1. TOP
  2. 採用
  3. 採用動画制作の費用相場と制作時のポイントを解説

採用動画制作の費用相場と制作時のポイントを解説

「動画制作会社に採用動画の作成を依頼したいけれど、どれくらいの費用がかかるのか分からない」「採用動画を作る際に、どのようなことを意識して作ればいいの?」といった悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、採用動画の制作にかかる具体的な費用相場と、動画制作時に意識すべきポイントについてご紹介します。採用動画の効果的な作り方を知ることで、よりクオリティの高い動画コンテンツを作れるようになるでしょう。

採用動画を作成するメリット

採用動画を作成することで、画像や文章では伝えられない「職場の雰囲気」を、求職者に伝えることができます。また、職場の雰囲気や働く環境を事前に知ってもらうことで、イメージギャップに起因する早期退職を防ぐことも可能です。

下記では、採用動画を作成する2つのメリットについて詳しくご紹介します。

職場の雰囲気を伝えることができる

求職者の多くは就職活動を行う際、ホームページやパンフレットなどから会社の情報を得ています。しかし、画像や文章などの情報だけでは「職場の雰囲気」をうまく伝えることは難しいでしょう。

求職者にとって「応募する職場の雰囲気を知ることができる」というのは、企業に就職を決める際にとても重要なポイントとなります。

応募や面接前の段階では「どんな雰囲気の職場なのか」を把握することは難しいため、就労後のイメージがしにくく、不安になってしまう求職者も多く出てくると考えられます。

上記のような求職者の悩みを解決するには、採用動画を作成するのが有効です。採用動画では、画像や文章だけでは伝えられない「職場の雰囲気」を求職者に詳しく伝えることができます。

イメージギャップに起因する早期退職を防げる

採用動画には、「オフィスの風景」や「社員が行う仕事の流れ」などを紹介しているものが多くあります。これらの紹介動画を求職者に見てもらうことで、就労後の自分の姿を想像してもらいやすくなります。

動画は、画像や文章などとは違い空気感を偽ることができないコンテンツです。だからこそ、実際の職場風景や仕事環境を動画で伝えることで「どんな雰囲気の職場なんだろう」「どんな仕事をするんだろう」といった、求職者の不安を解消します。入社後のイメージギャップを少なくすることもできるでしょう。

結果として、イメージギャップに起因する内定辞退や早期退職を防ぐことにもつながります。

採用動画を作成するデメリット

クオリティの高い採用動画を作成するには、動画制作会社に依頼しなければなりません。その場合多くの制作コストがかかってしまいます。また、作成した動画内容によっては、求職者にあまり良くない印象を与えてしまうケースもあります。

下記では、採用動画を作成する2つのデメリットについて、詳しくご紹介します。

制作コストがかかる

クオリティの高い動画を制作するには、高度な撮影や企画、編集力が必要となります。多くの企業の場合、撮影や企画を専門としたスタッフがおらず、制作会社に依頼するケースが多いと考えられます。

そのうえで、もっとネックとなるのが依頼時にかかる「制作コスト」ではないでしょうか。制作にかかるコストは、以下の項目によって大きく変化します。

・動画の内容(インタビュー、インタビュー/社内風景など)
・動画の長さ
・撮影条件(ロケ場所の数やキャスト、機材など)
・撮影期間
・制作期間

もし制作会社に採用動画の制作を依頼するのであれば、数十万は超える予算を準備しておくことをおすすめします。

動画イメージが先行してしまう

どのような採用動画を制作するかは、企業によってさまざまです。しかし、採用動画によっては、求職者にあまり良くない印象を与えてしまう可能性もあります。

例えば、職場の社員同士が仲の良い雰囲気を伝えるために、社員同士が雑談したり、笑いあったりしている動画を撮影したとします。

一見「雰囲気がよく、社員同士の仲が良い会社なんだな」と思われるかもしれません。しかし、人によっては「この職場で働いたら楽しそうだけど、雰囲気がなんか軽そう」といった印象を抱いてしまう可能性もあります。

また、社員同士が元気よく挨拶をしている「朝礼の動画」などを見た求職者は、「体育会系できつそうだな…」といった、企業が予想していない印象を与えてしまう可能性もあります。

採用動画制作を依頼した場合の費用相場

採用動画は、以下のような費用によって制作する内容が大きく変わります。

・30万円以下
・30~70万円
・70万円以上

30万円以下の費用では、オープニングや社員1名程度のインタビュー、または仕事の流れなどを動画に残すことができます。ただし、30万円以下の費用では、インタビュアーをつけたり、CGやテロップを動画内に挿入したりできない場合があります。

30~70万円程度の費用では、各制作会社が提示している「パッケージプラン」という仕様で採用動画を制作することができます。パッケージプランでは、オープニング動画の作成も含め取材できる人材が3名まで増えたり、イメージカットなどを動画に含めたりすることができるようになります。

70万円以上の費用では、ほぼ自由に動画を制作することができるようになります。そのため、自社のイメージを求職者に伝えやすい動画を作ることができます。また会社説明会だけでなく、選考の途中などにも活用することも可能です。

採用動画制作時のポイント

採用動画を制作する際は「目的やターゲットを決める」「配信する媒体を決める」「入社後のイメージが湧くようなストーリー設計をする」「求めるクオリティに応じてプロに依頼する」の4つのポイントを意識して、制作するようにしましょう。

ここからは、それぞれのポイントについて詳しくご紹介します。

目的・ターゲットを決める

採用動画を制作する際は、以下2つのポイントを意識する必要があります。

・動画で伝えたい目的を決める
・ターゲット層となる年齢層を決める

例えばターゲット層を新入社員に決めた場合、若い層に良い印象を与える動画づくりが大切となります。動画内に使用する背景や音楽を、若い層が好むものにしたり、仕事に意欲的になれるような内容の動画を作成したりするなどの工夫が必要となります。

また実際に働いている社員を動画に起用することで、動画を見る求職者に親近感を与えることもできます。

このように、採用動画を作る際は「ターゲットとなる層に、どんな目的を伝えたいのか」を明確にした動画制作をするとよいでしょう。

配信媒体を決める

採用動画は、オンライン説明会や求人サイトなどの特定のシーンだけでなく、SNSやYouTubeなどで配信することも大切です。

SNSアカウントやYouTubeチャンネルを運用しているのであれば、そこで動画を配信するのもよいでしょう。また、人材企業が運営している「ポータルサイト」に掲載するのも効果的です。

採用動画がSNSなどで拡散すればより多くの求職者に見てもらうことができるため、応募者が集まりやすい環境を作ることができます。

最近では、「Linkedln」のようなビジネス向けのSNSを活用している求職者も多いため、動画を用いた採用活動は、今後も増え続けていくと考えられます。

入社後のイメージが湧くストーリーを設計する

採用動画を制作する際には、求職者が入社後をイメージしやすいよう以下2つの要素を取り入れるとよいでしょう。

・社員インタビュー
・今までに行われたプロジェクト

社員の成長をストーリー化した動画を制作することで、求職者はストーリーの内容を自分に当てはめて考えることができます。社員インタビューの際には「なぜこの会社に入社たのか」や「この会社で、どんなことを成し遂げたいか」など、求職者が考えやすい内容について聞くとよいでしょう。

また、実際に会社で行われたプロジェクトのストーリーを語るのも効果的です。その際には「何を成し遂げたのか」や「プロジェクトを通して、どのように社会に貢献できたのか」という部分を語ることがポイントとなります。

求めるクオリティに応じてプロに依頼する

クオリティの高い採用動画を作りたい場合は、プロの動画制作会社に依頼するのがおすすめです。自作するよりもコスト面では高くなってしまいますが、機材調達や人員確保などを必要とせず、はるかにイメージに近く完成度の高い動画を制作することができます。

動画のクオリティを重視していないのであれば、自作で採用動画を制作するというのも一つの手でしょう。自作であれば、制作にかかるコストが安く、オリジナル性のあるユニークな編集を取り入れることも可能です。

ただし自作動画の場合は、機材調達や人員確保などを自分で行わなければなりません。そのため、動画の質や内容によっては動画制作会社と同等のコストがかかってしまう可能性も考えられます。

ちゃんと動画クリエイティブのPDCAサイクルを回せていますか?

PDCAサイクルとは、「Plan(計画する)」「Do(実行する)」「Check(評価する)」「Action(改善する)」の4つのステップを何度も繰り返し、コンテンツの内容を改善していくという考え方です。

PDCAサイクルを動画に当てはめると、以下のようになります。

「P(計画する)」では、動画制作の目的やターゲット層などを決めます。
「D(実行する)」では、Pで決めた動画内容を撮影し、SNSやYouTubeなどに配信します。
「C(評価する)」では、Dで投稿した動画から得られた「視聴回数」や「視聴時間」などを細かく分析していきます。
「A(改善する)」では、Cから得られたデータをもとに既存の動画を複製し、画像やテキストなどを差し替えて再び配信します。

上記の点を踏まえ、自社の動画では動画クリエイティブのPDCAサイクルを回せているでしょうか。ここからは、PDCAサイクルを効率的に回せる動画編集ソフトについてご紹介します。

動画編集ソフトがPDCAサイクルを加速させる理由

動画編集ソフトは、毎月定額の料金を支払うことで動画を無制限に制作することができます。また投稿した動画のデータを解析し、自社または他社のフォロワー推移や投稿データなどの相関性をチェックすることも可能です。

下記では、PDCAサイクルを効率的に回せる動画編集ソフト「Video BRAIN」を例に挙げてご紹介します。


Video BRAINではAIが動画作成をサポートしており、下記の2ステップを踏むだけで、簡単に動画を作ることができます。

【Step1】使いたい写真や動画、テキストをアップロードする
【Step2】アップロードした写真や動画を、AIが自動でマッチングさせ、動画を作成する

Video BRAINは画面が直感的で操作しやすく、理解しやすいのも特徴です。そのため、分厚いマニュアルやヘルプなどを見る必要はありません。

また、細かい編集や修正なども1クリックで簡単に仕上げることができます。そのためパソコンにあまり慣れていない初心者の方でも、簡単に操作することができます。

豊富なテンプレート×フォントで「ワンパターン」から解放される

Video BRAINでは、あらゆるシーンに活用することができる、約528万点の素材やおしゃれなデザインのテンプレートを無料で使用することができます。

フォントに関しては、約200種類以上の書体から好みのものを選んで使うことができるため、企業のイメージや動画のターゲット層に合わせたテロップを作成することも可能です。

またVideo BRAINでは、複数のBGMや効果音を利用することができるので、多くの視聴者を引きつける魅力的な動画を作成することができます。Video BRAINは、最大60分までの動画作成を可能にしているため、長めの動画を作りたい方にもおすすめです。

投稿したクリエイティブを素早く分析・効果検証できる

「InsightBRAIN」という、Video BRAINの動画解析ツールを使えば、自社の動画だけでなく、競合他社のフォロワー推移や投稿データの相関性などもチェックすることができます。

通常、動画解析を行う際にはある程度の専門知識が必要となります。しかしInsight BRAINでは、動画を解析する際に一切の専門知識を必要としません。そのため、初心者の方でも簡単に動画解析を行うことができます。

また、配信後の動画を分析・検証することで、コンテンツの反省点や改善点を見つけ出すことも可能です。それらを既存の動画制作に生かすことで、サービスの認知度や成約率に大きく貢献することができるでしょう。

まとめ

今回は、採用動画を制作するにあたっての自社で作成するメリットや作成を依頼するメリット、費用感などをご紹介しました。

動画制作会社に制作を依頼することで、クオリティの高い採用動画に仕上げることができます。しかし、1回の動画制作に高いコストが発生してしまうため、PDCAサイクルを効率的に回すことができません。

その点Video BRAINでは、毎月定額の料金を支払うだけで無制限に動画制作を行うことができます。また、企業のイメージやターゲットとなる人物像に沿った最適な動画制作も可能です。

採用動画の制作でお困りの企業担当者の方、一度Video BRAINの導入をご検討してみてはいかがでしょうか。公式サイトでは資料請求も可能です。Video BRAINを使って採用動画を制作した企業事例もあるので、ぜひ参考にしてください。
https://video-b.com/blog/case/aktio/


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする