1. TOP
  2. 動画編集
  3. 動画の作り方・手順を徹底解説!初心者におすすめの動画編集

動画の作り方・手順を徹底解説!初心者におすすめの動画編集

昨今は動画を用いて商品やサービスを紹介したり、自身の考えを効果的に伝えたりと、日常生活に動画が利用される場面が多くなっています。PR動画はもちろんYouTubeやサイト内の簡単な動画まで、動きのある画を見せることで大きなPR効果が見込めます。

企業で営業や人事を担当されている方をはじめとした多くの方が「動画を撮ってみたい」と考えるのではないでしょうか。しかし、動画を撮るといっても、初心者から見ればとても難しいことのように感じてしまうものです。

実際のところ、動画を撮影するのはそこまで難しいことではありません。もちろん動画撮影、編集にもプロがいますが、アマチュアや初心者の方でもポイントをおさえて行えば魅力的な動画を撮ることが可能です。そこで本記事では、動画編集の基本についてわかりやすく、詳しく解説していきます。

動画制作を始める前に大事なポイントを押さえておきたい、という方はこちらの資料もご参考ください。

動画はどうやって作る?

まずは動画制作の大まかな流れについて見ていきましょう。制作の流れにイメージを持つことで、実際に必要なものの目安がわかりやすくなります。

実際に撮影する

最初に必要なものは、実際の動画素材です。動画として編集しようにも、素材がなければ編集のしようがありません。動画の目的やイメージを確立させ、必要な素材を撮影していきましょう。

動画作成ソフトで自動作成する

「初めて動画編集をする」「ツール自体に触れるのも初めて」という方におすすめしたいのが、「自動作成」できる動画作成ソフトです。ソフトが自動的に撮影素材を編集してくれるので、簡易なものであれば細かい専門知識は必要ありません。

ソフトの機能を覚えたり、レイアウトやデザインで悩んだりする必要もないので、とりあえず1本動画を作ってみたいという方にぴったりです。

初心者でも作れる動画の活用例

ここでは、実際に動画制作や編集に知識のない方でも作成できる動画にはどのようなものがあるのか、目的別に解説していきます。

PR動画

PR動画とは、企業や地域が商品や観光場所をアピールするために作る動画のことを指します。多くの情報を視覚情報として届けることができるので、内容がわかりやすく、情報量が多いことが大きなメリットです。

また一度作ってしまえば、オンライン・オフラインを問わずさまざまな場面で利用できる点も魅力だといえるでしょう。撮影内容も「商品の説明」「観光地を撮影しながら紹介」「社員のインタビュー」など多岐にわたります。

動画マニュアル

動画マニュアルとは、主に企業や事業所などが仕事内容や製品の性能などを動画に撮って残しているもののことを指します。動画のマニュアルでは実際の動きを映像で確認できるので、文章やイラストで説明されているものより理解が深まりやすいのが特徴です。

特に規模の大きな企業の場合、マニュアルそのものが膨大になる場合があり、文章やイラストだけでは説明しきれない場合もあるでしょう。そのようなときにこそ、動画はひと目で理解できるものとして重宝します。

営業動画

営業活動を、動画を用いて行う際に必要となるのが「営業動画」です。企業が商品やサービスを他企業に営業する際に動画を用いるメリットとしては、多くの情報を無理なくアピールできる点が挙げられます。

また、視聴者の注意を惹きつけやすい「動くグラフ」を活用したり、実際に使っている場面を見せたりすることも、動画だからこそできる大きなメリットです。特に、利用シーンがイメージしやすい動画を作成できれば、営業活動に大いに貢献してくれるでしょう。

動画作成に必要なもの・機材

実際に動画作成を始める場合、必要になるものや機材にはどんなものがあるのでしょうか。作成を始めた矢先に制作が止まってしまうことがないように、あらかじめ確認しておきましょう。

PC・スマホ

動画作成に必須となるアイテムが、PCまたはスマホです。特に、本格的な動画制作をしようと考えているのであれば、PCを用意しておくとよいでしょう。

また、PCはスペックが高いものを選んだ方が処理力が上がるので、PC選びにも注意が必要です。PCの脳にあたる「CPU」は動画にふさわしいスペックのもの、または新しいものを選びましょう。

そして、PCの作業台にあたる「メモリ」も、できるだけ大容量のほうがよいでしょう。動画ファイルも重い傾向ですが、アプリケーションを立ち上げるためにもメモリが消費されます。

またスマホでも動画作成を行うことは可能です。すぐにPCを用意するのが難しい場合は、スマホで挑戦してみましょう。ただし、PCでの動画作成ほど自由度は高くありません。

動画編集ソフト

続いて必要となるのが「動画編集ソフト」です。撮影した素材を動画として編集するためのソフトのことです。1秒刻みで編集できるものから、ある程度は自動で編集できるものなど、さまざまなソフトが揃っています。

動画編集ソフトは価格の幅が広いので、自身が制作したい動画の種類やクオリティに応じて選ぶのがおすすめです。

動画編集ソフトを選ぶ際には、自身が使うPCで動かせるのかどうかもチェックしましょう。ソフトによってはWindowsのみ、Macのみとデバイスが制限されている場合もあります。動作環境の確認を忘れないようにしましょう。

素材

PCに動画編集ソフトが入り、動画作成の下準備が終わった後は、動画を作るための素材を用意しましょう。どれだけハイスペックなPCや編集ソフトがあったとしても、編集の対象となる素材がなければ動画制作は始まりません。

動画編集ソフトに編集したい画像や音源などの素材をアップロードしましょう。動画に使用するすべての素材を同じタイミングでアップロードしておくと、効率よく編集を進めることができます。

撮影機材

動画の素材を撮影するために必要となるのが撮影機材です。カメラやマイクなど、こだわりたければスペックの高いものを選ぶとよいですが、その分費用が高くなる点には注意が必要です。

初めての動画編集であれば、スマホを撮影機材としても十分でしょう。昨今のスマホに採用されているカメラやマイクは、画像編集に十分に堪えられるスペックを有しています。

ただし、本格的に撮影・動画編集を行いたいと考えるのであれば、機材にこだわる必要が出てきます。自撮りの機材を使用すれば明るく見栄えのよい動画が撮れますし、「GoPro」といったアクションカメラを使用すれば手ぶれをおさえて迫力のある動画撮影が可能です。動画のイメージに合わせて、機材の使い分けをしてみましょう。

【撮影編】動画の作り方

ここからは、実際に動画を作っていく中で必要になる流れを見ていきましょう。編集自体も自身で行う場合の流れに沿って解説していきます。

1)企画

最初にすべきことは、動画作成の企画を立てることです。何をコンセプトにどんな素材を使って、どんな目的を持って動画を作成するのかといったところまで、最初の段階でしっかりと詰めておきましょう。特に、マーケティングを目的としている場合、この時点で工夫をこらす必要があります。

地味な作業になりますが、最初にしっかりと企画を立てておくことで、後々にやるべきことまで順序立てて遂行することができます。企画なしに思いつきで始めるのも趣味なら問題ありませんが、仕事として行うのなら企画倒れは避けたいところでしょう。

動画のコンセプトなどと一緒に、必要となる機材や予算についても話し合っておきましょう。

2)撮影

しっかりと企画を立て、必要となる機材を揃えたら、元となる動画の撮影を始めていきましょう。撮影を始める際に必須といえるのが、三脚の用意です。特別な意図がない限りは、安定感のある三脚を使って撮影するのがベターです。

また、撮影時の構図もしっかりと確認しましょう。「映すべきもの」と「映してはいけないもの」を意識しながら、撮影場所を確保することが大切です。また、屋外での撮影の場合、季節や天候を動画に効果的に活かせる場合もあります。

最後に意識してほしいポイントは、カメラワークです。「手元をアップにする」「右から左に流すように撮影する」など、撮影の流れも企画時に決めておくことでスムーズに撮影を進められるでしょう。必要以上にカメラを動かすと目的のものを撮影しづらくなるため、動きのつけ方には工夫が必要です。

編集時にカットすればよいと考えるのではなく、「撮影だけで大まかな部分を作ってしまう」という意識が大切です。

3)編集

動画の素材を用意したら、いよいよ編集を行います。不要な部分をカットする、流れをよくするためにつなげていくなど、地道な作業が必要です。初心者のうちは、動画の切り貼りをした際に、自然な流れに見えるように注意するのがおすすめです。

流して見たときに不自然な箇所がないよう、何度も再生しながら細やかにチェックしていきましょう。またこの際にBGMや字幕を入れていくとスムーズです。最初は素材の切り貼りだけに集中して、自然な動画を作れるようになったら細かい部分にこだわってみると、よりわかりやすい動画を作ることにつながります。

4)素材の出力

最後に、素材同士をつなげた動画を出力することで動画作成は終了となります。動画を出力する際には、必要に応じてファイル形式を選んで出力しましょう。

基本的に、出力してしまった動画を再度編集することはありません。出力は最後のステップになるので、後からファイル形式が違った、などといったトラブルが起きないよう慎重に決める必要があります。

【自動作成編】動画の作り方

もっと気軽に動画作成を行うための「動画作成ソフトにおける自動作成」について見ていきましょう。「動画作成にはそこまで時間を取れないけれど、やはり自社で作成した動画がほしい」といったときに便利なツールです。

企画

自動作成で動画を作るとしても、やはり最初に行うべき企画は重要なポイントになります。何を目的にする動画なのかによって、動画の流れはもちろん、必要となる素材も異なります。企画の段階で制作する動画の全体像が練られていれば、後の動画編集も容易です。

まずは企画をしっかりと立て、関係者の間に共通した認識を持たせることが重要です。

素材を選ぶ

続いて、企画に沿った素材を選び、撮影していきましょう。動画の中でも比較的簡単な「スライド動画」の場合は、必要な枚数の写真やイラストがあれば制作が可能です。順に表示される写真やイラストに、BGMや字幕を入れていくことで動画が完成します。

また、基本の説明を字幕で行う場合は、撮影そのものが必要ない場合があります。イメージに合った無料画像を利用する方法もあるので、企画内容や予算に合わせて適切な方法を選定しましょう。

動画編集ソフトで自動作成する

動画編集ソフトの中でも、動画を自動作成できるタイプは便利に利用できます。もちろんソフトによって細かな部分は変わりますが、基本的には編集タイプを選ぶだけで、タイプに沿った編集を自動で行ってくれます。

またBGMの追加や色調フィルターの変更、字幕テロップの挿入、エフェクトを入れるなど、後からさまざまな調整が可能であり、細部にこだわることもできます。

自動作成タイプの動画編集ソフトであれば、基本の制作工程やレイアウトがテンプレート化されているのが魅力です。編集時間そのものを短縮できるので、動画作成にあまり時間が取れない場合でも、満足できる動画を作成できるでしょう。

動画を自動作成したいならVideo BRAINがおすすめ

動画の便利さはよくわかっているけれど、「なかなか時間が取れなくて動画作成が行えない」「センスが必要だと考えると二の足を踏んでしまう」といった方は少なくありません。動画作成、編集が身近になったといっても、なかなか手を出せない方もいるのではないでしょうか。

そんな場合におすすめしたいのが「Video BRAIN」です。Video BRAINは、必要となる素材とコメントをアップロードすれば、AIが素材と文章をマッチングさせ、自動で動画を作成してくれる優れものです。

Video BRAINを利用すれば、動画編集に苦手意識があった方でもすぐに動画を作成できるでしょう。BGMはもちろんフォントや無料素材も豊富に取り揃えているので、オリジナリティのある動画を作ることも可能です。

配信結果の分析・効果測定にはInsight BRAINがおすすめ

Video BRAINとあわせてInsight BRAINを利用すれば、配信した動画の効果測定まで素早く分析できます。動画の人気や付随する効果について、視覚的に確認することが可能です。もちろん自社内の効果だけではなく、他社との競合結果も分析されます。

アカウント分析を一緒に行うことで、SNSの管理も一括化できます。煩雑になりやすいアカウント管理を一元化すれば、業務効率にも期待できるでしょう。

まとめ

さまざまな企業や媒体で動画が利用されている実情がある現在、「苦手だから」「よくわからないから」と動画制作を敬遠することは、賢明とはいえないかもしれません。

動画作成の重要性が高まっているからこそ、動画を作成するツールにも便利なものが出てきていることも事実です。ツールの選び方を間違えなければ、動画作成をより身近なものにすることもできるでしょう。

自動作成ツールを利用すれば、動画制作・編集に馴染みがなくても魅力的な動画作成が可能です。便利なツールを利用して、自社をPRする方法を増やしていきましょう。Video BRAINは動画内製化を応援しています。誰でも使える動画編集ソフトをお探しの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする