1. TOP
  2. 広告/広報
  3. 事例から学ぶサービス紹介動画の作り方・作成のコツ

事例から学ぶサービス紹介動画の作り方・作成のコツ

実態のある商品とは異なりサービスを紹介する動画は非常に難しいイメージがあります。特に新しいサービスを提供している企業にとって、いかに分かりやすく視聴者に伝えるかは大きな課題でしょう。

こちらの記事では、各企業の事例も踏まえながらサービス動画の作り方を紹介します。事例を見ると作成のコツが見えてきます。コツさえつかめば、伝わりやすいサービス紹介動画が作成できるようになるでしょう。

サービス紹介動画とは?

企業におけるプロモーションやサービスの紹介を視覚的に表現できるのがサービス紹介動画です。静止画や紙媒体では伝えづらいサービスの特徴や、競合他社との違いを表現する際に活用されます。

実写版の動画でサービスを紹介することもあれば、アニメーションや漫画動画を利用するケースもあるでしょう。

サービス紹介動画は、営業時や展示会のほか社内における認知の向上を図るなど、あらゆるビジネスシーンで活用できるのも大きな魅力です。

サービス紹介動画の目的

サービス紹介動画の目的は、それぞれの企業によって異なります。それだけ、サービス紹介動画の許容範囲は多岐にわたり、さまざまなシーンで活用できるのが魅力でしょう。しかし、目に見えないサービスを視覚化するのがサービス紹介動画のため、明確な目的を持たなければ、さらに混乱させる結果に陥る可能性もあります。

また、サービスに興味を持ってもらいたいのか、契約まで結びつけたいのかでは動画の内容も大きく異なってくるでしょう。そのためサービス紹介動画を作る前には、しっかりと目的を設定することが大切です。

サービス紹介を動画にするメリット

どんな宣伝コンテンツにもいえることですが、メリットやデメリットを理解した上で制作を進めることで、より効果的な作品が仕上がります。サービス紹介を動画にする際もまずはメリットを知ることが先決です。

サービス紹介動画には、大きなメリットが3つあります。一つずつ紐解いていきましょう。

静止画よりも情報量が多い

動画の魅力は、情報量の多さにあります。視覚的な情報に加えて、BGMやナレーションでイメージを伝えることができるため、視聴者が理解しやすいのもサービス紹介動画のメリットです。

特に、実態が伝えづらいサービスを紹介する場合、情報量をいかに盛り込めるかが大きなポイントとなるでしょう。例えば静止画の場合は、コンテンツに加えて担当者の説明が必要となります。しかし、動画は見るだけで詳細を伝えることができるため、サービス紹介に向いているといっても過言ではありません。

利用シーンが視覚的に分かりやすい

よく分からないものやこれまで体験したことのないサービスに対して、多くの人は警戒する傾向にあります。そのため、実態のないサービスを認知してもらうための課題はすぐに理解してもらいづらい点にあるでしょう。

しかし、サービス紹介動画を活用すると、利用シーンを視覚的に紹介できるため、視聴者もリアリティを感じられ安心して検討できます。特に、紙媒体や静止画では伝えきれないような複雑なサービスは、動画を活用した説明が得策でしょう。

雰囲気・世界観を伝えることができる

商品やサービスを認知してもらう上で、雰囲気や世界観を伝えることは非常に大切なポイントです。その点においてサービス紹介動画は、映像を通して企業やサービスが持っているカラーやコンセプトを存分に表現できます。

特に、目に見えないサービスは、BGMやナレーションなど耳から入る印象も活用しながら、サービス自体が持つ世界観を伝えることができるでしょう。

また、雰囲気や世界観が伝わると、視聴者もサービスに対して親近感を持ちやすくなり認知度も高まるといったメリットがあります。

サービス紹介を動画で作成するデメリット

サービス紹介動画を伝わりやすいものに仕上げるためには、それなりの素材や技術が必要となる場合があります。そのため、静止画やテキストでの広告に比べると費用がかかるといったデメリットがあるでしょう。

また、しっかりとしたコンセプトを持って作成しなければ、サービスの意図が正確に伝わらない可能性もあります。しかも、SNSにサービス紹介動画をアップした場合、印象が悪くても拡散されることがあるため、企業イメージにも影響しかねないので注意が必要です。

サービス紹介動画の事例

最近は、さまざまなジャンルの企業がサービス紹介動画を導入しています。自社のジャンルとは違ったとしても、それぞれに工夫がなされており、これからサービス紹介動画を作る上での参考になるでしょう。

続いては、サービス紹介動画をすでに取り入れている企業の事例から3社の動画を紹介します。

シナネンホールディングス株式会社

石油製品やLPガスを取り扱う会社のサービス紹介動画です。自社の取り組みが分かる写真だけではなく、クリーンなイメージが伝わりやすい素材を取り入れることで、新たな時代に向かうエネルギー産業の概要が1分程度の動画にまとめられています。

また、スライドショー形式でテキストもうまく取り込んでいるため、企業の背景も踏まえながらこの先のビジョンもしっかりと伝わるのが特徴です。シンプルな動きでサービスの内容が伝えられるのは、サービス紹介動画の特徴といえるでしょう。

参照:シナネンホールディングス株式会社

株式会社ブロードリーフ

自動車のアフターマーケットを中心にITサービスを行う企業のサービス紹介動画です。ITサービスは一見する理解されにくいものですが、イラストとテキストを存分に使い、シンプルで分かりやすくサービス内容を伝えています。

数あるサービスの中の一つにクローズアップした内容で、必要としているユーザーにピンポイントで伝えられるのが特徴です。このように、目的やターゲットは欲張ることなく絞った方が効果的なサービス紹介動画に仕上げることができます。

参照:株式会社ブロードリーフ

株式会社日本旅行

旅行代理店のサービス紹介動画です。旅行先としておすすめしたい場所を、現地の動画をメインとした内容で紹介しているため、リアリティがあり実際にその場にいる感覚を得られます。

また、テキストをうまく盛り込むことでより分かりやすく情報が伝わるため、ユーザーの興味を一気に引き寄せることができるでしょう。また、旅行サービスの紹介動画はもっと現地のことを知りたいという意欲を持たせる効果もあるため、利用者増加にも繋がります。

参照:株式会社日本旅行

サービス紹介動画の作り方・コツ

サービス紹介動画を作るにあたって、単に情報だけを並べてもユーザーに伝わる動画はできません。しかし、コツをしっかりと捉えた上で制作すると、短い動画でもユーザーの心を打つ内容を作り上げることができるでしょう。

効果的なサービス紹介動画を作成するためには、4つのコツがあります。一つずつ紐解いていきましょう。

利用シーンがイメージできるシナリオにする

サービス紹介動画の醍醐味は、リアリティにあります。サービスを利用するシーンを、いかにユーザーにイメージしてもらうかがポイントでしょう。そのためには、サービス提供側の自己満足な動画ではなく、ユーザーの立場に立った内容に仕上げることがコツです

ユーザーがサービスを利用する際の感情や疑問点を、できるだけ具体的に想像しながらシナリオを考えていくと、多くの人の共感を得られる動画になります。プロモーションにおいて不可欠な「共感」を表現できるのもサービス紹介動画ならではの特徴といえるでしょう。

ストーリーを盛り込む

サービス紹介動画は、一般的に1~2分程度の短い動画になります。その短い時間の中にしっかりとしたストーリーを盛り込むのも効果的なサービス紹介動画を作るコツです。

淡々とした動画にするのではなく、抑揚をつけたり起承転結を加えたりすることで視聴者を引き込むことができます。感動や驚きのある小さな映画を作るようなイメージでシナリオを作ると自ずと魅力的なサービス紹介動画に仕上がるでしょう。また、続編をイメージさせるのも面白い手段です。

配信する広告フォーマットに動画を合わせる

サービス紹介動画をどの媒体に投稿するかによっても、動画の内容は異なってきます。例えば、SNSと一括りにしても、YouTubeとFacebookとでは広告動画の長さも違うでしょう。また、説明会や展示会等で流す動画はSNSより長めの尺をとることができます。

そのほか、スキップ可能なフォーマットの媒体に投稿する場合は、初めの段階でユーザーの心をつかむ必要があるでしょう。一方、スキップ不可となっている広告の場合、ユーザーを引き込めるストーリー性がないと、不快な印象を与える可能性もあります。

テーマはできるだけシンプルにする

自社のサービスを知ってもらいたいという強い思いがあればあるほど、サービス紹介動画でも多くの魅力を詰め込みたくなるものです。しかし、短い動画の中に方向性の違う内容が入っていると視聴する側は混乱してしまいます。

一つの動画で伝えられるのは一つのテーマのみと決めて、シンプルな内容にすることがサービス紹介動画を効果的な作品にするコツです。一番に伝えたいポイントはどこにあるのかをしっかりと見定めてから動画を作るようにしましょう。

まとめ

まだ認知されていない新しいサービスや伝えるのが難しい複雑なサービスにおいて、サービス紹介動画は非常に有効的なコンテンツです。制作するにあたっては、ユーザーの立場に立つことを忘れることなく、より心に残るストーリーに仕上げるように心がけましょう。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする