1. TOP
  2. 動画制作
  3. 動画・映像制作会社の比較7選|選び方・比較方法も合わせて紹介

動画・映像制作会社の比較7選|選び方・比較方法も合わせて紹介

動画を活用したマーケティングを考えた場合、多くの企業が動画・映像制作会社への外注を検討するのではないでしょうか。しかしネット上を軽く見ただけでも、多くの制作会社が存在することから、どこに依頼すべきか迷ってしまうことでしょう。

できれば低コストで品質の高い動画、そしてしっかりと実績を持った動画・映像制作会社を選びたいものです。

では、動画・映像制作会社はどう選ぶべきなのでしょうか。本記事では動画・映像制作会社の選び方からおすすめの会社を7社紹介していきます。

動画・映像制作会社の選び方

早速動画・映像制作会社の選び方について見ていきましょう。基本的なポイントから、動画・映像制作会社だからこそのポイントまで触れていきます。

制作実績

まず確認すべきポイントは、その動画・映像制作会社が今までに作ってきた動画の制作実績です。実際に作った動画・映像を確認することができれば、その会社の基本的な映像制作の腕を確認することができます。

また実績を確認する際には、複数の動画・映像を確認するようにしましょう。コンスタントに質の高い動画を作っているかどうか、確認することができます。

制作スケジュール

次に確認すべきポイントは、動画・映像を制作する際の大まかなスケジュールです。非常に質の高い動画を作る会社であったとしても、納品までのスケジュールが長すぎるようでは依頼することは難しいでしょう。

また企画、撮影、動画編集など、工程ごとのスケジュールがわかるかどうかも重要です。1カ所だけ不自然に長すぎる点があった場合、その工程が苦手だと考えることもできるので、自社が依頼予定の動画・映像制作に支障がでないかどうかも確認しておきましょう。

制作コスト

動画・映像制作を外注する際に外せない条件となるのが、制作にかかるコストです。一概に低コストであれば良いというわけではありませんが、自社が出せる範囲のコストに収められるかを、事前に確認しておくことが大切です。

また動画・映像制作にかかるコストは想像よりも高額になる場合があります。特にアニメーションを依頼する場合は、求めるクオリティによってコストが大きく異なります。

複数の動画・映像制作会社のコストを比較して相場を確認しておきましょう。

制作後のサポートの有無

動画・映像をマーケティングに用いる場合、動画や映像作品を納品してもらって終了ではありません。実際には作品が完成して配信した後に、動画の効果検証を行う必要があります。

動画・映像制作会社によっては、これら制作後のサポートの手厚さも大きく異なります。この点も非常に重要な点といえるでしょう。

動画・映像制作会社の比較ポイント

続いては、複数の動画・映像制作会社を比較していく際のポイントについて解説していきます。

得意な動画・映像制作の有無

非常に大切なポイントとなるのが、その動画・映像制作会社が得意としている動画・映像のジャンルを把握することです。動画・映像制作にはさまざまなジャンルがあり、そのジャンルごとに必要となる機材や腕が異なります。

自社が求めている動画・映像作品に必要な動画ジャンルに対して、得意な会社かどうか事前に調べておきましょう。

工程別の依頼が可能かどうか

制作会社を選ぶ大切なポイントの一つとして、工程別で依頼が可能かどうかといった点が挙げられます。

例えば、素材の撮影は自社で行い、動画・映像作品の編集や配信だけ依頼する形、また撮影までを依頼して、編集や配信は自社で行いたい、などの柔軟な対応がお願いできるのかといった点です。

工程ごとの依頼が可能な場合、動画・映像制作のコストを大幅に下げることも可能となります。ある程度の動画・映像制作を自社で行える場合には、ぜひこの点を確認しておきましょう。

提案の有無

動画・映像作品の制作において、撮影や編集は非常に大切な工程ですが、それと同じように、企画や構成も非常に大切な工程です。

自社の動画の質を高めるために、適切な提案をしてくれる会社かどうかといった点も確認すべきポイントといえるでしょう。

新たな提案や改善点の指摘を的確にしてくれる制作会社に依頼することで、動画の質が高まり、ひいては、宣伝効果も高まります。

制作クオリティ・費用によっては個人依頼も想定しよう

現在の動画の需要の高さ、そして自由な働き方から、動画・映像作品の制作は、組織だけではなく個人への依頼も可能となっています。

編集ツールや撮影機材のクオリティが上がっていることもあり、組織と変わらないクオリティを担保できるクリエイターの方々も増えてきています。

したがって、求めるクオリティや費用によっては、動画・映像制作会社だけではなく、個人への依頼もおすすめです。特にクラウドソーシングでの依頼であれば、大幅にコストを引き下げることが可能となるでしょう。

おすすめの動画・映像制作会社7選

ここからは本記事で実際におすすめしたい。動画・映像制作会社を7社紹介していきます。それぞれ得意とする動画・映像作品のジャンルや会社の特徴にも触れていくので、自社が求める動画・映像作品を加味しながら、選んでみてください。

Crevo株式会社

動画・映像制作専門の会社としては現在までに、2,000社、4,000件以上の実績を誇る動画・映像制作会社です。

花王やリクルートなどの名前だけでわかるような大手企業から、地域に根差した中小企業まで、さまざまな企業の動画制作案件に関わってきました。

・おすすめポイント:最安値~49万円と低コストな動画制作が特徴

JPC. Movie SECtion

あらゆるジャンルの動画・映像制作が可能となっている動画・映像制作会社です。会社のキャッチコピーが「映像制作をワンストップで」とあるように、動画制作だけではなく、企画提案から、配信後の効果検証まで、トータルでお任せすることが可能となっています。

・おすすめポイント:映像制作のすべてをお任せできるので動画マーケティングが初めての企業でも安心

株式会社 Global Japan Corporation

制作実績4,000社、60業種以上を誇る、動画・映像制作会社のなかでも圧倒的な実績を誇る会社です。また制作にかかる費用の最安値は3万円からとなっており、低コストな点も特徴です。

・おすすめポイント:パックプランごとの制作実績も確認できるので、事前にクオリティを担保することも可能

Borderless

企業、ブランドのPRや商品販促を得意なジャンルとしている動画・映像制作会社です。制作する動画・映像のジャンルを絞っていることから、高い効果を期待できる動画を作り出してくれるでしょう。

・おすすめポイント:動画内容のカッコよさやセンスよりも、効果に特化した動画・映像作品を作れる会社

UGOKIE

料金プランがシンプルでわかりやすいことから、コスト面を重視して選びたいと考える企業に、ピッタリな動画・映像制作会社です。

また動画制作だけではなく、作品納品後のアフターフォローも充実しているので、動画マーケティング全般を任せてしまいたい企業にもおすすめできるでしょう。

・おすすめポイント:制作後の動画作品も、微細な修正なら無料で受け付けているので満足度の高い動画・映像作品を作ってもらうことが可能

90 Seconds Japan株式会社

世界最大級の動画・映像制作に関わるネットワークを構築している会社です。海外のクリエイターともつながっているので、海外ロケーションの美しい映像を提供してもらうことも可能でしょう。

・おすすめポイント:企業イメージなどのブランディングとして、スタイリッシュな動画・映像作品を求める企業におすすめ

株式会社B-wish

動画・映像作品のなかでもYouTubeに特化した動画・映像制作会社です。一言で動画といっても、掲載媒体によって受ける動画は異なります。

動画媒体のなかでもYouTubeを利用しようと考えているのであれば、検討すべき動画・映像制作会社だといえるでしょう。

・おすすめポイント:YouTube動画を求める企業におすすめ

まとめ

動画・映像制作会社は数多くあります。そのなかから選ぶことになるので、本当にこの動画・映像制作会社で大丈夫だろうかと不安に感じることもあると思います。

そんなときには、自社内で動画・映像作品を作るというのも選択肢の一つです。Video BRAINの操作のしやすさ、効果の高さは多くの企業様が実感されています。

まずは導入事例を確認しながら、自社に合っているかどうかを検討いただければ幸いです。

https://video-b.com/case/case_category/article/


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする