1. TOP
  2. 動画制作
  3. 動画制作を依頼した場合の費用相場・料金プランについて解説

動画制作を依頼した場合の費用相場・料金プランについて解説

動画制作の制作にどれくらいの費用が必要かご存じでしょうか。現在動画制作の依頼を検討している方のなかでも「動画制作を依頼したいけど費用の相場が分からない」または「相場が分からず予算が組めない」と悩んでいる担当者の方も少なくないでしょう。

動画制作の費用は様々な条件で価格が大きく変わってきます。この記事では、動画の種類や工程別に必要となる、費用の相場をそれぞれご紹介します。

動画制作の費用相場・料金プラン

動画制作の費用相場は、制作過程や動画の種類、動画の規模、必要となるスタッフ数、機材や諸経費など、あらゆる条件を基に算出されます。これらの条件が一定でない理由としては、クライアントごとに作成したい動画の種類や長さ、内容が変わってくるという点が挙げられます。

一般的な費用相場は、安いもので約20万~30万、高いものだと100万を超えることもあります。

動画の種類別の費用相場

では、作成したい動画の種類別に費用の相場を見ていきましょう。依頼する予定の動画が、どの様なものなのか、照らし合わせてご覧ください。

サービス紹介動画

サービス紹介動画とは、自社のサービス内容や商品などを動画にして分かりやすく紹介する動画です。動画で紹介することにより、短時間でサービスや商品の魅力を伝えられます。サービス動画の使用用途の例と費用相場は以下の通りです。

種類使用用途費用相場一般相場
サービス動画  展示会・営業・新商品発表・自社サイト30万~100万 50万

会社紹介動画

会社紹介動画とは、会社理念や概要をはじめ、事業内容や社内の様子などを、紹介する動画です。少し前までは、自社サイトやカタログで紹介する企業がほとんどでした。しかし、最近では動画という方法を新たに加えて紹介する企業が増えています。

会社紹介動画の使用用途と作成費用の相場は以下の通りです。

種類使用用途費用相場一般相場
会社紹介動画  自社サイト・会社説明会・展示会・SNS広告30万~200万 100万

社員紹介動画

社員紹介動画とは、会社で働いている先輩社員にインタビューをし、リアルな現場の声を届ける動画です。リアルな声を届けることで、会社に対する具体的なイメージが湧きやすいというメリットがあります。

社員紹介動画の使用用途と作成費用の相場は以下の通りです。

種類使用用途費用相場一般相場
社員紹介動画 社内紹介・採用活動・自社サイト・会社見学50万~200万100万

マニュアル動画

マニュアル動画とは、主に社員育成の際に活用される動画のことを指します。マニュアルと聞くと、業務内容をマニュアル化した紙媒体を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。しかし、最近ではマニュアルを動画でまとめて、社員研修で活用している企業が増えています。

マニュアル動画は新入社員のメリットはもとより、紙媒体時に必要としていた諸経費や人件費の削減にもつながります。

マニュアル動画の使用用途と作成費用の相場は以下の通りです。

種類使用用途費用相場一般相場
マニュアル動画社員研修・業務引継・ノウハウの可視化30万~80万50万

採用動画

採用動画は、主に就職活動時に活用される動画です。動画内容は企業により様々ですが、一般的には、会社理念やコンセプトの説明・製品やサービス紹介・社員インタビュー・企業からのメッセージなどが多く盛り込まれています。採用動画は就活生にとっても、会社のイメージが湧きやすいというメリットがあります。

採用動画の使用用途と作成費用の相場は以下の通りです。

種類使用用途費用相場一般相場
採用動画   採用活動               50万~200万100万

Web広告用動画

Web広告用動画とは、Web上に掲載されたバナーなどの静止画像とは違い、動画として映像化されたWeb広告のことを指します。動画であれば、見る方の視覚と聴覚に訴えかけることができ、静止画より高い効果を得られると考えられます。

Web広告の使用用途と費用相場は以下の通りです。

種類使用用途費用相場一般相場
Web広告用動画Web上での広告掲載         50万~300万100万

イベント告知動画

近年では、企業の商品やサービスに触れて体験してもらうために開催しているイベントが多数あります。そんなイベントを告知する動画は、開催を楽しみにしている方はもちろん、主なターゲットは「参加を迷っている方」や「イベント参加経験がない方」です。

告知動画では、イベントの内容・日時・場所などが紹介されています。使用用途や費用相場は以下の通りです。

種類使用用途費用相場一般相場
イベント告知動画イベント告知            30万~80万50万

IR・広報動画

IRとはInvestor Relations(インベスター・リレーションズ)の略語です。企業が株主や投資家に向けて、経営や財務の状況、業績や今後の見通しなどを広報するために行う活動のことを指します。

IR・広報動画はそういった活動をより分かりやすく伝えるために作られる動画です。IR・広報動画の使用用途と費用相場は以下の通りです。

種類使用用途費用相場一般相場
IR・広報動画  株主総会・投資家へのPR活動・自社サイト掲載30万~200万100万

ブランディング動画

ブランディング動画とは、企業のサービスや商品、ブランドをより多くの方に認知してもらうために作られる動画のことです。実態のない「ブランド」を言語化し、動画化することによってブランドを可視化できる様になります。

ブランディング動画の使用用途と費用相場は以下の通りです。

種 類使用用途費用相場一般相場
ブランディング動画広報活動・自社サイト掲載・会社説明   100万~300万200万

動画の工程別の費用相場

ここからは動画の工程別にどれくらいの費用を考えれば良いのか、それぞれの相場をご紹介します。

企画・構成

企画・構成の工程では、動画の制作会社との打ち合わせで完成形をイメージし、あらゆる事項を決めていきます。企画や構成は、動画の核となる部分なので、重要度が高いです。

自社が考えている方向性や希望する点があれば、事前に明確にしておくことで、スムーズに打ち合わせを進めることができます。実際にはどの様な項目を決めるのかについては、以下の通りです。

費用相場企画・構成の作業内容
5~30万  動画の方向性・作成する目的・ターゲット層の確定・掲載先動画の雰囲気(写真・イメージ画・絵コンテなどを用いる)撮影の詳細(方法/場所/キャスティング/日程など)

進行管理・ディレクション

進行管理やディレクションは、撮影に入る前の準備を担う大切な工程です。ディレクションとは演出を意味する言葉であり、動画をクライアントのイメージ通りに仕上げるための環境作りを整えます。ディレクターは企画通りに制作の指揮を執り、納品まで進める役割を担います。

ディレクション工程の費用相場と内容は以下の通りです。

費用相場進行管理・ディレクションの作業内容
5万~25万 手配関係(ロケ地・タレントなど)・スケジュール管理・制作の指揮                

シナリオ作成

シナリオ作成は特に希望がない場合、制作会社が用意したシナリオライターが執筆することになります。しかし、会社紹介や商品・サービスの紹介をはじめとする動画は、企業側の方が、伝えたいことが明確に分かっていると思います。

そのため、事前に自分たちでシナリオを作成し動画作成に使った方がより良い動画になるでしょう。シナリオ作成の内容と相場は以下の通りです。

費用相場シナリオ作成の作業内容
5万~10万台詞の作成・演技を文章化                     

動画撮影

どの動画制作でも必須となる項目がこの「動画撮影」です。ここでの費用は、撮影自体の規模や機材の数、種類、撮影方法により大きく変わってきます。内容と相場は以下の通りです。

費用相場動画撮影の作業内容
5万~100万動画の撮影(カメラ等の費用も含む)・ナレーションの録音            

上記に加え、スタイリストやエキストラ、ヘアメイク、ロケハン、スタジオレンタルなどが必要な撮影だと、費用はさらにプラスされることになります。

動画編集

動画編集は撮影が終わった動画に効果やテロップ、字幕などを加え、動画を完成させる工程です。動画の完成を左右する工程で、動画の完成度は編集者の腕に掛かっているといっても過言ではありません。

費用としては、短いセミナー動画やインタビュー動画は撮影と同時に録音も可能なため、あまり編集することがなく、編集時間も短い時間で終わるので、費用は安くで済むでしょう。

一方で、会社PR動画、商品・サービス紹介動画など、編集箇所が多く、編集時間が掛かる動画は費用が高くなる傾向にあります。内容と相場は以下の通りです。

費用相場動画編集の作業内容
5万~30万 撮影した素材の配置決定・字幕テキスト挿入・BGM挿入ナレーション挿入・テロップ挿入

ナレーション

ナレーションは動画内容をより分かりやすく解説するために必要とされる工程です。ナレーション費用に掛かるのは、ナレーターの人件費・スタッフ×人数分の人件費・収録スタジオの利用料などが含まれています。

ナレーターもスキルが高い方に依頼すれば、人件費が高くなりますし、ナレーションが長ければ収録時間も長くなるため、費用は高額になります。内容と相場に関しては以下の通りです。

費用相場ナレーションの作業内容
3万~30万ナレーターの録音・ナレーション挿入作業               

動画制作の依頼費用を安くする方法

動画を制作する際は、様々な費用が発生しますが、少しでも費用を抑えたいという方は多いと思います。そこで費用削減のために制作会社に依頼せず、自分で行える作業をご紹介します。

自社でシナリオを作成する

シナリオは企業側でも準備できる工程です。会社PRや商品・サービス紹介の動画だとなおさら企業側が作成した方が良いでしょう。理由として、会社の魅力や商品・サービスについての伝えたい想いは、シナリオライターより企業の方が詳しく分かっているからです。

アニメーション動画を制作する

もし社内にアニメーション動画の制作が可能な社員がいれば、依頼するのも良いでしょう。自分たちでアニメーション動画を制作できれば、大きな費用削減となります。

アニメーション動画を制作するのが難しい場合には、イラスト素材だけでも自分たちで制作できないか検討するのも良いでしょう。

広告フォーマットに合わせて制作する動画を最適化する

近年のWeb広告は動画が一般的になってきています。バナーや精子画を使用した広告フォーマットは少なくなりました。制作する動画も広告フォーマットに合わせて最適化することができれば、その分の費用は削減できます。

広告フォーマットに最適化する作業におすすめのツールが「Video BRAIN」という動画編集ツールです。Video BRAINで編集する際、専門知識は必要ありません。あらゆる用途に特化した動画フォーマットが豊富に揃えられています。

今では動画編集ツールがあれば、動画を広告フォーマットに最適化する費用は削減できるのです。

動画編集を「動画編集ツール」で行う

近年、動画の編集は初心者でも行える作業となりつつあります。そこで動画編集に役立つのが「動画編集ツール」です。このソフトを使用するだけで、編集の経験がなくても動画編集作業を行えるようになります。そしてより簡単に動画編集を行えるのが「Video BRAIN」というクラウドツールです。

Video BRAINはAIを搭載しているため、動画編集の一端を担ってくれます。またシンプルかつ直感的に扱える操作性の高いツールなので、経験がなくても簡単に高品質の動画を作成することが可能となります。

まとめ

動画制作は撮影したい動画の種類や工程により、費用相場に大きな差が出ることが分かっていただけたかと思います。撮影したい動画の種類やこだわりたいポイントなどをあらかめ明確にしておくことで、大体の相場を算出できるでしょう。

Video BRAINはAIを搭載した非常に優秀なツールです。シンプルかつ直感的な操作性、それに加え、簡単で高品質な動画作成が可能なため、動画制作の手助けとなってくれるでしょう。

実際にVideo BRAINを導入した参考事例をご覧になり、Video BRAINの導入をぜひご検討ください。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする