1. TOP
  2. 動画制作
  3. Mac対応の動画編集ソフトおすすめ5選|Macで動画編集するメリットも解説

Mac対応の動画編集ソフトおすすめ5選|Macで動画編集するメリットも解説

動画市場が盛り上がりを見せている昨今、YouTubeはもはや見るだけのものではなく、チャンネルを持ち、自ら情報を発信する一つのツールになってきました。

企業やブランド、Webメディアも続々と動画産業に参入しています。YouTubeで「ブランディングを行いたい」「商品を紹介したい」という企業が増えているのです。YouTubeなどに動画を上げるためにはまず動画を撮影するだけでなく、動画編集ソフトを使った編集作業も必要になります。

動画編集ソフトの種類は様々で、Windows・Macによっても対応ソフトが違うこともあります。この記事では、Mac対応の動画編集ソフトに絞って、おすすめの動画編集ソフト5選やMacで動画編集を行うメリットなどをご紹介します。

これから動画編集を始めようとしている方、Macで動画編集をしている方はぜひ参考にしてみてください。

Mac対応の動画編集ソフトとは?

なぜMacではWindows対応のソフトではなく、Mac対応の編集ソフトを使用する必要があるのでしょうか。それは、MacのOSであるiOSに対応したものを使う必要があるからです。

MacのiOSに対応していない動画編集ソフトをMacで使用することはできません動画編集ソフトを導入したい場合、まず導入したい動画編集ソフトがiOSに対応しているかどうかを確認しましょう。

Macで動画編集を行うメリット

Macで動画編集を行うメリットとしてまず挙げられるのが、Apple製品と連動できることです。日常的にiPhoneで写真を撮ったり動画を取ったりする方にとっては、MacとiPhoneが連動できれば作業がスムーズに行えるでしょう。

また、Macが人気の理由である感覚で操作できる作動性が高い点は、動画編集においてもメリットといえます。まとめると、下記の3点が大きなメリットです。

・iMovieで動画編集が可能
・iPhoneと連携できる
・パソコンのスペックが高い

詳しく解説していきます。

iMovieで動画編集が可能

iMovieはApple製品に標準搭載されている動画編集アプリのことです。

iMovieは無料で使用することができるため、動画編集初心者にもおすすめのソフトです。動画カット編集などの基本的な編集が無料でありながら、しっかりと使えるためiMovieを使いこなせばクオリティの高い動画作成も不可能ではありません。

また、iMovieを使いこなせるようになると、編集ソフトシェアNo.1の「Final Cut Pro」の操作にも慣れることができるでしょう。Final Cut Proとは、Appleが提供する有料アプリのことです。

初心者の方は練習の意味も兼ねて、iMovieを使ってみることをおすすめします。動画編集に慣れてきたらFinal Cut Proを使い、さらに質の高い動画作りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

iPhoneと連携できる

MacはiPhoneやiPadなどといったApple製品と連携できます。Macユーザーの70%以上がiPhoneユーザーというデータがあるほど、携帯・パソコンどちらもApple製品を使っている方が多いのです。

しかも、MacならiPhoneにあるデータを簡単に転送できます。iPhoneにあるデータを動画編集で使いたいときに非常に便利です。

動画編集用PCは「スペックの高さ」で選ぼう

動画編集で大切なことは、容量の大きさです。動画編集を検討している方は、なるべくスペックの高いパソコンを購入することをおすすめします。

動画編集ソフトは容量が大きいため、パソコンの動作に影響を与える場合もあります。そうならないためには、メモリやHDDの容量が非常に大切です。せかっくダウンロードしてもスムーズな作業ができなければ、動画編集に時間がかかります。

また、パソコンのスペックが低いと以下のことが起こるので注意が必要です。

・解像度が低くなる
・パソコンの動作が遅くなる
・頻繁にエラーやフリーズが起こる

このような不具合が発生するパソコンで動画編集を行うと、非常にストレスを感じるでしょう。価格は上がりますが、スペックが高いパソコンならスムーズに作業できます。

Mac対応の動画編集ソフト5選

では、さっそくMac対応の動画編集ソフトを見ていきましょう。今回紹介するのは下記の5つです。

・Avidemux
・iMovie
・Final Cut Pro
・Filmora
・Premiere Pro

有料・無料、自分のパソコンのスペック、そして必要な機能と照らし合わせながら自分に合ったソフトをぜひ探してみてください。それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

Avidemux

Avidemuxは無料の動画編集ソフトとして初心者の方におすすめです。このソフトのメリット・デメリットは以下の点が挙げられます。

メリット
・シンプルな機能で操作も簡単
・無料ながらエンコード処理・AVI,・MPG・MP4・FLVなど、複数のファイル形式に対応

デメリット
・英語表記になっている箇所がある
・日本語化専用ソフトのダウンロードが必要

iMovie

Appleに標準搭載されているiMovieも、初心者の方には非常におすすめです。このソフトのメリットとしては以下のようなことが挙げられます。

メリット
・無料で標準搭載されおり手軽に使用できる
・カットやテロップなどの動画編集機能が備わっている
・iPhoneとの連携も可能
デメリット
・テキスト編集の機能が乏しい
・基本的な編集しかできない

Final Cut Pro

Final Cut Proは、Appleが提供する有料の動画編集ソフトです。動画編集ソフトのシェアはNo. 1で、ユーチューバーも利用しています。
メリット
・シェアNo. 1のためネット上にヘルプが多く、短時間で問題や疑問が解決できる
・Adobe Premiere Proに比べると操作が簡単
・エフェクト機能が充実している
・Apple製品のため、iMovieを使い込んでいる方は移行しやすい

デメリット
・初心者向けのため機能が物足りなく感じる
・料金が36,800円と高額

Final Cut Proは無料版があるので、気になる方はチェックしてみてください。

Filmora

Filmoraは初心者向け有料ソフトです。料金プランは、無料版・年間プラン13,980円・ライフプラン(買い切り)21,980円の3種類となっています。

メリット
・テーマに沿った動画作成が可能
・様々な素材をダウンロードでき、目的にあった工作ができる

デメリット
・無料版は文字の透かしが入る

Filmoraにも無料版があるので、興味がある方はぜひお試しください。

Premiere Pro

最後に紹介するのは、プロも使用しているPremiere Proです。YouTuberの多くが使っているソフトであり、プロの現場でも使用されています。動画編集を仕事にしたい方におすすめの本格派ソフトです。

Premiere Proは、他のAdobeシリーズと連携して使用できます。Adobe Premiere Proのステップアップとしてもおすすめです。料金プランは、月額性が2,728円、Creative Cloudコンプリートプランは月額6,428円となっています。
メリット
・細かい調整や演出などが豊富
・多彩なジャンルの動画編集が可能
・自由度がありクオリティの高い動画を制作できる

デメリット
・慣れるまでに時間がかかる
・容量が大きいため、スペックが低いパソコンだと作動しない

実際にMacで動画を作成!その後効果を出すには?

動画制作の目的としては、主に以下のようなものが挙げられます。

・企業の商品やサービスの販売促進
・企業の認知度向上
・資料ダウンロード

性能のいい動画編集ソフトを使うと、目的に沿った動画ができあがります。しかし、動画をアップロードするだけでは、企業の目的に沿っている内容を提供できているか判断できません。動画を公開した後が肝心です。

動画公開後には効果測定を行いましょう。ターゲット、アクションプラン、目的は合っているか確かめる「分析」が重要です。まずは分析のために効果測定を行います。そのためには、定期的な振り返りと広告設定の見直しが必要です。

・目的
・ターゲット設定
・広告の手法の適切さ

広告を公開後には、上記の3点の振り返りを行いましょう。動画の目的に沿った効果が得られているかどうかを調べます。得られていない場合は、なぜ得られなかったのか、目的がずれた原因を考え、設定方法を見直します。そのことにより、効果的な広告展開が期待できるのです。

動画編集ソフトで効果測定ができる!

効果測定を行い、チームの中で修正を行うと、どうしても主観が入ってしまい、修正案や改善策が偏る可能性があります。次の動画で同じ間違いを起こすことも少なくありません。最初から効果測定のできる動画編集ソフトを使うことで、かなりの手間を削減できます。

動画編集ソフトは多くの種類が出ており、それぞれメリットもあります。目的にあったソフトを選びましょう。おすすめのソフトがVideo BRAINです。ここからは、Video BRAIN導入のメリットについてご紹介します。
https://video-b.com/


Video BRAINを利用すれば、AIのサポートで簡単に動画編集ができます。作業はたったの2つです。使いたい写真や動画、文字などをアップロードするだけで、AIが自動でマッチングして動画を作成してくれます。

画面が直感的に操作しやすく、理解しやすいのも強みです。分厚いマニュアルや何ページにもわたるヘルプを見る必要はありません。細かな修正・編集も1クリックで簡単に仕上がります。初心者の方でも戸惑うことなく編集できるでしょう。

豊富なテンプレート×フォントで「ワンパターン」から解放される

Video BRAINでは、あらゆるシーンに活用できる素材やテンプレートを使い放題でご用意しています。無料で使える素材は約528万点、フォントは約200書体あり、自社の商品やサービスのイメージに合わせたデザインの編集が可能です。

BGMや効果音も複数利用できるので、視聴者を引きつける魅力的な動画が完成するでしょう。長めの動画を作りたい担当者の方に向けて、最大60分まで作成可能にしています。

投稿したクリエイティブを素早く分析・効果検証できる

動画配信後の効果を調べることも、動画担当者の仕事です。YouTube内にもアクセス解析機能はありますが、Insight BRAINを使えば、より便利です。自社の動画の他、競合他社のフォロワー推移や投稿データの相関性も調べられます。

結果を分析・検証し、反省点や改善点を次に生かせば、サービスの認知や成約数に貢献できるでしょう。通常、解析には相応の専門知識が必要なものですが、Video BRAINを活用すれば手軽に行えます。

まとめ

今回はMac対応編集ソフトとして以下の5つを紹介しました。

・Avidemux
・iMovie
・Final Cut Pro
・Filmora
・Premiere Pro

求めている動画作成の機能はどの程度必要なのかといった点を参考にして選んでください。動画編集ソフトの容量はとても重いため、ダウンロードをするパソコンのスペックにも注意しましょう。

また、動画作成を簡単に行いたい場合や、効果を求める場合には、Video BRAINを活用するのがおすすめです。Video BRAINを活用することで、より質の高い動画を作ることができますので、ぜひお気軽にご相談ください。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする