1. TOP
  2. 動画制作
  3. 動画制作の費用相場|適正価格や安くおさえるコツについて解説

動画制作の費用相場|適正価格や安くおさえるコツについて解説

動画コンテンツを活用する企業は年々増加しています。テキストや静止画に比べて訴求力が高く多くの情報を伝えられるため、経営課題の解決において有用です。動画の需要が高まりつつあることから、個人で動画を制作・投稿する人も増えています。

これから動画を始めてみようと思っている人の中には、動画制作にかかる費用が気になっている方もいるのではないでしょうか。そこでこの記事では、動画制作にかかる費用について解説します。
費用の内訳や安く抑える方法などを知ることで、より低コストでの動画制作が実現できます。

動画制作の費用相場

まずは動画制作の費用相場です。個人に依頼する場合・企業に依頼する場合で大きく異なるためそれぞれ紹介します。

まずは個人に依頼する場合です。フリーランスの動画クリエイターなどに依頼する場合の費用相場は1本あたり以下のようになります。

動画編集のみ1万円~3万円、安ければ数千円も
企画・構成込5万円~15万円

このあと紹介する企業と比べ、圧倒的に安くおさえられます。すべての作業を1人で行うケースがほとんどなため、人件費がかからないことが安くおさえられる理由のひとつです。短い動画やそれほど大掛かりな編集が必要ない動画の編集であれば、個人に依頼したほうが費用を抑えられます。

続いて制作会社などの企業に依頼する場合です。動画の種類によって工数が大きく変わるため、それぞれ紹介します。

アニメーション動画50万円~100万円
実写動画50万円~200万円
3DCG動画150万円~300万円

個人へ依頼した場合に比べると高額になります。ただし、これらは企画や素材の準備等、動画制作に関する一連の作業を依頼した場合です。依頼する作業が限定されている場合にはより安くおさえることができます。

動画制作費用の主な内訳

ひとくちに動画制作費用といっても、多くの構成要素があります。動画制作を依頼する場合も、すべて任せるか、一部の作業のみを依頼するか、によってトータルでかかる費用が大きく変わるでしょう。何にいくら必要なのか、主な内訳について紹介します。

企画・構成費

企画・構成費とは動画のコンセプトを明確にして大まかな方向性を定める段階で発生する費用です。動画を制作するときには、動画の内容やターゲット層・視聴者に伝えたいこと・最終的に獲得したいアクションなどコンセプトを明確にする必要があります。

動画の制作過程で着地がブレてしまったり、何を伝えたいかわからない動画になってしまったりするのを防ぐために欠かせない工程です。企画構成費用の相場は5万円~20万円ほどです。

ディレクション費用

ディレクション費用とは、動画のディレクターに関わる費用です。ディレクターは、動画制作を仕切る全体責任者であり重要な立場にあたります。企画構成・撮影の指示・進行管理などの業務から、動画制作に必要な備品・出演者などの各種手配まで行います。

ディレクション費用は、ディレクターの稼働時間や人数によって大きく異なるため、具体的な相場を出すことは難しい領域です。一般的には、動画制作費総額の10%程度とされていますが、ディレクション費用を抑えてしまうとディレクターの人数や対応できる業務が少なくなり、動画のクオリティが下がってしまいます。品質を担保したい場合には、きちんと予算に入れておきましょう。

シナリオ作成費

シナリオ作成費とは、その名のとおりシナリオの作成にかかる費用です。動画作成の際には、動画のラフ作成や各シーンの演出・ナレーションやセリフなどをまとめた台本が用意されます。

シナリオ作成費は動画の長さによって大きく変動しますが、一般的には10万円前後です。シナリオ作成費は先述した企画・構成費やディレクション費用とまとめて計算されるケースもあるため、より正確な費用把握のためには見積りの際に確認しておくと良いでしょう。

撮影費

撮影費は、撮影に直接関連する費用です。どこまでを撮影費とするかは制作会社によって違いがありますが、この記事では撮影に使用する撮影機材やロケハンにかかる費用について紹介します。

撮影機材とは、カメラやレンズ・ライト・マイクなどの機材です。相場は3万円~50万円ほどですが、撮影時にどれほど機材を使用するかによって大きく変動します。ハンディカメラひとつですべての撮影を済ませるなら撮影機材費用も安くなります。より高性能な機材や多数の機材を使用するのであれば、撮影クオリティが上がる分、費用も高めです。必要に応じてドローンなど特殊機材を用いることもありますが、そちらも費用が高くなります。

ロケハン費用とは、撮影ロケーションの選定やテスト撮影などにかかる費用です。屋外で撮影する場合には、事前に撮影場所や撮影した様子を把握するためにロケハンが必要ですが、インタビューやセミナーなどの撮影のように、撮影場所が決まっていれば省略されることがあります。ロケハン費用はスタッフの数や場所によって異なりますが、一般的な相場は5万円前後です。

スタジオ・キャスティング費

撮影でスタジオや有料施設を利用する際には、スタジオ費用がかかります。利用する場所や時間によって金額は異なりますが、10万円~30万円ほどかかるケースが多いでしょう。撮影には数日かかるケースや1つの動画を複数の場所で撮影するケースもあるため、スタジオ費用は変化が大きいといえます。

キャスティング費も、出演者のランクによっては高額となることもあるため、予算を決めたうえで適切なキャスティングが必要です。出演者だけでなく、ヘアメイクやスタイリストなどの費用が発生する場合もあります。

動画編集費

動画撮影が終わったらいよいよ動画編集です。撮影した動画がすべてそのまま利用されるケースはほとんどなく、多くの場合はカット編集やカラーグレーディング(色味の調整作業)などの編集が入ります。動画編集費は編集に携わるスタッフの数や作業時間・作業難易度によって変動しますが、相場は5万円~25万円ほどです。

VRなど高度な専門技術が必要とされる場合や、長期間の作業が必要な場合には50万円ほどになることもあります。

グラフィック作成費

グラフィック作成費とは、動画内で使用する素材の制作にかかる費用です。動画制作のためにオリジナルのイラストやグラフィックを用意するのであれば、イラストレーターなど専門家に依頼することになり、その分の費用が発生します。グラフィック作成費は作成する素材の数によって大きく異なります。相場は3万円~50万円ほどです。

ナレーション・エフェクト作成費

動画内で流れるナレーションにも費用がかかります。ナレーション費用の内訳は主に以下のとおりです。

・声優などナレーターの人件費
・収録や編集を行うスタッフの人件費
・収録スタジオの利用料

ナレーション費用の相場は5万円~30万円ほどであり、スタッフの人数などによって幅があります。

エフェクト作成費とは、エフェクトと呼ばれる動画内に挿入する特殊効果を作成する費用です。エフェクトを活用することで動画の幅がより広がるため、利用されることが増えています。エフェクトの種類や数によって金額がかなり変動するため、相場を出すことは難しいですが、5万円~20万円程度は予算を確保しておくと安心でしょう。

適正価格を見極める方法

動画制作の相場は調べればわかりますが、見積り金額が適性であるか判断するのは難しいでしょう。適正価格を見極めるためにおさえておきたいポイントは以下のとおりです。

・相場の幅から大きく外れていないか
・見積り書に内訳が明確に記載されているか、それぞれの金額は相場の範囲内か
・無理なく払える金額であるか
・動画を運用することで回収できる可能性が高い金額か

まずは、合計金額が相場の幅から大きく外れていないかを確認します。高度な技術や多くのスタッフが必要としたり、長尺動画だったりの理由がなければ相場に収まるケースがほとんどです。高度な技術が必要ないにも関わらず、相場との差が大きい場合は注意しましょう。高すぎる場合はもちろん、安すぎる場合もクオリティ面で不安があるため相場を理解しておくことが大切です。

内訳ごとの金額も相場の範囲内であるか確認します。もし詳細な内訳が記載されておらず不自然に金額が高い部分があれば、担当者に内容を確認しましょう。そして無理なく払える金額であるか、回収できる可能性が十分にあるかも検討します。これらのポイントをおさえてチェックしたとき、少しでも怪しい点があれば適正価格とはいえないでしょう。

動画制作費を安くおさえるコツ

動画制作費をなるべく安く抑えたいと考える人も多いでしょう。動画制作にはそれなりの金額がかかるとはいえ、安く抑える方法もあります。低予算でも制作できる方法を3つ紹介しましょう。

個人に依頼する

個人に依頼することで、費用を安く抑えられる可能性があります。フリーランスの個人に依頼すれば、制作会社のような大きな人件費が必要ありません。そのため費用を大幅に抑えることができます。

ただし個人の場合は、対応範囲が狭くなりがちです。ほとんどの場合、企画や映像素材は自身で用意する必要があります。また個人のスキルによってクオリティに大きな幅があるため、依頼する相手を選ぶときには注意が必要です。依頼する範囲が一部である、信頼できる相手がいる、費用を抑えることが最優先の場合に適しています。

作業工程を分けて依頼する

動画制作を一貫して依頼するのではなく、作業工程を分けて依頼することで費用を抑えられる可能性もあります。特定の作業に特化している制作会社の場合、その部分のみの依頼であれば安く提供してもらえるでしょう。

自社で対応できる範囲についてはなるべく自社で進め、それ以外の部分について依頼するのも賢い選択です。撮影までは自分たちで行い、編集のみ依頼するといった方法をとる企業もあります。もし動画編集技術があるならば、撮影のみを依頼してあとは自分たちで編集することも可能です。

自社で制作する

外部に委託せず自社で動画制作をすれば、動画制作費用を安く抑えやすいです。人件費が大幅にカットできるほか、依頼先との打ち合わせなどの時間もなくなるため低コストとなります。

近年では、動画を簡単に制作できる動画制作ソフトが増えています。SNSの普及からスマホで簡単に編集ができるアプリも人気です。ビジネス用だと一定の費用がかかる場合もありますが、自社で完結できるので低コストで済みます。

自社制作ならVideo BRAINがおすすめ

動画制作費用を安く抑えるのであれば、自社で制作するのが効果的です。しかし、多くの業務を抱えるなかで動画制作に時間や労力を割くことが難しい人もいるでしょう。

そこでおすすめなのが、動画制作ソフトVideo BRAINの活用です。Video BRAINは、ソフトに搭載されたAIが自動で動画を制作します。動画編集で担当者が行うべき作業は、動画の元になる素材のアップロードと、必要に応じた編集や修正のみです。直感的な操作が可能なため、初心者でも手軽に動画制作ができます。

Video BRAINは月額制で、動画制作数の制限がありません。自動で数多くの動画が制作できるため、動画コンテンツの活用やYouTubeなどのプラットフォームへの参入に最適です。動画を自社制作するのであれば、ぜひ動画自動生成ソフトのVideo BRAINをご検討ください。

まとめ

ひとくちに動画制作費用といっても内容は多岐に渡ります。それぞれの費用について把握したうえで予算設定を行うことが、動画制作をスムーズに進めるために大切です。相場といっても幅があり、動画内容や必要工数などによって費用がかなり変動するので、理想とする動画と割けるコストのバランスを見極める必要があるでしょう。

安く抑えるのであれば、個人への依頼・作業工程を分割した依頼や、自社制作がおすすめです。特に高性能な動画制作ソフトが存在する現代においては、誰でも手軽に動画制作ができます。そのためより独創性も求められるでしょう。

Video BRAINであれば、イメージするテキストを打ち込むだけでAIが自動で必要な素材を抽出してくれます。さらに、異なるテーマのテンプレートも豊富に揃っているので他社との差別化もしやすいのが特徴です。動画を自社制作するのであれば、ぜひVideo BRAINをご利用ください。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする