1. TOP
  2. 動画制作
  3. 動画制作の料金はどう決める?自社制作で動画制作コストを抑えよう

動画制作の料金はどう決める?自社制作で動画制作コストを抑えよう

動画制作にはある程度の料金が必要です。料金面での負担を抑えるには、さまざまな点を考慮した現実的な予算設定をしなければなりません。料金を決める要素はなにか、相場はいくらであるかを把握すると料金を抑えやすいです。

この記事では、動画制作料金について解説しました。料金の決まり方や相場・コストを抑える方を取り上げています。この記事で料金について把握できるため、予算設定やコストを抑える工夫がやりやすくなります。

動画制作の料金はどうやって決まる?

白いバックグラウンドの前に立っている女性

低い精度で自動的に生成された説明

動画制作の料金はさまざまな要素が組み合わさって決まります。どのようにして料金が決まるのかを知っておくことが、予算に合わせた企画設定や適正価格での動画制作に必要不可欠です。はじめに動画制作の料金を決める要素や、料金が高くなる条件などを解説します。予算内に抑えた動画制作のためにもしっかり抑えておく必要があります。

動画の依頼内容

動画制作にかかる料金を決める要素の1つが、外部に依頼する内容です。どんな内容の動画を制作するか、数ある工程のうちどこまでを依頼するかなどにより料金が大きく変わります。主に以下の工程が必要です。

・企画・構成
・動画撮影
・編集

どこまでを依頼するかで料金が違います。動画に使用する素材が用意されており編集のみ依頼するケースと、すべてを依頼するケースでは料金が大きく違います。基本的に、内容が多い・依頼部分が多いとその分コストが高いです。

動画の長さ

動画の長さも動画制作料金を決める重要な要素です。動画が長くなるほど撮影時間や編集時間が長くります。工数やスタッフの拘束時間も増えるため、必然的に料金が高くなるのです。

なお動画制作のためには、必要な時間分のみ映像を撮れば良いものではありません。ほとんどの場合は完成する動画の時間よりも多くの映像を撮影、その後に編集やカットをします。動画を作るために撮影する映像は想定よりも長いことが多い点に注意が必要です。

動画の表現方法

動画の表現方法も料金を左右する要素です。動画の表現方法として以下のようなものがあります。

・アニメーション
・実写
・3DCG

表現方法によって必要となる料金はまったく異なります。たとえば実写であればキャスティング費や撮影機材費用がかかりますし、3DCGには特殊なソフトや高い技術が必要です。このように表現方法によって必要とされる要素が異なるため、料金に違いが生まれます。それぞれの表現方法ごとの特徴や料金相場については後述します。

動画に携わる人数

スタッフ・出演するキャストの人数が多ければその分料金も高い傾向です。人件費は料金のなかで大きなウェイトを占める部分なため、人数の大小は非常に重要な要素といえます。携わる人数が多いほどスピード感やクオリティは期待できますが、予算を立ててよく検討する必要があります。

なお人数が少なければ人件費が抑えられるとは限りません。高ランクのキャストを登用する場合や高い技術を持つ編集者が参加する場合などは、一人あたりの人件費が高くなります。

【種類別】動画制作の料金相場

動画の種類によっても料金は大きく異なります。尺の短い動画や編集があまり必要ない・容易な動画は料金が安い傾向です。動画の種類によって必要とされる工数はまったく別になるケースが多いため、ひとくちに動画制作といっても相場には幅があります。動画の主な種類や特徴、それぞれの制作にかかる料金相場や価格帯を紹介します。

サービス・商品紹介動画

紹介動画はその名のとおり、特定のものを紹介するために制作される動画です。1つの内容・複数であっても少ない量を取り扱う動画なため尺は比較的短めで済みます。凝った演出は少なく、シンプルな編集で済むケースが多いです。

サービス・商品紹介動画の制作料金は相場として50万円程度、価格帯では30万円~100万円までぐらいです。特殊機材使用やランクの高いキャストの登用など、高額料金となる特別な要素がなければそれほど高くなりません。

会社紹介・PR動画

会社紹介やPRの動画は外部視聴者からのアクション獲得を目的とする動画です。長めの時間と高い訴求力が求められるため、サービス・商品紹介動画に比べて凝った演出や編集が求められます。メッセージ性を持たせるためにも綿密な企画や構成作成も必要です。

会社紹介・PR動画の平均相場は50万円~100万円程度です。ただし先述のとおり動画制作料金は依頼内容や尺の長さ、携わる人数によって大きく異なります。そのため実際の価格帯は30万円~200万円と幅広いです。

マニュアル動画

マニュアル動画は社内や取引先など、関係者向けであることが多いです。具体的な売上につながるケースはそれほど多くありませんが、スムーズな事業展開や共通認識を持たせるために必要とされます。

料金相場目安は30万円~80万円、平均は50万円ほどです。外部キャストでなく社内の人が出演するケースも多く、その場合は出演者に支払う人件費がカットできます。ある程度の長さは必要とされますが、それ以外の点では料金を抑えやすいです。

セミナー・イベント系動画

開催されたセミナーやイベントなどの風景を撮影し、後日編集して動画として公開されるものです。素材の用意がそれほど難しくありませんが、尺が長く編集に工夫が必要です。

価格帯としては15万円~80万円、平均相場はセミナー動画が30万円・イベント動画が50万円ほどです。2つに大きな差があるのは、イベントのほうがセミナーに比べて場面転換が多くなりがちで、その分人件費やカットやシーンの切り替えなどの編集工程が多くなるためです。

CM動画

CM動画はさまざまな種類のなかでも特に料金が高い傾向にあります。時間は短いですが、訴求力を高めるためにキャスティング・演出・素材などさまざまな面で工夫が必要だからです。ドローンなどの特殊機材を使用する場合はさらに料金が高くなります。

価格帯は50万円~300万円、平均相場は80万円~100万円です。CMは全体的に相場が高い傾向にあるうえ、価格帯の幅が広いのも特徴の1つです。商品の認知度向上や売上拡大に直結するため、高いスキルと料金が必要とされます。

【表現方法別】動画制作の料金相場

先述したように、動画にはいくつかの表現方法があります。それぞれの特徴や料金相場を表にまとめました。

特徴料金相場備考
アニメーション動画イラスト・グラフィックのみで制作50万円~100万円・カット数により料金が大きく異なる
・プロの声優を登用する場合にはより大きくなる可能性が高い
・撮影機材やスタジオ費などが不要
実写動画映像素材を撮影し、それを編集して制作100万円~200万円・映像撮影に携わる人数や撮影機材によってかなり左右される
・ドローン等の特殊機材を使用することもある
・人が出演しない場合は人件費がカットできるため安めに抑えられる
3DCG動画3Dグラフィックで構成150万円~300万円・3DCGを制作できる技術力の高い人材が必要
・数分程度の短い時間でもかなりの料金が発生する
・視聴者にインパクトを与える印象的な動画になりやすい

理想とする動画イメージによって、適した表現方法はまったく異なります。動画イメージと予算のバランスを考慮した検討が必要です。

動画制作の料金を抑えるためには?

白いバックグラウンドの前に立っているスーツを着た男性

低い精度で自動的に生成された説明

料金はさまざまな要素の組み合わせで決定します。料金の幅が広いですが、なるべく安く抑えたいと考える担当者の人も多いでしょう。予算を超えた料金を無理して払ってはその後の事業展開に支障が出たり、ひどいときには制作料金を回収できなかったりする場合があります。
動画制作の料金を抑えるために効果的な方法を紹介します。

見積もりを比較する

料金相場に幅があることから、制作会社によっても料金に差があることが多いです。外部に依頼する際には、複数へ見積り依頼をしてそれぞれを比較する必要があります。

見積りを確認するときには、見積り書の詳細さ・内訳とその費用など細かいところまで確認します。他と比較して不自然に高い金額の場合は注意が必要です。また、各項目に費用の詳細(使用する機材、スタッフ数の目安)などが記載されていると安心です。もし疑問点があればそのままにせず確認します。

代理店を通さない

代理店を通せば依頼がスムーズに進みやすいです。ただし代理店を通した場合には、動画制作料金に追加して代理店へのマージンが発生します。マージンは決して安くはない金額のため、安い料金での動画制作を希望であれば代理店は通さず直接依頼をするべきです。

代理店を通さない依頼方法には、直接問い合わせをする、取引先など関係者からおすすめを紹介してもらうなどがあります。最近はフリーランスの編集者も増えているため、個人への依頼も1つの手です。

撮影方法を工夫する

撮影方法を工夫することで料金を安く抑えられます。動画制作の全工程を外部に依頼ではなく、自社で対応できる部分やコストカットできる部分を見つけられればより安い料金での動画制作が可能です。

企画や構成・シナリオ作成などを自社でおこなうだけでも違います。自社でロケをすればスタジオ代もかかりません。撮影のみを依頼し編集は自社でおこなうこともできます。このあと紹介する、手軽に動画制作可能なソフトを使えば料金をより抑えられます。

1番料金を抑えられるのは自社での動画制作!

動画制作料金を抑えるためにもっとも効果的な方法は、自社での制作です。外部に依頼するときに大きなウェイトを占める人件費がカットできます。依頼先との打ち合わせや認識のすり合わせなども不要であり、スケジュールの管理も容易です。

ノウハウがない・スキルに不安がある場合も、動画制作ソフトを使えば問題ありません。特に動画を自動生成するソフトなら、素材の用意や簡単な修正・編集以外はソフトが自動でおこないます。料金を抑えながらも高クオリティな動画ができるため、動画制作ソフトを活用するべきです。

まとめ

白いシャツを着ている女性

中程度の精度で自動的に生成された説明

動画制作にかかる料金にはかなり幅があるため、さまざまな点を考慮しながらしっかりと予算を決める必要があります。動画の種類や表現方法によっても料金が大きく変わるため、まずは制作する動画に関する具体的なイメージが必要です。

動画制作料金を安く抑えるのであれば自社制作が一番です。動画の自動生成ソフト「Video BRAIN」であれば、スキルやノウハウがなくても手軽に高クオリティな動画が制作できます。動画制作を安く済ませるためにも、ぜひVideo BRAINの利用をご検討ください。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする