸透している昨今、同じように動画制作を学んでいる方が多いです。そのため、自分から積極的に動かなければ、ビジネスチャンスを得ることは困難でしょう。

スキルを取得したからといって、すぐにビジネスにつながらない点はデメリットといえます。動画制作の勉強に加えて、案件取得やプロモーションにつながる行動を取り続けることが大切です。

どんな人が独学で動画制作を学ぶべきか

誰でも動画制作を勉強することができますが、自分の性格と照らし合わせながら、学ぶべきかどうか判断することもできます。例えば、地道な作業が得意な方は動画制作に向いているでしょう。また、好奇心の強い方、創作活動が好きな方にもおすすめです。

一方、じっくりと作業に向き合うのが苦手な方は、動画制作を独学で勉強するのには不向きといえるでしょう。そんなときは、プロに依頼したり、得意な方にサポートしてもらったりすると、スムーズに動画制作ができます。

まとめ

動画は、今やビジネスシーンにおいて欠かせない存在となりました。合わせて、ネット上には数多くの情報があり、独学で動画制作を勉強するのも難しくはありません。ひとつずつ根気よく学ぶことで、プロ顔負けの動画を作ることも可能でしょう。

Video BRAINの機能をうまく活用すれば、より簡単に動画制作ができます。実際に、定期的に動画投稿している企業をご紹介します。ぜひ参考にしていただき、Video BRAINの導入をご検討ください。

https://video-b.com/case/


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする