1. TOP
  2. 動画編集
  3. 動画編集の個人依頼相場|個人依頼のメリット・デメリットも解説

動画編集の個人依頼相場|個人依頼のメリット・デメリットも解説

動画制作や動画編集を個人のクリエイターに依頼する企業は増えています。動画製作・編集を個人のクリエイターに依頼すると、制作会社に依頼する場合より費用をおさえやすいのがメリットがです。

しかし、個人のクリエイターは人によってスキルや経験が異なるため、値段だけで選定して依頼してしまうと、イメージと違う仕上がりの動画が納品されてしまう可能性もあります。

そこで、今回は動画制作・編集を個人に依頼した場合の相場や、個人に依頼するメリット・デメリット、個人のクリエイターを選ぶポイントについて詳しくお伝えしていきます。

動画編集の個人依頼相場

動画編集を個人に依頼した場合、どの程度の金額になるのでしょうか。ここでは企業の依頼相場と比較してお伝えします。

動画制作・編集を企業に依頼した場合、相場は5万円~50万円程度、平均すると20万円程度になります。動画の長さや種類によっても価格は大きく変わるため、あくまで参考価格です。TVCMであれば、専門技術だけでなくモデルや声優・キャッチコピー代なども含まれるため高額になります。

個人に依頼する場合、制作会社への依頼と比べるとおおよそ半額から7割程度の価格になる傾向です。個人でできる作業に限界があることもあり、相場は大体5万円~15万円程度となるでしょう。また、テロップ入れやナレーションの挿入など、動画制作全体ではなく部分作業のみを依頼する場合は、5千円程度の仕事もあります。

動画編集を個人に依頼するメリット

ここでは、動画編集を個人に依頼することでどんなメリットがあるのかを、5つのポイントに分けて解説します。

料金が安い

一番のメリットは、制作会社への依頼と比べて料金が安くおさえられることです。
個人に依頼した場合、制作会社への依頼と比べると半額から7割程度の金額で受注してもらえます。この差が生じるのは、個人と制作会社では人件費に違いがあるのが理由です。

制作会社にはさまざまな役割のスタッフが在籍しているため、動画制作を依頼した際には事業を維持するための経費もかかります。しかし、個人の場合はほぼすべての作業を一人で行うため、これらの経費が不要となる分だけ価格がおさえられる仕組みです。

価格の安い個人に依頼するからといって、クオリティが低くなる心配はありません。コストパフォーマンスを重視するなら、個人に依頼するのがおすすめです。

編集クオリティが高い

動画制作を本業にしている個人の場合、マーケティングや企画を含め、深い知識と経験があります。元々は大手の制作会社に勤めていて、今は独立しているというような個人に出会えたら、低いコストでハイレベルな動画を作ってもらえる可能性があるでしょう。

ただし、個人であっても制作会社であっても得意不得意があります。実績を見せてもらい、どんなスキルを有しているのかしっかりと確認してから依頼するのが賢い選択です。

クラウドソーシングで依頼先を探す場合は、ある程度実績がわかるようになっているので、信頼できるクリエイターかどうか判断する際の材料にするとよいでしょう。

作業工程ごとの依頼がしやすい

個人に依頼した場合、一部の作業工程のみを依頼しやすいのもメリットです。動画制作は、「企画」「撮影」「編集」「修正」などの工程を経て作られます。制作会社に依頼する場合はすべての工程をお任せできますが、その分高額になる傾向があります。

一方、個人に依頼する場合、テロップ入れやシナリオ考案など細かい工程を指定して一部のみ依頼することも可能です。

マーケティングや企画を自社で行い、細かい作業だけを個人に依頼すればさらに費用をおさえることができます。ある程度自社で動画制作を進めていける場合は、個人に作業工程ごとの依頼をするとよいでしょう。

変更・修正に柔軟に対応してくれる

個人に依頼すると、基本的には一人のクリエイターがすべての作業を担当するため、変更や修正があった場合に柔軟に対応してもらいやすいのもメリットです。

制作会社に依頼する場合は多くの人が関わるため、スケジュールの変更や内容の修正には追加費用が発生します。事前の取り交わし内容によっては対応してもらえない場合もあり、泣き寝入りやコストを無駄にしてしまうこともあるので注意しましょう。

その点、個人のクリエイターは相談に応じてくれる人が多いのが特徴です。ひとつひとつの仕事が自身の生活に直結することも一因ですが、実績が蓄積されるため作品を仕上げる意識が異なります。

コミュニケーション頻度を高めやすい

個人が作業する場合、作業者とのコミュニケーションを頻繁に行えるのもメリットです。制作会社の場合、やり取りをする人と作業者は異なる場合が多いので、細かいイメージが伝わらず、希望に沿わない動画ができあがってしまうという可能性があります。

一方、作業者がひとりの個人依頼であれば、作成して欲しい動画のイメージを都度共有しやすいため、思い通りの動画を作ってもらいやすくなります。細かい状況の確認はもちろん、わからないことがあればすぐ質問してもらえるなど、コミュニケーションが頻繁になれば認識ズレも防げるでしょう。

動画編集を個人に依頼するデメリット

動画制作・編集を個人に依頼することには、メリットだけでなく特有のデメリットもあり、すべての人におすすめできるわけではありません。このデメリットを3つのポイントに分けて解説します。

編集クオリティに差が出る

まず1つ目のデメリットは、個人への依頼では人による編集クオリティの差が大きくなることです。企業であれば、新人・ベテランと案件ごとで振り分けることが可能であり、採用段階である程度のふるいにかけられています。しかし、個人の場合はその個人が発信する経歴情報しかありません。

特にクラウドソーシングで依頼をする場合、まだレベルが低いクリエイターも数多く登録しているため、依頼した結果「クオリティの低い動画を納品されてしまった」「途中で連絡がつかなくなってしまった」ということもあり得ます。

このようなトラブルを避けるためにも、必ず実績動画を見せてもらい、クオリティを確かめた上で依頼するようにしましょう。

また、レベルの高いクリエイターに出会えた場合でも、毎回仕事を発注できるとは限りません。継続して動画制作を依頼できる人に出会えるまで、ある程度の時間を要することにも注意が必要です。

納期へのコミットが弱い

個人に依頼する場合、納期へのコミットが弱いこともデメリットです。制作会社の場合は、最初にスケジュールをしっかり組んで作業することはもちろん、納期に遅れた場合は社会的信用を問われるため、契約で決めた納期は守られます。

しかし、個人の場合は副業として受注している人も多く、匿名性も強いのが特徴です。

もちろん納期にコミットして作業するクリエイターもいますが、納期への意識には個人差があるので注意しましょう。クラウドソーシングの場合、過去の実績でクリエイターの仕事の基準がある程度判断できるので、依頼する前にしっかり確認することが大切です。

動画マーケティングを理解していない場合がある

個人に依頼する場合、「動画編集作業はできるが、マーケティングの知識は持っていない」という人もいます。

動画制作においては、「誰に伝えるのか」「どんな人に見てもらうのか」といったマーケティングの視点が重要です。しかし、一部の工程を依頼するような場合は、クリエイティブ職に特化した人に依頼することが多いでしょう。

制作会社の場合は、専門のスタッフが在籍していたり、企業研修のうちに知識がインプットされていますが、個人クリエイターにマーケティングのリテラシーを求めるのは難しい要求です。マーケティング的戦略をもって制作する場合は、要件定義や企画をしっかり指示する必要があります。

動画編集を個人依頼する際の選び方

動画編集を個人依頼する場合、個人であるからこそ個人差が大きいのが悩みどころです。そこでここからは、思い通りの動画を作ってもらうための個人クリエイターの選び方を、3つのポイントに分けてお伝えしていきます。

作業工程別で対応可能かどうか

まず1つ目は、作業工程別で対応してもらえるかを確認することです。特に、費用をおさえて動画を作りたい場合は、一部の編集作業のみ依頼するなど細かく依頼箇所を分けて依頼することが重要です。個人の場合、できる工程とできない工程がある場合も多いので、依頼する前にしっかり確認しておきましょう。

イメージする動画の制作実績がある

2つ目は、作ってもらいたい動画と同ジャンルの動画の制作実績があるか確かめることです。これは個人でも制作会社でも同じですが、強みとするジャンルは個人や企業によって変わってきます。

CGやアニメーションに強い、YouTube広告・TVCMに強いなどありますが、これらのジャンルにはそれぞれ必要な技術や知識が異なります。過去の実績を見せてもらい、その内容からイメージに合うクリエイターを選ぶようにしましょう。

マーケティング視点で動画が作成できる

3つ目は、マーケティング視点で動画が作成できるかどうかです。動画はただ作っただけでは意味がありません。コンテンツを求めている人に届けるためには、マーケティングの知識が必要不可欠です。

単純に動画編集のみをお願いする際は不要な場合もありますが、企画や分析なども含めて動画制作を依頼する場合はマーケティングの知見がある人かどうかを確認するようにしましょう。確実な効果検証などを求める場合は、個人よりも企業に依頼するのがおすすめです。

Video BRAINなら自社完結できる!

個人に依頼するにはメリットもあればデメリットもあります。費用をおさえて動画作成を行うなら、動画の企画は自分たちで行い、動画制作だけを個人のクリエイターに依頼することが効率的です。さらに、ツールを利用すれば、自社で企画から制作まで完結することができます。

「専門的な知識がないと動画編集は難しいのでは?」と思われがちですが、「Video BRAIN」を利用すれば、簡単にクオリティの高い動画編集が可能です。「Video BRAIN」は、AIを搭載することで、テロップ入れやトリミングなどの動画編集で必要となる煩雑な作業を自動で行うことを可能にした動画編集ツールです。

テロップにしたいテキストと画像・動画を選ぶだけで、AIが最適な構成の動画を自動生成してくれるため、簡単にハイクオリティな動画を作成できます。専門知識がない人でも直観的にわかるインターフェースなので、操作で詰まることもなく、効率的に動画制作ができるでしょう。

動画生成後に手動で修正できるので、気になるところはこだわることも可能です。
動画はある程度テンプレートに沿って作られますが、多彩なテンプレートやフォント、アニメーションが用意されているので、動画ごとのオリジナリティも出せるでしょう。

特に下記のようなニーズがある方は、Video BRAINを活用することで大きなメリットを得られるでしょう。

・とにかく費用をおさえたい
・専門知識がない人でも簡単に動画を作れるようにしたい
・テンプレートに沿って動画を量産したい

まとめ

動画を制作する手段として制作会社に依頼する企業も多いでしょう。しかし、クラウドソーシングを活用すれば個人クリエイターに依頼することも可能です。個人クリエイターに動画制作を依頼すると、以下のようなメリットがあります。

・料金が安い
・編集クオリティが高い
・作業工程ごとの依頼がしやすい
・変更・修正に柔軟に対応してくれる
・コミュニケーション頻度を高めやすい

信頼できる個人を探すのに苦労する、依頼できる規模に限界があるなどのデメリットもありますが、上手く活用すれば安価にクオリティの高い動画を制作することができるでしょう。

また、費用をおさえ、ある程度テンプレートに沿った動画を量産したい場合は、ツールを利用して自社で動画制作を行うのもおすすめです。

今回の記事で紹介した「Video BRAIN」のように、AIで動作制作のサポートを行うツールであれば、映像制作のノウハウがない場合でも一定レベルの動画を量産することが可能になります。ぜひ費用や目的に応じて、効果的な動画制作の方法を見つけてください。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする