1. TOP
  2. 動画制作
  3. 大阪でおすすめの動画制作会社10選|選び方・比較ポイントについて解説

大阪でおすすめの動画制作会社10選|選び方・比較ポイントについて解説

現代のビジネスシーンの中で、動画は欠かせないアイテムの一つとなっています。動画広告はもちろん、人材募集にプレゼン内容を動画化するなど、様々なシーンで活用されているのです。

ただ、一言で動画を活用すると言っても、動画制作会社もまたたくさん存在しています。このことから、どの動画制作会社に依頼すればよいのか分からなくなっている方も多いでしょう。

そこで本記事では、動画制作の依頼を考えている方に向けて、大阪府でおすすめの動画制作会社を、選び方とともに紹介していきます。

動画制作会社の選び方

まずは基本を押さえておくためにも、動画制作会社を選ぶ際のポイントを見ていきましょう。外せないポイントを押さえておくだけでも、自社に合った動画制作会社を選びやすくなります。

サービス内容

最初に抑えておくべきポイントは、動画制作会社のサービス内容です。動画制作と一言で言ってみても、必要となる工程は動画の内容によって異なります。空撮が必要な動画を撮りたいのに、ドローンを扱っていないサービス会社に依頼しても満足できる動画は撮れません。

反対にシンプルな内容の動画広告を作る場合は、サービス内容が盛りだくさんであることよりも、費用や納期に関して満足できる会社を選ぶ方が得策です。作りたい動画の内容や必要となるサービスと照らし合わせて、動画制作会社を選んでいきましょう。

得意とする動画クリエイティブ

その動画制作会社が得意とする動画の分野も、確認しておくべきポイントです。紹介したい商品や企業の特徴によって、動画の方向性が決まります。その方向性と動画制作会社の得意分野を重ねることで、より満足度の高い動画を実現することができるでしょう。実際に過去撮った動画などを確認できれば、得意分野の特定をしやすくなります。

実績

ごくシンプルに動画制作会社を選びたいのなら、過去の実績である制作事例を確認するのがおすすめです。作りたいと考えている動画とイメージが近いものがあれば、このような動画を作りたいと分かりやすく指示することもできます。

また過去の実績を確認することで、その動画制作会社の実力をはた目からチェックできる点も魅力的です。特に広告動画を作る場合は、企業のイメージと動画制作会社が得意とする分野で相性があります。

過去実績を確認することで、依頼側と制作側で生じるイメージのブレを最小限にとどめることができるでしょう。

費用

動画制作を考えるうえで無視できないのが費用の問題です。ひとえに安ければそれでいいわけではありませんが、納品される動画に費用分の価値があるのかは重要なポイントとなります。

反対に、動画制作にかかる費用に依頼側が無頓着な場合、少ない費用で無茶な依頼をしてしまい、制作会社側から断られてしまうこともあるでしょう。例を挙げれば、アニメ動画の依頼を普段見ているテレビアニメと同じクオリティでと伝えれば、数百~数千万円の費用を求められてもおかしくないのです。

費用が安い、高いと思える制作会社を除外する前に、動画制作にかかる費用の相場も知っておく必要があるでしょう。

納品期間

最後に確認すべきポイントは、動画が納品されるまでの製作期間です。動画制作には企画立案から撮影、動画の編集など様々な工程があるので、それなりの期間が必要になります。

ただ、依頼する動画のクオリティや難易度によっても納品期間は異なるので、目安として確認しておくとよいでしょう。費用と同じく、納品期間も長すぎ・短すぎる会社は理由を説明できない場合は、避けておいた方が無難だと言えます。

自社で行う工程と依頼する工程を分けるのがポイント

動画による広告を考えている場合は、自社で行う工程と依頼する工程を分けることで、動画のクオリティを上げたり、費用を抑えたりすることが可能となります。例えば、動画制作は撮影から編集まですべて依頼するけれど、配信した後は自社で分析する。

また、機材がないので撮影はしてもらうけれど動画編集は自社でしたい、というような依頼の仕方も可能です。自社で行えることはできるだけ持ち帰る、という方法も長い目で見れば自社内に動画の担当者を育成することにつながるでしょう。

大阪でおすすめの動画制作会社10選

では、実際におすすめになる大阪の動画制作会社とは、どんな会社になるのでしょうか。それぞれの会社の特徴や得意分野とともに紹介していきます。大阪府だけでこんなに制作会社があったのかと驚くかもしれません。

シードアシスト

・音に関する演出の専門家
・企画から制作まで一貫して任せられる

シードアシストは大阪府北区に拠点を持つ、映像制作会社です。マーケティングやブランディングによる一貫した動画制作を得意とし、ネットだけではなくテレビCMなども手掛けています。

映像に関する強いこだわりとともに「音」の演出にもこだわり、社内には音専門のエンジニアも在籍しています。

クレフ

・分野を問わないマーケティング知識
・大阪はもちろん関西全域で対応可能

大阪府大阪市に拠点を構え、500社以上の実績を誇る実力派の映像制作会社です。映像制作はもちろん、WEBとのクロスメディアによるマーケティングに強いのが大きな特徴と言えるでしょう。

また広告動画だけではなく、企業の採用動画にも強く、様々なニーズに対応してくれる点も魅力的です。動画の手法もストーリー仕立て、ドキュメンタリー、アニメなどイメージに合わせてチョイスすることが可能となっています。

First Tone Inc.

・動画制作の一部だけでも対応可能
・製品やサービスを分かりやすく訴求

大阪と東京に拠点を置く映像制作会社です。商品紹介動画はもちろん、採用動画、会社案内、イベント動画など非常に多くの案件に対応してくれます。

また撮影機材や制作、編集のプロを多く抱えているので、柔軟な動画制作を提案してくれます。ドローン撮影にも対応しているので、ダイナミックな動画が撮りたいと考えている場合でも期待に応えてくれるでしょう。

WORLD

・脳・行動心理学に基づいた動画制作
・動画制作後のアフターケアも

大阪府大阪市に拠点を構える映像制作会社であり、特にCG/3DCG・VR・医療動画などに強いことが特徴です。脳科学や行動心理学のアプローチを動画に落とし込み、理論にのっとって集客につながるような動画に仕立て上げてくれます。

また動画制作だけで終わるのではなく、配信後の対応も任せることができます。最初は動画制作から後の分析まで、すべて任せたいと考える企業におすすめできるでしょう。

TIMELY

・企画、制作からCG映像制作まで
・料金は相談しながら決めたい

大阪府大阪市に拠点を置く、CMやPVに特化した映像制作会社です。企業が求める効果やイメージをしっかりとヒアリングし、訴求力の高い動画を制作してもらえる実力派の会社と言えます。

特に2DCG、3DCGの分野を得意としているので、実写ではまねのできない動画を作り上げてくれるでしょう。また、案件ごとによって動画内容をしっかりと考えてくれる、対面で内容を詰めてから制作に着手することもあり、料金がパッケージ式でない点も特徴です。

サムシングファン

・ドローンなど撮影機材にもこだわってほしい
・動画制作後の集客に関するアドバイスがほしい

大阪のみならず東京にも拠点を置き、年間300社、1,000本以上の実績を誇る大手映像活用提案会社です。独自の動画分析ツールを用いて、動画制作だけではなく集客のためのアドバイスなどにも対応してくれます。

また動画クリエイターの在宅派遣など、新しい試みも意欲的に取り組んでいます。低予算で動画を作りたいと考える企業には、選べる手法が多いところも魅力的でしょう。

Sand Sun Creative

・様々な業種、分野での制作実績が豊富
・柔軟な発想力で目に留まる動画制作を

大阪府大阪市に拠点を置く映像制作会社です。企画から動画完成まですべてお任せできるので、動画制作すべての外注を考えている企業におすすめの会社でもあります。

依頼時に必要なのは求める動画の漠然としたイメージだけでOKと、動画制作を始めて行う企業にもとっつきやすい点も大きな魅力です。柔軟な発想力と的確なヒアリング能力で、思っていた以上の動画を作り上げてくれるでしょう。

ミラタス

・動画内にVR技術を持ち込める
・いろんなモデルを起用したい

大阪府大阪市に拠点を構えており、2010年に設立と比較的に新しい映像制作会社です。自社内にモデルやナレーターを抱えているので、撮影のスケジュールを組みやすい点が大きな魅力と言えるでしょう。

また動画内にVR技術を組み込むことを得意としており、体験型の動画で視聴者の興味をそそることも可能です。動画制作の中でもまだ新しい技術であるVRを取り入れたいと考えるのなら、外すことができない映像会社だと言えます。

キャメル

・動画制作30年の確かな実績
・映像制作費が比較的に安め

大阪だけではなく、神戸や京都の映像作成も対応可能。動画制作を30年にわたって請け負ってきた、確かな実績が頼もしい映像制作会社がキャメルです。

作成してほしい動画だけではなく、企業が抱える悩みや新しく挑戦したいことなど、しっかりとしたヒアリングから適切な動画制作を導くプロフェッショナル。実写はもちろんアニメーションからCG映像まで、表現手法が豊富な点も魅力的だと言えるでしょう。

SUNFLAP X1

・テレビ業界と同じレベルの動画広告にしたい
・費用をできるだけ抑えたい

大阪市北区に本社を構え、テレビCMやテレビ番組を手掛けている「レジスタX1」と同じ系列の映像制作会社です。長く人々にとって日常の娯楽であった、テレビ業界のノウハウを余さず動画制作に注いでくれるので、非常にクオリティの高い動画制作が期待できます。

また動画の完成度に反して、費用が良心的であることも大きな特徴です。ごく短い動画から始めたいと考えるのなら、うってつけの映像制作会社だといえるでしょう。

ちゃんと動画クリエイティブのPDCAサイクルを回せていますか?

映像制作会社に動画の製作依頼を出す、動画制作のノウハウを持たない企業であれば当たり前の選択だといえます。しかし動画クリエイティブのPDCAを回すことは、自社内でも行うべきことです。

PDCAサイクルの「PDCA」とは、Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)のことです。

1.仮説でクリエイティブを制作
2.検証のために、広告プラットフォームに配信
3.配信結果の数字から学習
4.新たなクリエイティブを制作し、配信

上記のようなサイクルを回して、良い成果を出せるクリエイティブを生み出すことが大切なのです。

映像制作会社にすべてを丸投げにしてしまえば、動画広告によるメリットもすべて他者から提供されているのと変わりません。これでは不足な事態が起こった際に、動画広告部分がブラックボックスになってしまう恐れがあります。

作成した動画広告の何がユーザーに受けているのか、ユーザーにとって自社がどういった位置にあるのかを企業が知っていなければ、新しいものを作ることもできないでしょう。動画関連の案件に割く時間を少しでも確保し、自社内でも動画クリエイティブのPDCAサイクルを回していきましょう。

動画編集ソフトがPDCAサイクルを加速させる理由

では、実際に動画クリエイティブのPDCAサイクルを回すには、どのような方法があるのでしょうか。一例が動画編集ソフトを導入することですが、ソフトを導入するだけでなぜPDCAを加速させられるのかと疑問に思う方も多いでしょう。そこでここでは、動画編集ソフトがPDCAサイクルを加速させる理由について解説していきます。


動画編集ソフトの導入でPDCAサイクルの加速を促せる理由として、Video BRAINではAIが自動でテキストと素材をマッチングしてくれる点が挙げられます。動画作成が難しいと考えられがちな点に、テキストと素材の組み合わせにセンスが問われるからという面もあるでしょう。

この部分でAIを用いることによって、動画制作のハードルを下げることができます。自社内では動画制作ができない、と考えていた企業でも自社内に担当者を置くことが可能となるでしょう。

豊富なテンプレート×フォントで「ワンパターン」から解放される

またVideo BRAINには、豊富なテンプレートとフォントが用意されているので、動画制作における懸念の一つであるワンパターン化を避けることも可能です。動画制作のハードルを一つ一つ下げていくことで、自社内での動画作成が実現します。

外部に依頼することなく動画制作ができ、動画を制作する時間も短縮できるのであればPDCAサイクルをより回しやすくなるでしょう。また物理的な距離が近いことで、導き出した改善点を次の動画に盛り込みやすい点も大きな魅力です。

投稿したクリエイティブを素早く分析・効果検証できる

Video BRAINとともにInsight BRAINを導入すれば、動画を投稿した後すぐにでも動画クリエイティブの分析や効果検証を行うことも可能です。検証結果は視覚的に見やすく表示されるので、分析結果を感覚的にとらえることも可能となるでしょう。

動画編集ソフトの導入だけでは解決できない、と考えていたことのほとんどが解決でき、PDCAサイクルを加速させる結果を実現できるのです。もちろん外部に依頼することがいけないわけではありません。しかし、これからより動画の需要が高まっていく中で、自社ではできないで済ませることは危険を伴うことでもあるのです。

まとめ

大阪府に拠点を置く動画制作会社は、思っていたよりもたくさんあると感じたのではないでしょうか。昨今の動画広告の需要の高さを見ると、身近に頼もしい制作会社があることは非常に心強く感じるでしょう。

しかし、上記まででも触れてきたように、専門の会社に丸投げしてしまうことは危険を伴います。自社内でも動画作成への準備を行い、他者に依頼しながら自社でもできることを増やしていくのが得策だといえるでしょう。

そこでおすすめなのが、Video BRAINの活用です。Video BRAINには、AIがテキストと素材を自動でマッチングする・テンプレートやフォントが充実しているためワンパターンにならない・投稿したクリエイティブを素早く分析・効果検証といった、PDCAサイクルを加速させるものが全て備わっています。

実際にVideo BRAINは導入いただいた多くの企業様から感謝のお声をいただいています。まずは導入実績を確認していただき、導入を検討してみてはいかがでしょうか。
https://video-b.com/case/case_category/article/


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする