1. TOP
  2. 動画編集
  3. 動画編集の依頼相場は?少しでも安くおさえるコツも紹介

動画編集の依頼相場は?少しでも安くおさえるコツも紹介

「動画制作を依頼すると料金の相場はどれくらいなんだろう」と考える方もいるのではないでしょうか。また、動画制作を依頼してみたいけど、インターネットなどに散見される相場では幅が広すぎてよくわからないといった方もいるでしょう。

今回は、動画編集の依頼相場について詳しく解説します。さらに、動画編集を依頼する際に少しでも費用をおさえるコツも合わせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

費用を安くおさえるコツを把握しておくことで、コストパフォーマンスをおさえながらも効率良くクオリティの高い依頼ができるようになるでしょう。

動画制作の工程は4つ

初めに、動画制作の工程を解説します。動画制作の主な工程は以下の4つです。

・企画・構成
・撮影
・編集
・公開・効果検証

4つの工程の中でも特に重要視されているのが「企画・構成」です。理由は、この工程が動画を制作する目的や、視聴ターゲット、動画のコンセプトなどを決めるからです。

もちろん、他の工程も必要不可欠な要素であることは間違いありません。しかし、動画の目的やコンセプトをしっかりと決めておくことで、効率的に動画制作を行うことができるでしょう。

企画・構成

動画制作において最も重要視されている工程がこの「企画・構成」と言われています。企画・構成は、以下の4つのポイントを押さえることで効率良く行うことが可能です。また、費用をおさえることもできるでしょう。

・動画を制作する目的の明確化
・ターゲット層の把握
・掲載先の決定
・動画の方向性の選定

動画を活用する目的として、販売促進や企業紹介などの認知度向上が挙げられます。そして、その動画を何処に向かって発信したいのかを明確化することで、動画のテイストや長さ、強調するポイントなども変わってくるでしょう。

さらに、あらかじめ掲載先を決めておくことで、動画の長さも決まってきます。以下の表に、主な媒体の視聴しやすいおすすめの動画時間をまとめたので参考にしてください。

媒体長さ
Twitter30~40秒程度
Facebook50~60秒程度
Instagram30秒程度
YouTube6秒~2分程度

撮影

次に、動画を制作する際に必ず行う撮影のポイントを解説します。動画の撮影を行う際は、撮影前の準備も重要です。カメラや照明といった撮影機材や、撮影場所の確保などは必ず事前に行っておかなければなりません。

プロのカメラマンに依頼する場合、上記のような前準備は自分で行う必要はありませんが、自分でレンタル機材の手配を行うなどで費用をおさえることも一つの方法です。

また、動画の編集をあらかじめ想定しておき、事前に絵コンテや使用素材、映像と音声を別撮りにするのかなどの点についても決めておくことをおすすめします。

撮影前に動画の詳細まで決めておくことで、追加の撮影の手間などが省け、時間や費用をおさえることができるでしょう。

編集

動画を編集する際には、外部に委託するか、動画編集ソフトを使って自分で行うことになります。外部に委託する場合、動画のジャンルやクオリティによって料金が異なるため自分のイメージ通りの動画に仕上げようとしたら思わぬ高額になってしまうというケースもあるので、注意が必要です。

また、自分で編集を行う場合は動画編集ソフトの操作を覚えなければなりません。時間に余裕のある人は、動画編集ソフトの操作を覚えて自ら編集し、コストを抑えても良いでしょう。

ただし、動画編集ソフトの操作には向き不向きもあるので、操作が難しい場合は外部に委託する、あるいはVideo BRAINなどの動画自動生成ソフトを購入してみるのもおすすめです。

公開・効果検証

2021年現在、動画をインターネット上に公開する方法はYouTubeへのアップロードが主流とされています。YouTubeのアップロードは手順を覚える必要はありますが、基本的に無料で行うことが可能です。

インターネット上での公開ではなく、セミナー会場での再生などの場合は、うまく再生できるかの確認を事前に行っておくと良いでしょう。動画媒体によって公開方法が異なるので、事前に調べておくことをおすすめします。

また、動画の公開や効果の検証は、コンサル会社などの外部業者に委託することで簡単に行うことができますが、どうしてもそれ相当の費用が掛かってしまいます。しかし、動画生成ソフトやYouTubeアナリティクスなどの機能を使用することで、費用をおさえることも可能になるので一度試してみるのも良いでしょう。

動画編集業務の依頼相場

単純に動画制作のみを依頼すると、動画のジャンルにもよりますが、料金の相場はおおよそ5,000~50,000円程度かかると言われています。この相場を安いとするか高いとするかは、クオリティなども含めケースバイケースです。ただし、サムネイル画像などの料金が別途発生する場合もあるので、事前によく確認しておきましょう。

また、コロナ禍における動画市場の変化や、動画広告の需要の上昇で動画編集業務の依頼相場が変わりやすくなっています。動画編集を依頼する直前に改めて相場を確認することも重要です。

動画制作一式の依頼相場

動画制作一式を依頼した場合の料金の相場は、50,000~150,000円と言われています。こちらは動画の企画、タイトルや構成作成から参加してもらう価格帯の相場なので、タイトルや構成案をあらかじめ考えておくことで、コストを抑えられる場合もあります。見積もり依頼時に相談してみるのも良いでしょう。

また、撮影料金は別途必要になる場合もあるのでこちらもよく確認しておくことをおすすめします。制作会社によりますが、サムネイルの制作や動画の公開設定までフルパッケージで依頼する際には、比例して費用も高額になってくる場合も少なくありません。あらかじめある程度の予算を準備しておくと安心です。

動画編集の依頼費用を安くおさえるコツ

続いて、動画編集の依頼費用を安くおさえるコツを解説します。動画編集の依頼費用を安く抑えるコツとしては、フリーランスの動画編集者に依頼することやテンプレート動画を使用するなどし、自作することなどです。

制作会社に依頼するよりも、フリーランスの動画編集者に依頼する方がコストを抑えられる場合が多いです。クラウドワークスやランサーズといったクラウドサービスのサイトや、TwitterやInstagramなどのSNSからでもフリーランスの動画編集者を検索、依頼することが可能です。

ここでは、動画編集を自分で行い費用をおさえる場合のポイントを詳しくご紹介しますので、順に見ていきましょう。

テンプレート動画を使用する

動画編集と耳にすると、初心者の方は特に自分で行うのはハードルが高く感じてしまうでしょう。しかし、実はテンプレートを使って簡単に動画を作成することも可能です。

テンプレート動画は、パッケージであれば1万円程度で購入することが可能であり、クオリティによっては無料で使用することもできます。動画のクオリティが低くなってしまったり、オリジナリティに欠けてしまったりするなどのデメリットもありますが、動画の目的によっては十分な仕上がりに期待できるでしょう。

また、テンプレート動画で動画制作が行えるアプリなども存在します。クオリティを重視するよりも、動画制作のコストをおさえたいという方はテンプレート動画を使用するのも良いでしょう。

アニメーション動画を制作する

動画編集の依頼費用を安くおさえるコツとして、アニメーション動画を制作することも挙げられます。動画を制作する際に、実写の動画ではモデルとなる人やエキストラの人件費が必要です。クオリティの高い動画を制作する場合、イメージに合う方を探すためのキャスティング費用やそれに伴う時間も掛かってしまうでしょう。

アニメーション動画を制作する場合には、イメージにあったキャラクターをピンポイントで作成することが可能なので費用を安く抑えられる場合があります。また、キャスティングしてから『少しイメージと異なる』というような認識の相違も少なくなることでしょう。

さらに、アニメーション動画の場合は撮影の必要がほとんどないので、撮影機材の準備や撮影に掛かる費用を省くことも可能です。

撮影場所を固定する

アングルは固定になってしまいますが、撮影場所を固定することでカメラマンや制作に関わるスタッフの人数と機材数を減らし、費用を抑えるという方法があります。

例えば、短い時間のインタビュー動画を制作する場合、自然光が十分に入る部屋を撮影場所に選べば照明機材を使用する必要はありません。三脚を使っての撮影自体はそれほど難しいものではないでしょう。

カメラや三脚などの主な機材さえ揃っていれば、制作会社に任せるのは不足している部分の追加撮影と編集作業のみで済みます。この撮影方法は、場合によっては大きく依頼費用を抑えることができるでしょう。

グリーンバックを背景に使用する

グリーンバックを使用し合成する「クロマキー合成」と呼ばれる手法があります。クロマキー合成とはキーイングと呼ばれる切り抜き合成の一種で、特定の色の成分から映像の一部を透明にし、そこに別の映像を合成する技術を指します。

このような技術を使用することで、モデルとなる人やスタッフの交通費がおさえることも可能です。

費用を出して動画を作成…効果はでる?

動画編集の依頼相場や、動画編集費用を安くおさえるコツをご紹介しました。動画編集の依頼相場を把握しておくことや、コツを押さえて効率的に動画制作を進めることが可能です。

しかし、動画クリエイティブのPDCAサイクルが上手く機能していないために、以下のような問題を抱えてしまう方もいるのが現実です

・自社の商品やサービスの魅力がうまく伝えられない
・競合他社と差別化してアピールできない
・伝えたいことが多くて情報が整理できない

上記のような問題を抱えている場合は、一度動画クリエイティブのPDCAサイクルを上手く回せているか再確認してみることも大切です。

費用を抑えながら効果の出る動画を作成するなら「Video BRAIN」!

動画クリエイティブのPDCAサイクルを加速させる方法としては、動画を自動で生成することのできる動画編集ソフト「Video BRAIN」を使用するのがおすすめです。

Video BRAINは、株式会社オープンエイトが提供しているクラウド上の動画編集サービスで、AIのサポートによりわずか3ステップで動画制作を行うことができるのが特徴の自動生成ソフトです。

もとになる素材(写真、映像、テキスト)をアップロードするだけで動画が完成。細かい編集や修正も1クリックで思い通りに行えます。そのため動画クリエイティブのPDCAサイクルを加速させることが可能です。

ここからは、Video BRAINを使ってできることについて、順を追ってご紹介します。ぜひ参考にしてください。


Video BRAINは、AI機能が搭載されていることが大きな特徴です。クラウド上で入稿したテキストや素材などを、AIが解析して該当コンテンツに合うように自動でマッチングしてくれるので操作も簡単に行うことができます。

さらに、素材の自動切り抜き、アニメーション作成の提案なども行ってくれるので、動画編集の知識がない方でも直感的な操作が可能です。

豊富なテンプレート×フォントで「ワンパターン」から解放される

Video BRAINは、テンプレートが豊富に用意されていることも特徴として挙げられます。フォントも60種類以上が利用可能なので、オリジナリティの高い動画を制作することが可能です。

また、エフェクト、アニメーションなどを加えることでテンプレート動画などに見られるワンパターン感から解放されるでしょう。

投稿したクリエイティブを素早く分析・効果検証できる

Video BRAINでは、作成した動画をInstagram、YouTubeなどのインターネットサービスに投稿することも可能です。SNSでの効果も検証でき、競合他社のフォロワー推移や投稿データなども調べられるようになっているので、上手く活用すれば効果の検証や分析などを素早く行うことができるでしょう。

まとめ

今回は、動画編集の依頼相場について詳しくご紹介しました。動画編集の依頼相場を把握し、費用を安く抑えるコツを実践することで、動画制作に掛かるコストを少しでも安く抑えましょう。

「Video BRAIN」などのクラウドサービスを利用して動画制作の効率を上げ、制作コストをおさえながら動画クリエイティブのPDCAサイクルを加速させることもおすすめです。

Video BRAINでは、AIがテキストと素材を自動でマッチングする他、テンプレートやフォントが充実しているためワンパターンになりません。また、投稿したクリエイティブを素早く分析・効果検証できるので、PDCAサイクルを加速させることが可能です。

ご興味のある方は、ぜひ一度公式ホームページから資料をお申し込みください。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする